子どもを守る目@関西のブログ

このコミュニティーは、育児不安・育児困難を抱えた方をサポートしたい、そんな思いで生まれました。

「学ぶ会」「セミナー」「お茶会」などを通して、
子育てについて語り合い、学び合い、出会いや繋がりを作っています。


テーマ:

先週、ヤフーニュースでトップにあがっていたこちらの記事。
 

貧困の連鎖を断ち切ろうと苦闘する夫婦 宮崎・プレミアム親子食堂

(長文記事ですが、ぜひ読んでみてください)

なんてすごい人たちなんだ!!

と、リスペクトしつつ、
…同じにおいがする…にやり

そんな予感もしていました。

記事を読んで一方的に仲間だと認識していたので(←いい迷惑・笑)、
「すぐにどこかで会えるだろうな~音譜」と思っていたら、
早速今日、宮崎県で会えましたラブラブ

昨日、宮崎県日南市で会議があったのですが、
今日、急遽時間が空いたため、
課長が奇跡のセッティングをしてくださいましたキラキラ

会った瞬間から「はじめまして」な気がしなくて(←いい迷惑・笑)、
話が尽きませんでした音譜

笑顔が素敵なマキさん&ユウジさんラブラブ

 

話を聞きながら、我が身を振り返りました。

身銭を切るし、休みはないし、夜中でも電話がかかって来るし…
「なんで続けられるの?」と、いろんな人から言われるのですが、

「過去の自分を裏切りたくない」

それが答えかな、ふと思いました。

 

以前、FBに書いた記事を再掲します。

 



約20年が経ちましたが、
相談でお金をいただいたことは一度もなくて、
駆け込み寺や、女子会等、全て無料でやっています。

「なんで?」
「誰かが笑顔になってくれたら嬉しいから?」

と、昨日も質問をされたんだけれど、

「息を吸って、吐くのに理由がないように、
息を吸って、吐くのと同じくらいの感じ」

と、答えていました。

DV、貧困、暴力、借金、
大阪に多い風俗やクスリ…

いろんな相談を受けますが、
元夫よりひどいケースに、今まで会ったことがありません

10代で、MAXを経験できたのは、
今では宝だと思っています。

だから、わかる。

しんどいこと。誰かにわかってもらいたいこと。

「常識」を大切にする人にはわかってもらえないこと。

それぞれが「常識」だと信じている世界は、
ほんのちっぽけな世界の枠の中だけのことで、
何も見えていないこと。

だから「相談してください」
そう言われても、出来ないこと。

相談したところで、
「母親だから」
で片付けられてしまうしんどさ。

私が過去、一番助けて欲しかった場面で、
「お前、母親やろ」
と言われた時の苦しみは、
10年以上たった今でも、リアルに思い出せます。

「助けてあげたのに」
そう言われたこともあったけれど、
その時、私が必要だったことをしてもらったわけではなくて、
「こうしてあげたら、いいだろう」という支援をされて、
本当は余計に苦しいのに、
「感謝」を伝えなければ「感謝がない」というハラスメントを受けるので、
嫌だ、嫌だ、嫌だ、と心で拒否しながらも、
「ありがとうございます」と、表面上感謝を伝える苦しさも体験しました。

だから、自分を軸に、何かをしたくない。

せめて、目の前で困っている人がいるのなら、
困りごとを解決できる人でありたいと願っていて、
自分の出来る範囲はちっぽけなんだけど、
自分の関わる世界くらいなら、なんとかなるんじゃないか?そう思っていて。

どうせ、生きている間しか、
お金も肩書きも持てないんだから、
せっせと集めることにエネルギーを使いたくなくて、
誰かのために、そのエネルギーを使って世の中が良くなるなら、
そうしたいと思う。

お金は全然ないけれど(笑)自分の体と心と時間を使って動くことは出来る。

一人ひとりのちっちゃな幸せが積み重なったら、
大きな平和に繋がると信じている。

だからまずは「生きてて良かった」と思ってもらえるのが一番の願いで、
そう思えた後は、日々の生活の中に小さな喜びを積み上げてほしい。

そんなことを伝えたくて、
一緒に時間を過ごしています。

そんなあたしの押し売りで、
喜んでもらえるのなら、ありがたいですm(__)mm(__)mm(__)m


今の自分が出来る事をやらなかったら、
過去の自分を、自分で見捨ててしまう気がして。

あと、釈徹宗さんに教えていただいた、

「無縁社会はもともと仏教用語で、本来の意味は、
地縁・血縁・仏縁のない者同士が助け合う理想の社会を表した言葉」

そんな、縁のない者同士が助け合う世界を、
本気でつくれると思っていてウインク


マキさんとユウジさんも、無縁社会をつくるべく、
様々な活動をされていますラブラブ

プレミアム親子食堂

宮崎こども商店

「どうやって活動をすればいいですか?」
「やり方を教えてください」

そんな質問もよく受けます。

「まずは自分から発信して、出来る事からやってみてください」
「特別な事は何もしていません」
「コツコツやるしかありません」

私も一人の人間で、権力もお金もないただの「大阪のおばちゃん」です。

目の前の困っている人を笑顔にしたい…ただそれだけで動いていて、
動き続けていたら、仲間が増えていった…それだけです。


特別なことは何もしていません。
マニュアルなんてありません。

戦略もありません。

 

当たり前に人と人とが助け合い、

「困った時はお互い様」

そう言える世界に自分が住みたいから、
誰かを批判したり、政治のせいにする時間がもったいない!!と感じていて、
(命には限りがあるので、そんな事を言っている間に寿命が来てしまう…)

「自分がやる!!

それだけです。

マキさんとユウジさんとお話をさせていただいて、
私以上に思いが熱く、素晴らしく、
御託を並べる前に即!!行動に移されていて、一瞬で大好きになりましたドキドキドキドキドキドキ

また会いに行きますねラブ(←いい迷惑・笑)

マキさん、ユウジさん、繋いでくださった課長、
嬉しい出会いをありがとうございましたラブラブ

子どもを守る目@関西

親学の一歩・いばらき

辻 由起子

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

人の言葉や、人の期待に応えることに一喜一憂して、
自分の人生をお留守にしていませんか?


他人の期待に応えるための人生を送っていると、

他人の人生を歩むことになりますショボーン

 

他人の人生のシナリオに合わせて生きていると、

当然、うまくいきません。

 

やっかいなことにそのシナリオは、

子どもの頃に親から刷り込まれたものかもしれないので、
自分でも無意識のうちに、他人軸の人生を歩んでいることがあります。
 

他人に評価してもらうことを自分の軸にしていると、
 

「自分の事が好きになれないダウン

 

そんな状態に陥ります。

 

足りない自分を他の何かで埋めようとするため、
常に誰かや何かに依存をしていないと心が安定しなくなります。

 

そして、自分が誰かの期待に応えようとするのと同じように、

他人に対しても期待を押し付けます。

 

自分が勝手に相手に対して期待をかけているだけなのに、

相手が理想の言動を返してくれないと、
 

「傷ついた」

「裏切られた」

 

と、無意識に感じてしまいます。

相手は、相手の人生をあるがままに生きているだけなのにあせる

 

他人に対して自分勝手な期待や絶望感を抱く暇があるなら、
自分の人生をしっかりと生きてほしいですクローバー

 

自分を高めるために、時間を使ってほしいですクローバー

 

時間=寿命=命そのものキラキラ

 

自分の命を他人軸にしない!!

自分の人生を自分軸で生きる!!

 

親子であっても、カレカノであっても、

相手の人生を支配下に置かない。

自分の人生を支配下に置かれない。

 

それだけで、お互い生きるのがかなり楽になりますグッド!

 

自分軸を思い出してもらうのが、

毎月一回開催している女子会なのですが、

今月は写真を撮り忘れましたあせる

 

アフターの「餃子会」では、自分軸で生きている人たちが、
自分も他人も大切にする生き方を子どもたちに示してくれていましたウインク

 

 

そして、今月も託児を担当してくれたのは、
福さまラブラブ

かなさまラブラブ

 

 

子どもたちから合計100回くらい、
「女子会いつ?」「何時になったら2人は来るの?」「早く会いたい」と催促されました(笑)

 

学校でもない、家庭でもない、第三の繋がりの中で、
子どもたちも成長していますアップ

親も子も一緒に成長していける女子会。

参加してくださったみなさま、ありがとうございました音譜

 

子どもを守る目@関西

親学の一歩・いばらき

辻 由起子

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

防災ママカフェ@大阪

 

 

東日本大震災の時、ママが「知らない」「備えていない」ことで、

誰よりも怖くて、大変な思いをした子どもたち。

 

被災地ママが教えてくれた、

 

「あの日何があったのか」

「どうやって子どもを守ったのか」

 

という声から学び、いざ大災害が来たとき、

子どものいのちを守れる大人になるために、みんなで一緒に学びませんか?

 

子どもと一緒に被災した、ニュースでは流れない実際のママの声

「あの日何があったのか」「実際はこうだった」そこから学び、考えて、備える。

自分と子どものいのちが守れる大人って、そんな人だと私たちは考えます。

 

・津波は30センチで8割の女性が流される。

 

・水深50㎝を超えるとドアがあけられなくなる。

 

・小学校で習った「机の下に隠れましょう」 熊本の震度7では全く動けない。

 

私たちの住む大阪って、海より低い所ばかり。

南海トラフ大地震が起きると、大阪市内は最大震度6、最大津波高4mの場所もあり、

それは、30年以内に70%といわれています。

 

「何とかなるか」では子どものいのちは守れません。

 

ほんまは、考えたくないんです。何とかなるかで終わらせたいんです。

 

でも・・・

 

災害がおこった瞬間、子どもの一番近くにいるのは、ママ。

ママの知識と備えで子どものいのちが守れます。

必ず来るその時に向けて、ほんきで自分と子どものいのちを守れる大人を増やしたい!!

 

防災ママカフェ@大阪で、そんな人たちが増え、つながるきっかけになることを信じています。ぜひ1人でも多くの方にご参加いただきたい。そんな想いで企画しました。

興味のある方には、もちろんお越しいただきたい。

興味のない方にもぜひともお越しいただきたい。

お二人でお申込みいただくと受講料が安くなります。

お友達と一緒にお申込みくださいね。

 

ママじゃなくても、そして男性も、もちろん大歓迎ですカナヘイうさぎ

 

【第1部】 10:30~12:00 ママのための防災ワーク

東日本大震災で乳幼児ママが直面した「実際はこうだった!」

リアルな体験談から学んで備えるワークショップ。

被災地ママの声と知恵が詰まったママのための防災ブック「その時ママがすることは?」の他、映像やスライドを使って、実例をもとにわかりすい言葉で伝えます。

 

【第2部】 12:00~13:00 親子で体験!防災食試作&試食

被災地ママの「子どもはまずいと食べない」「子どもが食べない備蓄は意味がない!」の声からうまれた親子で作って食べる防災食にチャレンジ!!

加熱剤を使って実際に調理します。

 

【第3部】 13:00~13:30 交流会

講師のかもんまゆさんを囲んで、関西のママ同士の交流を深めます。

海からの影響を多く受ける地域だからこそ、みんなが参考にできる冊子を作って行きたいと思っています。

 

【講師】 かもんまゆ氏(スマートサバイバープロジェクト スマートアクションチーム特別講師)

東日本大震災で被災したママと子どもたちへの物資支援を機に、ママ支援コミュニティを設立。

被災ママたちの声を集めた防災ブックを企画制作。

現在(社)スマートサバイバープロジェクト特別講師として、

全国89か所、4200人以上の乳幼児ママが参加する「防災ママカフェ」を開催。

子どものいのちを守るためのリアルな情報と知恵を分かりやすい「ママ語」で伝えている。

 

◆ 参加費 1500円 (防災ママBOOK 200円 ・ 防災食 500円含む) 

※お2人でお申込みの場合は、2人で2000円となります。参加者コメント欄にもう1名のお名前をご記入ください

※お子さんとご一緒に参加される場合は、お子さんのお名前、年齢を参加者コメント欄にご記入ください(参加者リストに名前を表示するのチェックを外してくださいね)

 

◆ 定員 60名

 

◆ 対象 乳幼児のお子さんがいるママ・パパ、テーマに興味のある方どなたでも

 

◆ 会場 関西大学梅田キャンパスKANDAI Me RISE

〒530-0014 大阪府大阪市北区鶴野町1番5号

阪急「梅田駅」茶屋町側から徒歩5分

JR「大阪駅」から徒歩10分

※今年オープンしたばかりのとってもきれいなキャンパスです。

以前の関大梅田キャンパスとは違うのでお気を付けくださいね。 

お申込みはこちらダウンをクリックして、こくちーずよりお願いします。

         こくちーず

 

皆さんとお会いできるのを楽しみにしていますドキドキ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。