多保孝一オフィシャルブログ Powered by Ameba

作曲家/音楽プロデューサー、多保孝一のブログです。


テーマ:
ビートルズのアルバムで多分唯一マトモに聴いてなかったPast Masters。
アルバム未収録曲やレア曲を集めた、オフィシャル企画盤です。

$多保の戯言

昨日、たまたま何となく晩御飯食べながらかけてたら…
「I'll Get You」…何年ぶりに聴いたやろ!この曲。
そうか、そういやアルバム未収録だった。

中学1年の時に今治の図書館で借りたCDが、僕のビートルズとの最初の出会い。
今思えば音質最悪の謎の編集盤だったけど、すぐ虜になった。
何度も何度も繰り返し聴いてたから、I'll Get Youに限らず、
あのCDに入ってた曲はやっぱり特別に思い出深い。

母親に「あんた、またえらい古いの聴きよるねぇ」と言われたあのシーンを、今でも鮮明に覚えてます。
10代の時に体験した音楽は、本当にいつまでも深く残りますね。

$多保の戯言

Past Mastersからもう1曲。
映画「Help!」にも使われていた、ポール作曲の「She's A Woman」。
これもアルバム未収録曲ですね。

これぞポール・マッカートニーの真骨頂!
一見、よくあるR&B風味の曲ですが、
曲中で、メロディのスケール(音階)が激しく入れ替わるという、
高度な作曲テクニックを披露しています。

R&B調にこうしたテクニックを盛り込むアイデアは斬新だったと思います。
学生の頃、ポールの作曲術を必死で研究しましたが、
ビートルズ出現以前のR&Bに、このような曲は見当たりませんでした。
…どうでしょう?(^_^;)

有名どころだと「Can't Buy Me Love」もそうですが、
まさにこれらは、ポールが大作曲家と言われる所以ですね。

いいね!した人
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

台湾愛好家の集い。


音頭を取ってくれたドラマー&パーカッショニストの森芳樹さん、
そして作曲家の山本加津彦(かつん)さん、
作詞家・作家で元チャットモンチーの高橋久美子さん、
歴ドルの美甘子さん、
そして僕です。


photo:01

みんなほぼ同世代。
台湾料理屋さんで台湾ビール飲みながらひたすら盛り上がりました。

僕は2回ほど台湾に行きましたが、
人は優しいし、食べ物は美味しいし、音楽は良いし、最高です。


またすぐにでも行きたいのに、
台湾人の知人から
「夏の台湾は死ぬほど暑いから来るな」と警告を受けました。笑
たしかに南部の高雄市は、冬でもマジで暑かった…

 photo:02

そして、歴ドルとして多方面でご活躍中の美甘子さん、
なんと実は、彼女は僕の高校の後輩なんです!
前から連絡は取っていたものの なかなかタイミングが合わず、
今回ようやく高校卒業以来の再会が実現しました。

僕は高校時代、人知れず一人でひっそりと作曲をしてたんですが、
彼女は当時、僕の作曲テープを聴いてくれた数少ない人物なのです。
そのテープには「愛をこめて花束を」や「I Remember」の原曲も入っていました。

稚拙な僕のテープを聴いてわざわざ感想の手紙をくれたりして、
学年は違ったけど、こんな感じで
音楽繋がりで仲良くさせて頂いておりました。

僕は彼女を本名のカナッペと呼ばせて頂いているんですが、
カナッペはやはり当時から普通ではない、特別なオーラを放ってました。
今こうして歴ドルとしての御活躍を拝見する度、
とても刺激になるし、何より素直に嬉しい気持ちになります。


久美子さんも同郷の愛媛出身だし、
愛媛をもっともっと盛り上げていきたいですね。




いいね!した人

テーマ:
ここ一ヶ月はひたすら曲作りで、またスタジオにこもりっぱなしです。
なので最近特に変わった事は無いんですが、
このままズルズルとブログを更新しないよりはいいかな?

photo:01


先々週だったでしょうか。
気分転換に青梅までドライブしてきました。
都内散歩BOOKに載ってて気になってた
この「昭和レトロ商品博物館」にも行ってきました。

青梅は至る所にレトロな映画の看板が。
この看板の絵師さん、もう日本に一人しか残ってないそうです。
マカロニウエスタン時代のイーストウッド、カッコ良すぎて堪らない。

photo:02


その数日後、寺岡呼人先輩の20周年前夜祭ライブにお招き頂きました。
ファンの皆さんと一体になった、温かくて素晴らしいライブでした。
呼人さん、20周年おめでとうございます。
打ち上げでは飲み過ぎました。

そういえば、こないだのSmaSTATIONで
人気ウェディングソングの第2位に
Superflyの『愛をこめて花束を』が選ばれたそうです。
この曲の歌詞を書いていた時、まさかこのように
結婚式で使って頂ける曲になるなんて夢にも思いませんでした。
本当に光栄です。

photo:04


あとこれはバリィさんのランチパック。
今治がこんな全国的に認知される時代が来るとは…
誰も予想しなかったに違いない。
今治はお魚が本当に美味しいので、全国の皆さん ぜひ食べに来てください。

photo:05


そして先日、サントリーホールでプラハ放送交響楽団を観てきました。
曲目はモルダウ、新世界!そしてシューマンのピアノ協奏曲。
スメタナとドヴォルザークが一度に聴けるという贅沢なひととき。
そしてピアノ協奏曲では、世界的な大ピアニスト、ブーニンの登場。
チケットめちゃくちゃ高かったけど、本当に行って良かった。

photo:06


ピアノ曲が急遽ショパンからシューマンに変更され、
しかもブーニンがなかなか登場しないというハプニングあり。
後で知ったんですが、どうやら来日中ずっと体調不良だったそうです。

プラハ放送交響楽団の演奏を聴いて感じたのは、
やっぱその景色を観て育ってきた人たちの奏でる音は
説得力が違うな、と。
音楽には色彩があって、チェコ人にはチェコの色彩、
日本人には日本の色彩があるんですよね。
僕はその日本の色彩というものをもっと勉強したいと思っています。

そして、あまりの大名曲を前にして、僕はただ言葉を失うのであった…。


いいね!した人

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み