1 | 2 次ページ >> ▼ /
2012-08-31 21:51:16

『ホーホケキョ となりの山田くん』

テーマ:映像
 『ホーホケキョ となりの山田くん』

―あらすじ―
 新聞連載の4コマ漫画・『ののちゃん』のジブリ映画作品。山田一家のホームドラマを描く。


 ジブリ映画としては異色ですが、個人的には嫌いではありません。家族で観てほのぼの出来るような作りになっていますし、登場人物たちの笑い声に癒されます。また、挿入歌の「ひとりぼっちはやめた」、「ケセラセラ」はどちらも名曲です。勿体無いと思うのは、「ジブリ」を冠したことです。冠しない方が、先入観なく受け入れられたのではないかと。

 そして、短編をつなぎ合わせて約100分もの長編作品にする必要があったのか…別作品との同時上映映画として、30分くらいでまとめてほしい気もしますね。

ホーホケキョ となりの山田くん [DVD]/ブエナ・ビスタ・ホームエンターテイメント

¥5,076
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-08-29 15:58:42

『ルパン』

テーマ:映像
 『ルパン』

―あらすじ―
 父から受け継いだ盗みの才能と、同じく父に教え込まれた格闘技の腕前。さらには智謀を武器に、怪盗として活躍するアルセーヌ・ルパン。が、カリオストロ伯爵夫人を助けたことから、フランス王家の財宝をめぐる争いに巻き込まれていく。


 『カリオストロ伯爵夫人』をベースにしつつ、奇巌城や813、息子のジャンなど、別の作品も幾つかミックスした形の映画でした。俳優陣のセクシーさや、煌びやかな宝石類は見事ですが、肝心の中身は可もなく不可もなく。ストーリーとしては、詰め込み過ぎでポイントがぼやけてしまった印象です。これ1作だけではルパンの面白さを伝えることは出来ていませんね。

ルパン [DVD]/角川映画

¥1,944
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-08-27 20:15:23

『黄金の葉茶壷』

テーマ:
 『黄金の葉茶壷』(志茂田景樹)

―あらすじ―
 桐陰茶道会の家元である桐村友元は、自分の死期を悟り、三人の娘に一族の秘密を話すとともに長女の亜矢江を2代目家元に指名する。が、これを機に桐陰茶道会はお家騒動となってしまう。そして「黄金の葉茶壷」に隠された秘密とは。


 伝奇、サスペンス、エロ。一見、荒唐無稽な内容になりそうな設定ですが、作者の力量か、最後まで面白く読むことが出来ました。歴史を騒がせた女性たちを一つのまとまりに見るなど、いかにも伝奇モノといった趣です。

黄金の葉茶壷 (徳間文庫)/徳間書店

¥483
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-08-25 20:34:10

『ハッピーエンドにさよならを』

テーマ:
 『ハッピーエンドにさよならを』(歌野晶午)

―あらすじ―
 タイトルの通り、ハッピーエンドにならないミステリーを11編収録した短編集。


 ややホラー色が強い短編集でした。が、『葉桜の季節に君を想うということ』の著者ゆえに、どの短編もオチがひねってあります。中には、社会風刺のような短編もあり、「永遠の契り」、「In the lap of mother」の2編は敢えて構成を似せているあたりにブラックな笑いがこみ上げてきます。それでありながら読後感が悪いわけでもなく、楽しんで読むことが出来ました。

ハッピーエンドにさよならを (角川文庫)/角川書店(角川グループパブリッシング)

¥637
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-08-23 20:56:50

佐川美術館、石山寺

テーマ:観光
 8/20(火)に、佐川美術館と石山寺に行ってきました。

 佐川美術館に行くため、JR堅田駅からバスへ。琵琶湖大橋を渡るのですが、予想以上に素晴らしい景色でした。行く前は、「琵琶湖大橋を渡る必要があるんだなあ」としか考えていなかったのですが、実際にバスで渡ってみると、天候に恵まれたこともあってか、湖では釣りをしている人や波打ち際で遊んでいる人が見え、非常に爽やかなコースでした。

 佐川美術館は初の来訪でしたが、とても良い美術館でした。特別展示の「ハウステンボス美術館所蔵 M.C..エッシャー展」のためだけに行ったのですが、エッシャー展はもちろん、3つの常設展も素晴らしい展示ばかりでした。常設展も時期によって内容が変わるようですが、絵画、彫刻、陶器(茶碗)のどれも興味深い展示でした。

赤と黒-M.C.エッシャー展 赤と黒-佐川美術館

 その後は守山駅に向かい、さらに乗り換えを行い石山寺へ。こちらは数年前にも来たことがあります。名前の通り、まさに山寺です。

赤と黒-石山寺 赤と黒-入口
赤と黒-ロボット 赤と黒-紫式部像
 

 観光の人がほとんどおらず、ほぼ1人での散策となりました。敷地が広く、さらに山寺のため上り下りが大変です。そして本堂にはロボットの紫式部が。音声案内をしてくれるようですが…数年前にあったかどうか記憶にありません。

赤と黒-撮影 赤と黒-ちはやふる


 帰り際に、テレビ番組の収録らしきものが。さらに京阪電車が漫画の『ちはやふる』ラッピング電車でした。

 この後は文化博物館で「ヴェネツィア展」を…との予定でしたが、予想以上に石山寺で体力を費やしてしまったため、帰路につくことにしました。まあ9月末まであるので、来月に回しましょう。ちなみに10月にはシャガールが来るのでこちらも楽しみ。

 そして今日、石山寺のサイトを見たら、9月から「石山寺と紫式部」展なる催しがあるとか。よりによって8/20に更新された最新ニュース。来月行けばよかったか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-08-21 20:57:25

『ダイヤモンド殺人事件』

テーマ:
 『ダイヤモンド殺人事件』(吉村達也)

―あらすじ―
 結構不可能な殺人事件のオチが双子トリック?…許しがたい結末を書いた青年作家の真相とは(『お楽しみはこれからだ』)。他5編の作品を収録した、ホラー色の混じったミステリー短編集。


 『クリスタル殺人事件』の前作に当たりますが、短編集であるため、どちらも独立した作品となっています。ブラックユーモアで言えば『クリスタル殺人事件』以上でしょうか。そしてやはり作品ごとの解説(裏話)も収録されており、嬉しいところです。

ダイヤモンド殺人事件 (講談社文庫)/講談社

¥617
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-08-19 19:00:13

『クリスタル殺人事件』

テーマ:
 『クリスタル殺人事件』(吉村達也)

―あらすじ―
 自分の妻が出演しているとされるAVを突きつけられた、人気評論家の主人公。強請ってきた相手を殺すことで事実を消そうとするが(「どうにもとまらない」)。その他、四百字小説や「あとがき」小説などを収録した短編集。


 驚きのオチは少ないものの、各短編ともにしっかりと捻りが聞いています。どちらかというと、星新一のショートショートのような、ややブラックユーモアの効いた作品が多いですね。作品ごとの解説(裏話)も収録されており、嬉しいところです。

クリスタル殺人事件 (講談社文庫)/講談社

¥580
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-08-17 20:07:29

『聖徳太子の神歌』

テーマ:
 『聖徳太子の神歌』(志茂田景樹)

―あらすじ―
 財界の御曹子と美人女優の結婚式で、ウェディング・ケーキから男の生首が出現。さらにはその混乱の中、新婦が誘拐されてしまう。そして、生首を入れたと思われるケーキ職人は、「ワタリの呪い」との謎のメッセージを残して姿をくらます。新婦と親交のあった曽田宏之は、何とか新婦を救おうとするが。


 著者の作品は初めて読みましたが、なかなか面白い内容でした。伝奇的な内容と事件が上手くリンクしており、いい味を出してくれています。そして約200ページでサクッと読ませる適度なページ数。漫画の宗像教授シリーズが好きな人にはオススメです。

 約30年前の作品ですが、約200ページで値段は300円でした。今では同ページ程度の文庫本でも値段は約2倍…物価は上がっているんだなあ。しかも当時は消費税がないという。時代を感じる。

聖徳太子の神歌 (徳間文庫)/徳間書店

¥336
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-08-15 15:43:41

宮城旅行③

テーマ:観光
 8/4(土)は松島へ。

 まずは松島へ行く途中にあった伊達政宗歴史館を訪れました。

赤と黒-梵天丸 赤と黒-資料館

 取り敢えず喫茶店にてパフェをいただく。私が頼んだのは梵天丸パフェ。奥に写っているのはYanさんの頼んだ政宗パフェです。政宗パフェ、戦国パフェの順で豪華になっていきます。梵天丸もかくありたい。

 歴史館では、前半ゾーンに東北の偉人たちの像が展示してありました。個人的には高野長英の像があったのが嬉しかったですね。後半ゾーンでは伊達政宗の生涯を、音声ガイド付きのジオラマで再現してありました。中ほどには伊達政宗の顔の復元模型と、何とコンピューター解析による肉声を聞ける装置が。凄い時代ですね。

赤と黒-松島 赤と黒-フェリー
赤と黒-五大堂

 続いてメインの松島にやって来ました。日本三景とは聞くものの、あまり期待していませんでした。が、実際に行ってみると非常に素晴らしい景観でした。天候に恵まれたこともあるでしょうが、展望台からの景色が圧巻でした。

 真っ青な海、太平洋に浮かぶ島々、ヨットやフェリーがおもちゃのように動くあたりも可愛らしく思えてしまいます。天橋立、安芸の宮島に勝るとも劣らない、見事な景色でした。なお、今回で日本三景を全て制覇しました。

 日本海の天橋立、瀬戸内の宮島、そして太平洋の松島と、どれもが海に面していながら、三者三様に違いが実感できました。やはり日本海は荒々しく潮の香りが強く感ぜられます。瀬戸内は波も穏やかで暖かい印象でした。そして太平洋は、波はあるものの磯の香りはあまり強くなく、カラッとしていて爽やかでした。

 仙台駅に戻った後はお土産を買い、ジョジョスマホを体験した後に、17:30の飛行機で伊丹空港へ。…の予定でしたが、何と濃霧により欠航。何でも仙台空港ではままあることのようです。次の日が仕事だったこともあり、一時は新幹線での帰路も考えましたが、何とか19:00の便に乗り換えることができ、無事に帰って来れました。

 良い旅行でした。天候に関しては致し方ないので、それ以外で不満だったのはジョジョ展の物販関係くらいでしょうか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-08-13 15:55:58

宮城旅行②

テーマ:観光
 18時頃に、メディアワークスという会場に到着し、ジョジョ展に入りました。

 各部のカラー原稿を中心に、コミックスの表紙や小説の挿絵、石仮面などのレプリカが展示されていました。バオーやビーティといった、ジョジョ以前の作品のカラー原稿もあったりするのは嬉しいですね。コミックスの背表紙絵も幾つかあり、細かくも嬉しい展示です。

 ちなみに写真を撮っていいのは、下の一ヶ所のみ。ジョルノたちの立ち絵です。現在ゲームセンターのプライズになっている元の絵ですね。

赤と黒-ジョジョ

 第4部、第8部は舞台が杜王町(モデルが仙台)ということもあり、他の部よりも特別に場が設けられていました。画集の表紙絵の仗助を立体化したり、iPadで名所を紹介したりと、様々な工夫もあります。

 また、岸部露伴とGUCCIのコラボ作品が展示されていたり、ジョジョ各部が始まったジャンプの号が展示されていたりするのも好印象でした。

 ジョジョ立ちする人や変なコスプレイヤーもおらず、実に平和な展示会でした。平日の夕方だったせいもあるかもしれませんね。吉良吉影のネクタイをしているサラリーマンが1名いた程度。

 出口にて「杜王新報 」なるタブロイド誌をゲットし、さらに「ごま蜜団子」を購入。

 この「ごま蜜団子」が美味しかった!とろっとしたごま蜜がとろけ、香りがふわりと漂う生菓子。コラボ商品と言わず、普通に販売してほしい。8個700円での販売でしたが、4個400円あたりで是非商品化を。絶品。

 物販は別会場とのことでしたが、地図が分かりにくい。何とか会場にたどり着きましたが、何点かの商品は売り切れとのこと。7/28(土)からの開催なのだから、売り切れにならないよう、もっと作成してほしいものです。また、物販会場が、いかにも急遽設置しましたとの感が強すぎます。会場オリジナルのグッズが多いのは嬉しいのですが、画集やコミックスの販売をしてもいいのでは…買う時はチェック表に印を入れ、購入場でお金を払い品物を受け取るだけ。やや閑散とした買い物でした。

 また、ローソンとのコラボで、第4部に登場するコンビニ・「オーソン」が出現!…とのことでしたが、どうにもショボい。看板を変えて、店内にちょっとジョジョの商品を置いただけです。しかもグッズは売り切れ。ジョジョ一色の店舗かと思っていたのですが。

赤と黒-オーソン

 次の日になりますが、ジョジョ展の会場で紹介されていたジョジョスマホの「名台詞タイピング大会」の体験会にも参加してきました。とは言え、普段スマートフォンではないため、打ち方がさっぱり分からず。Yanさんに打つのを任せ、私はセリフを解読する役に回りました。参加賞としてうちわをゲット。

 展示自体は良い展示会でしたが、物販とオーソンがどうにも惜しい。絶対もっとより良い方法があるはずです。秋の東京会場に期待がかかります。

 東京どうしようかな…
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。