山梨の旅行代理店店長のブログ

山梨の観光情報....旅行会社スタッフの裏話....旅行会社の上手な使い方、そして日常の様々な出来事を、思いのままに。


テーマ:
本日(2015年5月15日)、文化審議会は、山梨県甲州市の塩山下小田原上条地区を重要伝統的建造物群保存地区に選定するよう答申しました。

6年前に書いた記事が現実になりました。

200904270934000.jpg
(2009年4月撮影した塩山下小田原上条

関係者の努力が実り、山梨県人として嬉しく思います。
甲州市教育委員会では来週の土曜日(5月23日)に、「
上条地区見学会」を開催するそうです。
是非とも行きたいのですが、私は残念ながら当日は出張です(ううっ...
最近は以前のように県内各所を撮影したりする余裕もありません。トホホです。
いずれ落ち着いたら、昔のようにブログを更新したいのですが、いつのことになるのやら。

ono

 ←ポチっと1クリックお願いします(^∇^)  

AD
いいね!(18)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
あけましておめでとうございます。

ずいぶんとご無沙汰してしまいました。実は入居店舗の移転にともなう準備などに追われ、ここ数ヶ月は奔走しておりました。おかげさまで何とか諸条件の目処がつき、2月の下旬に移転が決まりました。それでも現在の店舗から新店舗への引越しは、入居するイツモアさんの移転休業期間わずか10日間ほどで済ませなければならず、2月一杯は多忙な日が続きそうです。

話は変わりますが、箱根駅伝、我が山梨、山梨学院、凄かったですねえ。
よもやの1区最下位スタート、続く2区も最下位と、正直シード権は無理だなあ、などと思っていましたけど、監督や選手の皆さんごめんなさい、とんでもないものを見せて頂きました。

中央大学のブレーキはあったものの、大東大を抑えての堂々9位!
いやあー 新年早々感動させてもらいました。
外人選手云々いろいろ言われてきましたが、留学生なしでも出来るじゃありませんか。
何より、最下位20位からのシード権獲得総合9位というのは、本当に凄いことだと思います。
諦めずに走り続けた選手、それをサポートした周囲の方々、ある意味で優勝することよりも喜びが大きいのではないでしょうか?
私も諦めないことの大切さ、パワーをもらいました。
山梨学院大学 おめでとう

ono 

 ←ポチっと1クリックお願いします(^∇^)  
AD
いいね!(12)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
いささかミーハーな話題ですが、木村拓哉さん主演の人気ドラマHEROが13年振りに始まりましたね。
ネット上では、視聴率とか新キャスティング配役云々とか、脚本の本筋から離れた部分ばかり目立つのに辟易してしまいますが、13年前のドラマ、スペシャル、映画を含めて、この作品のファンだった私は、新しいHEROを楽しく見させてもらっています。

やはり脚本が良いのはもちろん、小気味の良いカメラワークや台詞回しも健在で、これぞHEROという感じです。まだ2回しか放送されていませんが、録画した2話をすでに3回繰り返して見てしまいました。

前回シリーズに引き続き音楽を手がけていらっしゃるのは服部隆之さんです。父に服部克久さん、祖父に服部良一さんという超サラブレッド音楽一家ですが、今回のシリーズに隆之さんが書き下ろしたと思われる音楽がとてもいいです!まだサントラ版が発売されていませんので詳細は分らないのですが、特に新シリーズのエンディングに流れる曲に耳を奪われてしまいました。叙情的と言いますか、穏やかな雰囲気でありながら熱い内面を感じさせます。曲名すら分りませんが甘美で情緒的なメロディーに聞き惚れて、その音楽の場面では台詞を聞かずに音楽に集中してしまいました(笑)。サントラ盤の発売が待ち遠しいです。ほんとに良い曲です。

ono
AD
いいね!(15)  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日(5月13日)の甲府の最高気温
午後14:37分に観測された31.0℃
本日の全国観測値1位です。
山梨県内では他にも、韮崎30.1℃(午後14:14分観測)全国3位、勝沼29.9℃(午後15:15分観測)全国6位、切石29.7℃(午後16:43分観測)全国7位など。
早くも真夏日到来です。

今夏はエルニーニョ発生の可能性が高く、長期予想では冷夏とのことですが、どうなるんでしょう。昨年のような猛暑になってしまうんでしょうか?
2月の豪雪から僅か3ヶ月足らずの真夏日。
年々、春や秋が短く、冬か夏しか無いんじゃないかと思えてきます。

みなさん体調管理に気をつけていきましょうね。

ono 

 ←ポチっと1クリックお願いします(^∇^)  
いいね!(17)  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:
松岡直也さんが4月29日に亡くなられました。享年76歳。
松岡さんと言えば日本を代表するラテンミュージック界の大御所で、有名どころでは中森明菜さんの「ミ・アモーレ」、ニュースステーションのテーマ曲がよく知られていると思います。もっとも、本物のラテン音楽というよりは、日本人が思い描くラテン音楽だと言う人もいらっしゃるようですが、日本のポピュラー音楽にラテンミュージックの要素を融合させ広めた功績は大きいと思います。

私が松岡直也さんの音楽を知ったのは確か高校1年の頃でした。今と違ってネットなどない時代で、音楽情報を得る手段はFMを聴いたり音楽雑誌を読むぐらいしか無い、そんな時代でした。その頃の私は歌の無い、いわゆるインストルメンタル系の音楽、具体的にはカシオペアやスクエアと言ったフュージョン系の音楽にハマッていました。これらフュージョン系アーティストの情報や対談記事を音楽情報誌で読んでいた時に、よく目にしたのが松岡直也という名前でした。

早速『午後の水平線』というアルバムを手に入れ聴いたものの、カシオペアやスクエアとは違った独特のリズム感と哀愁を帯びたメロディーに最初はあまり興味を持てませんでした。松岡さんの音楽はカシオペアやスクエアの音楽とは方向性が違うジャンルですが、松岡さんの音楽を単にフュージョンとして語る傾向が、当時の音楽雑誌には確かにありました。聴く前から私がカシオペア系のフュージョンを勝手に期待してしまっていたんですね。そんな先入観から松岡さんの音楽を聞き始めたため、すぐには好きになれませんでした(笑)。もちろん大好きになるまでにはそんなに時間はかかりませんでしたが。

松岡さんの代表作と言えば先に挙げた『午後の水平線』が恐らく一番有名でしょう。しかし私にとって松岡さんと言えば『夏の旅』(1984年、昭和59年)に尽きます。

真夏の高く青い空と入道雲。水田の真ん中を走る未舗装の道路。そこにあるバス停に1人の和服姿の婦人が降り立ち、日傘を差して歩き始める。
そんなアルバムジャケットの印象を見事に体言した「日傘の貴婦人」から始まる『夏の旅』は、曲間に蝉時雨やバスのエンジン音などの効果音が文字通り効果的に入れられていて、全曲を通して聴くストーリー仕立てのアルバムになっています。アルバムジャケットの裏面は表側イラストの左側に続いていて、万年雪を抱いた山並みが遠くに見えます。イメージとしては長野新潟や東北地方の盛夏。古い例えですが漫画釣りキチ三平の初期のころの世界観です。遠い記憶にある日本の夏の原風景を思い起こしてくれます。

こんな純日本のイメージとラテン音楽が見事に融合しているのが松岡直也さんの『夏の旅』です。私にとって大切な宝物とも言うべきアルバムのひとつです。

ご冥福をお祈りします。

ono 


いいね!(13)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。