2017-04-19 00:00:00

『誰も教えてくれなかった『源氏物語』本当の面白さ』

テーマ:新書

 『誰も教えてくれなかった『源氏物語』本当の面白さ』(林真理子/山本淳子)

―あらすじ―
 「源氏物語」を読んでいく中で出てくる疑問に対し、2人の女性が対談する本書。



 先日は『平安の気象予報士 紫式部』(石井和子)という作品を読みましたが、続いてまた一風変わった作品を読みました。源氏物語研究者の山本先生の視点がなかなか独特で、最後まで楽しんで読むことが出来ます。当時の天皇や清少納言についても言及があり、平安時代自体にも興味が持てる1冊です。

 

 それにしても「源氏物語」は、知れば知るほどに底が見えない。むしろ私が無知なだけであるが。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-04-16 00:00:00

『ジンギスカンの謎』

テーマ:新書

 『ジンギスカンの謎』(川崎淳之助)

 

―あらすじ―
 モンゴル帝国を作り上げた英雄、チンギス・ハーン。しかしその生涯には謎が多い。彼の真実を求め、今日も調査が続く。

 


 1988年と、約30年前の作品のため、さすがに「ひと昔前の作品」といった印象です。とは言え、一般的なチンギス・ハーンのイメージは30年後の現在でもあまり変わっていないような気はします。そういう意味では、違和感なく読める作品ともいえますね。ざっくりとチンギス・ハーンの生涯を読み直すときに最適かと。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-13 00:00:00

『剣難女難』

テーマ:

 『剣難女難』(吉川英治)

 

―あらすじ―
 福知山藩士・春日新九郎は美男であったが、剣を見ると体が震えるほどの意気地なしであった。が、兄の重蔵が宮津藩との交流試合において、大怪我を負ってしまう。兄の仇である鐘巻自斎を倒すため、新九郎の修行の旅が始まった。

 


 吉川英治歴史文庫の第1巻です。舞台は京都府北部であり、なかなかマイナーな地方がピックアップされています(京都や江戸も出てきますが)。

 

 他の吉川作品に比べると、主人公がふらふらしているのが特徴でしょうか。「仇を討つ!」と決心して旅に出るものの、酒に溺れたりヤクザの兄貴分になったり…人間の弱さ、人間臭さが書かれています。『鳴門秘帖』の主人公・法月弦之丞とは正反対のキャラクターであり、新九郎の成長物語ですね。約100年前の作品とは思えないくらい読みやすいのも特徴ですね。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-10 00:00:00

『機動新世紀ガンダムX』

テーマ:映像

 『機動新世紀ガンダムX』

―あらすじ―
  かつて、戦争があった。地球連邦軍と宇宙革命軍の戦争は、あまりにも愚かで、あまりにも凄惨であった。――それから15年。戦争の爪痕は残るものの、人々は強かに今日を生きていた。

 

 

 勝手な思い込みで、ガンダムXはシリアスな作品だと思っていました(明るいGガンダムの後に観たのはそのため)。が、実際に観てみると、真っ直ぐな少年・ガロードを主人公に、ストーリーは王道であり、非常に面白くスイスイ観ることが出来ました。他シリーズのような複雑さはありません。それも観やすさの一端でしょう。ただしこれは「地味」と表裏一体ですが…

 

 個性的なキャラクターがいないのも、地味になってしまう一端かと思われます。他シリーズにおける魅力的なライバル・ボスキャラ(シャアや東方不敗など)が不在というのは寂しい限りです。全編通しての敵であるフロスト兄弟には、あまり魅力を感じず。何というか、カリスマ性がありません。毎回主人公たちを追い詰める割には、「一時撤退だ」と、とどめを刺さずに去っていきます。味方も全体的にインパクトがイマイチ…ジャミルは恰好いいですが。

 

 ざっくばらんに言えば、「ブッ飛んでいない」。ガンダム作品は良くも悪くも、ストーリーやキャラクターの性格がブッ飛んでいないと話題に上がらない傾向があります(GガンダムやガンダムW、Zガンダム、MS08小隊など)。個人的に好きなZZガンダムと同様、本作もブッ飛んでおりません。

 

 各話のサブタイトルが、その話に出てくるキャラクターのセリフになっているのも印象的でした。喋るシーンと合わせて次回予告でサブタイトルが紹介されるのですが、「天国なんてあるのかな」(ロアビィ)や「私を見て」(ティファ)、「私の愛馬は凶暴です」(シャギア)、「巷に雨の降るごとく」(テクス)などなど、そのシーンと合わせて心に残る次回予告が多かったです。「私の愛馬は凶暴です」に関しては、その回のストーリーはあまり記憶にありませんが、この次回予告は何故か記憶に残っています。「天国なんてあるのかな」は主人公がメインの回ではありませんが、個人的には他のシリーズと合わせても、非常に名作だと感じました。『ガンダム』における「ククルス・ドアンの島」と似た印象です。

 

 ロアビィの外見。放映時期を考えると、外見のモデルは1995年頃のキムタクでしょうか。第一印象は「いかにもなチャラ男」といった感じでマイナスイメージでした(※キムタクをチャラ男とは思っておりません)。が、上記の「天国なんてあるのかな」というセリフや、ペシミストでありながらも情熱的な性格は、評価を覆すに充分でした。

 

 本作を観たことにより、改めて『ジージェネレーション ワールド』でガンダムXが舞台のステージを遊ぼうとしましたが、何と舞台になっているのは1ステージのみ。地味な作品とは言え、これは悲しい。

 

 ティファ可愛い。エルピー・プル(ガンダムZZ)とはまた違った可愛さがある。「私を見て」のティファが可愛すぎる。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-07 00:00:00

『お金に好かれる極意』

テーマ:新書

 『お金に好かれる極意』(大村大次郎

―あらすじ―
 元国税調査官が著す、お金に好かれるための方法。お金を貯められる人と貯められない人の違いや、金持ちと貧乏人の違いなどを解説。



 一言でまとめれば、「お金に対する意識を変えろ」ということでしょうか。最初はハウツー本かなと思っていましたが、歴史や経済学の話も含まれており、なかなか面白く読むことが出来ました。「楽して稼ぐのが一番」ともありましたが、なかなか難しい…さながら私は、「怠惰を求めて勤勉に行き着く」といったところですね。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-04 00:00:00

『鳴門秘帖』(全3巻)

テーマ:

 鳴門秘帖』(吉川英治)

―あらすじ―
 江戸時代後期、阿波の国に不穏な影があった。幕府の隠密である世阿弥が必死の潜入を試みるも、消息は不明のまま10年が過ぎた。お家断絶を憂う一人娘・千絵のために、男たちが立ち上がる。



 2巻前半でダレてしまい、少しページが進まなくなりましたが、中盤からはまた面白さが復活しました。主人公・法月弦之丞の姿はどこか眠狂史郎を彷彿とさせてくれます。阿波に隠された謎以外にも、千絵とお綱の関係や、お十夜孫兵衛の頭巾の秘密など、読者をワクワクさせてくれます。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-01 00:00:00

『飲んでも太らない秘密の習慣』(再読)

テーマ:再読

 『飲んでも太らない秘密の習慣』(伊達友美)

―あらすじ―
 お酒は飲みたいし太りたくはないし…という人のための1冊。スリムな体を目指して、「食べ合わせ」やお酒の飲み方を探る。



 飲み方のチェック項目や食べ方の注意点など、具体的な内容が多く、日常生活に取り入れやすい作品です(ちなみに私はチェック項目では「飲むと食欲が旺盛になるタイプ」でした。これは最近自覚があり、休肝日を作るようになりました)。1日の食事サンプルも書かれており、自分の日々の生活と見比べてみるのがいいですね。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-29 00:00:00

『江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた』

テーマ:新書

 『江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた』(古川愛哲

―あらすじ―
 時代劇での江戸時代と、本当の江戸時代の風景には大きな隔たりがあった。「チャンバラ」の語源や、悪代官は本当に存在したのかなど、江戸時代の真相に迫る。



 十把一絡げに言ってしまえば雑学本です。一つの内容が手短に書かれているため、読みやすく、あらすじに書いたような「時代劇あるある」を解説してくれているため、興味を持って読むことが出来ました。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-26 00:00:00

『かんかん虫は唄う』

テーマ:

 『かんかん虫は唄う』(吉川英治)

―あらすじ―
 「かんかん虫」とは、船の錆落としを行う労働者たちの俗称である。義侠心に溢れる14歳のトムはある日、食い詰め者のオヤジと出会い仕事の世話をするが…他「色は匂えど」を収録。



 「かんかん虫は唄う」、「色は匂えど」ともに大正時代が舞台のせいか、いつもの吉川文学のようでまた違った面白さがありました。特に「かんかん虫は唄う」は筆者の自伝的な要素が入っているとのことで、約100年前の時代ながらも、まだまだ息づいているかのように読めてしまいます。そして両作品ともに貧困から立ち上がる主人公たちの姿は、発表当時の世間の様子を伝えてくれるように感じました。

 

 「三国志」や「宮本武蔵」といった作品とともに、この作品を吉川英治文庫に加えた人のセンスは見事。異色にして異彩。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-23 00:00:00

『本気になればすべてが変わる』(再読)

テーマ:再読

 『本気になればすべてが変わる』(松岡修造)

―あらすじ―
 元テニスプレイヤーにして、現在はスポーツキャスターやタレントとして活躍中の著者。オリンピックなど、多くのスポーツ大会では応援係としても活躍する著者が教える、"生きる技術をみがく70のヒント"。



 エネルギーが溢れてくる1冊に感じられました。一流スポーツ選手や著者自身の経験を踏まえながらのヒントが多いため、納得したり思わぬ裏話に驚かされたり、最後まで楽しんで読むことが出来ます。550円でこの内容は素晴らしい。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。