久しぶりに宣伝活動

テーマ:
なかなか休むと言っても。大変で。
昔のように。
ビバの手伝いならなんでもということができなくなってきていて。

でも。そのぶん、えみこちゃんがひとりで頑張ってくれてるってことをわかってなかった。
ひとりで、制作を完璧にやることなんて無茶だし。
体は1つだし。
手伝うって言って、わたし結局何もできてなくてさ。
ごめんね。

きょうは、相原さんを見に行けない代わりにポスティングを久しぶりにやってきた。
これ、暑いからしんどいけどw
結構楽しくて。

いつもは。えみこちゃんと二人だったけど。
今回はせんぱいとこーじさんと三人。

今日は晴れ予報だし。


まずは、三方向で区画分けて攻める。
一軒家が多いからそのぶん歩く。

いちど、ソヨカ集合!

{9491C37E-A185-45B3-B231-96873DEA67FC}

おやぁ?


{D106460A-021A-473D-BFBB-0968A3329777}

わたしはあとこんだけ。
枚数を補充して。

ふたたび!!
{466C35C4-1308-41B0-B15E-C8FFD3E25646}


歩速も違うし、方向音痴なわたしw
戻ってきて、二人と会った途端。

雨です。
大粒の。

こーじさん。
大粒の。

雨ですw

通り雨で、ちょいちょいポツポツしたんだけど。
後半頑張って|ω・`)

今度は公園に集合。
猫さんいたんですねー

ベンチに座ってると自分から寄ってきて、なーなーいうんですよ。
よこになったからね。
うん。

{480BEF94-57C9-4AF4-B620-12BE13034E12}





さて、そんなわけで。
せんぱいと、こーじさんは2日連チャンポスティングだったらしくて。

2日であわせて4,000部!
頑張りました(๑Ő௰Ő๑)

なかなか楽しかった(o’∀’o)
AD
いま、家の外装工事中なの。
工事予定日はいつからで、いつまではベランダに洗濯物を置かないでくださいとか。
かいてあるんだけど。


まず、工事開始日より足場作業が勝手に始まり。
ベランダから人の声がするから。
慌てて洗濯物を取り込む。

もちろん、開始日より前の話だから。
ベランダを使うのはこちらの自由なはず。

勝手に網戸を逆側に移動させられる。
ペンキを塗るという連絡より前には塗ってたし。
洗濯物を干さないでって書いてある日は昨日まで。
帰ってベランダ開けたら、洗濯機移動され。
足元の板も外され。
物干しも畳まれどかされ、さらに放置。
水道は止められていて。
繋がってはいたけど、、これ勝手に水使ったんじゃないかと予想。


これらのことはクレーム入れていいよね?
AD

The sky is the limit

テーマ:
もむさんの、ゆにぃの作品のリメイク。
声の芝居。
さいきん、見る機会が増えてきた声の芝居。
とはいっても、本を持った役者が動き回る。
通常の芝居とは違う、いや、おなじ?

ということで、声を聞く体制に入ったわたしは。
気合入れすぎて一番前に座ったら首が痛くて。

劇場を普段の縦使いじゃなく、横に使ってあって。
絵空箱?

て、いうくらい見覚えのない空間だった。
この作品。
痛いから。
でも、なんか爽やかでもあるというか。

でも、全然受けた印象が違った。

それに、ゆにぃが演じてた役を演じてた方がだいぶ大人な感じの。
ゆにぃの進化系?
あ、でも。
ゆにぃだわ、、みたいな感じでさ。
なんかすごい不思議だった。


死んじゃった子が浮いてる感じがしたのは演出なのかな。
昔の思い出でも現実でも一人浮いていた。
この役は、もっと深みにハマって出てこれないからこその、、、とか欲しかったかもね。
わたしは欲張りさ。
あとは、音響が、、
原作。知ってるからかな?

音でやろうとすると、うーん。
メジャーな曲とか、歌詞がある曲ってのは芝居を確かに煽ってはくれるんだけど。
お客さんの耳をセリフに持っていくのはその分難しい。
繊細な話だから、音響効果はわたしには逆効果だった。


本を持って芝居をしたかったのか。
リーディングで聞かせたかったのか?
は、今後課題になるのかもね。

うん。
かこちゃんすきだったわ。
わたし、どうやらゆにぃの本すきらしい。

なんだかんだで、ずーっと見てるのは。
付き合いというか。
やはりすきであったのかな。

じつはね。
付き合いで見には、もうあまり行ってない。

もう、みんなそんな頃ではないだろう。


途中で役者を見ることに疲れて、目を閉じて聴いていた。
想像される教室、カフェ、映画館のロビー。

結局立ちで動かれると、本を持った芝居であって。

読んでいるひとと、そうでないひとに違いが生まれる。

役はどの役もとても合っていた。
あー、あさひは、ごめん。

前作が衝撃的だったから。
目で見て、23歳の女性がっていう想像に至らなかったの。
年齢の凸凹が見えてしまって、声に集中するべきなのか見るべきなのか。
やはり、ここか。

ものとしてはすごい不思議な感じだった。
ゆにぃの作品ってちゃんと芯がしっかりしてたんだなって、ゆにぃと一緒に見たんだけど。
面と向かってそんな話をねw
本人もそう言ってたww

そういう意味では、演出違うと違う風に見えるっていう発見をしたよね。

もむさんの演出見てみたいな。
どんな好みでどんな世界を見ているんだろう。

辛辣になってるこれ?
こんど、飲みましょう。
いろいろ話を聞きたいー(n´—`n)
AD