2014-09-25 20:28:13

人生一直線『アドレナリン』

テーマ:近況
皆さん~
こんにちは。

私はアジア大会で韓国へ行って来ました。
日本勢の活躍を見させて頂きました。

中村選手の安定感ある見事な復活や目標
達成出来ずに悔しい思いの選手など、
それぞれの気持ちを感じながら、

私も
ワクワク!
ドキドキ!

悔しい気持ちを実感させて頂きました。

様々なプレッシャーもあったかと思いますが、
2年後のリオでのオリンピックに向け、
今回の戦いもすべて教訓に生かし、
更なる活躍を応援しております。

選手の皆さん~
本当にお疲れ様でした。

さて、私が大会を見ていて感じたことがありました。

それは今回の大会に限らず、最近の選手たちに
見られる姿です。それは試合中に声を出さずに
黙って戦う選手が多く見られることです。

私の時代には声を出すのが当たり前でした。
稽古に限らず、特に試合中などは相手との
気合い合戦から始まるようなものでした。

きっと私と同世代以上の柔道経験者の皆さんも
「あっ、そう!そうだ!」なんて、
思い出すかと思います。

でも、今の選手たちの稽古中や試合中などを
見ていると上品で静かなる戦いの姿が多く見られます。

時代の流れなのか?

日本の教育に一時期にあった『ゆとり教育』。
みんなと同じようにとか、まわりより目立つと
「何、あの子?」みたいに言われるのを恐れて、
自分を表現出来ない子供たちが多くなって
しまったのか?

皆さんも観戦されていていかがですか?

そこで私から現役選手たちへ今後の参考に
『声を出す意味』をアドバイスさせて頂きます。

きっとその意味が理解出来れば、
これから『声を出す』選手が増えてくるかと思いますし、
指導者の先生方にもこれからの指導に役立てて
頂けると思います。

まず、なぜ『声を出す』のか?

人間は腹から声を出すことで緊張を感じます。
緊張した体は体内の副腎から『アドレナリン』が
分泌されます。アドレナリンが分泌されたことで
血流が良くなります。血流が良くなれば酸素量が
増えスタミナが増します。また筋肉も活性化して
パワーが生まれるのです。

よく卓球の福原 愛選手などは「さぁ~」と
声を出したり、テニス選手たちもサーブやスマッシュ
などの時に高々と声を出す場面が見られると思います。

また、身体の事だけでなく、精神的な場面でも
役に立ちます。

●戦いにおいて「自分は勝つ」という意思表示を
 相手や審判そして観客に気迫として表現できる

●自分が弱気になった時に強気に気持ちを切り替える

●自分がポイントを取られたあとに戦闘モードに
 切り替える

など、心身共に『声を出す』ことによって、
勝負に必要な要素が自分に養われます。
ですから、単純に気合いのためだけに『声を出す』
のではなく、『意味のある声』を理解して
『声を出す』ことが競技力向上につながります。

選手たちも先生たちも、『声を出す』本当の意味を
知ることできっと打ち込みや乱取りと同じように、
『声を出す練習』も必要に思ってくれると思います。

チャンピオンとは人より目立ちます。

ならば、普段から人より目立つ自分を表現して行く
ことも必要なことだと思いますよ。

これからの皆さんに参考となれば幸いです。

さぁ~
今日から元気いっぱい腹から声を出して、
『アドレナリン』全開で皆さん頑張って行きましょう!
いいね!した人  |  リブログ(0)

古賀稔彦さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み