得意分野の大切さ

テーマ:

雑誌(『広告』3月号)を読んでいて
「ぁ~そうよね~かお」って思う記事がありましたヒマワリ

スタイリストのYaccoさんが語ってたことなんですがDASH!


“・・・講師をしている女子大の生徒たちには、「学校の宿題だけやっていてもダメ。とにかくたくさん本を読んで、たくさんいろんなモノを見て、たくさん遊びなさい」と言っています。そして「自分の得意分野を作りなさい」と。若い時は、いかに他人よりずば抜けているかをアピールするかが大事なのに、それができない子が多いんです。・・・”


最近就職活動をしていて、自分の得意分野を作っていて、いかに他人よりずば抜けかをアピールすることの大切さを感じますガーン

安倍内閣のもと教育再生会議なんてものが出来て、公教育の建て直しが叫ばれていますが・・・、Yaccoさんが言ってるそういうことって、学校教育でも大事なように思いますねこへび


昔は無根拠な自信ってものも大事だと思っていましたが(まぁ一概に否定は出来ませんが・・・)、自分を売り込む上では、根拠が必要なんですよねむっ
何だって理由があるわけで・・・ひと月に1000万稼ぐ人は、「○○○だから」っていう根拠があって1000万稼ぐわけだし、○○○が積み重なってないと、仕事の上での価値って出てこないんですよね。他人よりずば抜けた○○○があるから自信も生まれるんですよねロケット
それには、「ちょっとした気づき」と「ちょっとした努力」が必要になるわけですがラブラブ


仕事の入口となる就職活動の面接でもやっぱりここら辺って見られるんですよ。面接って、数十億の利益を生む人材なのか、数十億の損失を会社に与える人材なのかも分からない、そんなどこの馬の骨とも分からない人間が、面接官に明るい未来をイメージさせなくちゃならない場なんですよむっ
情熱も大事、会話の中で見られる頭の回転やコミュニケーション力も大事だけど、自分の得意分野を持っていて、他人よりずば抜けている何かがあって、それをアピールできる人ってやっぱ強いんですよね音譜。それが自分という商品を売り込む力になっていくんですよね。
仕事と密接に関係していることじゃなくても、何かしらでずば抜けたものを持っていることが大事だと思うんです。


・・・なんてふと思いました。

AD