2005-08-22 23:44:05

『呉・三国志』

テーマ:
 『呉・三国志』(伴野朗)

―あらすじ―
 三国志における呉を主体とした作品。呉の「浙江耳」、魏の「青州眼」、蜀の「臥龍耳」といった諜報機関による情報戦が幕を開ける。


 あらすじに書いたように、呉が中心であり、中でも情報戦に重きを置かれた小説となっています。ただ、諜報機関以外にも著者のオリジナル要素が前面に出ているため、人によっては合う合わないが分かれそうな作品ではあります。私も現在4巻で止まっており(全10巻)、気が向いたら集めるのを再開しようかと思います。

呉・三国志 長江燃ゆ 1 孫堅の巻 (集英社文庫)/伴野 朗

¥780
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。