小出裕章さんのお話を聴く会

2012・7月15日 小出さんのお話を聴く会
~未来に生きる子どもたちへ~
大切なことを大切な人に伝えたい

主催 小出裕章さんのお話を聴く会


テーマ:


小出裕章さんのお話を聴く会
                          


小出裕章さんのお話を聴く会

  2012・7.15

京都府亀岡市 ガレリアかめおか


小出裕章さんのお話を聴く会



お話の骨子

・若狭の原発が事故を起こしたらどのような状況になるか?福島原発事故との比較

・内部被ばくの危険性

・低線量放射線の拡散・瓦礫の処理について


*当日小出裕章さんの作成されたパワーポイント資料を次ページにて紹介しています。



小出裕章さんのお話を聴く会



2012年3月11日の福島原発事故によって、 膨大な量の放射性物質が私たちの住む世界にばら撒かれてしまいました。今まで何気にスイッチを入れるだ けで電気製品を使用していた私たちにとって、それからはコンセントの向こう、電線の渡ってくる先にある、電気が作られる場所・発電システムを深刻 な問題として考えざるを得なくなりました。
原子力発電所とはどういうものであるのか。
放射能・放射性物質とはどういうものであるのか。
この事態に対してどう対策すればよいのか。
小出さんはわかりやすく話し下さいました。


当日の映像をIWJの配信でご覧ください。


▼小出裕章さんのお話
http://www.ustream.tv/recorded/24001503


▼質問時間
http://www.ustream.tv/recorded/24003683




小出裕章さんのお話を聴く会





定員360名の満席の参加者と共に充実した時間となりましたことをご報告します。

当日は前夜半よりの集中豪雨で亀岡への交通網が遮断され大渋滞の中、多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。
スタッフの多くも準備の集合時間にも間に合わず、急遽の体制で受け付けを開始した次第です。
至らない点が多々ありましたことをお詫びいたします。

今回の催しは子育て世代の参加が多かったことが特徴でした。
当日に向けても、子どもを抱きながら、遊ばせながら、ママ・パパ達からママパパ達へとチラシが手渡されていきました。福島という遠い場所での原発事故が子どもを育てる親たちにとって、どんなに不安を募らせるものであったか。小出裕章さんのお話を聴く機会を一番に待っていたのはこの子育て世代でもありました。

また参加者からは、小出さんの専門的な詳しい話はわかりやすく、先の見えない道を照らす灯りのようだった事、「何をしていけばよいのか?」という切実な問いに「あなたが一番したいと思う事をすればよい」のお返事に励まされたという声が数多く届いています。

お忙しい中、舞鶴・亀岡と二日間にわたり真摯なお話を頂きました、小出裕章さんに感謝致します。

最後に会計決算残高 10138円を、当会「小出裕章さんのお話を聴く会 亀岡」として、ゴーゴーワクワクキャンプ (福島の子どもたちの為の保養キャンプ 於南丹市)へのカンパとしましたことをご報告いたします。


                   まとめ 報告 エコリレーかめおか


AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。