2008-04-29 22:59:16

『鳩を飛ばす日』

テーマ:
 『鳩を飛ばす日』(ねじめ正一)

―あらすじ―
 和菓子屋の一人っ子である主人公のもとに「従妹・みつ子を預かる」という話が舞い込んできて―


 とまどいながらも成長する主人公、和菓子屋を営みながら子供らを見守る両親、やりきれない思いを抱くみつ子の兄・良平など、昭和30年代の東京下町を舞台に人々の温かさが描かれています。なかなか読みやすく面白いのですが、良平の思いが最後に書かれていなかったのが残念でした。

鳩を飛ばす日 (文春文庫)/文藝春秋

¥484
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2008-04-29 22:38:14

『岳飛伝』 5巻

テーマ:
 『岳飛伝』(田中芳樹) 5巻 

―あらすじ―
 宋の時代の中国。異民族からの侵攻を受け、宋は崩壊寸前であった。岳家の長男として生まれた岳飛は、国家のために命を捧げる。


 隔月で発売されていた『岳秘伝』も、5巻にてついに完結です。4巻中盤での予想外の展開から、残された岳飛軍の躍進は見ていて胸が晴れる思いでした。岳飛の義弟である牛皐を主人公格に持ってきたことで、より爽快感が増したようにも思えます。最後の最後まで明るく、よいキャラクターでした。ストーリーは、後半の幻術戦が荒唐無稽で少し興を削いでいた感がありましたが、奸臣や強敵とも決着がつき、晴れやかな最後でした。

岳飛伝 文庫 全5巻 完結セット (講談社文庫)/講談社

¥3,156
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-28 23:59:12

博物館明治村

テーマ:日記
 今日は同期2人と一緒に男3人で、愛知県にある博物館明治村に行ってきました。明治時代の建物や電車を移築・復元し、当時の歴史や文化に触れることが出来るという施設です。「村」と名前が付いているように結構広く、数多くの建造物を見ているだけで時間が足りなくなるくらいでした。当時のカレーパンやコロッケを食することも出来ました。夏目漱石や森鴎外の住宅跡等もあり、非常に興味深かったです。欲を言えば、作品の魅力にも近づけるような案内が欲しかったですね。今日は天気が良かったこともあり、とてものんびり出来ました。遠いのですぐに行ける距離ではないのですが、機会があればまた行きたいです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-27 21:34:26

『銀の匙』

テーマ:
 『銀の匙』(中勘助)

―あらすじ―
 なかなか開かなかった茶箪笥の抽匣(ひきだし)から見つかった、銀の匙。著者が思い出す少年時代の記憶をここに。


 明治~大正時代に書かれた自伝的小説です。夏目漱石が賞賛した作品とのことですが、清らかと言いますか、流れるような美しさがある文章です。おそらく10年後、20年後に再び読み返したなら、今とはまた違う懐かしさを感じそうです。手の届くところに置いておきたい本ですね。

銀の匙 (岩波文庫)/岩波書店

¥605
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-22 23:26:17

『水滸伝』、『替天行道―北方水滸伝読本』

テーマ:
 ついに『水滸伝』(北方謙三)を読み終えました。

―あらすじ―
 12世紀初めの中国において、反乱を起こした漢たちがいた。彼らは梁山泊に立て篭もり、理想とする新しい国を作ろうとした。その物語は「水滸伝」――北方水滸伝、開幕。


 1冊あたり約400ページ、全19巻という長い長い物語でした。私が水滸伝の面白さを知った時期に、偶然にも北方水滸伝が毎月1巻ずつ文庫化され始め、こうして1年半以上の付き合いとなってしまいました。ページ数や冊数もそうですが、著者の作品というのは読むのに非常に力が必要となります。男と男の熱い鎬の削り合いや、生と死がこれでもかと書かれ、途中でページが開けなくなったことも何度かありました。しかしながら、睡眠時間を削ってまで読みふけったことも事実です。最後まで読めてよかったと思える作品でした(巻毎の感想は途中で止めてしまいましたが)。

 そして『替天行道―北方水滸伝読本』なるファンブックも読みました。作中の年表や人物紹介事典、著者の対談集、エッセイなどで構成されています。またこの本を読むと『水滸伝』を読み返したくなってしまうのです。読み返すとなると時間もかかるし大変ではありますが、また読んでいかないとなあとも感じたりしています。

 現在は完全オリジナルの続編が雑誌連載中なので、また文庫化されたら手に取るつもりです。

替天行道-北方水滸伝読本 (集英社文庫)/集英社

¥648
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-21 23:06:45

『三国志外伝』(三好徹)

テーマ:

 『三国志外伝』(三好徹)

―あらすじ―
 数多くいる三国志の登場人物の中でも、諸葛恪や孔融などといったマイナーな人物に視点を合わせた短編集。


 「久しぶりに三国志の本を読んでみよう」と買ってみたのですが、やや期待外れでした。その人物よりも周りの話ばかり取り上げられ、結局その人物についてはよく分からないことが多々ありました。また、雑誌連載であったためか、同じ人物の説明が何度もされたりと、説明くささが印象に残ってしまった感があります。

三国志外伝 (光文社時代小説文庫)/光文社

¥967
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-14 23:26:41

『世直し大明神 おんな飛脚人』

テーマ:
 『世直し大明神 おんな飛脚人』(出久根達郎)

―あらすじ―
 江戸の町飛脚屋の1つ「十六屋」には、唯一の女性の飛脚人がいた。安政の大地震、大塩事件の余波…お江戸の町を飛脚人が駆け抜ける。


 3月に読んだ『おんな飛脚人』の続編です。安政の大地震や、大塩平八郎の所蔵本による事件が連作として描かれています。前作同様、テンポが良くて一日で最後まで一気に読んでしまいました。やはり地味ですが、味があって隠れた名作ですね。NHKでドラマ化もされたとのことですが、納得の作品です。

世直し大明神<おんな飛脚人> (講談社文庫)/講談社

¥720
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-13 12:55:20

『泥流地帯』、『続 泥流地帯』

テーマ:
 『泥流地帯』、『続 泥流地帯』(三浦綾子)

―あらすじ―
 十勝岳の噴火により全てを泥流に流されながらも懸命に生きる兄弟を通して、人生の試練とは何かを問う。


 『泥流地帯』では十勝岳が噴火するまでを、『続 泥流地帯』では噴火後の復興を描いています。いくら真面目に働いても報われない登場人物が多く、人生とは何のためにあるのかと、読みながら考えさせられました。それでもなお前向きに進んでいく主人公兄弟の力にはただ頭が下がる思いです。そしてラストシーンでは、はっきりとした描写ではないのですが、希望という未来を指し示してくれる終わり方でした。遠ざかる列車と、それらを見守る兄弟の情景がまぶたに浮かびます。

 『泥流地帯』だけでは理不尽な終わり方なので、2冊セットで読むことをお勧めします。著者の他の作品ほどキリスト教色が出ていないので、比較的読みやすい作品かと。

泥流地帯 (新潮文庫)/新潮社

¥810
Amazon.co.jp

続・泥流地帯 (新潮文庫)/新潮社

¥810
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-05 23:19:17

『釣れんボーイ』

テーマ:漫画
 『釣れんボーイ』(いましろたかし)

―あらすじ―
 釣りが大好きな漫画家・ヒマシロタケシの釣りに対する情熱を描く。


 釣り漫画と言ってもあまり専門的ではなく、エッセイみたいに気楽に読めるのが特徴です。他の作品のように主人公はダウナーで、将来のことに悩んだり妄想に走ったりと、読んでいて共感し、切なくなってくる部分も多々ありました。

釣れんボーイ 上 (ビームコミックス文庫)/エンターブレイン

¥918
Amazon.co.jp

釣れんボーイ 下 (ビームコミックス文庫)/エンターブレイン

¥893
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-04 22:51:55

関ヶ原古戦場、関ヶ原町歴史民俗資料館

テーマ:日記
 今日は関ヶ原市の、関ヶ原古戦場と関ヶ原町歴史民俗資料館に行ってきました。その名の通り、どちらも天下分け目の決戦・関ヶ原の跡地です。古戦場は石碑が建っているくらいで特に見るものはなかったのですが、山の上で景色が綺麗でした。資料館の方は入場料310円と格安な上に、平日で人出もなくのんびりと見てまわることが出来ました。こういう落ち着いた休日が何よりです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。