子供の吃音は、どこに相談すれば良いの?
病院に通うなら何科?
子供のどもりは治るの?
こんな不安を解消します。



ご自分のお子さんが吃音(どもり)症であるかもしれない。
だいたい、言葉が話せるようになってから
または、3歳前後で、親が気づく場合が多い
子供さんの吃音症


子供さんの どもりは、早ければ早い方が、
治る確率が高くなります。


まだ、小さい子供さんは、自分が吃音症であるとは、
考えることもないでしょうが、そのことに親後さんが気づいたのであれば、
できるだけ早目に解決方法を探すようにした方が良いでしょう。



中には、自然に どもりが治り、言葉もスラスラと話せている子供さんも
いますが、幼稚園や学校に通いだすと、
吃音の真似をしだす他の子供さんも多くいるかもしれません。


そして、知らずのうちに いじめ の対象となってしまうこともあります。


そうなって、子供さん自身始めて、
「どうして 話が上手くできないんだろう」
そう考え、自分が吃音であると思い知ってしまうのです。


重度になると、電話が恐くなり
「もしもし」
という言葉すら出てこない人もいます。


また、初対面恐怖症に襲われる人もいれば、
人全般と話をするのが恐く、ひきこもるケースも。


まだ、2、3歳の子供さんなら、もしかしたら自然に治るかもしれませんが、
早目の対策は、していても良いことだと思います。



対策として、市町村の保健課に相談すると、適切なカウンセリング施設や
病院など紹介、教えてくれます。


また、言葉の教室などあり、
子供さんの言葉の勉強や親に対して、子供さんの接し方など教育する教室もあります。


少し高額です、吃音カウンセリングやトレーニング方法・治療法もあります。


まずは、保健課などに相談して
病院や施設の紹介を受けると良いでしょう。


診断によっては、軽度・重度との診断がありますので、
その診断を受けてからでも
様々な教室やトレーニングを受けても良いと思います。


トレーニングを受ける場合、
とても高額なカウンセリング教室もありますが、
最近では、自分自身が吃音症で悩まされ、
克服された方法やプログラム
を開放してらっしゃる方もいらっしゃいます。

金額にして、1万5千円程度でしたので、
高額な教室には、手がだせない人でも 容易に受けやすいプログラムです。


もし、子供さんが吃音症(どもり)で、
症状が改善されないなら、このような方法も考えてみてはどうでしょうか?



大事な我が子の将来を考えると、
吃音は治してあげた方が、良いに決まっています。


思春期から30代が吃音で一番悩む時期のようです。
人生でこの大事な、楽しいはずである時期に
吃音での悩みは取り除いてあげたいですね。




子供の吃音(どもり)を治す治療法とは?
自分の子供さんの吃音に悩まされている親御さんに向けての情報を発信しています。



重度の吃音を克服したプログラムの詳細はコチラ





妊娠成功ガイドブック 購入・お申込みと返金保証詳細
吃音克服プログラム 詳細
大須賀式不妊症改善プログラム 口コミ

AD