2014-05-30 15:05:04

人生一直線『マルタ共和国からやって来た柔道家』

テーマ:近況
皆さん…こんにちは。

そろそろ新しい環境にも慣れてこられた頃かと
思います。これからも「自他共栄」の精神で
仲間たちと助け合いながら更なる前進に取り
組んで行きましょう。

さて、先日古賀塾へマルタ共和国(南イタリアから
海を挟んだ小さい共和国)から昨年にも来塾された、
グレーコ一家が今年も元気に来塾してくれました。

ご主人がイタリア人で、奥様が日本人の御夫婦です。
お子様に2歳の男の子。

なんと名前は「稔希(トシキ)」。

ご主人のアントニオさんが私の名前から一文字を
取って付けた名前です。アントニオも小さい頃から
柔道を習い、嬉しいことに私を憧れの柔道家として
思ってくれていたとのことでした。

昨年来塾してくれた時にはアントニオは怪我をして
おり、稽古は見学だけでしたが、今回は一緒に稽古が
出来ました。

アントニオの柔道衣姿や礼儀正しい振舞い、そして
柔道に対する真剣な目を見ていると我々よりも柔道に
対する情熱はすごいな、と思わされました。

それを感じた時にふと思ったことがありました。

外国柔道家の方々から見て、日本柔道の姿は
どんな風に見えているのかなと。

日本柔道家の皆さんもちょっと考えてみて下さい。
自分のまわりにいる柔道家や柔道環境・礼儀作法・
指導者の姿などどうでしょうか?

乱暴な言葉、体罰、ネット社会での匿名で他人への
妬みや陰口が柔道界にも当たり前のように蔓延して
いる状態の中で、私はアントニオの鋭い目を見た時に
全日本柔道であれ、町道場であれ…嘉納師範が目指さ
れた柔道のあるべき姿であることが我々日本人の
役目と責任だと思いました。

日本の柔道場の姿は「精力善用・自他共栄」の精神が
ひしひしと感じられる場所だ、と外国の方々はきっと
期待されているのだと思いました。

「井の中の蛙」では自分への甘さ、怠慢さが
生まれます。外の世界から見られることで自分
自身を改めることが出来る。また、自分自身が
海外での町道場を見て共に学ぶことで本来の
「柔道」を意識することが出来ることを学ばされました。

私はこれからの柔道人生設計の中に海外での
町道場訪問を組み込みました。
今から
「どこの国から行こうかな?」
なんて楽しみが出来ました。
また、稽古後にアントニオは私を憧れの人だと
塾生の前で話をしてくれました。

しかし、私はそんなアントニオから
「日本柔道とはなんぞや。」
そんなメッセージを頂いたように感じました。

我々日本柔道家は柔道が強い、弱い関係なく、
外国柔道家からいつまでも憧れる柔道家である
ことが本来のあるべき姿だと思いました。

その姿とは「精力善用・自他共栄」を実践して
いる姿ではないでしょうか?

強いだけで憧れられるのではない。
人に優しく、人の為に役に立てる人だからこそ
みんなが認める「素敵な柔道家」ではないでしょうか?

オリンピックの金メダルを手にすることはみんなが
みんなは難しいけど、「素敵な柔道家」 なら
みんながなれますよね。
私はマルタ共和国から来た柔道家に「学び」を
頂けたことに感謝します。

そして、グレーコ一家から私は夢も頂きました。

その夢は稔希が大きくなった時に、柔道が一緒に
出来るよう私自身の身体を鍛えておくことです。

まさに「一生精進」ですね。
明日からまた柔道頑張ります。

そして、また来年のグレーコ一家の来塾を楽しみに
お待ちしております。
いいね!した人  |  リブログ(0)

古賀稔彦さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース