2006-08-20 23:13:17

『空の色紙』

テーマ:

 『空の色紙(くうのしきし)』(帚木蓬生)


―あらすじ―

 精神科医である主人公に、殺人容疑者の精神鑑定の依頼が入った。容疑者を調査していくなかで、主人公は兄(故人)と妻への想いを見つめなおすこととなる。表題作ほか2篇を収録。



 表題作「空の色紙」は、登場するそれぞれの夫婦の内面がしっかり書かれており、さらにそれらが絡み合うのが絶妙でした。そしてタイトル「空の色紙」に繋がるラストも非常に素晴らしかったです。中篇3作の中で最も面白い作品です。他の2作品は医学・医療問題ということもあり、難しくて分かりにくかったですね。


空の色紙 (新潮文庫)/新潮社

¥680
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006-08-10 21:24:18

『本日開店―高円寺純情商店街』

テーマ:
 『本日開店―高円寺純情商店街』(ねじめ正一)

―あらすじ―
 「純情商店街」にも訪れる変化の波。大手スーパー・マーケットの進出計画が持ち上がり、商店街は浮足立ち、反対運動を始めることを決めたのだが。


 大手スーパーの進出計画や祖母の入院など、商店街に変化が訪れます。解説の言葉を借りるなら、「ユートピアが徐々に崩壊していく過程を描いている」のであり、最後の「本日開店」で明るい終わりではあるのですが、読んでいて少し寂しくなりました。しかし非常に面白いのも確かで、時間を忘れて一気に読んでしまいました。

本日開店―高円寺純情商店街 (新潮文庫)/新潮社

¥432
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-08-07 23:29:01

『高円寺純情商店街』

テーマ:
 『高円寺純情商店街』(ねじめ正一)

―あらすじ―
 高円寺の北口にある純情商店街。そのアーケードの中にある乾物屋の息子・正一と、純情商店街に暮らす人々との日常を描く。


 どこか懐かしく、古きよき昭和の香りがします。また、この小説は描写が上手く、巻頭には商店街の地図が、巻末には一軒一軒の紹介があり、舞台である純情商店街の姿が現実感とともに浮かび上がります。商店街が舞台だからという理由もありますが、中島らも氏の『白いメリーさん』に収録されている短編・「日の出通り商店街いきいきデー」に似た感じを受けました。のんびりゆっくり読むのに適した本です。

高円寺純情商店街 (新潮文庫)/新潮社

¥432
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-08-06 23:55:26

『孫策』

テーマ:

 『孫策』(加藤厚志)


―あらすじ―

 父・孫堅の死により、江東の地を受け継いだ若き俊英・孫策。袁術の元に身を寄せるが、鳳の志が中元へと羽ばたこうとしていた。三国志の英雄の一人、孫策の姿を描く。



 孫策は三国志の中でも爽やかな人物としてイメージされることが多いのですが、この本でもかなり爽やかに書かれていました。改めて孫策を見直してみると、とても格好良いことに気付かされます。父である孫堅の死を乗り越え、わずか数年で曹操をも恐れさせるまでに成長した孫策の姿は、非常に魅力的です。


 それだけに、ここから天下に羽ばたいていくといった矢先に死んでしまうところがとても悲しいのですが、むしろここで死んでしまうからこそ、現代まで孫策の恰好良さが失われないままになっているのだと思います。小覇王の名に相応しい人物でした。


孫策(そんさく) 呉の基礎を築いた江東の若き英雄 (PHP文庫)/PHP研究所

¥660
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-06 23:31:05

『僕らはどこにも開かない』

テーマ:

 『僕らはどこにも開かない』(御影瑛路)


―あらすじ―

 日常を縛る「鎖の音」。耳障りなその音から逃れるために僕は。



 紹介文が結構過激で、「問題作登場!」みたいに書かれていたので期待していたのですが、期待しすぎたと言うか、肩透かしを食らった感じです(『脳髄工場』もこんな感じでした)。特別問題作とも思えないのですが。それでもまあ、物語が全体的に暗い点や、鎖の音云々の点など、面白と感じられる部分も幾つかありました。


 普段からライトノベルが好きでよく読むという人には結構受け入れられそうな小説ですね。友達に、メフィスト賞作品やライトノベル、ミステリーなどをよく読む∀kiさんという人がいるのですが、何となく彼あたりが読みそうな印象を受けました。


僕らはどこにも開かない (電撃文庫)/メディアワークス

¥594
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-08-05 23:06:24

『三国志英雄伝』

テーマ:

 『三国志英雄伝』(NHK取材班)


―あらすじ―

 「その時歴史は動いた」の中から、三国志に関する2話を収録し、さらに専門家17人による三国志エッセイや論考を掲載した、三国志の解説本。



 陳舜臣氏の解説や、諸葛亮の子孫が住む村「諸葛鎮」の紹介などが面白く、用語の説明を交えながら赤壁の戦いと北伐を振り返っています。また、舞台となった場所の風景や、再現ドラマの1シーンの写真が掲載されており、当時の戦いや人物像をイメージしやすくて非常に嬉しい作りです。


 ただ、英雄伝という割りには諸葛亮にばかりスポットが当たっているのがあまり好ましくありません。内容は悪くありませんが、タイトルと一致しない感じです。専門家による論考では曹操や孫権にもスポットが当てられていますが、これも申し訳程度であり、「こういったタイトルを付けるのであればもっと色々な英雄に触れてほしい」と思いました。


三国志英雄伝 (その時歴史が動いた )/KTC中央出版

¥1,728
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-08-04 21:14:41

『日露戦争がよくわかる本』

テーマ:

 『日露戦争がよくわかる本』(太平洋戦争研究会)


―あらすじ―

 日露戦争の解説本。



 日露戦争について、「何故ロシアと戦うことになったのか」、「乃木希典や東郷平八郎はどんな人だったのか」など20の質問形式で、分かりやすく解説されています。この質問形式のお陰で、それこそ私みたいに「日露戦争など歴史の教科書でしか知らない」といった人にも理解しやすいようになっていました。


日露戦争がよくわかる本 (PHP文庫)/PHP研究所

¥741
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。