お父さんキライ

テーマ:

最近、よく相談室に遊びに来るあの子は 5年生。


大勢の子どもたちの来室に


なんだか不機嫌にしていた。



だいたい、来室するたびに


とってもだるそうな感じで


いつも「あ~~疲れた。。。。」って言ってる。



見るからに、身体がだるそうな様子。



先日、給食の前にやってきて


「先生、きょうのお昼休みに相談室をわたしたち3人だけにしてくれない?」


ってお願いされた。


毎日、昼休みには相談室を開放して


『おはなしタイム』と称して雑談会をしているのだ。


4~6年生の高学年を対象にしているけれど


なんせ相談室があまり広くないものだから


週替わりで学年を割り当てているのだ。



今週は5年生の週。


だから、毎日の昼休みは5年生の子どもたちで満員になる。



5年生の子どもたちとは、あまり接点がなかった。


授業中もとても静かで、騒いでいたり席を立っている子どもは

ひとりもいない。


これといって、特に問題行動などもなく

比較的とても落ち着いた学年である。


だから、ワタシが呼ばれることもないし

クラスにわざわざ入っていく用事もない(苦笑)



でも、この『おはなしタイム』をオープンしてからというもの

5年生の来室が一番多くて

一気に顔見知りになった。



話を元にもどそう。


昼休みを3人だけのために・・・・

「ん~~~よし!わかった!いいよ、待ってるからね」



そして仲良し3人だけの『おはなしタイム』となった。


とくに相談があるわけではなかった。

もちろん、ワタシのほうもそれは承知。


とりとめもない話を3人の子どもたちとしていると

ふっとあの子が話はじめた。


「ワタシ、お父さんキライ。」


あの子は中学生の兄がふたり。


長兄は野球をやっているらしい。

お父さんも野球をやっていたので、ふたりはとても仲良しだとか。


「お父さんは、上のお兄ちゃんばっかりかわいがってる・・・」


次兄は野球ではないがスポーツをやっているので

まだお父さんとの仲はマシらしい。


「でも、わたしはなんにもスポーツやってないからね・・・

 だから気が合わない・・・」


「この前の運動会に、お父さん野球のユニフォーム着て来たんだよ!

 も~~信じられん。イヤでたまらんかったっ!」



「最近、お父さんの帰りが遅いに。」

「わたしが『帰ってくんなっ!』って言ってるから・・・」

「だって、お父さんが帰ってくると、好きなテレビが観れない。」

「だから、お酒飲んでかえったりして遅い。」



「わたしの名前、好きじゃない。」

「お父さんが付けた名前だって」

「お母さんが考えていた名前のほうがよかった・・」



あの子のお父さんにとって、

男の子がふたり続いた次に生まれた女の子。


きっと、とてもとてもかわいがっておられたのじゃないかなって

想像しているのだけれど・・・・



この年頃の女の子って

お父さんのことを敬遠したりすることもあるって


ワタシ自身の経験からも想像したりしてるのだけれど・・・・



どこでどうすれ違ってしまったのか・・・・・



でも、あの子が

「お父さんキライ」って言えば言うほど

「お父さん、わたしを見てよ!」って聞こえてくるのだな~これが・・・・















サプリを摂って元気を出そうよ



サプリメント活用の極意(サイトトップ)
AD

2学期3日め

テーマ:

きょうは、2学期はじまって3日め。


きのうまでは、給食もなく午前中だった。


きょうから給食もはじまり、

午後からも授業。




きょうは、登校しぶりで4人の欠席があった。


5年生と2年生と1年生。


いつも気になってる子どもたちだった。


言ってみれば、このことは予想していたけれど・・・・


だって、きのうまでの2日間は

とってもとっても気を張っていたんだもん。

でも午前中で帰れるから

なんとかがんばったんだろうね。



そして、きょうからは給食もはじまり、午後も授業。


長いよね。


でも、欠席した理由は

4人とももちろん違う。



1年生のあの子は、入学式に、緊張と不安で涙涙。

お母さんが新入生に混じっていっしょに入場したんだ。


それから後も、体育のかけっこの前にも涙。

新しいそうじ場所にかわって涙。

参観日に人が多くて涙。

いろんな場面でたくさん泣いた。


ほかのお友だちよりもちょっとだけ不安感が強いんだもの。

新しいことがはじまる前は、ちょっとだけ緊張感が強いんだもの。


小学校に入って、なにもかもがはじめてで

そりゃ、1年生だからみんなそうなんだろうけど

あの子は敏感に、そして繊細にこころのアンテナが反応してたんだ。



でも、少しずつだけど

ほんの少しずつだけど

あの子はちょっと強くたくましくなってきたんだ。



1学期が終わるころには、とってもいい顔で笑ってくれるようになったんだもんね。


40日間の夏休み。

ひさびさにお家でゆ~っくりとお母さんに甘えてたんだろうね。


きっとこの2日間、「2学期ガンバロウ!」って気持ちと

ひさびさの緊張感で疲れが出たんだよ。



だいじょうぶ。


また元気に笑えるよ。
















ワタシの元気のもとはこちらから


サプリメント活用の極意(サイトトップ)
AD

気になる子

テーマ:

あの子は6年生。


2学期になってメガネをかけていた。


しかも、黒くて太くて四角いフチのメガネ。

と~~っても目立つんだ。



うちの学校は私服だから

いつもちょっぴり大人っぽい服装のあの子は


このメガネでまたよけいに大人っぽく見える。


6年生の女の子ともなれば

服装にだって気をつかうだろうし。


お気に入りの服だってあるだろうし、

流行の服だって着てみたいお年頃。



女の子だもん。

そんな気持ちよくわかるよ。


ワタシだってそうだったからね。


女の子のオシャレはいいと思うよ。



でもね。ワタシが気になってるのはそこじゃない。



あの子の目がなんだかうつろなんだ。


表情だってないし・・・・


思春期の女の子は、そんなこともあるのかな~って

理解しようともしてるけど。



1学期、あの子は欠席が6日。


数字だけでは多くないようにも思えるけれど


まわりの女の子たちと比べるのもどうかとは思うけれど


やっぱりなんだか気になるの。



でも、ワタシはあの子に話しかけたことはない。

ワタシが不用意に話しかけたり、

「なにか悩んでんの?」なんて問いかけたりしたら


きっとあの子はワタシを避けるだろう。


ただ笑顔で「おはよ♪」って言ったりするだけ。

でも、いっつも気にしてるからね。








ワタシの身体と心の栄養  ↓   ↓ サプリメント活用の極意(サイトトップ)
AD