起業110番がけっぷちから人生を逆転する愛のスパルタ起業塾

起業したらまず何をしたらいいの?
売上を上げるには?お客様を集めるには?
仕事でトラブルになったら?
お金を払ってもらえない時は?
値切られないようにするには?
ネットではあまり探せないリアルな実情を教えます

NEW !
テーマ:
私が過日、facebookで投稿した以下の記事に対して、いろいろなご意見をいただきました。

痛い起業女子にならないために。プロはぜったいにやらない2つのこと

さっき見たら、いいねも2000以上になっていて、シェアも増えていき、驚いたんですが、この問題は人によって温度差があるんだなと思っています。

言いたかったことは、

人の迷惑を考えない起業女子にはなるな!

セミナーや撮影会などをやるなら、周りに迷惑をかけないように、場を選んで、マナーは守ってやりましょうということです。

ちなみに、私自身はセミナーは個室でしかやりません。

プロとしてそれが当たり前だと思っていましたし、自分自身は、もしカフェのセミナーに参加して、周りにいっぱい人がいるのに、立ち上がって自己紹介して!とか言われたら嫌です。

ホテルラウンジやカフェでは、ランチ会や朝活、コンサルティングやせいぜい4、5人くらいまでのグループコンサルくらいならOKとしても、立ち上がって自己紹介したり、大声を出したりはちょっとねーと思うわけですよ。


これは、人によって感覚の違いがあるようで、私がどうこういうことではないかもしれません。

ただ、最近、目に余る光景をたびたび目にするので、書いてみたのでした。


私のこの記事によりご不快な思いをした方がいらしたらそれは申し訳なく思います。

ただ、自分は「セミナーやレッスンなどは、個室でやるのが普通」だという考えです。

これは自分の考えであり、正しいとか正しくないとかいうことではないので、ご理解いただけましたらうれしいです。


どうぞよろしくお願いいたします。


  
青山華子


ブログで書きにくいことはこちらで書いています


○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから
いいね!した人
NEW !
テーマ:

そのビジネスネーム、怪しいから直しなさいと言われ戸惑っている、本名は出したくないのにどうしようと思っているあなたへ


こんにちは。青山華子です。


田渕さんのこの記事 が問題発言となってビジネスネームの記事が多くのアクセスを集めました。


いわゆる「本名じゃない問題」「怪しい名前問題」ですが、私はこれを勝手に、


貴様いつまで女子でいるつもりだ問題


貴様いつまで女子でいるつもりだ問題/幻冬舎
¥1,404
Amazon.co.jp



あ、間違えました、


貴様いつまでその名前でいるつもりだ問題


と名付けました。


まだ記事を読んでいないあなたは、以下の順番で読んでみてくださいね。すると流れがわかると思います。


全部読むとより理解が深まりますので、この順でどうぞ。


1・まずこの記事 を読む


2・次に私の記事 を読む


3・さらにこちらの記事 も読む




要はね、怪しく見えることはやめましょうっていう話なんですよ。旧姓使用の問題とは、ちょっと別と考えて欲しいんです。


集客するのに不利なことはしない方がいいです。


間違いなくそれが一番早いです!


それでもやっぱりビジネスネームにしたいあなたは・・・

まあ、関連記事でも読んで判断してください。



ブログで書きにくいことはこちらで書いています


○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法

メルマガのご登録はこちらから


【ビジネスネームに関する記事】

ビジネスネーム(ペンネーム)を使うということ

顔写真と実名(本名)はブログに載せたほうがいいか

メディアに顔を出すということ(1)顔出しする?しない?

メディアに顔を出すということ(2)顔写真とイメージ

本名と旧姓とビジネスネームについて ビジネスネームはどこまで使える?

ビジネスネームを使うことのメリットとデメリット

いいね!した人
NEW !
テーマ:

あなたに本当にあっているお客様はどんな人?


こんにちは。青山華子です。


青山華子


以前、書いた記事で、
がんばっている個人事業主や起業家がうまくいかない2つの理由
お伝えしました。


今日は、


(2)製品やサービスは良いのに、間違ったマーケットに販売しようとしている


について考えてみたいと思います。


以前、コンサルティングしたお客様に、男性のカウンセラーの方がいたんです。

彼のサービス内容を聞くと、どう見ても男性より女性にウケそう。


そもそもカウンセリングをお金を払って受けに来る人の総人口って男性より女性が圧倒的に多いですからね。


しかも30代、40代の方が多いんです。


ですからこの層をお客様にした方がいいとすすめると「男のカウンセラーに、女性は来ない」ときっぱり言われまして。


いやいや、そんなことはありませんってひらめき電球


その方は、話し方も態度もソフトで、女性にも好印象の見た目。


絶対に女性向けがいいと思ったので「3か月だけ試してみてもらえませんか?」と提案し、お客様のターゲットを変えてもらいました。


すると、以前より圧倒的にお申し込みが入るようになったそうです。アップ



この方のように、いろいろな思い込みをされている方は多いんです。


例えば、


自分は女性だから、女性向けにやりたい、自分がママだから、ママ向けでないと!、こういうものは男性サラリーマンしか買わないから、など。


もしあなたが「サービス内容はいいのに、どうしてお客様が来ないのかな?」と疑問に思ったら、ご自身の対象としているお客様を見直してみるのも1つの手です。


マーケット(ビジネスをする場所、対象者)が間違っている、ずれていると、せっかくのいいものも売れなくなってしまいます。


ぜひあなたにぴったりのマーケットを見つけてくださいね。



【具体的なヒント、ブログで書けないことはこちらに書いています】



先日、メルマガ再開しました。ひらめき電球


○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法


いいね!した人
NEW !
テーマ:
嫌なことや理不尽なことがあったとき、
その感情を誰かにぶつけるのはあまりおススメできない。

悔しさや怒りは、自分の未来のために貯金して
”いいことエネルギー”として使おう。


青空と女性


黒いものも洗っちゃえば、白くなるよ。
汚れたら心だってエネルギーだって洗えばいい。

もともとエネルギーに「いい」も「悪い」もない。
  
いつでもポジティブであろうとするより、
ネガティブな気持ちになったら

「よしよし。これをあとで”いいことエネルギー”に変えて、
ちゃっかり自分のために使っちゃおう」


と考えるほうがわくわくする。


ネガティブパワーを味方につけて
“いいこと”を探しに行こう。



※毎日のちょっとしたことは、Facebookで発信しています。


青山華子のフェイスブックはこちら


いいね!した人

テーマ:
●自分を出すのが苦手な方、自撮り写真に抵抗がある方へ

ブログや
facebookを書く時、「自分を出せない」「自分のことを書くのに抵抗がある」という方が意外と多いのだなーと感じたので、過去記事を加筆してお届けしています。


起業して2年目になり、ブログとfacebookを始めましたが、「自分を出す」ことが苦手で内容も堅くなってしまいます。どうしたら自分のことをオープンに書けるようになるでしょうか?

( コンサルタントKさん )

青山華子













先日、こんな相談を受けました。

彼女が特に苦手なのは「facebookの自分撮り写真のアップ(いわゆる自撮り)」「自分の体験」「感情を入れた記事」「失敗談」を書くことだとか。

今、通っているセミナーの先生から「どんどん自分の顔写真をブログや
facebook上にアップして、顔を覚えてもらいなさい」と指示され、それがとても苦痛でfacebookを開くたび胃が痛くなってしまうのだそうです。

確かに、「自分のことを書く」「自分をオープンにさらけ出す」ことは大事です。

でも、なんでも書けばいいってわけじゃないんですよね。ひらめき電球


自己開示はビジネスに必要?

自分のことは一切話さないという方にあなたは心を許しますか?

過去、何をやっていたのかもわからず、年齢も経歴も不明、どんなポリシーを持って仕事にのぞんでいるのかも、何に興味があるのかもわからない方に、あなたは仕事を依頼するでしょうか?

ビジネスにおいても、恋愛、友人知人などの間でも「自己開示」はある程度、必要なことです。自己開示をすることで相手との心の距離を縮め、話のきっかけになったり、共感を得られたりします。


これを言うと、たまに反論がかえってきます。あせる

そういう青山さんは、顔写真も公開していないし、ビジネスネーム使用だし、年齢も公開していないじゃないですかと。

そのとおりなんですよねー。
実は、こんなことを書いている私こそ「自己開示」が超苦手なのです。


もともと私は、超・人見知りで、恥ずかしがり屋で、他人に対して警戒心が強く、周りを気にしすぎるタイプです。

小さい頃、お弁当をふたで隠して食べる子っていませんでした?

私はまさにそのタイプ。知らない人と話すのも苦手です。

でも、社会に出たらそんなことは言っていられません。

私が最初についたのは営業職だったので、「私って人見知りで~」なんて言い訳、一切通じませんでしたから。

結論は「嫌でもある程度は自己開示をしたほうがいい」が私の意見です。


自分の情報はどこまで出すべき?

これは、その方の職業によって異なります。

例えば、作家だったらペンネーム、ビジネスネームの人なんてごまんといらっしゃいますし、ミステリアスが売りの占い師だったら、年齢も顔写真もあえて見せないでおくという戦略もあるでしょう。

自分撮り写真(自撮り)については、別にいらないと思います。
やりたい人はどうぞ、という感じ。

「知らない人が見た時、信頼できるかどうか」が重要ですので、どこまで何を書くかは、同業者のブログや転職サイトの入力項目欄などを参考にしてください。

「最低限、これくらいは書いておいたほうがいい」という内容を決めておくと、やりやすくなります。


人見知りでもできる自己開示の方法


自己開示って「なんでもかんでもさらけ出すこと」ではありません。

まずは「当たりさわりがないこと」「これだったら書けそう」というものから、発信してみてください。

たとえば、好きなスポーツ、お気に入りのお店、食べ物、出身地域のこと、自分の趣味、好きな作家、映画のことなど。

今では笑い話になっているちょっとした失敗談やあなたの体験、くやしかったこと、悲しかったこと、ビジネスへの思いなどは、できれば公開したほうがいいです。

思い切って情報発信してみたら、意外なところから共感者が現れたりします。

最初にあなたの「OKライン」を決めて、書けることからどんどん発信していきましょう。

自分の情報発信は、続けていくうちにだんだんと慣れてきます。
まずはできることからやってみてください。


ブログで書きにくいことはこちらで書いています


○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法
メルマガのご登録はこちらから


【関連記事】
顔写真を出すべきか本名は出さないとダメ?にお答えします。
顔出しするしない、実名にするしない問題

いいね!した人