彼の西山に登り

CSS公務員セミナー講師があれこれ綴るブログ。

晴れCSSでは新規受講生を募集中です。
  コースの詳細は下のリンクからCSS公務員セミナーHPをご覧ください。

星各コース通信講座もあります。申し込み受付中!


虹CSS公務員セミナーホームページ

虹公務員合格・内定のためのデータベース

虹CSS講師 川井先生のブログ

虹CSS講師 藤森先生のブログ

虹CSSネットショップ



NGコメント非公開希望の方は、その旨明記していただければ幸いです。



NEW !
テーマ:

【本文】

 

今日、CSS千葉大前校で商法が開講します。


商法は、出るところへ出れば大変大きな市場を形成している法律ですが、公務員試験では完全なるマイナー科目扱いです。

偶々大学で履修した方は別として、純粋に公務員試験対策としてゼロから勉強する気はない方も少なくないでしょう。

会社法施行以前は、地方上級で専門択一試験がある場合、商法・刑法・労働法が「マイナー法律科目3兄弟」で、出題されるならセットで3科目各2問出題されており、その頃はそこそこ需要もありました。

 

しかし、地上で出題されなくなって以降、専門択一試験で商法が出題されるのは以下の職種くらいです。

①国家総合職(法律区分、行政区分):3問(選択科目)
②国税専門官:2問(必須科目)
③財務専門官:1~2問(選択科目)

国家総合職の行政区分(院卒者試験)では、専門記述でも選択科目として出題されます(事例問題です)。

上記のうち、①・③では商法は選択科目ですから、他の科目でカバーできるなら選択しないという手もあります。
②でも、他の科目で合格点に達する目算が立つなら、捨てる選択もあります。
ただし、「民法・商法」で1科目扱いですから、身分法も捨てると、必須科目16問中3問を鉛筆を転がして埋めることになります。


なお、一口に「商法」といっても、以下の3分野があります。

①商法典
②会社法
③手形法・小切手法

このうち②が出題の中心です。
平成24年の国家公務員試験の制度改革の前は、国家Ⅰ種や国税専門官では、②:③で1:1か2:1といった出題比率でした。
しかし、会社法制定後は、同法の分量が多いためか、比重がグッと②に傾き、全問会社法で占めることの方が多くなりました。

もちろん、公務員試験対策に限れば、全979条という浩瀚な会社法の全てを舐めるように勉強する必要はありません。

会社法の中でも比較的出題頻度の高い分野、例えば、

①株式(資金調達としての新株発行や、新株予約権を含む)
②株式会社の機関(機関設計を含む)
③設立

といった辺りの基本事項だけでもざっとやっておけば、1問は拾える確率がぐっと上がります。
他の科目だけではどうも取れそうな点数に不安がある、という方は、基本だけでも押さえておくと、安心感が増すかもしれません。

その際、会社法は、会社と出資者及び会社債権者との関係やこれらの間の利害調整を規律する法律で、従業員との関係にはほとんど言及されません(それは労働法の仕事です)。
その辺は予め心得ておいた方が、期待外れのような印象を持たずに済むかもしれません。

なお、需給関係からやむを得ませんが、主要科目に比べ、過去問集を含む教材の充実度が著しく低いので、勉強することに決めた場合、大学や予備校等が利用できる方は、講義を受けた方がいいと思います。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

吉川先生のブログ読者のみなさん、

CSS公務員セミナーからのお知らせで、

お邪魔致します。

 

CSS公務員セミナー千葉大前校にて

人事採用担当者や若手職員をお招きして、

採用説明会を開催します。

予約不要・参加無料

CSSに初めてお越しになる方も大歓迎です。

 

★東京国税局 採用説明会

2月21日(水)11:00~12:30

CSS千葉大前校にて

 

★千葉市 採用説明会

2月22日(木)15:00~16:30

CSS千葉大前校にて

 

★江戸川区 採用説明会

2月23日(金)14:00~15:30

CSS千葉大前校にて

 

★船橋市 採用説明会

3月2日(金)11:00~12:30

CSS千葉大前校にて

 

★千葉県庁 採用説明会

3月12日(月)11:00~12:30

CSS千葉大前校にて

 

★裁判所事務官・家裁調査官補 採用説明会

3月14日(水)11:00~12:30

CSS千葉大前校にて

 

お問い合わせは、

CSS公務員セミナー千葉大前校まで

TEL 043-207-2828

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【本文】

 

春休みに入り、平成30年度の公務員試験受験生の皆さんがめっきり自習室に増えるようになりました。

 

同時に、来年度受験予定の皆さんが受講相談に訪れる数も増えてきています。

 

その中で、「公務員試験と民間就職との併願」については、関心が高いように思います。リスクが減って魅力的、に思えるのだと思います。

 

今回はこの点について書こうと思いますが、その前に、合格者チューターの安部君がこの点について記事を書いてくれているので、未見の方はご覧ください。「民間就活との併願について

 

 

まず、大前提として誤ってはならないのは、ほとんどの場合、

公務員・民間の併願=リスク分散・軽減ではない。

ということです。

 

最大の理由は、上記の合格者チューターの記事にもあるように、両者の忙しい時期が重なるためです(上記記事の3月前半のスケジュールを見てみましょう)。

彼は実績を見れば分かるように元々優秀な上、併願の難しさをよく理解して計画的且つ精力的にことを運んでいます。

しかし、彼のような冷静な計画性・判断力と、タフネスを何ヶ月も継続するというのは、容易く誰にでもできることではないでしょう。

 

敢えて言うならば、公務員と民間企業の併願は、「併願=リスク軽減」ではなく、「併願=二重の危険(リスク)」という了見で臨むべきです。(憲法39条参照。← バカ。)

 

その上で、「だがしかしそれでも、どちらにも今行ってみたいところがある。両方で内定を取るため、この坂を乗り切るぞ!」という気合と覚悟で手を着けるのでなければ、虻蜂取らずになる可能性は低くないといわなければならないでしょう。

 

つまり、公務員と民間の併願というのは、そもそもより確実な就職機会の確保というリスク分散・軽減のためにするものではなく、どちらにも是非行きたい、受けてみたいと思うところがあり、どうしてもあきらめきれない場合に敢えて挑戦する危険と心得るのが、結果につながる前向きな姿勢というものです。

 

 

では、公務員試験と民間就職との両立を少しでもやりやすくする方法はあるでしょうか。

とりあえず以下の2つが考えられると思います。

 

1 いずれか一方を中心として、他方(あるいは双方)を絞り込む

公務員・民間の両方を目一杯受けまくるというのは、物理的にも準備の問題からも難しいし、ハイリスクでしょう。

 

したがって、①公務員試験を中心とし、受験する民間企業は数社に絞り込む、②民間就職を中心とし、受験する公務員試験は2・3種に絞り込む、③両者とも数ヶ所に絞り込むという形で、「二重の危険」を、せめて「1.5重の危険」に軽減するのが、現実的な路線の一つと思います。

上記の合格者チューター君は、基本的にこちらの方針でしたね。

 

①のケースでは、今まで実見したCSS生では、地方銀行等の内定をいただけた例が多いように思います。

②・③のケースは、公務員試験予備校という居場所柄、あまり実見していませんが、都庁(特に新方式)や教養試験をSPI方式にした自治体など、民間企業志望者でも受験しやすくしたと標榜しているところなどは、比較的受けやすいのではないかと思います。

 

 

2 年度の前半・後半でいずれか専念する時期を分ける

前年度の3月~夏くらいまではいずれか一方に専念し、そこで結果が出ればよし、出なければ後半は他方に切り替える、というやり方です。

 

事実上一方を専願する場合と変わらず、時系列的には最もエネルギー配分が平均化されますが、このやり方を最初から採ることは、正直お勧めできません

 

というのも、年度前半は、公務員試験なら国家系や都庁・県庁のような広域自治体、民間なら大手企業が中心です。一方、夏・秋以降は、公務員試験なら基礎自治体や独立行政法人・国立大学法人、民間なら中小企業が中心となります。

 

すなわち、前半の就職先はある程度大きなフィールドで仕事をすることが多く、後半のそれは小ぢんまりした地域密着型の組織・仕事になることも多いでしょう。

 

どちらを好むかはその人次第ですが、特に、大きなフィールドで活躍することを目指した方が、年度前半で結果が出なかった場合、後半に向けて気持ちを切り替えられるか、上手く結果が出たとして、そこで一生働く決心がつくか、公務員・民間企業のいずれか一方を専願した場合ですら悩ましいところです。

一生の就職に関するミスマッチで、毎年のように苦慮する学生がいるところです。

また、自分自身の納得だけでなく、ご両親を中心とした家族との意見調整でも辛い思いをする場合があります。

 

 

そんなわけで、例年の受験生の様子を見るに、公務員試験であれ、民間企業であれ、一方に専念した方が可能性が拓けやすい場合が多いのではないかと思います。

 

それでも、さまざまな理由で公務員と民間の併願にチャレンジする方は、「1.5重の危険」を乗り切る気合と覚悟をもって、冷静な計画を立てて頑張ってください!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

吉川先生のブログ読者のみなさん、

ちょっとお邪魔します。

CSSのスタッフです。

 

CSS公務員セミナーでは、

いよいよ『都庁ゼミ』が開講します。

http://cs-seminar.com/pdf/2018chokuzen_all.pdf

 

東京都庁ⅠB(一般方式・新方式)を受験する人を対象とした、

主要科目の総まとめ講義です。

過去問・予想問の実践演習、

記述対策は出題予想論点を公表など、

直前期に必要なこと盛りだくさんの10日間です。

 

全10回

1回180分間の講義。

 

開講日

中央大前校 2月10日(土)14:00~17:00

千葉大前校 2月11日(日)14:00~17:00

CSS各校舎で受講をご希望の方は、各校舎窓口でお申し込みください。

 

ご自宅に講義DVDをお届けする通信教育科もあります。

通信教育科初回講義発送は、2月15日(木)です。

お申し込みは、CSS公務員セミナーのホームページより受け付けています。

http://cs-seminar.com/buy.html

 

 

お問い合わせは、

CSS公務員セミナー

千葉大前校 TEL043-207-2828

中央大前校 TEL042-670-1212 まで。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

CSS公務員セミナースタッフよりお知らせです。

吉川先生のブログ読者の方、

お邪魔します。

 

CSS公務員セミナーでは、

今年の試験合格を目指して、

独学で勉強を続けている人、

勉強に行き詰っている人、

これから本格的に始動する人を対象に、

CSSの川井太郎先生の熱い無料講義を行ないます。

 

『短期集中!学習戦略講義』

中央大前校 1月27日(土)18:00~19:00

千葉大前校 1月28日(日)18:00~19:00

予約不要

参加無料

講師:川井太郎先生

講義のあとに、個別の相談も受け付けます。

ご来校ください。

 

 

CSS公務員セミナー

中央大前校 TEL042-670-1212

千葉大前校 TEL043-207-2828

http://cs-seminar.com

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。