こんばんは! お越しくださり ありがとうございます。

今日のメニューは麻婆豆腐

と言ってもトマトで煮込んだ 旨みたっぷりに味わえる

「トマトの麻婆豆腐」です。

豚肉に相性のいいトマトは、旨み成分 イノシン酸(豚)とグルタミン酸(トマト)の相乗効果で

美味しさ引き立て、しかも大阪人にはかかすことのできない?卵(温泉卵)を割って

肉豆腐感覚、いやいや すき焼き風に味わう、甘辛にほのかな酸味と甘みがたまらない

温泉卵で味わうトマト麻婆豆腐です。

【材料(3人分】
木綿豆腐(2丁・600g) 豚挽肉(250g) トマト(3個) ニラ(1/2束) えのき茸(1パック)

たまねぎ(1/4玉) ニンニク(1かけ) 生姜(1かけ) 温泉卵(3個) オリーブオイル(大さじ2) 豆板醤(大さじ1) 西京味噌(大さじ1) 鶏がらスープの素(小さじ2) 酒(大さじ2)

砂糖(大さじ2) 醤油(大さじ3) 塩(少々) 胡椒(少々)

水溶き片栗粉(片栗粉大さじ2を水大さじ2で溶かす) 

【作り方】

①トマトはトマトは軽く水洗いしてヘタを取ります。

皮はそのままに縦8等分の横半分に切ります。

ニラも軽く水洗いし、根元の2~3cmを包丁で切り落とし 3cmcm幅に切り、

えのき茸は水で濡らしたキッチンペーパーで汚れを拭き取り、石づきを切り落とし

横半分に切り、バラバラにほぐします。

たまねぎ 生姜 ニンニクはそれぞれみじん切りにします。

木綿豆腐は2cm角に切り、お皿にのせます。

醤油(大さじ3) 酒(大さじ2) 砂糖(大さじ2) 豆板醤(大さじ1) 西京味噌(大さじ1)に、

計量カップに鶏がらスープ素(小さじ2)を入れ300mlのお湯を注いで溶かし

「鶏がらスープ」を作って 準備します。

②熱したフライパンにオリーブオイル(大さじ2)を入れ、 中火にかけニンニクと生姜を

炒め 香り立ったら、豚挽肉を入れ、豆板醤、西京味噌を加え、

強火にしてヘラを切るように、豚挽肉をほぐし炒めます。

③豚肉が色づいてきたら みじん切りのたまねぎを加え

肉がポロポロになるまで炒めます。

④トマトを加え、軽く絡ませ炒め

200mlほどの鶏がらスープを注いで煮ます。

*残りの鶏がらスープは、味の調整の際に使います。

⑤沸騰したら火を弱め 酒(大さじ2)砂糖(大さじ2)を加え

1分馴染ませてから 醤油(大さじ3)を加えます。

⑥フタをして 弱火で10分煮込みます。

⑦その間、沸騰させた鍋に、2cmほどの角切りの木綿豆腐を2分茹でて火を止めます。

*豆腐を茹ですることにより、余分な水分が抜け 崩れにくい豆腐になります。

そして10分煮込んだ⑥に茹でた豆腐をアミですくって加え、弱火にかけ3分ほど煮立てます。

⑧ニラとえのき茸を加え、ひと煮えさせ 塩や胡椒で味の調整をします。

⑨一旦 火を止め、水溶き片栗粉(片栗粉大さじ2を水大さじ2で溶かす)を回し入れ、

木ベラやお玉でかき混ぜとろみをつかせ、30秒ほど強火で煮込んで火を止めます。

⑩お皿に盛りつけ、中央に温泉卵を割って出来上がりです。

甘辛なのに、トマトの酸味と旨みですっきり!

温泉卵でまろやかに味わえるトマトたっぷりの麻婆豆腐。

ひと味違ってクセになる美味しさですので、お試しくだされば幸いです。

ふんわりトマトのニラ玉とじ

(作り方はこちら

夏のトマト牛丼

(作り方はこちら

牛すき玉とろ 冷しうどん

(作り方はこちら

卵を割って トマト肉豆腐

(作り方はこちら)

ご覧いただきましてありがとうございます

読者登録してね
 

 食いしん坊ブログランキング参加用リンク一覧 ブロぐるめ! 食べ歩きポータル 
食生活・食育 ブログランキングへ 

 

ポチっと↓応援クリック お願いします。

ランキング参加中♪

 


レシピブログに参加中♪

AD

牛肉とキノコの赤ワイン煮

テーマ:

こんばんは! お越しくださり ありがとうございます。

そろそろシチューがおいしい時期になってきましたね~♪

今日のメニューは、フランス料理の定番 牛肉の赤ワイン煮。

デミグラスソースと赤ワインに、旬のキノコを加え煮込んだ

赤ワインの酸味が牛肉の旨みを引き立てる 「牛肉とキノコの赤ワイン煮」です。

じっくり煮込んだ赤ワイン煮は、秋らしさある芳醇な味わいに

牛肉がとろけるほどの柔らかさが特徴です。

調理時間がかかりますが、煮込むほどに素材の旨みが活かされ

本格的な美味しさは、「ウチでつくるレストランの味」です。

【材料(3人分)】

牛肉カレー/シチュー用(300g) たまねぎ(1玉) じゃがいも(2個) にんじん(1本)

マッシュルーム(8本) 舞茸(1パック) ぶなしめじ(1/2パック) ブロッコリー(2/3株)

ニンニク(2かけ) セロリ(適量) ローリエ(1枚)

デミグラスソース(1缶・290g) 赤ワイン(50ml+70ml) 水(300ml)

トマトケチャップ(大さじ2) ウスターソース(大さじ1)

バター(15g) 小麦粉(適量) 塩(少々) 胡椒(少々) 生クリーム(適量)

①バットに牛肉、スライスにしたニンニク、茎を2~3cmほどの大きさに切ったセロリ

ローリエをのせ、赤ワイン(50ml)を注ぎ冷蔵庫にて2時間以上馴染ませます。

*作る日の朝または昼までに準備するといいです。

②たまねぎは半分に切り、根元とヘタを切り落として 皮をむきくし形に切り、

にんじんは皮をむいてやや大きめの乱切りにします。

じゃがいもは皮の汚れをよく水洗いしてから、皮をむいて大きめの乱切りにします。

キノコ類は水で湿らせたキッチンペーパーで汚れを拭き取り、石づきを切り落とします。

ぶなしめじと舞茸はさばいて、マッシュルームは縦3等分に切ります。

ブロッコリーは硬い軸を切り落とし、食べやすい大きさに小分けします。

③しっかり赤ワインが馴染んだ牛肉を取り出し、トレイに移します。

*つけ汁とローリエはとっておき、ニンニクとセロリーは捨てます。

塩(少々)と胡椒(少々)をふりかけ、小麦粉をまぶします。

 

④熱したフライパンにバター(15g)入れ溶かし、やや強火にかけ牛肉に焼き色がつくまで

焼き、中火にしてにんじんとたまねぎを加え、たまねぎがしんなりするまで炒めます。

⑤炒めた牛肉と野菜は鍋に移し、つけ汁にした赤ワイン(50ml)と赤ワイン(70ml)を注ぎ、

水(300ml)を注ぎ、強火にかけ煮ます。

⑥沸騰したら火を弱め、アクを取りフタをして弱火にて1時間 煮込みます。

*煮込めば煮込むほどに、牛肉がやわらかくなります。

その間、ブロッコリーを塩ゆでし ザルにあげ冷まします。

⑦煮詰まって、牛肉がやわらかくなったら

⑧じゃがいもとデミグラスソースを加え、木ベラで馴染ませ

 

トマトケチャップ(大さじ2) ウスターソース(大さじ1)を加えます。

⑨じゃがいもが柔らかくなるまで、焦げ付かないよう時折木ベラで混ぜながら

弱火で煮込みます。

⑩じゃがいもが柔らかくなったら、キノコ(マッシュルーム、舞茸、ぶなしめじ)を加え

塩(少々)と胡椒(少々)をふりかけ味を調え、しんなりしたら火を止め

お皿に盛りつけ、茹でたブロッコリーを添え 生クリームをかけて出来上がりです。

まるでレストランかのような、深みある味わいに とろける美味しさラブ

ごはんより、フランスパンがぴったり合う煮物です照れ

鶏肉と栗キノコのワイン煮

(作り方はこちら

たっぷりキノコのハッシュドビーフ

(作り方はこちら

たっぷりキノコのハッシュドビーフ

ミートボールのカレークリームシチュー

(作り方はこちら

ご覧きただきましてありがとうございます

読者登録してね
 

 食いしん坊ブログランキング参加用リンク一覧 ブロぐるめ! 食べ歩きポータル 
食生活・食育 ブログランキングへ 

 

ポチっと↓応援クリック よろしくお願いします。

ランキング参加中♪

 


レシピブログに参加中♪

 

AD

こんにちは!お越しくださり ありがとうございます。

京都・洛東の閑静な地に静かにたたずむ 料亭「わらびの里」。

おもてなしの心で癒しを提供する老舗 料亭の味わいを

そのまま詰め込んだ 秋のお弁当“花あそび”を食しました。

天麩羅、煮物、カレイ味噌柚庵焼をはじめ京の料亭らしさある

バランスよく盛り付けられた秋のお弁当です。

外寸/192×192×47mm

【名称】 弁当

【原材料名】 ご飯、散し寿司、かれい味噌柚庵焼、海鮮彩り揚げ、蓮根天麩羅、角南瓜煮、

出汁巻玉子、結び昆布、粟麩田楽、合鴨ロース、チキンマリネ、ほうれん草茸菊花和え、

南瓜彩はさみ揚げ、きす天麩羅、射込高野、蛸桜煮、舞茸含煮、海老旨煮、焼目手毬湯葉、

丸小芋煮、青唐天麩羅、はじかみ、絹さや煮、花麩、パプリカ、パセリ、

酸味料、調味料(アミノ酸)、pH調整剤、グリシン、保存剤(ナイシン、ソルビン酸)、

漂白剤(次庵亜硫酸Na、亜硫酸塩)、酒精、発色剤(亜硫酸Na)、香辛料、加工でん粉、

香辛料抽出物、着色料(銅葉緑素、赤105、トマト色素、カロチノイド、カラメル、クチナシ、

赤3、青1、黄4)、甘味料(ステビア)、リン酸塩(Na)、増粘多糖類、豆腐用凝固剤、重曹、

ゲル化剤(ぶどう糖多糖)、乳酸Na、酸化防止剤(V.C)、トレハロース、香料、

(原材料の一部に小麦、卵、乳、えび、かに、いか、ごま、大豆、鶏肉、まつたけ、

りんごを含む)

 

2種類の飯物に、24種類のおかず

パセリはおかずにはならないので、23種類ですね(苦笑)

本当に秋の味覚というほどに、ボリューム感ある京のお弁当「花あそび」です。

松茸かどうか?原材料名に「松茸」が記載されていなく「ご飯」だけなので

エリンギかもしれませんが、松茸のような風味豊かな味わいです。

散し寿司には、栗 ぶなしめじ 海老 錦糸玉子 えんどう豆がのせられ、

酢飯はメリハリのきいた酸味が、素材のもつ甘みと旨みで

味わいのいいお寿司にされています。

綺麗に煮つけられた海老旨煮

カリっと殻から、ジューシーで旨みある身がじゅわっと!カルシウム満点です~♪

京弁当によくありがちな、合鴨ロース。

独特な香ばしい風味に肉厚あるジューシーな味わいは、食べた気にさせてくれます。

さっぱりチキンマリネに、上品な味わいのほうれん草茸菊花和え

かれい味噌柚庵焼は和食の焼き物のひとつ、幽庵焼(ゆうあんやき)で、

醤油、酒、みりんの調味料に柚子やカボスなどの柑橘を用いた魚の付け焼きされたもの。

江戸時代の茶人の北村祐庵(堅田幽庵)が創案されたものとされています。

かれい味噌柚庵焼は、柚子の清々しい香りが際立つ 味わいある焼き魚です。

繊細な味覚あるお弁当は、京の料亭そのもの!

これからの行楽シーズンにおすすめのお弁当です。

過去に公開したお弁当もご覧くだされば幸いです

美濃吉 京弁当

(記事はこちら

京都 美濃吉 松茸御飯弁当

(記事はこちら

なだ万のお弁当 秋のおとずれ

(記事はこちら

米八 松茸おこわ

(記事はこちら

 

文明開化の味 牛鍋弁当

(記事はこちら

ご覧きただきましてありがとうございます

読者登録してね
 

 食いしん坊ブログランキング参加用リンク一覧 ブロぐるめ! 食べ歩きポータル 
食生活・食育 ブログランキングへ 

 

ポチっと↓応援クリック よろしくお願いします。

ランキング参加中♪

 


レシピブログに参加中♪

AD