彼の西山に登り

CSS公務員セミナー講師があれこれ綴るブログ。

晴れCSSでは新規受講生を募集中です。


旗スタンダードコース
:科目の限定はなく、すべての科目を学べます。

旗市役所教養コース
:教養科目のみのコースです。

旗技術職コース
:理系技術職公務員志望者対象のコースです。

旗マスターコース
:再受験者用の弱点補強&攻めのコースです。

旗2年コース
:大学2年生対象のコースです。

旗面接対策パック
:面接もがっちりフォロー。面接対策のみも受講できます。

旗90日完成コース
:短期合格を目指すシャープな講座です。

旗単科目・価格表
:1科目ずつ受講可能です。

星各コース通信講座もあります。申し込み受付中!


虹CSS公務員セミナーホームページ

虹CSS公務員セミナーフェイスブックページ

虹公務員合格・内定のためのデータベース

虹CSS講師 川井先生のブログ

虹CSS講師 藤森先生のブログ

虹CSSネットショップ



NGコメント非公開希望の方は、その旨明記していただければ幸いです。




テーマ:
【告知】

★7月のガイダンス・相談会スケジュールこちら
採用・業務説明会のお知らせもあります。


<職種別の面接を知りたい方>


都庁面接特講
都庁面接のポイントは第一印象をどうとるか!過去の合格者の分析から、都庁面接を徹底解剖し、高い合格率に裏付けされた(面接突破率87.5%)CSSの攻略法をお伝えします。
→詳細はこちら

特別区面接特講
特別区面接のポイントは評価ポイントのハードルを越えること、過去の合格者の分析から、特別区面接を徹底解剖し、高い合格率に裏付けされた(面接突破率88.4%)CSSの攻略法をお伝えします。
→詳細はこちら

裁事面接特講
必ず準備しておきたい裁事面接前のチェックポイントを大公開!
→詳細はこちら

人事院面接&官庁訪問対策講座
人事院面接、官庁訪問の攻略法を講義します。
→詳細はこちら


<面接練習をしたい方>

面接対策パック
講義4回、模擬面接20回のパック。公務員試験の面接のイロハ、自己分析、面接カードの書き方、公務員面接のポイントを講義し、模擬面接も繰り返し行います。もちろん面接カードも無制限で添削可能です。近年の公務員試験面接は、型にはまった面接をすると落とされる傾向にあります。自然体で面接に挑めるようしっかり面接準備を行いましょう。
→詳細はこちら

面接対策プライベート・レッスン
講師と受講生の1対1のプライベートレッスン。1回120分の時間をかけじっくり面接を指導し、自分オリジナルの面接をしっかり作り上げます。
→詳細はこちら

面接道場【無料】
受験生同士の相互面接トレーニング。参加者がそれぞれが交互に面接官・受験生役を担い、模擬面接を行います。CSS生以外でも参加できます。
→詳細はこちら


<公務員試験で悩んでいる方>

川井先生のお悩み相談室
「思うように結果がでない」「点数が伸びない」「面接はどうしたらいいだろう」など公務員試験に関する悩みの相談に乗ります。CSS生以外でも遠慮なく相談してください。
→詳細はこちら



【本文】

昨日、地上A日程の1次試験を受験した皆さん、お疲れさまでした。

これで市役所試験や国立大学法人等の試験までは、筆記試験は一段落という方が多いかと思います。
一方で、今後は面接対策の比重がどんどん高まってきます。

市役所等の試験でも、筆記試験の問題の難易度が平易になる一方で、大半の国家公務員試験と異なり、複数次の面接試験が普通な上、個別面接だけでなく、集団面接、集団討論、グループワークなど、様々な手法が用いられます。


公務員試験でも制度改革の度に面接試験の重要度(回数や配点比率)が上がっているにもかかわらず、公務員試験=筆記試験、というイメージはいまだに強固です。

確かに、筆記試験に合格しなければ面接試験に進めない、という意味では、筆記試験が重要であることに疑問の余地はありません。

また、「正答のある」筆記試験は、データとして整理しやすく、色々な意味で「ものが言い易い」ため、情報も積み上がっています。

さらに、特に国家公務員試験で顕著ですが、面接で絞る比率をできるだけ一定に保とうという傾向が強いため、倍率やボーダーなどの点で景気などの動きをもろに被るのが筆記試験であるという点で、第一の関心事になりやすいともいえます。※


しかし、何度か繰り返し書いていますが、公務員試験は就職試験です。
筆記試験に合格して、一定の学力を有することを示したとしても、就職試験としてそれ単独では途中経過に過ぎません。
面接試験に合格して採用内定まで到達しなければ、ある合格者曰く、筆記試験の勉強に費やした1年を面接時間の30分でパーにしてしまうことになります。

したがって、今までの努力を無駄にしないためにも、面接対策は極めて重要なはずですが、上記の「公務員試験=筆記試験」というイメージが災いしてか、この点に気づくのが遅れる場合が少なくありません。

今後は当分の間、折に触れて面接試験について書くことになると思いますが、今回は初歩の初歩として、

面接カードを書いた後が面接対策の本番である

ことを意識しましょう、ということを強調したい。

面接カード書きは、教養論文書きに類するノリで、面接対策の中では比較的熱心になる方が多い場面です。

しかし、それ自体が採点・選抜の対象となることも多い民間企業のESと異なり、公務員試験の面接カードはそれ自体が採点の対象ではなく、あくまでも面接の資料にすぎない場合がほとんどです。

もちろん面接カードは面接官の先入主になるものですから、おざなりに書いてはいけませんが、極論、面接カードよりも、実際に面接でどう見え、聞こえ、答えるかの方がはるかに重要です。

これを改善する必要がある方は、決して少なくない、というより、大部分の方は何らかの印象を形成するポイント(所作とか、癖の緩和とか、話し方とか、姿勢とか)で改善する必要があるか、改善すれば合格可能性が上がるところをもっていると思います。
いかに面接に正解はないとはいえ、受験生各々ここを改善すれば確実に合格可能性が上がる、というポイントはあります。
それを放置して、合否を偶然に任せるのは勿体ないことです。

しかし、上記のような印象を形成するポイントは、自分ではなかなか気がつかない場合がほとんどです。
模擬面接というのは、これを発見し、改善するために非常に重要です。
単に面接カードに書いた内容をしゃべる予行演習ではありません。

模擬面接の必要性を軽視せず、合格可能性を上げるためにもう一踏ん張り、努力を継続しましょう。



※例えば数年前の民主党政権下での採用抑制時も、しわ寄せは専ら(といっていいくらい)1次試験の倍率に及びました。もし来年度、イギリスのEU離脱決定辺りを要因として景気が悪化し、公務員試験志望者が激増したとしても、おそらく同じ処理になるでしょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
明日はいわゆる地上A日程の1次試験です。

東京でも1次試験を実施してくれる自治体もありますが、大抵の自治体は民族大移動で今日から前乗りしている場合もあると思います。
移動時の疲れも馬鹿になりません。特に今日遠距離移動をする方は、明日の試験時間にピークをもってこられるように、今晩は極力コンディション調整に努めましょう。
ただ、交通機関やコンビニエンスストアなどの便が、都会とは異なる場合もあるでしょうから、確認はしておいたほうがいいでしょう。


地方上級の1次試験は、問題が公表されず、問題間の難易度差も結構ありますから、国家公務員試験に比べ、データ面で不安感を持つ場合が少なくありませんが、これは、どの受験生でも同じ立場です。
したがって、精神的にその状況に圧倒されてしまうか、踏ん張れるかが、受験生間の差になります


択一試験に関しては、全問必答か選択の余地があるとしても極めて狭いです。したがって、誰でも取れるような基本問題を確実に取れるかが最大の鍵になります。つまり、最も注意すべきはケアレスミスです。
一方、極端な難問は皆取れませんから気にする必要はありません。

また、問題間の難易度差が開いている場合があるので、時間配分も重要になります。まず全体をざっと確認して、後回しにする問題や時間をかける問題をピック・アップした上で、簡単な問題から解答していきましょう。

特に、教養試験では、一般知識は最終的には知っているか知らないかに帰するので、点数の安定には一般知能でどれだけ得点できるかが重要です。
数的処理に苦手意識がある方は文章理解に、文章理解に苦手意識がある方は数的処理でできるだけ稼ぐのはもちろんですが、苦手意識のある科目にできるだけ時間を割けるよう、時間配分に注意しましょう。


また、教養・専門いずれの択一試験にも言えることですが、国家公務員試験の問題と比べ、どうしても選択肢の表現があいまいな問題が出てきます。
その場合、消去法など用いて、最も妥当性の高いと思われる選択肢が正答と割り切りましょう。
公務員試験では、少なくとも現在までのところ、「ゼロ解答」(正答のない)の問題は作らないお約束です。
特に細かい点にこだわりがちな性格の方や、こだわりのある専攻科目(卒論のテーマなど)などで、細かい表現にこだわって正答を逃さないよう、ある程度大まかに割り切りましょう。


地方上級の1次試験は、問題も公表されず、ボーダーも自治体・年度によってまちまちですから、結果は蓋を開けてみないと分かりません。
例年、意外にボーダー点が低い場合も少なくない試験です。
したがって、もちろん試験時間中には1点でも多くもぎ取るようにしたいですが、試験が済んだら結果が出るまでは放念して、面接対策や市役所対策に頭を切り替えましょう


明日がすんだら、市役所や国立大学法人等の1次試験までは筆記試験は一段落という方も多いと思います。
もう一踏ん張り、明日の健闘を期待します。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はCSS千葉大前校にいます。

昼食をとった食堂のテレビのワイドショーによると(笑)、イギリスがEUを離脱することになったそうで、やれ円高だのやれ株安だのやれ世界恐慌だのこの世の終わりの如く騒ぎ立てています。
時事問題的にはまたえらいことが勃発(突然起こること。戦争の専売特許ではありませんし、全ての戦争が勃発するわけでもないでしょう)しましたが、今後どうなるかは分かりません。

実際に離脱するのは早くても2年後とのことで、残留派も黙ってはいないでしょうし、有為転変のサイクルが短いご時世、2年後にはどうなっているか知れたものではありません。
まあ、当面は面接ネタが増えたと思いましょう。

以前からイギリスの知人などに話を聞いていたところでは、ユーロ導入の是非などEUとの距離の取り方はイギリスでもテレビ討論などの格好のネタの一つだったようです。
離脱派の一般大衆といえどもワイドショーのコメンテーターが腐すほど考えなしに投票したわけではないのでしょうけれどね。
「光栄ある孤立」の経験があるからか、思い切りもいいですな。

取り敢えず私的な関心事は、大陸法国の多いEUに合わせて新たに設けられたイギリスの最高裁判所に影響があるかです。まさかまた貴族院に戻るわけではないでしょうが。


閑話休題

例年のことながら、模擬面接や面接カードの添削や講義や相談等々大騒ぎしています。

このところは提出締切りや面接時期の関係で、裁判所職員や国立国会図書館の面接カードを模擬面接で見たり、添削したりする機会が多かったです。

どちらも国家公務員試験のESとしては、比較的ガッツリ書かせる方です。もちろん公務員試験界の長文乙たる某松戸市ほどの凄味はありませんが。

もちろん、面接カードの内容や表現は、面接官の先入観になるものですから、あだやおろそかにはできません。
しかし、民間企業のESと異なり、公務員試験の面接カードは、それ自体が評価・採点の対象となるものではありません。あくまでも、面接の参考資料です。
どんなに立派な面接カードを提出しても、実際の面接と印象や受け答えの内容がかけ離れていると、面接試験自体の点数がよくなるとは限りません。

面接カードを提出したら、早速模擬面接に取りかかりましょう。
今日はCSS千葉大前校で、裁判所事務官の1次試験合格者が数名集まり、お互いに模擬面接をしあっていました。
特に面接官役をやると、一人で受け答えの内容を考えたり、模擬面接を受講したりしているだけではつかみにくい気づきが多くあります。

そこで、受験生同士で模擬面接をしあう(講師の指導はありません)、CSSで毎年恒例の「面接道場」も地上A日程の1次試験後の6/27から始まります。
面接道場の詳細はこちら
各校舎の日程はこちら
CSS受講生でない方でも参加できますので、ぜひご参加ください。
(ちょっと宣伝でした。)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は裁判所職員1次試験の合格発表日です。
裁事一般職の東京高裁管内では、都庁Ⅰ類B・特別区Ⅰ類の1次試験と重なったため未曽有の申込者減があったにもかかわらず、961名の1次試験合格者を出しました(平成27年度は1202名)。
そのため、ボーダー点も大幅に下がったようです。基礎能力試験+専門択一試験の合計点が30点で合格したCSS生がいましたので、この辺りがボーダーかと思います。


【結果が出なかった場合】
裁判所事務官の1次試験は、出題科目にせよ、問題の癖にせよ、他の公務員試験に比べて特徴があり、傾向に合わせた対策の結果が強く出ます。また、問題の難易度から考えて、タイミング的に対策が追いついていなかった場合もあるかと思います。

したがって、裁事の結果に引きずられないように頭を切り替えて、今後の筆記試験や面接対策に臨みましょう。この切り替えが早くできるかが、今後の帰趨を決めます。


【合格した場合】
上記のように、東京高裁管内では今年度の1次試験は未曽有の大チャンスだったわけですが、このチャンスを生かすも殺すも次の人物試験対策にかかってきます。
専門記述と小論文もありますが、これは基準点を超えていれば面接で挽回可能でしょうし、既に提出済みなので、取り敢えず気にせず、面接対策に集中しましょう。

従来から、裁判所の採用システム、特に上位合格者を除いて裁判所からの意向照会(いわゆる提示)が他の公務員試験に比べて遅くなること等から、内定辞退や意向照会しても辞退されるケースが少なくありませんでした。

特にここ1・2年、裁判所がこのことに危機感を募らせ、その分面接時に時間をかけて志望理由、第一志望性、適性等を慎重に確認するようになっています。
今年度は特に、最終合格者数をどのくらい絞るかにもよりますが※、意向確認時の応諾率や内定率の歩留まりが悪いと、採用側にとっては大変なことになります。

その意味で、第一志望性や適性のアピールは例年にも増して重要になるでしょう。
また、採用漏れにならないようにするためにも、特に1次試験合格が成績下位と思しき皆さんは、配点比率が基礎能力試験+専門択一試験と等しい(10分の4)人物試験で好成績を上げ、席次のアップを図らなければなりません。

したがって、前回の記事でも書きましたが、①裁判所の組織、裁判所事務官の仕事内容を調べ、自分がどんな仕事をすることになるか、どんな仕事をやりたいかについて具体的なイメージを作る(ただし面接本番で分かったようなことを言わないこと)、②できるだけ見学会や裁判傍聴など実際に足を運んで印象形成をする、などの工夫をした上で、面接カードを書き、実際の面接でも答えられるように準備しましょう。

また、裁判所事務官は、国税専門官などと同様、結果として採用される人材の特徴が比較的明確な職種に属します。その辺りも考慮した面接対策を行って、単に最終合格を狙うだけでなく、早期採用に結び付けるため、席次を上げる工夫が必要です。


そこで明日、CSS千葉大前校『裁事面接特講』(14:00~15:30)を実施します。
詳細はこちら
CSS生でなくても参加できますし、通信教育科もありますので、ふるってご参加ください(ちょっと宣伝でした)。


※ 平成27年度は東京高裁管内で最終合格者数は385名でした。本年度(平成28年度)も、昨年度(平成27年度)同じ比率と仮定すると、最終合格者は307~308名という計算になります。ちなみに本年度(平成28年度)の採用予定者数は155名程度です(全て東京高裁管内)。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

明日は裁判所職員1次試験の合格発表日です。
周知のとおり、2次試験は、総合職の方は筆記試験もありますが、一般職の方は面接試験のみです。
そして一般職の2次試験の初日は6/28(火)で、早い方だと1次試験の合格発表日から1週間しかありません。
そのためか、このところ裁判所事務刊の志望動機に関する記事にアクセスが集中しています。
志望理由の注意点・裁判所職員編

大きく内容を変更する必要は認めていないのですが、何しろ2013年の記事で、その後の変化というものもあります。
そこで、大部分は上記の記事の再説になりますが、今回は裁判所事務官の志望動機の構成についての注意点を再説します。


公務員試験の中でも裁判所事務官の試験というのは、面接カードを書くに際して志望動機に苦慮する人が特に多いのが特徴です。
「そもそも志望理由が思い浮かばない」という方も少なくないでしょう。
それは、裁判所事務官の仕事内容があまり知られていない一方で、面接で志望動機を深堀りされる場合が多いとされていることから、それを避けようとする心理が他の職種に増して強く働いて、動きがとれなくなるからだろうと思われます。

したがって、基本方針となるのは、

①裁判所事務官の仕事内容を調べ、「やりたい仕事」を明確にすること。
②「突っ込みを避ける」ために不自然な内容を構成するより、「突っ込まれたらどう答えるか」を考え、相談し、準備すること。

ということになるでしょう。
ただし、このうち②は裁事に限らず全ての職種にいえることですから今回は省略し、話を①に限定します。


まずは裁判所事務官の仕事内容が分からなければ、志望理由も構成しようがないでしょう。
したがって、裁判所事務官の場合は、「なぜなりたいのか」から考え始めるのではなく、裁判所職員の仕事を書籍、HP等で調べ、「やりたい仕事」を具体的に明確にすることから始め、なぜそれをやりたいのか、という方向から攻めていった方が、内容を固めやすいと思います。

事前に興味があれば、裁判所が実施する見学ツアー等に参加し、そこでの具体的体験を使うこともできるでしょう(見学ツアー等に参加したか、はよく面接できかれるようですね)。
今からとなると、裁判傍聴や、シンプルな裁判所見学ということになるでしょう。
どちらの場合も重要なのは、見聞きしたこと自体ではなく、そこからどう考えて裁判所事務官を志望するに至ったか、という思考の筋です。

極論、「正直1次試験の段階ではあまり強く意識していなかったのですが、せっかく合格したのでいろいろ調べたり見学しました。そのときの○○という経験から、裁判所事務官の仕事の○○なところに自らの仕事としてずっと取り組んでいきたいという魅力を感じただけでなく、自分の○○な点に最も合うと思い至り、第一志望を○○県から変更しました」くらいの少々わざとらしい感じでも、内容・話し方と本人の印象とが一致すれば、「幼い頃家庭の問題を裁判所に解決してもらって憧れた」よりよほど説得力があると思います。


ここで、視点を変えて、裁判所(採用)側の立場を考えてみます。
裁判所事務官は、その職務内容が余り知られていません。
そこで、面接官の一般的な懸念として、他の職種と両方合格した場合、仕事内容のイメージが描きやすい他の職種を選んで裁事を辞退してしまうのではないか、という疑いを強く持っているのが通常でしょう。
特にここ1・2年、裁判所全体として採用辞退者や採用面接辞退者の多さに非常に危機感を抱いているようで、面接試験の配点比率を下げたり、面接時間が長くしたりしているのはその影響と思われます。

また、受験者が裁判所事務官の仕事について、過大な期待や勘違い(法曹のような仕事とか)をしていて、入所後に「こんな筈ではなかった」と辞めてしまうことがあると、採用側としても問題です。


そこでしばしば、面接カードの内容や実際の話の内容などによっては、面接中で、例えば、
「行政と司法の違いは何ですか?」
「(裁判部門での)裁判事務と、(事務局での)司法行政事務のどちらをやってみたいですか?」
「裁判所事務官と裁判所書記官の違いは何ですか?」
など、裁判所事務官の仕事内容を知っているか、それに本当に関心があるか、確認する質問がされます。
これに答えられるように準備する必要があるでしょう。
ただし、向こうの方がプロですから、知ったかぶりは厳禁です。
これは法律や裁判の知識面でもいえることです。

法学系の学部の方などで、志望動機で「法律・裁判に興味があるから」という方だと、内容を詳しく突っ込まれるかもしれません。
裁判所だからといって、必ずしも興味・関心を法律に関係づけたがることはないと思いますが、面接カードに書くなら、他の法分野に飛び火しないように、興味ある法分野を具体的に特定しておくのが無難でしょう。
それでも、分野によっては向こうの方が圧倒的にプロですから、余計な知ったかぶりをしないように、素直な感想で勝負しましょう。無理なら素直に降参すること。

また、特に法学専攻の方だと(必ずしもそうとは限りませんが)、「法科大学院に進学して法曹になった方がいいのでは?」など聞かれることもあるでしょう。
どう対応するかはそれぞれの方の判断ですが、法曹は弁護士を含みますから、「公務員になりたい理由」に立ち返る、つまり「裁判」より、「裁判所」に焦点を当てることが糸口になると思います(例えば、「裁判を国民の身近に」ではなく、「裁判所を国民の身近に」)。

なお、逆に、法科大学院(修了)生の場合、司法試験にいってしまうのでは、と疑われないか、という不安を持つ方もいるでしょうが、過去の受験生の面接状況を見ると、法科大学院(修了)生だからといって特に敬遠されることはないようです。
むしろ、法科大学院(修了)生というのは、「公務員なら裁判所職員だけ」という方もいるので、採用段階の歩留まりがよいくらいかもしれず、裁判所としては敬遠する理由はないでしょう。
どの道採用予定者数より多めに合格者を出すことですし、面接でいい評価が付くかが勝負です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。