17惜別球人開封

テーマ:

{00E57A49-B695-465E-85F8-E7EF4851ECF1}

このシリーズでよい引きをしたことがありません。だから発売当初は開封するつもりはありませんでした。ただ、他の方の開封結果を拝見して、あるカードが欲しくなり、それを言い訳に一箱開封しました。

欲しかったカードというのはこちら

17惜別球人 三浦大輔レギュラーカード

{D3D1F625-58FE-45F5-B453-BCDB232656D7}

この試合は思い出すと今でもグッとくるものがあります。三浦選手の現役としての最後のカード、本当にいい顔です。いつか「永遠番長」のインスクリプション入りでサインが頂けないかな...。

これだけならシングルで買えばよいのですが、今回はこの箱が「開けろ」と呼んでくれたのでしょうか。出てきた直筆が...、









 

 

 

 

 

 

 

 

 







 

 

 

 

17惜別球人 三浦大輔直筆(/35

{D781143F-EECE-4DE2-AFA0-34E6543319D8}

現役最後の直筆サインカードまで出てくれました。欲しいとは思っていたのですが、半ば諦めていました。白ベースの一番好きなデザインのサインカード、しかも直書き。

最高の結果でした。

カードを集め始めるようになってから、毎年当たり前のように何種類か出ていた三浦さんのカードが、0になることはないのでしょうが、今年からはポツポツとしかとしか出ないことが本当に寂しいです。早くもう一度ユニフォームを着る日が来てくれることを心から待っています。

AD

EPOCH 16広島 STARS & LEGENDS 開封

テーマ:
{9F94AB1D-CC55-46C4-90AC-482C6C547F56}
 考えてみれば開封結果を書くのも本当に久し振りです。元旦の福袋に並ぶこともなく、開けてみたいシリーズもなく、年が明けてから本当にカードから遠ざかっていました。
 EPOCHの16広島は、実は昨年末に一箱明けているのですが、忙しさにかまけて開封結果を書かずにリストに載せるのみにしてしまっておりました。(その時出たものは安仁屋縦、渡辺横、岡田パラレルでした。)このシリーズ、レギュラーカードのデザインや質感がとてもよく、一箱目を開封したときにはもう少し開けて見たいと思っていましたが、即売り切れ。今回偶然よく行くショップに再入荷されていましたので一箱開封しました。
まずはレギュラー、
{E1B990D8-76F0-48F3-AABB-162F248089A6}
マットな質感と絵画のようなテイストの写真がとてもよいです。
パラレルはレギュラーの銀箔の部分が赤箔になっただけのもの。ですが、レギュラーのデザインがよいのでこちらもとてもよい感じです。
16広島 STARS & LEGENDS 町田パラレル(/35)
{CB58E3B6-2C1F-4CE9-AB2E-78F2EC87B25C}
 直筆は今回も2枚出ました。1枚目は
16広島 STARS & LEGENDS 安仁屋直筆(/50)
{47D72568-A16E-4427-A568-31F96DF9CAA4}
何も2箱でダブらなくても…。
 2枚目 
 16広島 STARS & LEGENDS ジャクソン直筆(/25)
{81A0A330-8C6B-47B6-BB82-773ECC1C6829}
現役選手の直筆が出てくれました。日本シリーズでは起用に応えられない場面がありましたが、シーズン中はこの選手から点を取れる気がしませんでした。今年も広島でプレーするとのこと、筒香選手達との名勝負を期待しています。
このシリーズ、直筆サインカードもいいですね。紙の質もいいし、写真もいい。白ベースのカードのデザインもいい。
 BBMのカードを買い始めたきっかけは、TTMやファームの球場に行ってサインをもらったりするためでした。03~06の横浜チームリミに直書きサインが入っていたことで、パックのサイン集めに興味が移っていき、年を重ねて来ました。シールサインになってから集めることに”? ”がつき始めましたが、それでも直書きでデザインのよいものが出ていましたのでカードの収集は続いて行きました。
 特に最近のBBMのカードを眺めていて思うんですが、今回開封したカードのようなワクワク感があんまりないんですよね。BBMの直筆で、今一番眺めていて楽しいのがバイバックサインというのもこんなことが理由なのかなと思います。要は単なる直書き好きなのかもしれませんが…。
 発売されたシリーズを発売直後に、という形での購入は今までもあまりしていませんでしたが、これからも気に入ったものをぼちぼち購入というスタンスを続けていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。
 安仁屋直筆と町田パラレルは提供可能です。昨年も本当に色々な方にトレードでお世話になりました。折角トレードして頂いたものを報告も書かずにすみません。どこかで機会を見つけて紹介させて頂きたいと思います。

AD

三浦大輔さん~4

テーマ:

次の日は練習が休みで、選手の方々は色々なところに出かけていくようでした。私も観光に出かけるため、家族を待ってロビーのフロント近くのソファーに座っていました。そこに三浦選手が。どうやらフロントで車の手配をしてもらっていたようで、かなり長い時間、フロントで待っていらっしゃいました。ふと後ろを見ると、少し離れた所で色紙を持って立っている親子連れが。三浦選手を見つけてサインをお願いしようとしているようなのですが、フロントでの用事が済まないので、話しかけられないでいるようでした。用事が終わってフロントを離れようとした三浦選手の目にその親子が入ったのでしょうか。三浦選手は近付いて行って「サインですか?」と一言。差し出された色紙にサインをして出かけていきました。

私が三浦さんの姿を拝見したのはこの2日間だけでした。たった2日間だけでこれだけのことを見ることができたということは、一体毎日どれだけの人に対して、こうしたことをしているのでしょうか。横浜の別の選手の方が三浦さんに対して、「誰も見ていないときでも絶対に信号無視をして横断歩道を渡るようなことをしない人」とコメントしていました。

誰かの目がないときこそ、その人の本当の姿が出る。この数日間があってから更に、その後テレビの中で語る三浦さんの言葉を本物だと思えるようになりました。

こんなことを思い出しながら、引退セレモニーの姿には本当に涙が止まらなかったです。

横浜ファンとして野球を見始めて30数年、その中のほとんどに三浦選手の勇姿がありました。それがない今シーズン、本当に寂しいです。

三浦大輔さん、いつか三浦監督と呼べる日が、ユニフォームを着て横浜スタジアムに戻ってきてくれる日が来ることを心から願っています。

これからも私はずっと三浦大輔さんを応援します。


AD