彼の西山に登り

CSS公務員セミナー講師があれこれ綴るブログ。

晴れCSSでは新規受講生を募集中です。


旗スタンダードコース
:科目の限定はなく、すべての科目を学べます。

旗市役所教養コース
:教養科目のみのコースです。

旗技術職コース
:理系技術職公務員志望者対象のコースです。

旗マスターコース
:再受験者用の弱点補強&攻めのコースです。

旗2年コース
:大学2年生対象のコースです。

旗面接対策パック
:面接もがっちりフォロー。面接対策のみも受講できます。

旗90日完成コース
:短期合格を目指すシャープな講座です。

旗単科目・価格表
:1科目ずつ受講可能です。

星各コース通信講座もあります。申し込み受付中!


虹CSS公務員セミナーホームページ

虹CSS公務員セミナーフェイスブックページ

虹公務員合格・内定のためのデータベース

虹CSS講師 川井先生のブログ

虹CSS講師 藤森先生のブログ

虹CSSネットショップ



NGコメント非公開希望の方は、その旨明記していただければ幸いです。




テーマ:

【告知】

 

★2017年3月のガイダンス・相談会スケジュールこちら

 

★『川井先生のお悩み相談室』
公務員試験に関する悩みの相談に乗ります。

CSS生以外でも遠慮なく相談してください。
→詳細・予約フォームはこちら


<コース>

4月開講!2018・19年合格目標の各種コース講座案内

をご自宅へお送りします。
資料請求はコチラ

 

【2018年合格目標】『1.5年合格コース』
パンフレット(行政職)パンフレット(技術職)
通信教育科のお申込み

 

【短期合格対策】『90日完成コース』
<パンフレットはこちら>

<通信教育科のお申込みはこちら>

 

【公務員転職】『公務員のための公務員転職コース』
パンフレット

通信教育科のお申込み


<職種別ゼミ・直前講座>

CSSでは、2017年受験の方の合格を応援する直前講座を行います。
CSSコース生ではない方も受講いただけます。
お申し込みは、CSS各校舎もしくは<こちら>から。
国家総合職ゼミ(法律区分)

都庁ゼミ
特別区ゼミ
国税ゼミ
裁事ゼミ
国家一般職ゼミ
千葉県庁ゼミ

資料解釈特講
裁判所一般職 憲法論文特講
数的実戦トレーニング

東京都庁(Ⅰ類B)新方式対策 プレゼンシート作成講座

 

<2017年受験者 業務・採用説明会> 事前予約不要

・多摩市役所    3/22(木)15:00~16:30

           中央大前校 詳細はこちら

・柏市          4/14(金)11:00~12:30

                       千葉大前校 詳細はこちら

 

 

 

【本文】

 

巷は明日から三連休ですが、今年の公務員試験を受験する皆さんは只管勉強ということで。

来年以降連休を楽しめるように、今年は試験対策に集中しましょう。

とはいえ、煮詰まっている方は陽気もいいですし息抜きも一考に値すると思います。

 

 

また大分間を開けての更新となってしまいましたが、前回の記事でご紹介した

 

『速効チャージ! 公務員時事直前対策』

(CSS公務員セミナー著 高橋書店)

 

が3/10から発売になっています。

 

手に取っていただいた方はお分かりと思いますが、類書に比べて内容を絞った感があります。

したがって、なんだかんだ言って気持ちに余裕のある内は、詳細な内容満載のものの方が頼り甲斐があるように思えるでしょうが、初めて読むにせよ、総まとめ的に確認するにせよ、いよいよどん詰まりの直前期に威力を発揮するのではないかと思っています。

 

 

さて、

 

3月も半ばを過ぎ、CSSでも合格者チューターが「今日が最後です」とあいさつしてくれることも多くなりました。

 

今年受験の皆さんは、特に諸事情で相談する当てのない孤独な戦いをしている方は、メンタル維持が重要になります。

 

模擬試験の結果が思わしくなかったり、学生であれ社会人であれ、年度替わりで周囲が動いているのを見たりすると、気持ちが動揺することも少なくないでしょう。

状況判断に少しでも客観性をもたせようと、「他の受験生は過去問集を何周したか」、「他の受験生は模試で何点取ったか」といった数値にこだわる傾向も毎年強いです。

 

しかし、これには陥穽もあります。

数値のみに目を奪われて、その持つ意味やその後の活用法に目を向けなくなる危険があります。

 

模擬試験でいえば、要は本番に間に合えばいいのであって、模擬試験の点数は途中経過、自分の弱点を発見する手段である、ということは確かに真実です。

一方で、模試で現にとった点数や順位が気になって上記の真実が気休めにしか思えない、というのも事実でしょう。

 

ただ、私などの目から見ると却って自分を不利に追い込んでしまうほどの過剰反応を示すことがある原因として、公務員試験の模試を無意識に大学受験の模試と同視していることがあるのではないか、と思います。

 

大学受験の受験生はおおむね高校生であり、もちろん学校によってレベルの違いはあるにしても、高等学校の学習指導要領の枠内で、少なくとも学校内においては似たり寄ったりのスタートラインから似たり寄ったりの教育時間で勉強してきています。

 

それに比べ、公務員試験の受験生は、学部・専攻もバラバラ、勉強開始時期もバラバラ、サークル活動・アルバイト等もありますから、同じ期間に費やした勉強時間もバラバラ、とスタートラインの近似性にせよ、受験生集団としての均質性にせよ、大学受験とは比べ物になりません。

これは、個々の受験生の成績にせよ順位にせよ、これから変化する流動性が大学受験に比べて非常に高い、ということを意味します。

 

それなのに、公務員試験模試の結果を、無意識に大学受験における模試と同様の精度であるという前提で考えてしまうのは、明らかに過大評価です。

 

また、今まで受験というものを全く経験してこなかった方(少子化のためか増えてきています)も、模擬試験というものを過大評価し勝ちかもしれません。

 

 

一方、「いつまでに過去問集を何周しているべきか」ということについても、メンタルを痛めるほど気にし過ぎと思われる方も見られます。

 

なぜ過去問集を繰り返し解くかといえば、もちろん「出題頻度の高い知識の記憶定着率を挙げる」ためです。

したがって、1周だろうが何周だろうが、覚えればそれでいいはずです。

少なくとも知識系の科目に関しては、同じ問題集を繰り返しても、同じ知識しか仕込めません。つまり、習熟してしまったらそれ以上繰り返してもあまり意味はありませんし、何周すれば十分かは人により、科目によって異なるはずです。

 

普通の記憶力の方の場合、過去問集を1周するのと3周するのとでは大違いでしょうが、7周するのと8周するのとでは優劣などないでしょう。正直8周目は無意味です。

回転数を上げるほど、1周の効果は逓減していきますからね。

 

という話を正面切って読めば、「それはそうだろう」、「何を分かり切ったことをドヤ顔で」と感じるはずなのに、いざ現実に立ち返ると、「過去問集を何周したか」が気になり、それによりかかってしまうのは、「分かりやすい」「数値で示される」尺度が他には乏しいからです。

 

数値は、その意味するところを解釈できなければ、外形が客観的で分かりやすい分、弊害も大きいかもしれません。

情報を入手する手段がいくらあるとしても、身近に相談できる人がいた方が成果が上がる所以です。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【告知】

 

★2017年2月のガイダンス・相談会スケジュールこちら

 

★『川井先生のお悩み相談室』
公務員試験に関する悩みの相談に乗ります。

CSS生以外でも遠慮なく相談してください。
→詳細・予約フォームはこちら


<コース>

【2018年合格目標】『1.5年合格コース』
パンフレット(行政職)パンフレット(技術職)
通信教育科のお申込み

 

【短期合格対策】『90日完成コース』
<パンフレットはこちら>

<通信教育科のお申込みはこちら>

 

【公務員転職】『公務員のための公務員転職コース』
パンフレット

通信教育科のお申込み

 

【再受験者対象講座】『マスターコース』
マスターコースの概要
パンフレット
通信教育科のお申込み

 

【行政書士受験生の皆様へ】

『行政書士受験生対象公務員講座』
CSSの行政書士受験生対象講座はこちら

通信教育科のお申込み


<職種別ゼミ・直前講座>

CSSでは、2017年受験の方の合格を応援する直前講座を行います。
CSSコース生ではない方も受講いただけます。
お申し込みは、CSS各校舎もしくは<こちら>から。
国家総合職ゼミ(法律区分)

都庁ゼミ
特別区ゼミ
国税ゼミ
裁事ゼミ
国家一般職ゼミ
千葉県庁ゼミ

資料解釈特講
裁判所一般職 憲法論文特講
数的実戦トレーニング

 

<2017年受験者 業務・採用説明会> 事前予約不要
・千葉県庁     3/6 (月)11:00~12:30
           千葉大前校 詳細はこちら 
・船橋市      3/10(金)11:00~12:30
           千葉大前校 詳細はこちら
・多摩市役所    3/22(木)15:00~16:30
           中央大前校 詳細はこちら

 

 

 

【本文】

 

前回の記事から約1か月ぶりの更新になりました。
まあ、年明けからバタバタしていまして、こんな時に気晴らしとばかり学問的なのんびりした記事でも書こうものなら、この忙しい時に、と周囲から顰蹙を買いそうで、もう一つ気が乗らなかったというのが、一番の理由です(笑)。
で、そのバタバタしていた最大の一件が、やっとこおちついたということで、久々の更新です。
 
既にCSSのHPではお知らせと発刊後の時事をフォローするための問題が出ていますが、この度、CSS公務員セミナー著で、時事問題の本が出版されます。
私も一部執筆を担当しまして、2016年はこれで大童でした。
 
『速効チャージ! 公務員時事直前対策』
(CSS公務員セミナー著 高橋書店)
 
まだ出版元である高橋書店のHPで広告が出ていませんので、どこまで書いていいか迷いますが、テーマ選択にせよ、編集にせよ、一般的な時事解説本というよりは、公務員試験対策に速効性を持たせることを強く意識した作りになっています。図表も盛りだくさんです。
ちなみに、「速攻」ではありません。
 
3月上旬に書店に並ぶ予定ですので、ぜひ手にとってご覧ください。
決定案を見たところ、表紙はかなり今様です。
 
 
さて、後は雑然とした感想です。
 
周知の通り、高橋書店さんは、就職・資格関連の書籍で色々ヒット商品を出しています。
そのノウハウが積み重なっているためか、私も執筆過程でいろいろ勉強になりました。
 
以前、憲法の専門記述本を書いた時も、「何を書くか」より、「何を書かないでおくか」が苦心の存するところでした(これは形に現れないので、感じ取ってくれるのは余程の人ですが)。
今回は、見開き2ページに1テーマ、しかも1ページは記憶用「出る文チャージ」、しかも図表も入れる、ということで、さらに工夫が必要でした。
 
年来、個人的には、公務員試験が時事問題を重視する傾向にあることに、あまり好印象を持ってはおりません。
ただ、むしろそれだけに、時事対策は手早く要領よく済ませたいところです。
書く方までは手早く要領よく、という訳にはいきませんでしたが、その分、出来上がりは速効性あるものになったと思いますよ。
お楽しみに。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【告知】

 

★2017年1月のガイダンス・相談会スケジュールこちら

  2017年1月のチューターイベントスケジュールこちら

 

★『川井先生のお悩み相談室』
公務員試験に関する悩みの相談に乗ります。

CSS生以外でも遠慮なく相談してください。
→詳細・予約フォームはこちら


<コース>

【2018年合格目標】『1.5年合格コース』
パンフレット(行政職)パンフレット(技術職)
通信教育科のお申込み

 

【短期合格対策】『90日完成コース』
<パンフレットはこちら>

<通信教育科のお申込みはこちら>

 

【公務員転職】『公務員のための公務員転職コース』
パンフレット

通信教育科のお申込み

 

【再受験者対象講座】『マスターコース』
マスターコースの概要
パンフレット
通信教育科のお申込み

 

【行政書士受験生の皆様へ】

『行政書士受験生対象公務員講座』
CSSの行政書士受験生対象講座はこちら

通信教育科のお申込み


<職種別ゼミ・直前講座>

CSSでは、2017年受験の方の合格を応援する直前講座を行います。
CSSコース生ではない方も受講いただけます。
お申し込みは、CSS各校舎もしくは<こちら>から。
国家総合職ゼミ(法律区分)

都庁ゼミ
特別区ゼミ
国税ゼミ
裁事ゼミ
国家一般職ゼミ
千葉県庁ゼミ

資料解釈特講
裁判所一般職 憲法論文特講
数的実戦トレーニング

 

 

 

【本文】

 

講義日程等の都合もあり、久しぶりの千葉大前校です。

 

このところバタバタしてブログ更新が間遠になっているうちに、昨日付の発表なので目にした方も多いと思いますが、都庁の試験日程が発表されています。

平成29年度東京都職員採用試験(選考)日程等

 

既に1次試験日は発表されていますが、それも含め、最終合格発表日までの日程です。

 

申込受付期間 4/3~4/7(郵送)、4/4~4/10(インターネット)

1次試験日 Ⅰ類A:5/14、

        Ⅰ類B:5/7

1次合格発表日 Ⅰ類A:6/20

           Ⅰ類B(一般方式):6/7、(新方式):6/2

2次試験日 Ⅰ類A:7/5・6

        Ⅰ類B(一般方式):6/22~30、(新方式):6/16・19

2次合格発表日 Ⅰ類B(新方式):6/27

3次試験日 Ⅰ類B(新方式)、7/10~12

最終合格発表日 Ⅰ類A:7/19

            Ⅰ類B(一般方式):7/21、(新方式):7/28

 

 

日程前倒しの影響か、前年度(平成28年度)と比べ、申込受付期間が郵送で1週間、インターネットで5日間も短縮されています。

 

したがって、直前は平成28年度の先輩ほど迷っている時間がないので、都庁を受験するか否か、特別区とどちらにするか、迷っている方は、遅くとも3月中に結論を出しましょう。

 

 

平成29年度は、Ⅰ類Aの方がⅠ類Bより1次試験日が1週間遅れるにもかかわらず、最終合格発表日は意地でも?Ⅰ類Aの方を先にしようということなのか、Ⅰ類B(一般方式)より2日早めています。

 

その分日程が忙しくなるとまで言えるかはともかく、Ⅰ類Aの2次試験日が、平成28年度より1日減っている(3日間→2日間)点が、採用予定者数に影響が出るか少々気になるところです。

 

 

一方、Ⅰ類Bは、2次試験までは平成28年度より1か月早くなっただけ、といった感じですが、一般方式は最終合格発表日(平成28年度は8/15)、新方式は3次試験以降、やや前年度とずれが少なくなります。

 

また、平成28年度は、最終合格発表日が一般方式と新方式で同日でしたが、平成29年度は新方式が1週間遅れます。

 

 

なお、試験案内が3/7に発表になるとのことなので、詳細はそこで確認ということになるでしょうが、採用予定者数など、重要情報がそれ以前にHPで発表になるかもしれません。

 

都庁第一志望の方は、東京都職員採用サイトを時々はチェックしましょう。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【告知】

 

★2017年1月のガイダンス・相談会スケジュールこちら

  2017年1月のチューターイベントスケジュールこちら

 

★『川井先生のお悩み相談室』
公務員試験に関する悩みの相談に乗ります。

CSS生以外でも遠慮なく相談してください。
→詳細・予約フォームはこちら


<コース>

【2018年合格目標】『1.5年合格コース』
パンフレット(行政職)パンフレット(技術職)
通信教育科のお申込み

 

【短期合格対策】『90日完成コース』
<パンフレットはこちら>

<通信教育科のお申込みはこちら>

 

【公務員転職】『公務員のための公務員転職コース』
パンフレット

通信教育科のお申込み

 

【再受験者対象講座】『マスターコース』
マスターコースの概要
パンフレット
通信教育科のお申込み

 

【行政書士受験生の皆様へ】

『行政書士受験生対象公務員講座』
CSSの行政書士受験生対象講座はこちら

通信教育科のお申込み


<職種別ゼミ・直前講座>

CSSでは、2017年受験の方の合格を応援する直前講座を行います。
CSSコース生ではない方も受講いただけます。
お申し込みは、CSS各校舎もしくは<こちら>から。
国家総合職ゼミ(法律区分)

都庁ゼミ
特別区ゼミ
国税ゼミ
裁事ゼミ
国家一般職ゼミ
千葉県庁ゼミ

資料解釈特講
裁判所一般職 憲法論文特講
数的実戦トレーニング

 

 

 

【本文】

 

特に関東圏では既にご覧になった方も少なくないと思いますが、特別区人事委員会より、今日1/19付で、平成29年度特別区職員採用試験・選考実施日程等が発表されました。

 

特別区Ⅰ類(一般方式)の1次試験日程は既に発表されています(5/7)が、それ以外の詳細な日程も今回発表されています。

詳細は上記の特別区人事委員会HPをご覧いただくとして、取り敢えずⅠ類(一般方式)の日程は、

 

告示:3/6

申込受付:4/1~4/6(郵送)・4/10(インターネット)

1次試験:5/7

1次試験合格発表:6/23

2次試験:7/11~22

最終合格発表:7/31(技術系)・8/7(技術系以外

 

以前発表されたように、1次試験が約1か月前倒しになったことに伴い、その後の日程も平成28年度に比べ約1カ月弱前倒しになっています。

 

受験戦略等立てる際、先輩等から聞いた昨年の情報を参考にする場合は、この点を意識して修正を加えましょう(併願戦略の場合は併願職種の日程発表がないと難しいですが)。

 

特に特別区Ⅰ類(事務)の場合は、周知のように1次試験段階で教養論文の比重がかなり高いので、教養論文対策にどのくらい必要かが、戦略に大きな影響があると思います。

 

採用予定数など試験の詳細は、上記の「告示」日(3/6)に発表されるとのことですので、しばらく待ちましょう。

 

 

なお、上記HPによると、

 

※受験の有無に関わらず、Ⅰ類採用試験の一般方式に申込んだ人は経験者採用試験・選考を併願できません。

 

とのことで、試験がある年の翌年4/1基準で年齢「28歳以上32歳未満(で、民間企業などにおける業務従事歴が4年以上ある)」人は、Ⅰ類(一般方式)と経験者採用(2級職)の双方の要件を満たしていますが、どちらか一方しか受験できません。

 

とくに、Ⅰ類(一般方式)の申込受付が4/1~10、経験者採用試験の申込受付が7/3~31ですので、気軽に一般方式に申し込んでしまうと、後で経験者採用試験(2級職)を受けようとしても、受けられなくなってしまいます

 

「受験」ではなく「申込み」が基準ですから、どちらで受験しようか迷った場合に、「取り敢えずⅠ類(一般方式)を申し込んでおいて、後で決める」ということができません。

 

こういうシステムにした以上は、特別区人事委員会も、経験者採用試験の申込受付終了時点で、一般方式と重複して申し込んでいないかチェックするでしょう。

両方の資格を満たしている方は、よく考えて、どちらを受験するか遅くとも4/10までに意志決定しましょう。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【告知】

 

★2017年1月のガイダンス・相談会スケジュールこちら

  2017年1月のチューターイベントスケジュールこちら

 

★『川井先生のお悩み相談室』
公務員試験に関する悩みの相談に乗ります。

CSS生以外でも遠慮なく相談してください。
→詳細・予約フォームはこちら


<コース>

 

【短期合格対策】『90日完成コース』
<パンフレットはこちら>

<通信教育科のお申込みはこちら>

 

【再受験者対象講座】『マスターコース』
マスターコースの概要
パンフレット
通信教育科のお申込み

 

【2018年合格目標】『1.5年合格コース』
パンフレット(行政職)パンフレット(技術職)
通信教育科のお申込み

 

【公務員転職】『公務員のための公務員転職コース』
パンフレット

通信教育科のお申込み

 

【行政書士受験生の皆様へ】

『行政書士受験生対象公務員講座』
CSSの行政書士受験生対象講座はこちら

通信教育科のお申込み
 

<職種別ゼミ>

 

【国家総合職対策】『国家総合職ゼミ(法学系)』

国家総合職(法学系)に絞ったハイレベルなゼミで、同志とともに先取り対策を!
受講のご相談は各校舎まで。
<パンフレットはこちら>

<通信教育科のお申込みはこちら>

 

【東京都庁対策】3月開講『都庁ゼミ』お申込受付開始!

合格への総まとめ!過去問・予想問の問題演習や論点予想。
例年、予想論点がズバリ的中しています!!(参考答案付)。
CSS各校舎へTELまたは窓口でお申込み下さい。

(定員に達し次第、締切らせていただきます)

<パンフレットはこちら>
<通信教育科のお申込みはこちら>

 

【千葉県庁対策】4月開講『千葉県庁ゼミ』お申込受付開始!

千葉県庁対策の総まとめ!万全の体制で千葉県庁受験を!!
直前期の択一対策・教養論文対策・人物試験対策。

出題予想や論点の整理に加え、
CSSが誇る模擬面接・模擬集団討論も規定回数まで受講可能です!

1次ターム/2次ターム/フルコースでの受講が選択できます。
お申込は【CSS千葉大前校::043-207-2828】まで。

(定員に達し次第、締切らせていただきます)
<パンフレットはこちら>

<通信教育科のお申込みはこちら>

 

 

 

【本文】

 

今日は久し振りにCSS中央大前校です。

スタッフさんはもとより、自習室に比較的大勢来ていることもあり、年明け後初めて会う人が一杯(笑)。

 

 

さて、

 

マスターコースの民法が担保物権に入りました。

民法の中でも担保物権は、苦手とする受験生が少なくない、言い換えれば伸びしろのある受験生が多い分野です。

特に抵当権と譲渡担保には抵抗のある方も少なくないようですね。

 

売買とか、賃貸借とか、婚姻とか、民法には身近に感じられる内容も多いですが、その点、担保物権はやや不利な立場です。

学生の身分で、担保を差し入れて金融を得る、という経験はそうそうないでしょうからね。

何らかの事情でお金が必要でも、無担保か保証人を立てる学生ローン辺りがいいところでしょう。

 

では、あまり身近に感じられない担保物権を攻略する工夫は?

民法全体にいえることもありますが、以下のような工夫をすると多少効果が上がるかもしれません。

 

 

①いったんとばして債権法(特に債権総論)を先に済ませる。

担保物権は被担保債権を保証するための物権ですから、条文の内容や判例の事例・論点を理解するためには、物権の知識と債権の知識の両方が必要になる場合があります。

 

民法典の順番通りだと、債権法より先に担保物権法を勉強することになりますが、その状態で被担保債権が譲渡されて異議をとどめない承諾がされただの、転貸賃料債権に物上代位できるかだの、荷が重い場合もあるでしょう。

 

どうにもこうにも頭がぐちゃぐちゃ、という方は、取り敢えず担保物権は置いておいて、先に債権法(特に債権総論)を先に勉強してから、再度担保物権に取り掛かると、かなり分かりが違う場合もあるのでは、と思います。

民法Ⅰ・Ⅱの枠に囚われ過ぎないように。

 

 

②勉強する場合に図を書く習慣をつける。

これは民法の勉強全体にいえることでもあります。

ただ、担保物権の場合、条文の内容を具体的に図示する場合にせよ、判例の事例を考える場合にせよ、他の分野より登場人物が多く、複雑な場合が少なくありません。

 

しかも、「土地・建物に共同抵当を設定したが、その後建物が壊されて、新しい建物が建築された」だの、「譲渡担保を設定したはいいが、結局被担保債権を弁済できなくなったため、譲渡担保権者が目的物を第三者に譲渡した」だの、往々にして事態が動きます。

 

したがって、問題の選択肢・記述の事例を頭の中だけで処理しようとすると、途中で訳が分からなくなってしまいます。

したがって、図を描く習慣をつけることが重要になります。

 

「そんなこと言ったって、全ての選択肢を図示していたら、時間が無くなるじゃないか」と思った方は、無意識に「目下の現状が試験本番までそのまま変わらない」ことを前提としています。

 

もちろん試験本番では、ケアレスミスを防ぐため、選択肢を一読して事案の構成が呑み込めない場合だけ図示すればいいので、かなり複雑なものだけにとどまるでしょう。

しかし、一足飛びに、いきなり複雑な事例だけ図示できるようにはなりません。

シンプルな事例なぞ頭の中だけで正確に片付けられ、複雑な事例もスイスイ図示できるようになるためには、シンプルな事例を図示する訓練段階が必要です。

「民法が苦手だ」という方は、今は訓練段階です。

 

なお、この図示する訓練は、専門記述で事例問題に取り組む際に大いに役立つはずです。

 

 

③問題や判例に登場した強制執行用語をきちんと調べる。

「担保物権を実行する」と一口で言いますが、具体的には差押え、競売など、強制執行の手続をとることになります。

したがって、問題の選択肢・記述や判例に、「増加競売」だの、「第三者異議の訴え」だの、強制執行に関する用語が登場することがしばしばあります。

 

これを「民事執行法なんか公務員試験では出ない」とか何とか言って、字面のニュアンスだけで曖昧なまま放置すると、公務員試験で出る民法の知識が記憶に残りにくくなります。

 

分からない用語は、図書館で法律用語辞典を参照するなり、インターネットで検索するなり、教えてもらえる環境にある方は先生に教えてもらうなりして、ある程度具体的なイメージがわくように確認しておきましょう。

もちろん、体系的に民事執行法や民事保全法を勉強する必要はありません。出題科目ではありませんからね。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。