ギタリスト 小暮浩史の「フランス アラサー日記」

クラシックギタリスト小暮浩史の日々の出来事や、演奏活動、ギターに関する話題などを、自由気ままに綴っていこうと思います。 

『芸術はきれいであってはいけない。上手くあってはいけない。心地よくあってはいけない。』(岡本太郎著/自分の中に毒を持て)


テーマ:
こんにちはー。久しぶりの、本当に久しぶりのブログ更新です!!
早いもので、フランスに移住してから2年目が修了してしまいました。時の流れは早いですねあせる 最近もどっぷりギター漬けの充実した日々を過ごしていますパンダ

こちらヨーロッパは夏真っ盛り晴れと言いたいところですが、今年はまだ暑い日が何日かしかなく、朝晩は20度前後と過ごしやすい日が続いています。夏よ、早く来い―波


さて、8月に一時帰国をして以下の日程でコンサートをさせて頂きます。
プログラムも去年の夏とは心機一転、新しくしてみました目
皆様と各地でお会いできることを楽しみにしております音譜


2016年8月5日(金)(東京)


「小暮浩史ギターリサイタル~ギターでみる真夏の夜の夢~」
開演19:00 (開場18:30)
会場:東京オペラシティ内 近江楽堂 
チケット:一般3000円 学生2000円 小学生500円(当日は500円増)
チケットお問い合わせ先(全席自由)
ギターショップアウラTEL 03-3876-7207
GGショップ TEL 03-3530-5342
ギターショップカリス TEL 03-6459-3070
メディアカーム TEL 03-3255-5281
また小暮浩史の公式HP(http://hiroshi-kogure.com/)問い合わせフォームからもご購入できます。
※メールでお申し込みの際は必ず氏名、予約枚数、ご連絡先をご記入いただきますようお願い申し上げます。


2016年8月7日(日)(茨城 ひたちなか)
アコースティックライフ様にてゲスト演奏 

2016年8月10日(水)(長野)
須坂市文化振興事業団様にて「メセナの風」に出演 
会場:旧小田切家住宅

2016年8月11日(木・祝)(東京)
小暮浩史&藤元高輝ジョイントコンサート
開演16:00 入場無料
ギターショップカリス HP http://www.charis-guitar.com/items/Events/

2016年8月13日(土)(千葉)
小暮浩史ギターリサイタルin 千葉
開演14:00(開場13:45)
千葉市美浜文化ホール 音楽ホール 
チケット:一般2000円 学生300円(当日券は一般2500円 学生500円)
お問い合わせ http://eplus.jp/sys/T1U14P0010175P0108P002193993P006001P0030001?_ga=1.90789342.515725518.1421060929


2016年8月19、20日(金、土)
『森の中の音楽会~古民家で過ごす癒しのひととき~』
・8/19 Start19:00 (open18:30)
・8/20 Start14:00 (open13:30)
出演:舩津美雪(オーボエ)、小暮浩史(クラシックギター)
会場:森本家 屋外特設会場(徳島 勝浦郡)
チケット:大人1000円 小人(中学生以下)500円
チケットお問い合わせ先:ふれあいの里さかもと Tel:0885-44-2110 / Fax:0885-44-2112

2016年8月21日(日)(群馬県 太田市)
「小暮浩史 クラシックギターリサイタル」
会場:シャングリラ・モティ 
開場:15:00~
開演:15:30~
お食事提供時間:17:30~(*小暮氏もご来場の皆様と一緒にお食事されます、是非ギター談義をお楽しみ下さい)
チケット ¥5000(お食事付/お飲物別)
*チケットご購入の方、次にご予約の方から順に前列より指定席となります。
お問い合わせ先 シャングリラモティHP http://shangrila-moti.com/news.html

2016年8月27日(土)(愛知 名古屋)
名古屋ギターフェスティバルにて演奏 http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1621552&rlsCd=001

2016年8月28日(日)(横浜)
JGAギター音楽祭にてゲスト演奏http://www.jsgec.net/
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ぼんじゅーる、小暮ですフランス

更新お久しぶりですが、何とか元気に生活しています。早いものでフランスに来てから1年が経ちました!!びっくり
とは言っても、コンサートやコンクールでちょくちょく帰国しているので、実際の滞在歴は8ヶ月目ほどでしょうか。

こちらは今月の頭から本格的な冬という気候です雪だるま コートが手放せません。今で最高気温は13℃前後でしょうか。日中でも霧の出ている日もあり、東京のカラッとした冬とは雰囲気が違いますね。


霧の日の大聖堂。まるで雲の中です。


さて、先月私も27才になったので、アラサーに突入となりました滝汗
アラサーって25歳から34歳まで四捨五入してアラサーだと思っていたのですが、厳密には27歳からというのが定説だそうです。

それに従い、ブログのタイトルもポップにしてみました。
いわゆるイメチェンですうずまき
自分でもそのうち慣れるでしょう。

フランス生活でのポップな話題をポップに綴れれば良いのですが、なにぶん筆不精なもので…。
そのうち元に戻すかも知れませんが、新生ブログにまたしばしお付き合いくださいませm(__)m

さて、来月の末にはまた日本に戻ります。毎年の挑戦である東京国際ギターコンクールへの参加のためです音符
今年も国内はもちろん、ヨーロッパからも素晴らしいギタリスト達が参加するので、精一杯頑張ります炎

そのために最近は毎日必死になって練習しています。今はバカンスで学校の授業もないので、昼から夜までこもってみっちりできます。人生において今が1番ギターを弾く時間があるはず。悔いのないように演奏したいです。




意味はないのですが、自分を励ますために、夏に日本で食べた寿司の写真を載せておきます寿司
早くまた日本で美味しいものが食べたい!!

それでは、小暮浩史の「フランスアラサー日記」をこれからどうぞよろしくお願いしますm(__)mペコリ

Salut!!!!猿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは三日月
やっと夏到来ですね晴れ 蒸し暑いにゃー

さて、昨日は千葉県木更津市にある、木更津ビューホテル(旧八宝苑)にて、石丸陸さんと「恋の森スペシャルディナーコンサート」に出演させていただきました。
お客様にはフルコースのディナーを楽しんでいただいた後に、音楽を聴きながら寛いでいただくといった企画でした。

会場に入ると満席のお客様に迎えられて、リラックスした雰囲気で演奏させていただくことが出来ました音譜

残念ながら演奏中の写真がないので、トーク中の写真を・・・。
(プライバシー保護のため一部加工を入れています。)


ちなみにこの写真は、全身を使ってフランスのスーパーのワイン売り場の広さを表現しているところです(笑)ワイン

≪プログラム≫
・ジョンゴ         /P.ベリナティ
・主よ、人の望みの喜びよ  /J.S.バッハ
・小さな空         /武満徹
・イエスタディ       /ビートルズ
・禁じられた遊び
・川の流れのように         /美空ひばり
・人生のメリーゴーランド      /久石譲
・ニューシネマパラダイスメドレー  /E.モリコーネ
・紫陽花          /リ・サフォン

―アンコール―
・リベルタンゴ       /A.ピアソラ


石丸さんとのデュオは今回で二度目でしたが、前回よりも深くお互いを知ることが出来て、いいアンサンブルが出来たと思います。なにより楽しかったー!!
本番の後は、そのまま日本食をご馳走になりました。久しぶりのウニが身体に浸みました叫び

わざわざ応援に駆け付けてくれたストラスブール音楽院の友人(声楽家)と。



ご来場いただいたお客様、ホテルのスタッフの皆様、企画をいただいた関係者の皆様にはこの場を借りて御礼申し上げます。
ありがとうございました音譜

さて、今週金曜と土曜は沖縄でのリサイタルです。
フランスで勉強していた曲を中心にソロコンサートをさせて頂きます(*´▽`*)
どうか、台風よ来ないでくれ!!!雷

頑張ります!!
ではでは、Salut!ヘ(゚∀゚*)ノ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます晴れ
昨日、ストラスブールより一時帰国しました飛行機

こちらは比較的涼しいですね、でも湿気の量が違います。
どちらの夏が良いかって言われたら・・・、うーんシラー
とにかく、暑いのは得意じゃありません!!!( ゚Д゚)
まだ絶賛時差ぼけ中ですが、今週末から早速本番が入っているので、気合入れて頑張りますよ!!

さて、先月末にストラスブール近郊のゲルストハイムという町の教会でコンサートをさせていただいたので、今回はそのことを綴ってみようと思います。

この企画は、私と入れ替わりでストラスブールから帰国されたフルーティストの若林かをりさんからお話をいただいて、今回実現しました。
コンサート自体は、企画して頂いたアソシエーション(精神病の患者さんたちへの基金)が募金を募るもので、この教会のステンドグラスの製作を担当されたアーティストのSylvie Landerさんのプレゼンテーションの後に私たちの音楽を聴いていただき、私も活動のお手伝いをさせていただく形になりました。

デュオ曲目はフルートとギターの定番曲である、イベールの間奏曲、ピアソラのタンゴの歴史などなど。
個人的にもフルートと演奏させていただく機会は初めてでしたが、リハーサルもがっつりと時間を取れて出来たので、本番はとても楽しい時間でした音譜





≪プログラム≫
若林千春        玉響..momentariness 9
C.ドビュッシー    Syrinx (フルートソロ)
J.S.バッハ     Preude BWV.998 (ギターソロ)
C.P.E.バッハ    フルートソロのための組曲 a-moll (フルートソロ)

C.P.E. バッハ     ハンブルガーソナタ
J.イベール    間奏曲
A.ピアソラ    タンゴの歴史
            -Bordel-1900
             -Café-1930
             -Nigthclub-1960
             -Concert d'aujourd'hui

 (アンコール) 
グノー  アヴェ・マリア

演奏が終わるとまさかのスタンディングオベーション叫び
そんなわけで、再アンコールには今回私が大好きになった「ハンブルガーソナタ」をもう一度演奏させていただきました。
音楽を通じて皆さんと一緒になることができ、本当に幸せなひと時でしたクラッカー
アソシエーションの募金も1000ユーロを超えて集まったそうで、
自分の大好きなギターを通じて、少しでも社会貢献が出来たかと思うと本当に嬉しいですにゃー

ちなみに教会の前にはお馬さんがいました。なんてのどかなんだー(*´ω`*)



コンサート後、日を改めて関係者の皆さんとアルザスの北の街まで遠足!!!?させてもらいました。
日差しで焼けるほど暑かったけど、楽しかったー音譜

岩の形をそのまま生かした中世のお城「フレッケンシュタイン城」(今は遺跡みたいになっちゃってます。)


ヴィッサンブールの街並




アルザスの街は、メルヘンチックで超カワイイのですラブラブ
一枚目の写真の一番手前の家の屋根が有名らしい・・・。目

そんなわけで一度リフレッシュしたので、今日からは夏の日本での演奏活動に気合を入れていきますよグー
新しいプログラムにも挑戦して、良い演奏が出来るように頑張ります目
今後の演奏予定はコチラ!!
皆様にコンサートでお会いできますことを楽しみにしています!!

Salut!!!パンダ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
暑い、熱い、アツイ!!!!!晴れ

ストラスブールにも本格的な夏がやってまいりました。
先ほど通りかかった薬局の温度計には、なんと41℃との表示が・・・。
日本よりもさらに日差しが強いので、体力を奪われますorz....


さて、今年の夏は日本に一時帰国していくつかコンサートをさせていただくことになっています。
まだ詳細が分かっていないものもありますが、こちらに情報を載せておきたいと思います。
お近くの方は是非ぜひご来場ください。
皆様と日本でお会いできることを楽しみにしております音譜

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2015年7月12日
小暮浩史&石丸陸Duo
恋の森スペシャルディナーコンサート

受付:17時30分より
   ディナータイム18時~
   ショータイム19時~20時
場所:木更津ビューホテル(旧八宝苑)
料金:7000円(税別)
   旬を楽しむフルコースディナー
   ソフトドリンクフリー付き 

お問い合わせ・お申し込み
★ロイヤルヒルズ木更津ビューホテル
http://www.kisarazuview.co.jp/
Tel. 0438-23-0211
fax. 0438-25-0122

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2015年7月17日(金)
小暮浩史ギターコンサート
場所:食堂「ギターラ」(沖縄 那覇市)
時間:未定
料金:1000円+別途ワンドリンク
お問い合わせ: ギターラ 090-5205-3673

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2015年7月18日(土)
小暮浩史ギターライブ
場所:ライブハウス アンダルシア(沖縄 那覇市)
時間:20:00~
料金:2000円+別途ワンドリンク
お問い合わせ:ライブハウスアンダルシア 098-867-8177

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2015年7月26日(日)
アコラ様の「Giverny salon」にて ゲスト演奏(茨城県 ひたちなか市)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2015年8月1日(土)
ギターコンクール優勝者の競演!Vol.10~小暮浩史&菅沼聖隆~
出演:小暮浩史、菅沼聖隆、ほか
場所:ティアラこうとう小ホール(東京 江東区)
時間:19:00開演 (18:30開場)
料金:
 全席自由(一般):¥2,000
 全席自由(小・中学生):¥300

チケットはこちらよりお求めになれます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2015年8月21日(金)
小暮浩史ギターリサイタル
場所:アイリスカフェ(大阪 守口市)
時間:19:00開演 (18:30開場)
料金:2500円 (当日3000円)(予約制1ドリンク付)

ご予約申込:大阪ギタースクール TEL&FAX 06-6992-3804
      masami@osaka-gs.info http://osaka-gs.info

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2015年8月22日(土)
小暮浩史ギターリサイタル
場所:サロンベガムジーク(大阪 豊能郡)
料金:3000円 (ソフトドリンク、焼き菓子を含む)
時間:午後未定

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2015年8月23日(日)
小暮浩史ギターリサイタルin KOBE
場所:シエロギターサロン (ヤマサキギター音楽院内) (兵庫 神戸市)
時間:14:00開演
料金:2800円(前売り2500円)限定40席販売
ご予約申込:ヤマサキギター音楽院 078-351-1858
      mail@yamasaki-guitar.com

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2015年8月25日(火)
小暮浩史ギターライブ
場所:グラナダ (大阪 梅田)
時間:未定
料金:未定

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2015年8月26日(水)
小暮浩史ギターライブ
場所:グラナダ (大阪 梅田)
時間:未定
料金:未定

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ぼんじゅーる、小暮です。
今日から6月ですね。日本は梅雨の季節でしょうか
こちらはやっと暖かい日が続くようになり、まさにヨーロッパの夏
とても過ごしやすい日が続いています

さて先月の後半に2週間ほどドイツに滞在しておりました。
今回の目的は2つ。
①ハインスベルク国際コンクールを見る&デュオメリスのコンサートを聴く
②コブレンツ国際ギターフェスティバルに参加&コンクールを受ける

せっかくの機会なので、今回はしっかり滞在記を綴ろうと思います。
少し長くなりますがお付き合いのほどを・・・。

ハインスベルク国際ギターコンクールは2年に一度行われ、世界でも最難関のコンクールの一つ。
コブレンツ国際ギターフェスティバルは毎年開催され、世界の名高い一流ギタリスト達が毎晩熱演を繰り広げる、ギターファン垂涎の大イベント。
この二つのフェスティバル、実は日程も近く同じドイツで行われるということもあり、今回の私のようにハシゴをする人も多いようです。

さて、まずはストラスブールから電車を乗り換え約5時間、ドイツの西側ベルギー、オランダとの国境沿いにある町ハインスベルクへ。アーヘンから乗り換えて向かう電車はなんと単線 (往復路で同じ線路を使う電車。)

期待の通りの素晴らしい「田舎町」。自然が多くてのんびりしていい街です。


こちらは会場(ギターの像がカッコいい

一週間弱に渡って開催されていますが、私が訪れたのはデュオメリスのコンサートと最終日のコンクール本選の2日間のみでした。

デュオメリスの演奏は素晴らしいの一言です。詩的ワルツ集やボグダノビッチのソナタファンタジアなど。息の合った演奏に終始感動しました。 良い先生につけて良かった
そして、コンクールのファイナル。出場者はこちら。



日本からは松田弦さんが本選に残りました。
結果は以下の通り。
1位 Pavel Kukhta
2位 Armen Doneyan  
3位 Mircea-Stefan Gogoncea
聴衆賞 Mircea-Stefan Gogoncea  
若手審査員賞: Gen Matsuda

本選は全員聴きましたが、このコンクールでは清潔な音楽をした方が得点には有利に働くのでは、という印象を受けました。個人的に松田弦さんはプログラムも要求に沿ってまとまりがあり、内容的にもかなり良い演奏をしていたと思います。しかしながら点数が入らなかったのは技術的なミスに起因するものなのかなと。
1位のパヴェルさんはヴェニスの謝肉祭はダイナミックな表現で良かったのですが、後半のブローウェルになると少し端正すぎるぎこちない印象が残りました。それでも演奏はノーミスで非の打ちどころがありませんでした。
また3位のゴゴンチェアさんは独特の歌いまわしの詩的ワルツ集から始まり、評価は分かれるところですが、全曲を通して彼の内から出てくる音楽を余すところなく見せて(魅せて)いました。最後のパガニーニのカプリースでは高速スケールを完璧に弾きこなし、終わった直後聴衆からはスタンディングで「ブラボー」が飛び交っていました。しかし結果は3位。
この辺りが海外のコンクールの難しさですね。技術的にはノーミスで当たり前、それにプラスして自分の良さが出せるプログラム上手くまとめ上げ、初めて土俵に上がれるのだと思います。 世界のトップレベルのコンクールを肌で感じることができ、とてもいい経験でした。
私も次回挑戦してみようと思います。2年後か。。。

そして、ハインスベルクを後にしてコブレンツへ。 こちらは2011、2012年と過去二回参加したことのあるフェスティバルですが、今年のゲストも豪華で、バルエコ、ラッセル、セルシェル、デュキッチ、ペロワ、デジデリオ、ディラ、、、、そしてまだまだたくさんの最強ギタリストたちが集まっていました。毎日昼と夜の2回この人たちの演奏が聴けるなんて・・・。まさに夢のような時間です。
個人的にはセルシェルのコンサートが本当に感動しました  一音一音まで行き届いた演奏、まさに誰のためでもない美しい音楽がただそこにあるだけの究極の状態、とでもいうのでしょうか。 バッハの組曲の中から抜粋や、ヴァイス、アンコールではビートルズまで演奏していましたが、会場中が彼が紡ぎ出す音に身を委ね、天から降ってくる音に至福を感じている、そんな空間でした。あー、また聞きたい

参加者はマスタークラスも受けられるのですが、運よく私はセルシェル様 に習うことが出来ました。


曲はバッハのBWV998のプレリュード
調によって性格が違うことを意識して演奏するように指導してもらいました。
お人柄もジェントルマンでとてもいい方でした。このお人柄があってこその、きめ細やかな演奏なんですね。一瞬でファンになりました

同時に開催されたコンクールにも出場してきましたが、残念ながら私は2次予選敗退。
本選の出場者はこちら。

日本からは我らが藤元高輝くんが出場。
シャコンヌ、ソナタジョコーサ、ヘンツェの王宮の冬の音楽を熱演しました。
結果はこちら。
1位 リン・ジュー
2位 ジンセイ・キム
3位 キャンベル・ダイアモンド

1位のリンさんはハインスベルクでも本選に残っていた方、2位のキムさんも2次予選ではロドリーゴの「かつて音に聞こえしイタリカ」をズババババッと快演していました。3位のキャンベルくんは2013年に東京国際コンクールで一緒になりましたね。久しぶりの再会でしたが、勉強の場をドイツに移して今はフーバート・ケッペルさんに習っているようです。(ちなみに本選は事情により聴けませんでした・・・・orz)

次回は私も本選に残れるように頑張ります

次の日はラーメンを食べるために一度デュッセルドルフに移動して、そのままバスでストラスブールに帰国。だって、ストラスブールにはラーメンがないんです。日本の美味しいラーメンが・・・。
これぞ旅のラーメン終止。



そして無事に帰還いたしました
フランスに居を構えてから初の外国遠征でしたが、こういったフェスティバルに気軽に参加できるのというのは本当に恵まれた環境だと思います。
飛行機に乗る手間もなく、ちょこっと「国内旅行」の感覚で、外国の素晴らしいギタリストたちを見たり聴けたりする。日本にいた時よりも世界の若手ギタリストを身近に感じるようになりました。
そしてその中に自分も身を置き、なんとか彼らに追いつくために研鑽を積んでいければと考えています。

さて今月末にはストラスブール近郊でフルーティストの方とコンサート。
タンゴの歴史や、イベールなどの有名プログラムを演奏する予定です。
そして、7月8月の日本での演奏会のためにプログラムを総入れ替え、やることが山のようにあります・・・・
ひとつひとつ丁寧に頑張ります
それでは、また。
À tout à l'heure !!!

※おまけ(一緒の部屋だった岡本拓也くんと藤元高輝くんと部屋のバルコニーにて)
(*´▽`*)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ぼんじゅーる、小暮です。
「ほんじゅーる」で始めましたが、まだまだフランス語は話せません・・・。
読むことはある程度は慣れてきたのですが、話してる言葉が聞き取れない汗
こればっかりは日々の訓練ですので(音楽と一緒!!)くじけずに頑張りたいと思います\(*`∧´)/

さて、この町のことや生活などを徒然なるままに書いてみたいと思います。

ストラスブールですが、ここら辺にある街です。


この町は歴史的にドイツとフランスの間で領有権が争われたことで有名だそうです。
17世紀、フランス王ルイ14世の膨張政策が自然国境論のもとこの地域に触手を伸ばし、三十年戦争でドイツ圏のエルザス・ロートリンゲン地方(アルザス=ロレーヌ地方)を獲得すると、1697年に大同盟戦争の講和条約であるレイスウェイク条約によりフランス王国の領域に入り、シュトラースブルクはフランス語風にストラスブールと呼ばれるようになる。しかし、普仏戦争でプロイセンが勝利すると、アルザス=ロレーヌ地方はドイツ帝国領に復帰。その後、第一次世界大戦でフランスが勝利すると1919年に同地域は再びフランス領となる。第二次世界大戦でも独仏戦の戦火にあい、1940年にドイツが自国領とするが、1944年に連合国が奪還している。(Wikipediaより)

日本に住んでいる私たちは「明日からドイツ語が公用語になります。」とかって言われても無理ですよね・・・。 
そんな歴史を目の当たりにしてきた故に、この町はその後「ヨーロッパの歴史を象徴する都市」として、欧州議会の会議場が擁されたり、ヨーロッパ圏の主要な国際機関が置かれているようです。中心街はライン川の支流であるイル川に囲まれていて中洲のようになっており、ここはユネスコの世界遺産にも登録されているようです。

あんまり良い写真が撮れていないのですが、こちらに来て間もないころに散策した時の写真をいくつか。
町を流れるイル川近辺


ストラスブール中央駅



こちらは大聖堂。


こんな感じです。いかにもヨーロッパっていう感じです。天気が微妙ですが・・・。
アルザス地方は木組みの家が多いらしく、その古き良き街並みが保存されている「プティットフランス」がこれ。


相変わらず下手なカメラワークですが、なんとなく雰囲気伝わるでしょうか。

それほど大きい町ではないのですが、その分いろんな機能が中心部に集まっており、とても暮らしやすいです。
街中にはトラムとよばれる路面電車やバスが整備されているので、市内の移動はほどんど不便しません。それでも人口はフランスの都市で第7番目のようなので、都市的な機能と閑静な住宅街がちょうどいいバランスになっていますね。
私の住んでいる家の近辺は10時以降になるとあまり出歩く人もいないので、都内の騒がしい生活に慣れている私にとっては、静かすぎて少し怖いくらいです汗

そして、こちらへ来て人生初の一人暮らしなので自炊も頑張っていますパンダ
家の近所や学校の前にスーパーがあるので、買い出しに行ってはクックパッドを見ながら「男の料理」を見よう見まねで作っています。  まだまだ旨いもんは作れませんが、帰るころには人様にも食べてもらえるような料理を作りたいと思います。でもどちらかというと料理より酒のつまみを研究したい年頃ですが(笑)

お酒の話といえば、フランスでは酒がめちゃくちゃ安いです。スーパーに行くとビール500ミリの缶が大体1ユーロ前後で買えます。日本の半額くらいの感覚でしょうか。ワインも3~5ユーロでかなりの種類が選べます。10ユーロも出せば、そこそこ上等な味のものが飲めます。 
なにより種類が多すぎて選べません・・・。ワイン売り場に行くとテンションが上がってしょうがないですΣ(=°ω°=;ノ)ノ

とまあこんな感じでなんとか生活しております。
今後も音楽院のこととかレッスンの内容とかぼちぼち更新していきますね。
今日は日本から帰ってきたメリスの久しぶりのレッスンだったのですが、アレクシスがいつもの倍くらいのテンションで「日本は良い国だったぜ!!」「寿司も刺身も最高だよ!!」と終始笑顔で言っていました晴れ きっと素晴らしい日本滞在だったのでしょう!(*´▽`*)
また日本に来てくれるといいですねわんわん

では、ぶぉなのって!!!(イタリア語!!!?汗)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
寒い日が続きますがみなさんいかがお過ごしでしょう。目
私が今住んでいる町、フランスのストラスブールも日によってはかなり寒くなります雪
ヨーロッパの冬というのは人生で初めて体験しましたが、こちらは東京の冬と違い曇天の日が多い気がします。昼でも日光がなかなか差さないんですね・・・。 
東京の冬って雲一つない日も多いじゃないですか晴れ
そうそう、あれがあんまりないんですよねガーン
太陽が出ないので昼間でもあまりテンションも上がらず・・・ぐぅぐぅ  最近はだいぶ日も長くなりましたが、少し前は「暗黒」でした(笑)
ギタリストって寒さに弱いから大変です。寒いと指先が動かなくなってギターの張りもいつもよりキツく感じますよね。

さて、最近はもっぱら自習の毎日です。
なぜか。ってそれは音楽院の先生であるデュオ・メリスさんは今日本でツアーの最中だからですよ! 東京では14日(明日ですね!!)に公演があり、すでにチケットは完売とのことです。
私も見に行きたかったorz
素晴らしいコンサートになること間違いないので、行かれる方はどうぞ楽しみにしていてくださいね!!

そんなわけでギターのレッスンもなく、このところ一日中時間のある日が多いです(~_~;)
でも逆にこういう時間を有効に使って、今は譜読みをメインに据えて練習しています。
勉強しなければいけない曲は山ほどあるので、一つ一つ丁寧に仕上げていきたいと思っています。
最近フォーカスを当てているのは「ギターソナタ」です。 作曲家ではテデスコ、トゥリーナ、ホセ、ヒナステラ、ポンセ、ロドリーゴ、ブローウェルなどが有名ですが、実は今まであまりソナタ作品には触れてきていなかったので、この機会にいろいろ弾いてしまおう!と。
コンサートで演奏したいのはもちろんですが、コンクールでも使えるので今のうちに手の内に入れておかなければいけませんね。

今年の計画を徐々に立て始めましたが、こちらにはフェスティバルやコンクールがたくさんあります音譜
フランス国内はもちろん、ここはドイツにもすぐ行けるので(バスで10分!!!)、選択肢がたくさんあります。
日本にいた時はヨーロッパのフェスティバル参加するためにまず日程の計画を立てて、飛行機をとって、宿をとって、電車の時間を調べて・・・etc など入念準備をして、時間もお金もかけていかなければなりませんでした。
ところが今はそれと比べ物にならないほど行こうと決心するのが簡単です(笑) 
なんていったって地ベタで繋がっているんですから、電車とバスという選択肢も増えますしね。
ユーロ圏は鉄道でどこにでも行けます(*‘∀‘)

夏の間は日本に戻って、演奏活動もさせていただきますよ!!
各地も回ります。詳細は追ってご案内しますひらめき電球

今後の近況については、この廃ブログと化したこちらを通してご報告していければと思っていますメガネ
気まぐれで訪れて頂ければ嬉しいですパンダ

それでは!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは。小暮浩史です。

このブログ、もうだいぶ長いこと更新していませんでした
最後の更新がなんと4月!!!
ホコリかぶり放題、雑草生え放題になってしまいましたが、気が向いたので何とか更新してみようと思いますドクロ

ここまで間が空くと書きたいことだらけなのですが、
まずは今年を通して一番の変化について書きたいと思います。

ご報告が遅くなりましたが、今年の10月からフランス、ストラスブールという町の音楽院に入学が決定して、正式に留学という形で勉強することになりました!!  ストラスブール音楽院のギター科ではデュオ・メリスという先生が教えています。こんな人たちです・・・。


またリュート科には日本人の今村泰典先生という方がいらっしゃり、今回はこの方の勧めで私も入学することが出来ました。
ちなみに今村先生はこちら。

ヨーロッパに住み始めて今年で40年になられるらしいので、日本ではあまり名前を聞く機会が少ないですが、古楽界では素晴らしい先生の一人であり、毎回とても良いアドヴァイスを頂いています。

そんなこんなでフランスに住み始めて早二ヶ月!!!  ・・・と言いたいところなのですが、
今現在は日本におり、来月頭まではこちらに一時帰国していますメラメラ

向こうでの生活ではやはりフランス語が一番の不安要素ですね。
現地に行ってから勉強を始めたので聞き取れない、話せない、という状況の中で何とか英語を使って暮らしていましたが、やはり「郷に入っては郷に従え」、フランス語で話せないと生きていけないなぁと痛切に感じていますショック!
語学は嫌いではないし、勉強は毎日していますが、聞き取れない!!!!

そんな毎日を過ごしています。
ちなみにストラスブールのあるアルザス地方はノエル(クリスマス)のシーズンに訪れたい都市としてNo.1(Yahooニュースより)らしいのですが、せっかく住んでいるのに今年のクリスマスはいつものごとく東京で過ごします・・・・  残念!!!!

留学という素晴らしい機会に恵まれて、ギターを集中して勉強できる最高の環境に身を置けることになりましたので、精一杯頑張ってきたいと思います!!
とはいえ、日本にも定期的に帰ってきて皆さんに演奏を聴いていただける機会を作っていきたいと思っておりますので、コンサートの際にはぜひ足を運んでいただけましたら幸いです

今年もあと2週間!!!
年の瀬はなんだかせわしなくなりますね。掃除しなきゃあせる
乱文失礼しました!
また更新しますー!!!!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
東京はなかなか暖かくなりませんね汗
三寒四温というより「五寒二温」くらいの気がします…。

そんな中明日から常夏の国ハワイへ!!!!
…いや違った叫び南の楽園沖縄へ行って参ります!!

演奏は今回で三度目になるのですが、毎回楽しみです(^^)/
ライブハウスでの演奏なので、普段のコンサートホールではなかなか弾くことの出来ない、ライブハウスならではの選曲にしてみました♪ 特に大好きなヨークやディアンス、アルゼンチンタンゴなど盛りだくさんなので、今からとても楽しみですニコニコ

沖縄の皆様、是非ぜひお越しくださいね!!


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
『ギター界の新星 小暮浩史クラシックギター・ライブ』
2014年4月26日(土) 20:00 START
チャージ¥2000(別にワンドリンクオーダー制)
ライブハウス アンダルシア
那覇市松山1-32-5 久米郵便局近く

≪プログラム≫
無伴奏チェロ組曲第6番より/J.S.バッハ
フェリシダージ/A.C.ジョビン
サンバースト/A.ヨーク
イエスタディ/ビートルズ
天使の死/A.ピアソラ
and more…
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



さて、話は変わりますが先日私の生徒さんと門下生交流会を行いました音譜




後楽園のアルトフィールド音楽教室で一緒にギターを勉強していらっしゃる皆様です。レッスン終了後に改めて集まって、終電まで約4時間ビックリマークはてなマークお酒を交えて楽しくお話ししました。 日頃のレッスンではゆっくりとお話しする時間がなかなかもてないので、このような時間が持てるのは本当にありがたいですし、楽しいですね(*´ω`*)


さて、リフレッシュも出来たので南国の湿気に負けず(。>д<)頑張って来たいと思います♪

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。