小木曽クリニック院長のオフィシャルブログ「キレイの達人」

小木曽クリニック院長のオフィシャルブログ「キレイの達人」


テーマ:

 

先日は「第10回東海創傷治癒フォーラム」に参加。創傷治癒を形成外科、血管外科、循環器内科、皮膚科の異なった分野から総合的にアプローチして臨床にフィードバックするという主旨で、美容外科分野から出席しているのは僕がただ一人。

今回は東大皮膚科の浅野准教授の「全身性強皮症に伴う難治性潰瘍」と順天堂大形成外科の水野教授の「創傷治癒を目的とした脂肪組織移植の新しい展開」の2題の講演で、大変興味深い内容でした。特に水野先生の脂肪組織移植については、僕自身が20年前に日本の脂肪幹細胞の先駆者である東大形成外科の吉村先生の研究にコムロ美容外科から吸引脂肪を提供し、現在は名大循環器内科と腎臓内科の脂肪幹細胞を用いた再生医療研究に小木曽クリニックが協力していることなどの経緯から少し質問させて頂いた。
懇親会では色々な分野の先生方と有意義な時を過ごせました。

 

 
 
 
懇親会は名大血管外科教授の古森先生の乾杯でスタート
 
名大形成外科前教授の鳥居先生と現教授の亀井先生
 
愛知医科大学血管外科教授の石橋先生、岩田先生、三輪先生
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

一昨日は日頃から親しくしている名大循環器内科の室原教授を囲んで、知り合いの先生たちとマリオットのミクニで食事会。
教授はバルセロナのESC(ヨーロッパ心臓病学会)より帰国後セントレアから直通参加、他の先生たちも夕方診療終了後に駆けつけです。
循環器内科、消化器内科、心臓外科、美容外科、審美歯科など多種済々な面々ですが、テロ後のバルセロナの話からそれぞれの専門分野の話題、最新の美容外科医療の話などで大いに盛り上がりました。
ミクニの後は隣のジーニスへのコースで、久し振りに極上で濃密な一時を過ごしました

 

 
前列中央が名大室原教授、左がこしの内科の越野先生、後列中央が根木内科の根木先生、
右が磯部内科クリニックの磯部先生、左がクリスタル歯科センターの三輪先生。
 
 
 
 
2004年のボルドーメドックのChateau Chasee-Spleenでかなり濃厚。
ミクニのソムリエからはgood choiceとの外交辞令?!を頂きました。
 
52Fのミクニの特別室からの素晴らしい夜景を見ながら乾杯!!
 
 
 
 
ミクニの隣のラウンジ、ジーニスのピアノ前の席で乾杯。ピアニスト磯部先生
の演奏を聴くはずでしたが、演奏が始まってしまい残念ながら次回に延期。。。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2名の新人ナースの歓迎会という名目での呑み会
毎回場所を選ぶのは事務副主任の仕事。いつも決めるのに苦労しているようですが、残念ながら今回は全くの期待外れ
まあスタッフの気分転換とストレス解消には、少しばかりは役立ったようですが、、、、、...
また明日から宜しくお願いします

 
 
 
 
 
 
 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日の顔面輪郭形成術(頬骨骨切り術+下顎角広範囲骨切り術)の患者さんは、中国から当院のホームページを見て来られた27歳の青年。中国語の通訳付きで来院されたが英語も堪能で、以前の中国の患者さんの騒々しいイメージとは異なり、非常に礼儀正しく洗練された振る舞いに育ちの良さとインテリジェンスを感じました。
手術費用はかなりの額ですが、親からの一括海外振込でした。オペは予定通り4時間で無事終了し、腫れも少なく翌日検診後に帰国されましたが、その際中国からのお土産で高級そうなマオタイ酒と中国茶を頂きました。

調べてみると、この貴州茅台酒は300年以上の歴史と高級酒で知られ、1972年に日中国交回復の祝宴で周恩来首相と田中角栄首相の乾杯の席に供されたことで一躍有名になったとのこと。当時酒に強かった田中角栄が「カンペイ」と言って一気に飲み干そうとしたが、さすがにアルコール度53度の強さに顔をしかめたという逸話が残っている。
箱を開けるとどう見てもおまけの飾りにしか見えない小さなグラスが2つ入っていて、強いので初心者はこの小さなグラスで飲めということか?
取り敢えず患者さんからのメールでは経過は良好で、来月から2年間ロンドンのビジネススクールへ留学しますとのこと、 Bon Voyage!!
当院では最近こんな患者さんが増えて中国のイメージも変わりつつあります。

 

 

 

 

 

 


 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

NOAC(新規経口抗凝固剤)のイグザレルト発売5周年講演会に今年も参加。
最近、心房細動が原因の心原性脳塞栓症の発症年齢の高齢化が進み、最新の統計で初めて80歳以上の年齢層がトップになったという講演内容に、昨年心房細動でエリキュース投与を受けながらも内頚動脈梗塞で倒れ、血管内治療など最先端の治療を行ったのに救えなかった母親のことが思い出されて、元循環器内科医としては今でも残念の極みです

懇親会では多くの知り合いの先生たちと楽しく有意義に過ごしました

 
何故か写真がぼけていますが、名古屋大学循環器内科 室原教授、名古屋市立大学心腎高血圧内科 大手教授、愛知学院大学歯学部内科 松原教授、名古屋医療センター 奥田副院長、同級生のこしの内科越野先生、他先生方と、、、、
 
 
 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)