感激した

テーマ:

羽生選手、小平選手が待望の金メダルを獲得し俄然盛り上がる平昌オリンピック。

 

その陰で、あまり目立たなかった気がするが、中学生棋士の藤井聡太さんがまたやってくれた。

第11回朝日杯将棋オープン戦にて優勝し、中学生初の6段に昇格した。

 

準決勝では、あの永世七冠の羽生竜王も破っている。

その羽生竜王に、 「自分の中学時代とレベルが違う 」とまで言わしめるとは・・・・。

 

一体どれだけ強いんだろう?

 

でも、将棋界での世代交代を強烈に印象付けた事だけは間違いないようだ。

 

 

よーーーし、今日はタイトルについて書こう。

 

突然だが、先週2/13誕生日を迎え、53歳となった。

 

”一つ年上の女房は、金のわらじを履いてでも探せ”

(金のわらじ)、昔はきんのわらじと思っていたのだが、実はかねのわらじが正しいよう。

 

実は家の家内も自分と同じ2/13生まれ。おまけに一つ上。

珍しいと思うが、正真正銘の一つ年上の姉さん女房だったりする。

 

世の旦那諸氏が奥さんの誕生日を忘れて叱られるなんて事もあるかもしれないが、自分の場合は忘れようがないという点は良い。

 

そんな我々夫婦であるが、ホテル勤務の長女(21歳)が先週末食事をご馳走してくれた。

 

初めての事だったが、親としてはやはり嬉しく、土曜日の夜、次女も含めた家族四人で佐世保駅近くのビルの中にある料理店に行った。

 

ここ何年も箸しか使った記憶しかないが、いわゆる、ナイフとフォークで食事をするおしゃれなお店。

 

長女も同僚に聞いて初めて行ったそうなのだが、まず、おしな書きが嬉しい。

 

 

ちゃんと名前付き。

わざわざ、家の家族のために作ってあるのだ。

 

最初は慣れない、フォーク&ナイフにちょっと戸惑ったものの、ビールを飲み、グラスワインを飲みだすと、調子が出て来た。

 

出てくるメニューも皆おいしく、結局グラスワイン4杯ほど飲み、すーっかり良い気分で楽しく家族と話していた。

 

すると、突然お店のシェフと奥さん?と思われる人物が、

 

「今日はお誕生日の方がいらっしゃいます!」 とのアナウンス。

 

回りには、2組ほどのグループで来ているご婦人のお客さんが居て、

 

「どの人だろう?」 何て思っていたら、何と、我々夫婦の所にロウソクを立てたデザートを運んでくるではないか!

 

まさにサーーープライズ!!

 

 

 

生まれて53年と54年。夫婦ともこんなサプライズは初めて。

回りのお客さんからも、祝福の拍手も受け、本当に感激した。

 

誕生日は店の人に伝えてはいたらしいが、このサプライズは、長女も全く知らなかったらしい。

 

飴細工できれいにあしらわれた、デザートをおいしく頂き、お腹も、心もいっぱいになり楽しい食事会は終了。

 

シェフにお礼を言い、店を後にした。

 

帰りのエレベーターの中で、

 

 自分 : 「1年に1度くらいは、おしゃれに食事ができる良い店ができた。」 というと、

 

 次女 : 「お店たぶん閉まるんじゃないかな?」

 

次女は、来店時に気付いたそうなのだが、エレベーター内には、2月いっぱいで閉店するという張り紙がしっかり貼ってあった。

これにはショック。

 

おまけに、まだ外に常連さん風のご婦人がちょうど居たので聞いてみたら、移転とかではなく完全閉店との話だった。

 

がびーーーーーん。

これには、残念でならなかった。

 

が、最後の最後で素敵な出会いができた。

 

 

インターナショナルCafe 様

 

素晴らしい誕生祝いになりました。

良い思い出をありがとうございました!!

 

 

 

 

 

AD

アメリカのフロリダ州にある高校で銃乱射事件があり、少なくとも17人が死亡するという悲しい事件が起こった。

 

犯人はその高校の元生徒19歳で、警報機を鳴らして生徒を室外におびき出した後に犯行に及んだとされ、卑劣極まりない。

 

何度同様の事件が起ころうと、決して銃規制をする事のない国アメリカ。

普通に生活する上では、決して銃など見る事もない日本は、そういう面ではやはり良い国だと思う。

 

 

同じ高校生の子供を持つ親として、悲しすぎる事件である。

 

 

よーーーし、今日はタイトルについて書こう。

 

簡易水洗便器、洗面台、混合水栓他色々とお世話になっているD様。

今度は、新築当時から設置してある、居間のレバーハンドルが不調となり、交換依頼があった。

 

・室内用レバーハンドル(交換前)

 

 

室外側より、アップで。

 

 

同じく、室内側よりアップで。

 

・室内用レバーハンドル(交換後)

 

このレバーハンドルともういかっ所1カ所の計2カ所を交換。

 

事前に現場確認し、自分が寸法等計測し工事の方はサッシ屋さんに依頼した。

 

というのも、もう7~8年前だったろうか、ドアノブの交換で形が古かったためか自分で交換していたがうまくいかず痛い目にあった事がある。

 

その際は確か、大工さんに泣きついて取り付けてもらったっけ(笑)

 

弊社としては、ドアノブ交換等の仕事は少ないので、その後は念のため本業さんにお願いしている。

 

 

工事終了後はD様の奥様に、

「小さい工事なのに、すみませんねー。」 と言いながら喜んで頂けた。

 

いやいや奥様、弊社はそれこそ、ミジンコみたいな小さな会社です。

でも、小さいからこそ小回り効きます。

先日も、高齢の奥様からの依頼で、電球も交換しました(笑)。

 

些細な事でも、遠慮なくご相談くださーーーーーーい。

 

 

AD

頻尿が1分で治るツボ

テーマ:

今朝出勤しようとしていると、女子ジャンプ高梨沙羅選手の銅メダル獲得の様子が放送されていた。

 

二度目の五輪で悲願のメダル獲得。

仲間と抱き合い、喜びを分かちあう様子は微笑ましかった。

 

インタビューでは、メダルの色にやっぱり少し残念な様子だったが・・・・

 

自分の期待する、平野歩夢選手。

男子ハーフパイプ予選では余力を残し決勝に進んだみたい。

 

うーーーん、期待が膨らむなーーー

 

 

よーーーし、今日は久々に健康ネタについて書こう。

 

突然だが、自分は頻尿気味というか、たぶん思い切り頻尿なんだと思う(笑)

 

50代でもあるし、

”年を取るとおしっこが近くなるのはしようがない” 何て話も聞かないではない。

 

しかーーーし、はっきり言って、20代の頃から夜中には必ずトイレに行っていたので、体質的なものもあるのかもしれない?

 

でも、数年前だったか、前日飲んではいたが、夜中5~6回もトイレに起きたのには嫌気が指し、家族とのドライブ時に ”ノコギリヤシ” をドラックストアーで衝動買いした。

 

が、自分には、その商品は、なーーーーーにも、マーーーーったく効果なかった。

 

すっかり前置きが長くなったが、先週テレビの番組欄に、

「頻尿が1分で治る」 みたいなタイトルを発見。

 

即、録画した。

 

なかなか見る暇がなく、つい数日前遂に視聴した。

 

ビートたけしが出ている番組だったのだが、足首近くのツボを押せば頻尿が直るといる内容。

実際、被験者の50代の女性は1週間で、驚くほどの結果が出ていた。

 

 

”何事も自分で試してみないと気が済まない性格”

 

早速試してみる事にした。

 

誠に汚い足で恐縮なのだが・・・・・・・

 

 

やり方は簡単。

 

左右両足くるぶしから指4本上の、骨の内側 (白い〇部分) のツボを朝昼晩の3回強めに1分間、1週間ほど押すだけで良いのだ。

 

何でも、尿意と関係する神経が足までつながっているらしく、ここを刺激する事で頻尿の改善に効果があるそう。

 

今自分が、3日目。

 

1日目、本当に劇的に昼間回数が減り、夜も2回起きたが、1回しかトイレに行かなかった。

 

2~3日目、 1日目ほどの効果はなくなった? (慣れた?) 。

 

 

まだ、数日なので今後は不明だが、少なくとも自分的にはかつてのノコギリヤシよりはるかに良さそう。

 

継続して、その後の効果を報告したい(笑)

 

 

 

AD