たのしかったー(〃゚艸゚)

テーマ:
こどもお芝居教室!
たのしかったー。
今回は撮影もするけど、スタッフゥもやる。
こどもたちと一緒にお芝居できるのを楽しみで仕方なかったの(〃゚艸゚)

体が硬いわ重たいわで、ストレッチ運動はうまくできてなかったけどww
みんなで作るお芝居と。
あと一番最後の台本はたのしかったー(ㆁωㆁ*)
一緒に組んだ参加者の子がツナちゃんと芝居のクセとかが似てて。
個人的に懐かしかったし。

たのしかったー(๑Ő௰Ő๑)
一緒に考えて、話し合えて。
あれもこれもやってみようって試せるなんて。

相手がいるのも。
考えて良いのも久しぶりだったな。


一緒に作る楽しさをまさか、こどもたちに思い出させてもらえるなんてなー。

ずーっと、いいなぁ。
羨ましいなぁって、みんなを見てるだけだった。

損な性格ねw
自分でそうしてるくせに、動くこともできやしないなんてね。


しっかし、吸収早いなーこども。
ほんとーに無限大の可能性があるんだ。

大人は知らず可能性を無視するし。
見失うだけなんだけどね。

ほんとーに勉強になるね。
やっぱりびばがすきだなぁ(๑´ڡ`๑)

演出ってやっぱすごいなぁ。
AD

坊サン

テーマ:
ひさびさに小劇場見たー
まるちゃんのくらいしか、ここ最近見てないからね。

と、いうわけで。
いつもの感じでわたしのものすごく個人的な感想。

けんちゃんは見に来てる方かも。
でも、それでも久しぶりかな?
テコールさんに所属してからは初めて見たかな。

芝居が変わってきてて。
力技的な役割多いし、荒くれ担当ぽいのは変わらないけど。
これは、まぁ見栄えからだろうし。
主役芝居するようになったねーって思った|ω・`)
いいねぇ、役付きで真ん中に行けるのは裏山だ。

わたしもはや忘れたし。
もともと真ん中にはおらんし。

しかし。
エンターテイメント!
て、感じのところね。
楽しむのには楽だわ。

その分あまり残らないのと、浅いのはもったいないなぁ。
神様たくさんのうちの、太陽神ずは、笑かし担当でいいと思うの。
他の神たちがむしろ違いが欲しかったね。

少しあるんだけど。
交わらない感じがねw
もっとあるとわかりやすく笑える←ここ

あと。
個人的に新喜劇ぽくて好きだったのが金貸しね!

ただ、わかりづらいねーん!
もっと、、、もっと簡潔化して欲しかったし。
振るならふって欲しかった!!
なに言ってんのかわからないのとか好きなのに。
フォローなし。
いもうとなぜかわかってるぽいけど。
わかり辛いし、会話フォローなしw

どっちにしたいのか!
いもうとのキレキャラも吉本チック。
に、対しての金貸したちの反応の薄さ?
もっとやーもっとやって!!!!

好きだから〜
恋とか芽生えないのかなって、ワクワクするくらい金貸しのおっちゃん←若そうだけど。
好きだったからー!

頭下げて効果ある程の関係性がわからんかった!

くぅ、、悔しい。
できるだろうからねー、悔しかったなー。
そしたらもっと面白いのにー。
身内ネタなのかな?

わたし完全外部だから結構おいてかれた感なのかしら?
スサの暴走の理由と裏付けは面白いわかる。
この辺りはわたしの予備知識のノラガミからわかる。
神様と人間の関係というのは、最近結構説明してくれる漫画やら小説なんやら多いから。
まぁわかりやすいけど。

ならば、ずっと我を忘れているのか時々思い出すのか。
最後の最後まで我を忘れたままだったのか。

どこまで保とうとしてたのかとかは、見せてあげたほうがわかりやすいよね。
だって。
スサノオって元々暴れるキャラだし手がつけらんなくて天の岩戸じゃん?

あー、今回も?
それともこれは昔のこと?

んん???
って一瞬見失ったわたし。
俺。唯一神になるっていう持ってき方も、、自惚れていく過程があってこそだと、、、思うのね。
突然暴れてて、アマテラスもおかしいから。
アマテラスも信仰でおかしくなってる?

え?
そこフォローなし?
あー、しんじらんなかっただけ?

えーーー、、
封印しちゃったの?
二柱も?

んー、、、
アマテラスも、、
闇ってるのがよくわからない。
理由も最初から荒んでるし。
そこをフォローする話も出ないし。
オモイカネちゃんのほうがむしろ黒そうなのに、最後まで正義だった!

え?裏切りーって絶対ここだと思ったのに。
だって超怪しそう、、
あ。見た目で判断しました。

ええ、ただの中二病神様なだけですね、はい。
すみません。

ツクヨミもね!
犬夜叉の仲間だとずっと思ってた。
姿勢悪すぎだよ。
絶対あれ戦う姿勢のとり方しかも。爪。
かがんで前かがみからのーばっさー!

あ。小さいのもあってかw
ごめん。
ちびっ子。
好きだったけどねー。

あー、神なのになんのかがやきもない。
すんげーネガティブー
ってのわかりやすかったけど。

それと対照組のギラギラ感が闇ってたから
わからんかった、、
日本の神根暗だわ。
日本人ってそうそう小さいこといちいち気にしぃだしね。
うんうん。
そこの海外の神様との違いはわかりやすかったわーww

そして、アマテラスの素顔が可愛いことにあと説でもったいなーぃって勝手に思った私w
まー、へそ曲げ役だしな。

withGwithらー
好きだった〜

らーの切なさがwith着いた時面白くてww

顔芸から芸が豊富な劇団さんなのね〜|ω・`)
楽しかっただけに裏打ちされると途端にグレードが3つくらいは上がるんじゃないかと!!

て、総評的に思ったお芝居でした。
そして、数年ぶりにあべまささんにあった(๑Ő௰Ő๑)
この人年とってない!絶対。
そして。髪型が懐かしかったー(n´—`n)
相変わらずイケメンww
またお芝居出来たいなー

とにかく。
お疲れ様でした(๑´ڡ`๑)



AD
怪我もなく、二日間ゲネ二本。
本番二本。
計四本。

無事終演しました。
ご来場いただいた皆様、応援くださった皆様、スタッフ様、キャスト、アンサンブルのみんな。
関係者様。
本当にありがとうございました。

わたしは、薬で熱を下げながらの本番で。
2幕頃には熱が上がってくるという繰り返しでした。
それでも、なんとかやれたのはこっそり舞台裏で休み休み聞いていたみんなの芝居や声のおかげ。
ご迷惑ご心配おかけしました。
熱は2日間でとりあえず下がりました。
明日まで大事をとらせていただけることになったので。
やすみます。
仕事関係の皆さんすみません。

レミゼは好きだけど。
マニアというほどでは全くなく。

わたしはみんなが作り上げたこのレミゼが好きでした。
稽古や役作りで変わっていくみんなを見ているのが久しぶりに楽しかったです。

本番に向けて。
更にゲネに入ってから、本番に入ってから。
本番芝居というとあまり良い印象でもないのですが。

稽古で見てきたもの、ゲネで見たもの。
それよりなによりもいいもので一度も見たことのないものが本番に出たような。
あぁ、本番ってやっぱり奇跡の1日なんだって思いました。

今回楽屋が4、5人くらいで使うスペースと考えられているような広さで10倍近い人数が出入りするものだから無茶だ。
休むスペースはなく、そんな理由も兼ねて舞台裏の大道具の椅子の上にとどまっておりましたw

近くで感じたかったのと生声を聞きたかった、からももちろん。

総体的な感想としては。
本当にみんなで作り上げたものだなぁと。

あとね。
わたしはおおよその皆さんと違わずエポニーヌ推しで。
コゼット、、マリウス、、なんてノーテンキな二人、、、
て思ってたんですよ。
この公演に関わるまでは。

でも、それがすげー腑に落ちたんです。
コゼットってお人形みたいで汚れもない真っ白な世間知らずのお嬢さんって感じがするのね。
その分人間って感じがしないんです。

だけど、今回コゼットが可愛くて。
血が通っててお人形さんじゃなかった!
あー、コゼットはただ初めて愛を知っただけで。
マリウスは一目惚れだし、コゼットなんだわ。

マリウスはエポニーヌには惚れないんだ。
エポニーヌもマリウスじゃなきゃ好きにならないんだって。
いやー、他にもいい男なんてってほんと言いたくなるけど。

妙に納得したんですよね。

コゼットとエポニーヌって、魅力が違う二人なんだけど。
そこが初めてしっくりしたのよね。
汚れて擦れてみせ勝ちなエポニーヌがそれだけになりがちなの二人の違い。

清純派とヨゴレとかそんな違いだけじゃないはずなの。
対比がちゃんと見えたのよね。

エポニーヌて片思いの象徴だよね。
うん。

すごいしっくりしたの。
あとはね、バルジャンって理解すごい難しくてさー。
あーでも、ただコゼットのことが可愛くなったのだよなぁ。
手放したくなくなって、彼女の幸せを祈ったんだろうなぁ。
そこは、わかるなぁ。

ジャベールの方がわたしにはわかりやすくて、ね。
信じたものを貫くというのとか好きだ。

みんなのその役作りを見ていて芝居が、本や世界がわたしの中にしみこんできた。

エポニーヌがマリウスから預かった手紙をコゼットに渡しにくるところ。
バルジャンが、必ず渡すっていってそれを受け取るシーン。


あそこがバルジャンが優しくて泣きそうになる。
なんでかな。
きっとこの愛をこの子は知らないって思ったのかな。


エポニーヌはどう思ったのだろう。
バルジャンの優しさにどう思っただろう。
もっと惨めになるのかな、、
そこからのオンマイオウンなのだよなぁ。
そっかぁ。

なんてね。
ふと、思った。

それが、バルジャンのコゼットへの愛かぁ。

わたしは乞食のシーンがとても変わっていったの。
食べるものもなく、着の身着のまま。
きっと患っている人だっていただろう。

もらったひとかけのパンを分けたりするだろうか。
いや、独り占めしてしまおうというのは食べるものがない人たちではなく。
それを経験したことないひとの方かもしれないなぁと。
思ったりした。
それも、みんなのおかげで。
シーンごとにどんどんみんなのコミュニケーションがどんどん生まれていったの。

すごいなぁって。
それにただただ引っ張られて、連れてってもらったなぁ。
すごく勉強になった。
なんていう力だろうって。
ひとの力の凄さに本当に突き動かされた。

乞食たちにパンを配るバルジャンがさ。
優しいんだ。

パンを1つ盗んだ罪で捕まったバルジャンが。
人々に施しをする。

彼にはわたしたちはどう見えていたんだろ。

ガブローシュ含め学生。
本番に向けて変わった。

革命を彼らは起こそうとした。
本気で革命を。

たった2日間の出来事で世界は変わらなかったけれど。
誰も嘆かず何事もなく終わったものではないことをエイトウーマンが歌ってくれる。


帰りましょって、ザ・ナイトでガブローシュにかけていたの。
でもガブは首を振るし。
じゃあ、絶対帰ってきてね。
オネーちゃんと待ってるからねって。


すぐ死んじゃうけどね。
ガブローシュが走り寄ってきてくれるのが嬉しかった。

市民が来ない。
この時点で悟るべきこと。
無事ではないだろうこと。
子供だからもしかしたら、生かしてくれるかもしれない。

ガブは特に本番が一番良くて。
しおりちゃんは見たことのない芝居をやってのけたよね。
そばで聞いてたよ。

母親でありながら、綺麗なファンティーヌ。
娘をただ愛し、男に捨てられ、生きるために体を売った。
それでも汚れなかった彼女の真の美しさって相当に難しい。
そして。娘への愛ね。

テナルディエ夫妻は狡猾だけど、生きるためにただそういう選択肢を選んだ人たちなのかな。
娘も息子も死んで。
そのことって知ってるのかな。
そのうち知ったのだろうかな。

{A9DB9426-EBE9-48E4-BD00-2DC6BDE1334C}

{9F1BB014-DCEE-4925-9D69-602E0BDB50E3}

お疲れ様でした(๑Ő௰Ő๑)
暇が許す限りいたずら写メ作ろうかな。

ちょっとずつうpしたりしますねー。

あとアンサンブルと丸山写真集はまた別枠で(〃゚艸゚)



AD