1月7日は人日(じんじつ) 七草の節句で 1年を通してはじめての季節の変わり目となる日です。

元旦から、おせち 雑煮 鍋料理などご馳走続きで、疲れた胃を落ち着かせるため

粥に春の七草を加えて、1月7日の朝に食べる“七草がゆ”

平安時代から始まり 江戸時代より定着した節供(料理)です。

ウチではいつもお餅を入れて食べる七草粥

一見、邪道にも思われがちですが、お餅を入れることにより邪気を追い払うためのものです。

今年1年の無病息災を祈願して朝食しました。



春の七草とは、「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ」

“せり”からはじまって“すずしろ”で終わるように言ったり、書くのが基本です。

読めても漢字で書くのが難しいですが、芹 薺 御形 繁縷 仏の座 菘蘿 蔔 です。



七草がゆは、1月6日の夜までに七草を叩いて準備し

当日7日の朝に七草がゆをつくるというの本来のようです。

【材料(3人分)】

春の七草(1パック) 白米(1合) 水(6カップ) 餅(3個) 塩(少々)

*お餅を入れない場合は白米(1合)に対して水(5カップ)となります。


【作り方】

①春の七草を水で汚れを洗い流し、すずな すずしろは根と葉を切り分けます。

菘蘿(すすな)は蕪(かぶ) 蔔(すずしろ)は大根と思っていただけたらいいかと思います。

②菘蘿(すすな)と蔔(すずしろ)は、輪切りまたは半月切りにして

③鍋に②を入れ、お茶パックにお米を包み、水を注いで中火で軽く茹でます。

*アクや臭みを取り、味が染み込みやすくさせます。

④茹でた後は、ザルにあげ冷まします。

⑤七草の葉と茎は、軽くお湯をかけてから、まな板の上で刻みます。

まず包丁でまな板を七回叩いてから、

♬七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン~♬
または、♬唐土の鳥が日本の国にわたらぬ先に 七草そろえてほーほ~♬ を七回唱えることにより
まな板で叩く包丁のトントンと鳴り響く音により、疫病や害鳥を追い払うという

古くから伝わる農村の風習です。

前日に七草を刻んだ際には、根・葉・茎ともに皿にのせラップで包んで冷蔵庫にて保管します。

1月7日の当日 朝

①お米(1合)を研ぎ、水(6カップ)を入れ30分置きます。

②フタをして強火にて沸騰させます。

②蒸気が上がり沸騰してきたら、フタを少し開けた状態で

弱火にして30~40分 様子を見ながら炊きます。

③②を炊いている間、

餅(3個)を半分に切り、フライパン専用ホイルを敷いて焦げ目がつく程度に焼き準備します。
④お玉で底から静かにかき混ぜ、米に芯がないかを確かめ

⑤餅を入れて、刻んだ菘(すずな)・ 蘿蔔(すずしろ)の根部分を加え

塩で味を整え1分ほど煮込みます。

⑥七草を加えひと煮えさせて出来上がりです。




お餅の入った七草粥を 数の子 黒豆 日野菜漬け 千枚漬けで味わいました。


ほっとする胃にやさしい七草がゆ

腹もちのいいお餅があってこそ、食べた気にさせてくれる七草がゆ

邪気を払って、無病息災の1年でありますように・・・

▶▶小正月の行事食 小豆粥

▶▶鏡開き善哉

▶▶簡単ぜんざい

▶▶マッサンのウイスキーで住吉銘菓のどら焼

▶▶住吉名物 さつま焼

▶▶福壽の春と道頓饅頭

▶▶福壽堂秀信 季ぜんざい

読者登録してね

ご覧頂きましてありがとうございます
↓ポチっと応援クリック よろしくお願い致します!
食いしん坊ブログランキング参加用リンク一覧 ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
食生活・食育 ブログランキングへ


AD