テーマ:

秀吉が大名と謁見する際にいつも仰々しく言うあのセリフ。

「豊臣朝臣(とよとみのあそん)秀吉である。」


日本史を学ぶ時、名字と名前の間に「の」が入る人と入らない人がいて、混乱するといった話をよく聞きます。

何が違うのでしょう。

ざっくり説明すると間に「の」が入るのは名字ではなく「本姓」といって、天皇に認められた本物の姓。

それに対し「名字」というのは便宜上名乗るために用いた地名などに由来した言わば呼び名。

天皇に本姓を貰った「藤原」さんも、その勢力が伸びるとともに百年とか経つと、気付いたら宮中藤原さんだらけになってしまう。そうすると誰が誰の息子だとか分かりづらくなってしまうので、屋敷のあった場所などから「近衛~」とか「九条~」とかを使うようになる。

今でいえば親戚内みんな同じ名字だから「博多のおじさん」とか「飛騨高山のまーくん」と呼び分けていたのを、そのまま名乗りとして「博多○○」「高山○○」とするようなイメージ。


だから普段は名字を使うけれども、公式な行事や書面ではみな「本姓」を使ったため、本姓が「源」である足利家も徳川家も公式書面では「源尊氏」・「源家康」となった。


平安時代以降いわゆる「源平藤橘」(源氏・平氏・藤原氏・橘氏)が主流になり、また本姓よりも名字を使われることがほとんどたったので新たな本姓をつくる必要がなかったのですが、秀吉の功績は新たな本姓を作るのに値すると認めた(認めさせた)ために、新たに作られたのが「豊臣」という本姓だったわけ。


そりゃ、鼻たーかだかに言いたくなる気持ちも分からんではありません。(笑)


----------------------------------

歴史大好き古藤が、大河ドラマを見て何も見ずに自分の記憶のまま思ったことを書くだけの企画です。史実と異なる場合もあるかと思いますが、ひらにご容赦を。

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今夜は秀吉と茶々の間に出来た子供が本当は秀吉の子では無いのではないか、という落書に対して秀吉が激怒。

信繁がその犯人を捜すという話でした。

 

茶々はこの後ももう一人男児を生みますが、父親が秀吉ではなかったのでは無いかという説はいくつかあります。

相手としてよく言われているのは茶々の乳母である大蔵卿の局の子である大野治長。

まだ「真田丸」には登場していませんが、先日今井朋彦さんが演じられる旨発表がありました。

 

また石田三成も茶々と密通していたという説がありますが、これは後年徳川の世になってから関ヶ原の戦いの首謀者である石田三成を貶めるために作られた風説である可能性が高いと思われます。

もっとも驚きなのが豊臣秀頼の父親は秀吉ではなく、徳川家康という説。

肖像画に残る秀頼は痩せ形の父・秀吉よりもぽっちゃりした家康に似ているだとか、大坂時代に家康が茶々と親しくやり取りをしていた。家康の子で江戸幕府二代将軍の秀忠が豊臣家を滅ぼすことにこだわったのは、秀頼が実弟であるならば自分を脅かす存在になることを恐れていたからだ・・・と。

 

ちなみに本作では今まで一度も実子を授かったことがないとされていた秀吉ですが、信長配下の長浜城主時代に側室との間に男子を設けたという記録もあります。(竹中直人さん演じる「秀吉」ではこの説が採られていました。)

どちらにしろほかの側室との間にも一切子供が生まれなかった秀吉なので、妊娠させにくい体質だったことは間違いないようです。

 

----------------------------------

歴史大好き古藤が、大河ドラマを見て何も見ずに自分の記憶のまま思ったことを書くだけの企画です。史実と異なる場合もあるかと思いますが、ひらにご容赦を。

 

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて、前回予告した通り徳川家と真田家は縁組を結ぶこととなります。

真田昌幸の嫡男・信幸に徳川家の重臣本多忠勝の娘である稲姫(小松姫)。

しかし真田信幸には既に昌幸の長兄・信綱の娘が正室として居ますから、彼女との離縁を迫られます。


現代のサスペンスドラマでよくあるシチュエーションですね。重役の令嬢と結婚する為に昔から付き合っていた彼女との別れを迫られる。

男性が超悪者になるシチュエーションですが、女性の地位が高くなかった時代ではままある話です。。

一夫多妻制の時代ですので、今までの正室が側室に格下げとなって留まるケースもありますが。


特に豊臣から徳川へ時代が移る時、豊臣恩顧の大名家から娘を迎えていた家が徳川家から娘を貰い受ける際によくよく発生していた印象があります。

一昨年の大河ドラマの主人公・黒田官兵衛の息子の長政もそうでしたね。


他に正室が離縁されるケースでよくあるのが、側室が先に男の子を生んだ場合。ゆくゆくは跡継ぎになるであろう男の子の生母として側室が正室として迎えられ、正室の女性が離縁されてしまう。

現代だったら「女性は子供を産む道具ではない」と人権団体から怒られそうです。

そのケースで面白いケースなのが伊達家の家臣である鬼庭(茂庭)家。鬼庭良直は正室との間に女の子は生まれたものの男の子は生まれず。やがて側室に男子が生まれたため正室とは離縁。

離縁された女性は娘を連れて片倉家に再縁し、やがてそこで男の子を生みます。

その時生まれたのが伊達政宗股肱の臣・片倉小十郎景綱であり、異父姉・喜多は政宗の乳母となります。また鬼庭家に生まれた男の子・鬼庭綱元も政宗が生まれてから死ぬまでずっと仕えた、大きな柱となった家臣。

この不思議な三兄弟が伊達政宗を大きく支えたのでした。

この話は大河ドラマの「独眼竜政宗」でも描かれていたので、ご記憶の方も多いかと思います。

(鬼庭良直:いかりや長介、鬼庭綱元:村田雄浩、喜多:竹下景子、片倉景綱:西郷輝彦 ※敬称略)


----------------------------------

歴史大好き古藤が、大河ドラマを見て何も見ずに自分の記憶のまま思ったことを書くだけの企画です。史実と異なる場合もあるかと思いますが、ひらにご容赦を。

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日は1日有明でお仕事。豊洲から歩いていったのですが、新しい市場がもうかなり出来上がってました。
とても大きな市場が3つも4つもあって壮観でした。
{B78FD029-B2B7-4728-901E-C9C029436E94}

{B49A6A96-79CD-427B-AE8A-AD9FA9D6125F}

いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今夜は木村佳乃サン演じる松(藤)がいい味出してたなぁ。


真田昌幸はようやく上洛、秀吉配下の大名として認められると共に徳川家康の寄騎(与力)となることを命じられます。

寄騎というのは大名の直臣ではあるけれども、迅速な判断を求められる場面において円滑な指揮系統を確保するために、指揮を執る大身の家臣(寄親)に補佐として付く役目のこと。

有名なところでは柴田勝家下の前田利家・佐々成政・不破光治の府中三人衆や明智光秀下の細川藤孝や筒井順慶。秀吉下の両兵衛(竹中半兵衛重治・黒田官兵衛孝高)も秀吉の直臣ではなく、信長から付けられた寄騎です。

こうすることで寄親の家臣は大名に直接許可を取ることなく配下の寄騎に命令を出すことが出来、また大名にしても寄騎を寄親の家臣としてしまわないことで、寄親である家臣が大名を凌ぐ力を持つのを防ぐことが出来ました。


また寄騎は指揮官の配下であると同時に大名から派遣された指揮官に対するお目付け役の意味合いも持っていました。

指揮官に何か不審な動きがあれば、直接大名に報告をする。

あくまで寄騎の主君は大名であり、その意に背く時は寄親だろうと命令に従う筋合いはありません。

本能寺の変後に明智光秀があえなく敗れたのは、味方になると目論んだ寄騎の細川・筒井が味方に付かなかったことですが、両家にしてみれば明智は現場の上司ではあるけれども、雇い主では無いので言う事を聞く筋合いなどなかったのです。

現代でいえば、寄親である家臣が支店長で寄騎は支店の社員というところですね。


とはいえ、寄親と寄騎の家臣同士の結びつきは強いケースが多く、先の明智家の場合も光秀の娘の玉子(ガラシャ)が細川藤孝の嫡男・忠興に嫁いでいます。

はてさて真田と徳川は・・・という話が来週の中心になりそうです。

----------------------------------

歴史大好き古藤が、大河ドラマを見て何も見ずに自分の記憶のまま思ったことを書くだけの企画です。史実と異なる場合もあるかと思いますが、ひらにご容赦を。


いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて今夜は秀吉が妹に続き、母親まで家康に人質として差し出して、ようやく家康を従わせることに成功しました。

それにしても旭役の清水ミチコさんの表情ときたら・・・(笑)


人質というと弱者が強者に差し出すケースがほとんどですが、まれに今回の秀吉のように優位に立つ側が差し出すケースがあります。

これは送った側にとっては「それだけお前を信用するんだぞ」という圧力をかけることになり、受け取った側にとっても「粗略に扱うと何されるか分かったもんじゃない」という足枷。万が一先に人質を殺そうものなら、送った側を敵に回すのは勿論、天下の信用を失うことになります。


信義を重んじるからこそ出来る行為ですが、日本以外でもこういうケースはあったのかな。


有名なのは明智光秀が丹波(京都)を攻めた際、その地を治める波多野兄弟の降伏条件として光秀は母(異説あり)を波多野側に差し出しました。

降伏した波多野兄弟は信長の待つ安土へと行きますが、しかし信長は波多野兄弟の降伏を赦さず兄弟を殺害。結果光秀の母も波多野の家臣によって殺害されてしまい、本能寺の変の一つの原因となったと言われています。


----------------------------------

歴史大好き古藤が、大河ドラマを見て何も見ずに自分の記憶のまま思ったことを書くだけの企画です。史実と異なる場合もあるかと思いますが、ひらにご容赦を。

いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ラストは津田寛治さんと。
春田さんと特撮話をしていると、一緒に話に入ってきてくださいました。そしてかつてヒーローショーでダイナイエローに入っていたというまさかの事実!!
「スカッとジャパン」の印象とは全く違う、素敵な俳優さんです。 「極道の掟」、レンタルも開始されました。古藤も出てます。是非ご覧くださいませ。
{70A64513-2BE0-40D4-A0DC-F2C1C5FA6FEC}


いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

真田信繁が秀吉の馬廻となった今夜の回、馬廻について書こうと思ったのですが、個人的に小姓と馬廻と母衣衆の区別がよく分かりません(爆)

信繁も馬廻と言いつつ黄母衣貰っていたし。。。

 

母衣というのは背中に付けるマントのようなもの。馬に乗って速度が上がるとフワッと膨らんで敵味方に対して目立つとともに、背中から弓を射られた場合の防御手段の一つとなります。

 

馬廻にしても小姓にしても大名の親衛隊的存在です。これは主に家臣の次男や三男で構成され、戦時には主君を守ったり本陣からの伝令役として働いたり、平時には諸々取次などを行なう秘書としての役割を担ってました。

大名の働きぶりを常に間近で見ていますから、才あるものは有能な子飼い武将として家を支えていく存在になる訳です。

つまり信繁も秀吉の下で帝王学を学び、どこぞの重役の娘を奥さんとしてもらえば、どこぞの名門の名跡を継いで兄・信幸が継ぐ真田家とは別に大名になれるチャンスがめぐってきたということ。

現代でも将来の幹部候補が社長のカバン持ちになったり、まだデビュー前の若手俳優が事務所の大物俳優の付き人になるようなものですね。

 

また家臣と言っても平和な江戸時代とは違い、家臣がいつ裏切ってもおかしくない戦国の世では人質としての側面もあったことは言うまでもありません。

 

----------------------------------

歴史大好き古藤が、大河ドラマを見て何も見ずに自分の記憶のまま思ったことを書くだけの企画です。史実と異なる場合もあるかと思いますが、ひらにご容赦を。

 

いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4/14から続く熊本の地震、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

真田丸にも登場している新井浩文さん演じる加藤清正が築いた熊本城にも多くの被害が出ているようで、復旧には10年近くかかるとか。


熊本城と言えばやはり急こう配の石垣が特徴的。

これは清正が朝鮮出兵の折、攻めあぐねた相手方の城を参考に作ったとか。

その有効性が実証されたのは城が築かれてから270年後。

鹿児島で挙兵した西郷隆盛は北上、政府軍が立て籠もる熊本城を攻めたのでした。

圧倒的大軍の西郷軍の前に落城は必至かと思われましたが、想像以上に堅固な作りの熊本城を西郷軍は落とすことが出来ず、結局西郷軍は敗れ西郷隆盛も自刃して果てたのでした。

名将加藤清正の軍略は時を経てもあせることなく、敵を撃退したのでした。

改めて熊本の一日も早い復興をお祈り致しております。


ところで真田丸、どうして「おおざか」じゃなくて「おおさか」なんだろ??


----------------------------------

歴史大好き古藤が、大河ドラマを見て何も見ずに自分の記憶のまま思ったことを書くだけの企画です。史実と異なる場合もあるかと思いますが、ひらにご容赦を。

いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。