五右衛門風呂

大好き人間集まれ!!



五右衛門風呂に関する質問・疑問どんどんお問い合わせ下さい。

管理人がお答えします。


分からない場合は、心強い味方  ”メーカーさん”  に聞いてきっと

お答えします(笑)



五右衛門風呂が欲しい人は下記会社HPへ!!


  古賀住建  http://www5a.biglobe.ne.jp/~koga-j/

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-29 20:03:18

建設現場に洋式トイレ義務化へと

テーマ:住宅業界の話

昨晩プロ野球パリーグで、日ハムが優勝した。

 

九州人としては、ソフトバンクに勝って欲しかったが致し方ない。

 

以前書いた様に、プロ野球はあまり見ないが、それでも大谷投手が打者との2刀流で頑張っている事ぐらいは知っていた。

 

昨日は、15奪三振。

ニュースで見たが、いやーすごいのなんの。

 

今シーズン、大谷投手が2刀流を始めた時、結構批判的な野球評論家も居たような気がする。

今頃はきっと頭を掻いているだろう(笑)

 

大谷投手はまだ22歳。

どこまで道を究めていくのだろうか?

 

よーーーし、今日はタイトルについて書こう。

 

昨日だったか、一昨日だったか、驚くべき記事を発見。

 

何と、国土交通省が、同省から土木工事を受注した建設業者に対し、水洗機能が付いた洋式の仮設トイレを作業現場に設置する事を義務付ける。

女性が働きやすい建設現場にするのがその目的という。

 

うーーーん、これを決定した役人さん、建設現場に足を運んだ事があるのだろうか?

 

各現場に、女性用と、男性用の2つの仮設トイレを置くなら良いだろう。

ただ、予算面、会社における女性作業員の割合などから考えても恐らく無理だろう。

 

すると、当然男女共用となる。

 

はっきり言う!

 

狭い仮設便所の中で、おっさんが小便しまくり、そのしずくが飛んだような便座に果たして女性が座りたがるだろうか?

 

和式の方が、直接便座に触れないのではるかに清潔だと言える。

 

 

実際、水洗化されたきれいな公共施設当たりでも、今でも和式便所の割合が多くはないだろうか?

 

あまりきれい好きとは言えない自分でも、公共施設で、和式と洋式が並んでいれば迷わず和式を選択する(笑)。

 

 

10月以降に入札手続きをする工事に適用されるみたい。

 

義務化された、その洋式トイレに座る前に、持参した便座除菌クリーナーで便座をきれいに拭く女性の姿が目に浮かぶ様である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-27 19:42:25

法事にて

テーマ:その他

横浜市の病院で、点滴に異物を混入し患者を殺害した事件。

 

最初殺害された患者と同じ部屋に居た別の80代の男性も中毒死していた事が判明し、連続殺人に発展する可能性が出て来た。

 

点滴に混入された界面活性剤は洗剤等に含まれる事は知っていたが、点滴に混入する事で人を殺めるとは当然知らなかった。

 

今後の捜査待ちだが、単純に考えて、犯人が医療従事者である可能性は高い気がする。

 

仮にそうであるとすれば、人の命を救うのが仕事なのに理由が何であれ、許される事ではない。

 

今後模倣犯が出ない事だけを切に願う。

 

 

よーーーし、今日はタイトルについて書こう。

 

今月は、親父の7回忌、義父の1周忌と法事が続いた。

 

親父の7回忌では大酔っ払いとなり、向こうで親父も怒っていたかも?何て思う(笑)

義父の1周忌は台風と重なり、移動できるものかと冷や冷やしたが、何とか台風が遅れてくれて無事済ませる事が出来た。

 

その義父の法要にて、お坊さんの最後の法話を聞いた。

「4人の妻」 という、初めて聞いたものだったが、非常に印象に残った。

 

昔、ある所に4人の妻を持つ男が居た。

 

・1人目の妻 : 本妻というか、1番好きな妻で、言う事は何でも聞いてあげ、大切に大切にしていた。

 

・2人目の妻 : 1人目ほどではないが、それなりにわがままも聞いて可愛がる妻。

 

・3人目の妻 :  2人目以下の待遇の妻。

 

・4人目の妻 : 真っ黒になって外で一生懸命働くのに見向きもしない妻。 

 

ある時、その男が旅に出る事になった。

1人で行くのは寂しいので、当然妻に一緒に行ってくれる様頼んだ。

 

すると、

 

・1人目の妻  : (あんなに可愛がっていたので当然一緒に行ってくれると思っていたら)

           

           「私は旅なんて行きたくないので一人でどうぞ。」

           とけんもほろろに断られた。

 

しかたがないので、2人目の妻に話をしたら、

 

・2人目の妻  :  「本妻が行かないのに、私が行ける訳がありません。」

           とこれまた、あっさりと断られ、

 

・3人目の妻  :  「1人目、2人目も行かないので私も行けませんが、せめて玄関までお見送りしましょう」

 

1~3人まで断られ、しようがないので、今まで見向きもしなかった、4人目に話をすると、

 

・4人目の妻  :  「そうですか。それなら喜んで私がお供しましょう。」

           そう言って、真っ黒な顔に白い歯を見せ笑ったその姿を見て、もっと大事にしておけば良かったと反省しきりの男だった。

 

 

実は、旅というのは、あの世への旅。

 

・1人目の妻  : これは自分の身体を表す。どこそこが痛いと言えば、すぐ病院に行って大事にする。

 

・2人目の妻 : 地位、名誉、お金

 

・3人目の妻 : 家族、親族

 

・4人目の妻 : 人はいつかは死ぬという事

 

と4人目の妻の所の話が聞き取り難かったのだが、ネットで調べたら 「自分の心」 みたいな解釈もあるみたい。

 

 

生きるとは?

生きている時に大事にすべきものとは? 

 

など、など、ちょっと考えさせられる、良い法話だった。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-24 19:02:36

使用していないソーラー(太陽熱温水器)の台風対策

テーマ:日々の仕事(ソーラー/施行例佐世保市)

経営再建中のシャープが、戴正呉(たい・せいご)社長に支払う役員報酬をゼロに決めたそうだ。

 

報酬に関し同じく、小池新東京都知事が、自分の報酬を下げると言えば、

「パフォーマンスだ」

「報酬が下がれば、優秀な人材が来ない」 等と批判する人が居る。

 

不思議でならない。

トップが自らに厳しい姿勢を取らなくて、果たして都職員がついてくるだろうか?

報酬何て、実績を上げて、戻せば良い。

 

戴社長の場合、鴻海からは報酬を得ており完全な無給ではないみたいだが、トップがこういう姿勢を示す事は良い事だと思う。

 

 

よーーし、今日はタイトルについて書こう。

 

先日、ソーラーの漏水修理に行った。

 

ソーラー用のパイプに穴が開いた事によ漏水だったが、ちょうど最近同様の事例を紹介したばかりなので割愛する。

 

 

そのソーラー修理の際、ちょうど大きな台風が来ていた。

このため、ソーラーを留めるためのステンレス製の針金等問題ないか合わせてチェックした。

 

通常ソーラーは満水にすると小さいものでも300kg程度の重量があるので、風に飛ばされる事はほぼない。

 

ただ、空のソーラーの場合はそうはいかない。

実際地元佐世保でも、台風時にソーラーが飛ばされたという話を聞いた事がある。

 

 

長年使用したソーラーの本体や、パネルから漏水し修理不能となった。

取り外すのにはそれなりの金額がかかるので、 「そのままで良いや。」 と放置している人も結構居たりする。

 

 

家に固定している、取付金具等も一生ものではないので、やはり使用しないなら下ろさないと危険だ。

 

止む無く一定の期間放置する場合でも、台風時にはたとえ少しずつ漏水しても、給水栓を開けソーラーを満水にする事!

 

これだけは、徹底して欲しい。

 

もし、飛んだソーラーが人に当たりでもしたら?

永遠に放置しようなんて考えている人がもし要たなら、是非想像してもらいたい。

 

 

佐世保市のソーラー(太陽熱温水器)販売施工なら古賀住建

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。