1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-10 00:00:00

『機動新世紀ガンダムX』

テーマ:映像

 『機動新世紀ガンダムX』

―あらすじ―
  かつて、戦争があった。地球連邦軍と宇宙革命軍の戦争は、あまりにも愚かで、あまりにも凄惨であった。――それから15年。戦争の爪痕は残るものの、人々は強かに今日を生きていた。

 

 

 勝手な思い込みで、ガンダムXはシリアスな作品だと思っていました(明るいGガンダムの後に観たのはそのため)。が、実際に観てみると、真っ直ぐな少年・ガロードを主人公に、ストーリーは王道であり、非常に面白くスイスイ観ることが出来ました。他シリーズのような複雑さはありません。それも観やすさの一端でしょう。ただしこれは「地味」と表裏一体ですが…

 

 個性的なキャラクターがいないのも、地味になってしまう一端かと思われます。他シリーズにおける魅力的なライバル・ボスキャラ(シャアや東方不敗など)が不在というのは寂しい限りです。全編通しての敵であるフロスト兄弟には、あまり魅力を感じず。何というか、カリスマ性がありません。毎回主人公たちを追い詰める割には、「一時撤退だ」と、とどめを刺さずに去っていきます。味方も全体的にインパクトがイマイチ…ジャミルは恰好いいですが。

 

 ざっくばらんに言えば、「ブッ飛んでいない」。ガンダム作品は良くも悪くも、ストーリーやキャラクターの性格がブッ飛んでいないと話題に上がらない傾向があります(GガンダムやガンダムW、Zガンダム、MS08小隊など)。個人的に好きなZZガンダムと同様、本作もブッ飛んでおりません。

 

 各話のサブタイトルが、その話に出てくるキャラクターのセリフになっているのも印象的でした。喋るシーンと合わせて次回予告でサブタイトルが紹介されるのですが、「天国なんてあるのかな」(ロアビィ)や「私を見て」(ティファ)、「私の愛馬は凶暴です」(シャギア)、「巷に雨の降るごとく」(テクス)などなど、そのシーンと合わせて心に残る次回予告が多かったです。「私の愛馬は凶暴です」に関しては、その回のストーリーはあまり記憶にありませんが、この次回予告は何故か記憶に残っています。「天国なんてあるのかな」は主人公がメインの回ではありませんが、個人的には他のシリーズと合わせても、非常に名作だと感じました。『ガンダム』における「ククルス・ドアンの島」と似た印象です。

 

 ロアビィの外見。放映時期を考えると、外見のモデルは1995年頃のキムタクでしょうか。第一印象は「いかにもなチャラ男」といった感じでマイナスイメージでした(※キムタクをチャラ男とは思っておりません)。が、上記の「天国なんてあるのかな」というセリフや、ペシミストでありながらも情熱的な性格は、評価を覆すに充分でした。

 

 本作を観たことにより、改めて『ジージェネレーション ワールド』でガンダムXが舞台のステージを遊ぼうとしましたが、何と舞台になっているのは1ステージのみ。地味な作品とは言え、これは悲しい。

 

 ティファ可愛い。エルピー・プル(ガンダムZZ)とはまた違った可愛さがある。「私を見て」のティファが可愛すぎる。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-15 10:00:00

『機動武闘伝Gガンダム』

テーマ:映像

 『機動武闘伝Gガンダム』

―あらすじ―
  人々が宇宙居住空間(コロニー)で暮らす世界。 この世界では、4年に一度各国スペースコロニー間での覇権を賭けた、1対1のガンダムファイトが行われていた。そして未来世紀60年、ネオジャパンのコロニーから1体のガンダムが地球に送り込まれる。



 熱血で笑えるストーリーと聞いてはいましたが、実に熱い作品でした。常に全力全開で正義感に溢れた主人公・ドモン、行方不明になった兄、4人のライバルたち、幼馴染のヒロイン、師匠との再会、そして明かされる真実など、ストーリーも王道ながら引き込まれてしまいました。

 
 個人的に思い入れのあるドラゴンガンダムと搭乗者のサイ・サイシーも全編に渡って活躍し、非常に嬉しかったです。ドモンとも引き分ける実力の持ち主だったのか。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-16 09:00:00

『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』

テーマ:映像

 『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』

―あらすじ―
  アムロやシャアが戦った「一年戦争」と同時期の宇宙。中立コロニー"サイド6"で新型兵器が製造されているという噂の真偽を確かめるため、ジオン軍から少数の兵士が派遣された。兵の1人、バーナード(バーニィ)は、町に住む少年・アルと仲良くなる。



 全6話と短く、手軽に観られて面白い作品でした。戦闘シーンよりも人物ドラマに主題が置かれているあたりは、他のガンダム作品とも共通しますが、それにしても戦闘が少なかったように思います(マイナス評価というわけではない)。戦争に憧れを持つアルや、クリスマスで賑わう街での戦闘を描くことで、より戦争の悲惨さが強調されたように感じられる作品でした。

 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-04 09:00:00

『おろしや国酔夢譚』(映画)

テーマ:映像

 『おろしや国酔夢譚』

―あらすじ―
 天明2年(1782年)、江戸へ向かう商船・神昌丸は、船頭である大黒屋光太夫を含む17人を乗せ、伊勢湾沖で大嵐に会う。8カ月後、彼らが流れ着いたのはアムチトカ島(現在のアラスカの一部)であった。故郷へ帰るため、ロシアをさすらい、ついには女帝に拝謁する光太夫。10年の時を経て、彼らは日本へとたどり着く。



 原作の小説を読んだときの記事で、「映画化もされているようですが、なかなか評価が高いようなので、是非とも観てみたいですね。」と書きましたが、それから約4年半の月日を経ての鑑賞となりました。

 10年に亘る漂流譚を2時間でまとめているため、ある意味テンポよくストーリーが進んでいきます。そのため、ややドラマ性にはかけるかなあと。あと、実に地味です。歴史があまり好きでない人には勧めにくい内容でしょう。ただし個人的に、歴史マニア向け映画としては高く評価しております。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-15 09:00:00

『嗚呼!!花の応援団』

テーマ:映像

 『嗚呼!!花の応援団』


―あらすじ―
 南河内大学応援団の親衛隊長・青田赤道ここにありや!



 同名のギャグ漫画・『嗚呼!!花の応援団』の実写映画です。原作がギャグ漫画であるだけに、「実写にしたらどうなるんだ」と心配していましたが、「こうなるのか!」と見事に映画にしてくれました。青田赤道なんて実写化不可能かと思っていましたが、実に青田らしい青田っぷりです。原作のストーリーを挟みつつ、オリジナルで切ない初恋を絡ませるなど、これは原作ファン納得の映画化。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-06 09:00:00

『ビー・バップ・ハイスクール』

テーマ:映像

 『ビー・バップ・ハイスクール』

 

―あらすじ―
 不良としてケンカに明け暮れる、愛徳高校2年の中間徹と加藤浩志。ある日、サッカー交流試合をきっかけとして、「ヤクザ養成所」と名高い戸塚水産高校との抗争が勃発する。

 

 

 不良漫画の金字塔・『ビー・バップ・ハイスクール』の実写映画です。「漫画の実写版」と聞くとマイナスイメージが浮かびがちですが、この映画は全く違和感なく最後まで見ることができました。トオルとヒロシ達が、所狭しと暴れまわります。電車での乱闘シーンは必見の一言。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-07 10:00:00

『新機動戦記ガンダムW EndlessWaltz』(通常版/特別版)

テーマ:映像

 『新機動戦記ガンダムW EndlessWaltz』(通常版/特別版)

 

―あらすじ―
 地球とコロニー間に平和が訪れたアフターコロニー196年。だが戦争の火種はくすぶり続けていた。トレーズの娘を自称するマリーメイアが世に現れたことによって、戦いの火蓋は切って落とされることとなった。


 

 『新機動戦記ガンダムW』の続編(後日談)です。主人公の1人・五飛の戦いに決着を付けるための続編とみてもいいのではないでしょうか。

 

 通常版は3話のOVAとして、特別版は通常版の再編集映画に当たります。どちらも見ましたが、特別版は通常版を上手く1本の映画に再編してくれていました。これは良い続編。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-25 10:00:00

『機動戦士Zガンダム A New Translation』

テーマ:映像

 『機動戦士Zガンダム A New Translation』

 

―あらすじ―
 『機動戦士Zガンダム』のリメイク映画であり3部作。アムロやシャアたちが戦った「一年戦争」から7年。地球では、ジオン軍の残党刈りを名目として設立されたティターンズが勢力を保っていた。地球に住む少年・カミーユは、ティターンズへの復讐心からガンダムMk-Ⅱを奪って反ティターンズ組織であるエゥーゴに身を置くこととなった。

 


 初めて『Zガンダム』を観ようとしたとき、本作から観ようかとも思っていましたが、1巻の中盤で止めてしまい、結局はテレビシリーズで観ました。時間的な制限もあるのでしょうが、場面がすぐに変わってどんどんキャラが出てくるので、ストーリーが理解できませんでした。

 

 その後TVアニメの『Zガンダム』を観て、改めて本作を観ることにしました。一度ストーリーは頭の中に入っているのですが、それでも展開が急であることと、TVアニメ版の作画と新規作画が入り乱れ、その違いに気をそがれてしまいます。ラストの展開がTV版と違うのを別にしても、初めて見る人にも昔からのファンにも手厳しい作品だなあと。

 

 キャッキャと笑うファは可愛い。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-13 10:00:00

『銀座カンカン娘』

テーマ:映像

 『銀座カンカン娘』

 

―あらすじ―
 引退した落語家の新笑の家に、かつて新笑がお世話になった恩人の娘・お秋と、その友人のお春が居候としてやってくる。ブラブラ遊んで歌うだけの2人だったが、何とか仕事を探そうとする内に、映画スターの代役になる話が舞い込んでくる。

 


 もともとは本作の主題歌である「銀座カンカン娘」を知り、そこから本作にたどり着きました。

 

 本作は白黒映画ですが、白黒であることを全く感じさせないほどの華やかさを持っていました。高峰秀子、笠置シヅ子のWヒロインがこれほどまでに魅力的だとは。ストーリーも終始明るいので、のんびり観られて満足度の高い映画でした。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-07 10:00:00

『新機動戦記ガンダムW』

テーマ:映像

 『新機動戦記ガンダムW』

 

―あらすじ―
 人類が宇宙ステーションを建設した未来――アフターコロニー195年。地球とコロニー間での確執は、一触即発の事態にまで発展していた。

 

 面白い!

 

 第1話から主人公機が撃墜されたり、2話以降でも秘密保持のために機体を自爆させようとしたり、ヒロインを殺そうしたり…序盤から予測できない展開が続きます。また、主人公を5人の少年たちとした点は当たりでしょう。5人それぞれに個性があり、物語を展開させやすくなったように思えます。中盤からは地球、コロニー、ガンダムたちの三つ巴になりますが、地球内部やコロニー内部でも内紛があり、やや情勢が複雑になってきます。

 

 wikipediaなどからの情報を総合すると、「人気の秘訣は5人のイケメン主人公」のように書かれていますが、個人的にはライバルキャラのゼクス・マーキスに惹かれました。シャアを意識したキャラクターでありながらも、シャアとはまた違った魅力を持つゼクス。上記した地球、コロニー、ガンダムたちの全勢力に影響を与え、物語が引き締まったように思えます。ゼクスの友人にして好敵手のトーレスも、最初はいけすかないキャラかと思っていましたが、最後まで信念を突き通す熱いキャラクターでした。

 

 多くのガンダム作品では主人公が専用機に乗ることが多く、当然この『ガンダムW』でもウイングガンダムという機体などがあります。が、本作では主人公らが敵の量産機(『ガンダム』でいうザクみたいなもの)に乗ったり、自分の機体に他の人物を乗せたりすることが多いのも特徴でしょうか。

 

 ウイングガンダムはガンプラでもよく再販されているイメージです。『ガンダムビルドファイターズ』でも「ウイングガンダムフェニーチェ」という機体が登場した他、SDガンダムの新シリーズでも登場しました。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。