4月18日(月) 朝
熊本地震。今まで気丈にしていた子どもが、昨夜も余震が止まらない状況の中、初めて「こわい、こわい…」と泣いた。なんとか落ち着かせ、寝かせた。安らかな寝顔を見ながら、じっと日本地図を眺めた。中央構造線。原発の立地。いろいろ考えると、日本には安全な場所はどこにもない。極限化にあった市内の友人知人は相当数、動いている。それに比べてここ山都町は、ライフラインも生きていて、とても恵まれている。それに比べれば我が家は、多少家が壊れたと言っても、どうってことないレベル。主人は仕事に出かけた。曲がりなりにもお弁当とお茶を持たせることもできた。こんな状況の中、自分も大変なのに、炊き出しなどに向かう仲間が多数。学校も20日までは休みになり、子どもと昼間は二人。何も動けないのが悔しいけれど、罪悪感は身を滅ぼすから、罪悪感は持たず、人に迷惑はかけず、今日もなんとか生きていこう。
AD