2016-10-04 10:00:00

『SDガンダム G-GENERATION WORLD』

テーマ:ゲーム

 『SDガンダム G-GENERATION WORLD』

 

 

 買ったのは2015年の11月、ストーリーをクリアしたのは2016年の2月くらいだったでしょうか。クリアしてからも現在進行形で遊んでいるため、記事として書くタイミングを失ってしまいました。取り敢えず累計時間が200時間を突破したので、一旦記事にすることにしました。

 

 基本的には戦術シミュレーションですが、あまり難しい操作がないのも嬉しいですね。登場機体がSDということもあり、元々SDからガンダムに入った自分としては違和感なく楽しんでおります。ちなみに色々と種類が出ているG-GENERATIONですが、違いがあまり分からなかったので、「取り敢えずPSPで売っているやつなら何でもいいや」と適当に本作を買いました。

 

 そもそもG-GENERATIONシリーズを買うことすら初めてです。G-GENERATIONという名前は知っていたものの、自分とは縁がないものとばかり思っていました。なお、買った時点では、まともに見たことがある作品は『機動戦士ガンダム』のみ。次いで『機動戦士Zガンダム』を途中まで観たという状態でした。このシリーズの醍醐味の1つは「原作の再現」ですが、そもそもそのほとんどの原作を知らないため、最初は9割のステージで「誰だこいつ」の状況でプレイしていました。まあ現時点でも4割は分かりません。

 

 現在では上記の2作品に加え、『ZZ』、『0083MS小隊』、『W』、『SEED』、『00(1期)』を観終えました。結果として、使用キャラクターや使用機体に大いなる影響を与えました。クリアしてからも、アニメを観て分かるようになったステージを改めてやってみたり、キャラクター・機体を強くしようとチマチマ遊んでいます。現在の使用キャラクターと使用機体は以下の通り。

 

・パイロット
 カミーユ・ビダン(Z)
 ランバ・ラル(ガンダム)
 スレッガー・ロウ(ガンダム)
 マシュマー・セロ(ZZ)
 エルピー・プル(ZZ)
 テリー・サンダースJr.(08小隊)
 ゼクス・マーキス(W)
 サイ・サイシー(G)
 コーイチ・カノエ(オリジナルキャラ)

 

・戦艦乗組員
 ナタル・バジルール(SEED)
 ハイマン・アーノルド(SEED)
 フェルト・グレイス(00)
 コジロー・マードック(SEED)
 ファ・ユイリィ(Z)
 リリーナ・ピースクラフト(W)

 

・使用機体
 Zガンダム
 ZZガンダム
 ペーネロペー
 スーパーガンダム
 ザクⅢ改
 キュベレイMr-Ⅱ
 トールギス
 ドラゴンガンダム
 パーフェクトガンダム

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-06-19 18:17:52

『戦国無双3z special』

テーマ:ゲーム
 『戦国無双3z special』

 1月に買った『戦国無双3z special』が一通りクリア(全キャラクターレベル50(最大))となりました。現時点での総プレイ時間は約170時間です。とは言え、レア武器の取得や能力値の最大化などが残っているので、もう少しプレイすることになるでしょう。

 『真・三國無双6 special』もそうですが、ムービーの綺麗さや爽快なアクションなどは据え置き機と遜色ありません。ただ、私はPS2以降の据え置き機を持っていないので、最新のPS4の画面などは分かりませんが。しかし携帯機としては十分すぎるでしょう。

 ミッション制の導入は一長一短か…個人的にはやや好意的に捉えています。

 衣装の色変えは意外と嬉しい。特にレベルも終盤になるとどうしても飽きてくるので、いつもと違った色合いで楽しんでいます。『戦国無双2猛将伝』風の緑をイメージカラーとしたガラシャや、赤と黒を基調とした石田三成を作成しました。赤を基調にスカーフを黄色にしたねねはサイボーグ009のようになってしまいましたが、色合いが上手く出せたと満足しています。

 ロードが長いのが気になります。戦闘中のムービー終了後や勝利画面で一々ロードが入るのはマイナス点です。

 後は、『戦国無双2』に合ったような外伝(風変わりなステージ)があればより嬉しかったですね。

戦国無双3 Z Special PSP the Best/コーエーテクモゲームス

¥3,024
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-06-14 20:34:09

『ペルソナ3 ポータブル』

テーマ:ゲーム
 『ペルソナ3 ポータブル』(PSP)

―あらすじ―
 2009年4月。私立月光館学園の高等部に編入してきた主人公。が、学生寮に入寮した日の深夜、主人公は「影時間」なるものを体験し、さらにシャドウなる怪物と遭遇する。結果としてペルソナ能力を覚醒することとなった主人公は、シャドウとの戦いに身を投じることとなった。


 Yanさんに借りたゲームですが、132時間に渡るプレイの末、やっとクリアしました。「女神転生」シリーズからの派生作品であり、「葛葉ライドウ」シリーズに出てきた悪魔(こちらではペルソナ)も何体か登場します。

 学園生活とダンジョン探索の2つを両立させていくこととなりますが、この辺は『ガンパレード・マーチ』好きとしては非常に楽しめました。人間関係を構築しないとペルソナが上手く作成できないため、昼夜ともにいい意味で忙しいゲームです。

 戦闘が楽しいのも大きな魅力です。次に覚えるスペルとレベルが表示されることと、数レベル上げることで新しいスペルを覚えるため、ついついレベル上げが後を引いてしまいます。

 そしてシリーズの伝統である合体。如何に自分好みのペルソナを作成するかも悩みどころです。ちなみに私は1周目では全ペルソナを作成することは不可能でした…スキルに不満があるペルソナもチラホラ。

 では2周目に向います。

ペルソナ3ポータブル PSP the Best/アトラス

¥3,024
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-11-07 23:42:59

『真・三國無双6 special』

テーマ:ゲーム
 9月半ばに『真・三國無双6 special』を買い、やっと一通りクリアしました。

 新しい操作感に慣れるまでは大変でしたが、慣れてみるとなかなか楽しいものです。

 目玉としては第4勢力として晋が登場したことです。「過去にとらわれない」という理念を背景としたストーリーは面白く感じました。まあ三国志の世界観を全否定している気もしますが…特に劉禅の考え方。

 しかし晋のストーリーの大半は蜀との戦いとなり、同じキャラとばかり戦っている印象がありました。何回姜維を倒せばいいのか。

 登場キャラクターが多いことは嬉しいのですが、キャラクターが多い割にはストーリーモードで活躍しないキャラがいたり人物関係の描写が希薄だったりと、勿体ないように感じてしまいました。郭淮と夏侯淵の関係性など、描写が省かれているために立ち位置が分かりにくい部分もあります(郭淮に関してはなぜ病弱キャラなのかも理解に苦しみますが)。

 クロニクルモードは、似たようなステージが多いのが残念ですね。もっと風変わりなシチュエーションがあっても良かったかと。キャラクターごとの列伝は嬉しい。ゲーム内で稼いだお金で能力アップが出来ることも非常に嬉しい。これまでの作業感が半減します。

 武器が自由選択になった点は一長一短です。自由さゆえに個性が薄まったことは否定できません。が、武器によってはコンボがつなげやすくなったり無双ゲージが貯めやすくなったりと、今までの固有アクションでは難しかったアクションが出来るようになったのは利点ですね。

 総合的に見れば、シリーズとしてもかなり面白い方かと思います。ただ、従来とのギャップがあるため、新規ファンのほうがすんなりと受け入れやすいかもしれません。

 しかしPS3版みたいな衣装ダウンロードがあればより良かったのに…あると思ってたのになあ。

真・三國無双6 Special PSP the Best/コーエーテクモゲームス

¥3,024
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-08-17 14:28:11

『pop'n music portable』

テーマ:ゲーム
 『pop'n music portable』(PSP)を買いました。

 8月25日に『真・三國無双6』がPSPに移植されるとのことで、先月末にPSPを買いました。同時に買ったのが、『pop'n music portable』の廉価版です。

 pop'n musicの最新作となります。が、PSPとPS2ではコントローラーのボタン数が違うため、9ボタン演奏が難しい…L2R2ボタンが無いために配置が換わっているのですが、今までPS2でポップンになじんでいた私にはなかなか厳しいものがあります。久しぶりのポップンで腕が鈍っているので余計です。が、その代わりに今作では7ボタン演奏が可能になっているため、個人的にはそちらで楽しんでいます。

 ゲームモードとしては、アドベンチャーモードなるモードがあり、ストーリーを進めるごとに隠し曲が増えていきます。サクサク進むこともあり、非常に面白いモードです。

 マイナス点としては、ロードが頻発すること。次回作では是非ともインストール機能をお願いします。

 しかし総合的に見ても、十分に楽しい作品です。初心者にもおススメの作品かと。

pop’n music portable ベストセレクション/コナミデジタルエンタテインメント

¥2,037
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-15 21:36:10

『デビルサマナー葛葉ライドウ 対 超力兵団』

テーマ:ゲーム
 『デビルサマナー葛葉ライドウ 対 超力兵団』(PS2)

―あらすじ―
 大正20年、帝都。悪魔を使役し悪魔がらみの事件を解決する、デビルサマナー(悪魔召喚師)と呼ばれる人々がいる。新米デビルサマナーである葛葉ライドウは、探偵業を営む鳴海の下で修行の日々を送っていた。そんなある日、鳴海探偵社に一人の少女が奇妙な依頼を持ち込む。さらわれた少女、謎の赤マント、立ちはだかる怪僧…果たして「超力兵団」とは。


 本作は、悪魔と関わりを持つ人々の活躍を描いた人気RPG・「女神転生」シリーズの1作です。これまではその独特の絵柄ゆえに「女神転生」シリーズを受け付けなかったのですが、この「葛葉ライドウ」シリーズは舞台が私の好きな大正時代ということもあり、興味を持っていたのです。

 レトロモダンな雰囲気は非常にいい感じです。街並みは勿論、学生服+学帽の主人公に、私立探偵や女性新聞記者の仲間など、如何にも大正時代といった雰囲気です。

 ただ、戦闘はアクションですが、こちらはやや大味な仕上がりです。「小難しい操作がいらないので、アクションが苦手な人でも大丈夫」と言えば聞こえはいいですが。敵や味方で主人公を見失うこともしばしばです。

 しかしやはり個人的には、大正浪漫の雰囲気が味わえるゲームが出たというのが嬉しいですね。まだまだ序盤ですし、これからの展開が気になるところです。続編・『デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 アバドン王』も楽しみですし、同じ「女神転生」シリーズの『ペルソナ3』や『ペルソナ4』にも手を出してみたいものです。

デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団 アトラスベストコレクション/アトラス

¥3,024
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。