小木曽クリニック院長のオフィシャルブログ「キレイの達人」

小木曽クリニック院長のオフィシャルブログ「キレイの達人」


テーマ:
今年初めて久し振りに、「C型慢性肝炎学術講演会」と「糖尿病と心不全における最新知見」の2つの講演会に参加。目的は美容医療に従事していると不足しがちな一般医療のupdateな知識を得るためと、同時に親しくしている教授や先生が主催する会で親交をより深めるためでもあります。
元々循環器を専攻したためその分野では知り合いの先生も多く講演内容も少しは理解出来ますが、肝臓疾患などは久しくご無沙汰で、以前はインターフェロン治療がメインだったC型慢性肝炎・肝硬変の治療が現在はインターフェロンフリーと言って色々な抗ウィルス薬剤が開発され数多くの臨床研究がされているのを初めて知りました。
日常の美容診療には直接関係ないものの、バックグランドの知識を広げるのには大いに役立ちました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

毎年12月の第1土曜は岐阜大学医学部第2内科忘年会・同門会で、先日は久し振りに岐阜へ行って来ました。
1年振りに教授、前教授や同門の先輩後輩の先生たちと旧交を温めて、楽しい一時を過ごして来ました。

 

湊口教授の挨拶で開演

 

 

岐阜総合医療センター副院長の野田先生ほか、同門の先生たち

 

臨床教授の西垣先生

 

澤田病院の刈谷先生

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
以前に他院で受けた隆鼻術のためupward short noseになった患者さんが手術1か月後検診に受診されました。
手術は鼻中隔延長術と鼻孔上縁下降術を同時に行いましたが、生来の場合と異なり、鼻尖部、鼻背部の瘢痕癒着が強く、4時間近くに及びました。鼻中隔延長にはonlay graft、鼻孔上縁下降術には耳介軟骨と皮膚でalar rim composite graftを行っています。
鼻孔のわずかな左右差はあるものの取り敢えずは満足されている様子。自家graftは術後変形があるためしばらく経過観察が必要です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人

テーマ:
今朝名古屋駅のあちこちで号外を配っていました。
リオオリンピック女子レスリングで伊調馨、登坂絵莉、土性沙羅の3選手が金メダルを獲得。 吉田沙保里選手も含めて日本女子レスリングを代表する殆どの選手が、地元愛知県の志学館大学(旧 中京女子大学)出身または在学中とのことで余計に盛り上がっています。
3人とも逆転で優勝したとのことで、最近益々強くなって来た(?)日本人女性の彼らの不屈の精神を見習わないといけないですね。。。





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

    今年最後のオペは、やはり顔面輪郭形成手術で締めくくりです。
    12月20日に新規移転オープン以来、それまで待って頂いた患者さんの手術が連日怒涛のごとくで完全にお疲れモードです。
    しかし「○○と畳は新しい方がいい」とはよく言ったもので、新しいクリニック、新しいオペ室は皆気分が高揚していい。...
    今年はクリニックの移転はじめ本当に色々なことがありましたが、取り敢えず無事1年が終わりました。
    来る年が皆さんにとって幸せで輝かしい年になることを祈っています。
    では良いお年をお迎え下さい。


    オペライトはDrager Polaris LEDで、麻酔器はEspire200です。
    フロアーは、僕の趣味でスカイブルーです。





     

     



いいね!した人  |  リブログ(0)