2017-03-26 00:00:00

『かんかん虫は唄う』

テーマ:

 『かんかん虫は唄う』(吉川英治)

―あらすじ―
 「かんかん虫」とは、船の錆落としを行う労働者たちの俗称である。義侠心に溢れる14歳のトムはある日、食い詰め者のオヤジと出会い仕事の世話をするが…他「色は匂えど」を収録。



 「かんかん虫は唄う」、「色は匂えど」ともに大正時代が舞台のせいか、いつもの吉川文学のようでまた違った面白さがありました。特に「かんかん虫は唄う」は筆者の自伝的な要素が入っているとのことで、約100年前の時代ながらも、まだまだ息づいているかのように読めてしまいます。そして両作品ともに貧困から立ち上がる主人公たちの姿は、発表当時の世間の様子を伝えてくれるように感じました。

 

 「三国志」や「宮本武蔵」といった作品とともに、この作品を吉川英治文庫に加えた人のセンスは見事。異色にして異彩。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

庚 康一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。