1 | 2 次ページ >> ▼ /
2011年03月24日

東北地方太平洋沖地震(3.11-3.15)

テーマ:こぶた(・@・)日記

ども♪
左鼻だけ詰まりやすいでおなじみのこぶた剣士です。
(・@・)ノ


お久しぶりの更新です。

記事自体は、実は数日前に書き上げていたのですが、どうにもアップする気持ちになれず・・・

ずっと躊躇していました。


テーマは3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震について、です。


書いては消して、書いては消しての繰り返しでした。

なかなか自分の気持ちを活字にするのは難しいし、何を書いても非難される気もしていました。

同時に、「自分に何ができるのか?」を必死に考えていました。


著名人、芸能人のように資金もない。
かと言って、何かしらの技術や才能があるわけでもない。

どこにでもいる平凡なサラリーマンの自分にできる事。


ひとつだけありました。
やはりそれは、ブロガーとして、一週間の出来事をしっかり記しておく事でした。

やっとアップする決心がつきました。
むしろ、そのくらいしか出来ません。
背伸びをして、偉そうに地震について語って高尚な人種になれた気がしても夜が明けたら小さな庶民なのですから。


なので、自分の身の回りで起こった事実、変化をただ書き連ねようと思います。



■3月11日(金)
14:40過ぎ、仕事中に強い揺れを感じる。
直感でヤバイと感じ、思わず机の下にもぐる。
本当に長く強い地震。
机がガクンガクン揺れ、机ごとペシャンコにならないか不安に感じたほどでした。


ある程度揺れがおさまったので、同じフロアの人全員に「外に非難しよう」と声がけをし、会社のむかいにある駐車場に避難する事に。


もちろんエレベーターはストップしているので、階段で移動。


階段を降りている途中、ある事が脳裏をよぎりました。


「俺の大切な人たちは無事だろうか?」


同時に、

「震源地は何処だろう?」


神奈川?
千葉?


そのあたりならまだいいかもしれない。


これが、東北や関西方面なら、現地はそうとうにヤバイ事になっているのでは・・・


同時に、宮城県名取市閖上(ゆりあげ)という港町で暮らす祖母と母の事が心配になりました。


不安は的中。


携帯で震源地を調べた同僚が、

「震源地は宮城県三陸沖で・・・えっ!震度7!?」


・・・はぁ?
(゚Д゚;)?


震度7?


震度5強とか、6弱とか、そのレベルなら体験した事があるが、震度7はさすがに聞いた事がない。
「マグニチュード7の間違いなのでは・・・」


「いえ、震度7、間違いないです。」


心の中に暗澹としたどす黒い泥みたいな気持ちが渦を巻いて体を支配していくのがわかります。
身体に力が入らない。いやな予感しかしない。


とにかく電話。
携帯のボタンを押す手が震えてうまくかけられない。


そして、やはり電話は繋がらない。


どうしよう。
祖母と母が住む家は、まさに震源地ドンピシャ。
今は生きている事を祈るしかない。


気が気じゃなかったけれど、会社の人間と外で雑談をしていたら、業者さんに声をかけられました。
15時から打ち合わせの予定だった・・・
(゚Д゚;)


業者さんは、会社の最寄り駅に降りた瞬間地震に見舞われたらしい。
こんな時に・・・よくきたね。大変だったんじゃない?
せっかく来てもらったので、駐車場で手短に打ち合わせをしました←

業者さんは、電車も止まっているし、どうやって帰ろうか・・・
と言っていましたが、とりあえずバス乗り場を案内し「グッドラック!」と言ってさよならをしました。


そして、電話は相変わらず繋がらない。


でも、ツイッターだけは繋がります。
ツイッターで繋がっている友人の無事を確認。
ちょっとほっとした。


この時は、親にもツイッターさせたいと本気で思った。


引き続きツイッターを見ていると、「仙台空港が埋もれていってる!」というつぶやきを発見。


えっ?どういうこと!?


そう質問を返すと、すぐに「津波で」とリプが返ってきました。


「津波」


その2文字は、俺に今まで経験した事のない絶望感をあたえるには充分すぎました。


祖母の家は、徒歩10分ほどで海なんです。
走れば5分とかからないくらい、海に近い場所に建っているんです。


59歳の母と、82歳の祖母は避難できているのだろうか。


どうか、どうか避難していてくれ。
母ちゃん、どうか、ばあちゃんを連れて避難していてくれ・・・!!
何度も電話しても繋がらないので、祈る事しかできない自分に苛立ちを覚えます。


日も陰ってきました。
余震もだいぶ落ち着いたので、帰宅方法を模索する。
都内の電車は完全にストップ。
帰宅難民で都内はパニックらしい。
政府からは、下手に動かずに会社に泊まれという指示も出た。


徒歩でも2時間くらいで帰宅できるのだが、会社の仲間と一緒にいた方が心強い。
何より、どこの道路が崩れているかわからないのに夜に徒歩で帰るのは危険な気がする。
ということで、会社に泊まる事にした。


約20人くらいで一夜を明かす事になったので、コンビニに食料を調達しに行く。
お弁当コーナーがだいぶ少なくなってきている。
ほとんど買占めみたいになってしまったが、20人分の夕食と翌日の朝食のお弁当とお茶、水を購入。


こぶた(・@・)ぶろぐ

皆でコンビニパーティー。
ローソンのポイントがだいぶ貯まりました←


近くにある誰でも知っている大手さんの社員も泊まりだという。


母と祖母の事を考えると食欲もわかないが、今はどんな事があっても動けるようにしておかなければならない。
食べて体力を付け、気持ちをしっかり持っておく。
これが今俺に唯一できる事。


そういえば、仙台の友人はどうだろうか・・・?
仙台で一番の親友は、祖母にくらべればだいぶ海から遠い場所に住んではいるが・・・
電話してみる。


繋がった!!


もしもし!?無事か!?


なんとか無事。そっちは大丈?
(こんな時に俺の心配をしてくれるコイツが大好きだ。)


うん、大丈夫。
お前の家は大丈夫?


床下浸水は確実だと思うけど、家族全員で避難しているし、大丈夫。


そうか、無事ならよっかった。
携帯の電源も貴重だと思うから切るぞ?


うん。


また会おう。


うん、また会おう。


そう言って電話を切りました。
海からだいぶ離れた親友の家ですら床下浸水。
もう家は波に飲まれた事は間違いなさそう。


相変わらず母に電話は繋がらない。


テレビを見ると、津波に飲まれる町の映像など、恐ろしい映像ばかり。
しかし、肝心の名取市の映像が一向に流れない。


もしや、映像を流す事すらできないほどの惨劇なのでは・・・
映像が流れない事が、逆に自分を冷静にする。


そうだ、妹に電話してみよう。
愛知県に住む妹も、きっと母に電話しようと試みているはず。
もしかして、繋がっているかもしれない。


何度か電話すると、繋がった。


お母さんと連絡ついたか?

いや、私も話せていないんだけど、お母さん、さいたまにいるかも!


・・・はぁ?
(゚Д゚;)?


さ い た ま !?


妹曰く、予定が変更されていなければ、今日はさいたまの知人宅に遊びに来ているらしい。


そうか、さいたまにいるなら生きている可能性が高・・・


祖 母 は ど う し た !?


ヤバイ、ますますヤバイ。


足腰が悪い82歳の祖母があの津波からひとりで逃げられたイメージが全くわかない。
祖母に関しては絶望的な想像しかできない。
いや、母だって予定が変更され、仙台にいた可能性だってある。


本当に、祈るほかにない。
俺は、いつの間にか椅子に座りながら眠りに落ちていた。



■3月12日(土)

早朝。


妹から電話が。


お母さんと連絡が取れた!!
お母さん、昨日の夜のうちにレンタカーを借りて仙台に向かっているんだって!!


な ぜ 仙 台 に 戻 る !


余震だってあるだろうし、そもそも現地入りできるのか?
祖母が心配なのはわかる。
しかし、今は自分の命だろうが!!


と、思ったりもしたけれど、そのなりふり構わない行動力はとても母らしいと思うし、すごいと思う。
俺が同じ状況なら、レンタカーを借りてまで仙台に戻ろうと思うだろうか。
良いか悪いかは別として、ここ一番の母の行動力は尊敬だ。

とにかく生きていたのならいい。

ちょっとだけ、安心した。


6:30頃、電車の運行状況をしらべると、どうやら本数を減らして運行しているらしい。

一度帰るか・・・


会社の窓から見た朝日。
こぶた(・@・)ぶろぐ
こんな時でも、誰にでも平等に朝日は昇るのだな・・・とか、
朝日を見る事ができる俺は幸せ者だな・・など、
そんな事を思ったり。

祖母がこの太陽を見ている事を祈って。


電車はやはりすし詰め状態。
相変わらず余震が頻繁に起こる。
帰宅途中、超満員のホームでみんなの携帯から地震警報が一斉に鳴り出したあのカオスな出来事は忘れられない。


そして帰宅直後、母から電話が!!


もしもし!!
生きてたのか!!


生きてる!!
今、レンタカーを借りて仙台に向かっている。
全然進まない。

今、福島。


何で俺に一声かけてくれなかったんだよ!!


だって電話も通じないしばあちゃんg・・・・


ツーツーツー・・・


切れてしまい、それ以降、一切電話は繋がらなくなった。


たった30秒くらいだったけれど、とりあえずちゃんと声が聞けた。
母は生きている。
今はとりあえずそれでよしとしよう。
せっかく助かった命。
どうか、無茶はしないでくれ。


最後に大丈夫か!気をつけろ!と、声をかけてあげられなかった事が悔やまれる。


テレビをつけると昨日の夜からあまり変化のない映像が繰り返し垂れ流されている。
福島の原発がどうにかなったらしいが、福島の事は右から左で、全然事の重大さがアタマに入ってこなかった。


そしてこの日は、大切な人と会う約束をしていた。
地震後で会えないかもと思ったけれど、会ってくれるらしい。
ありがたい。


街を歩いていると、
こぶた(・@・)ぶろぐ

桜が咲いていたり。



こぶた(・@・)ぶろぐ

夕日がとても綺麗だったり。


どこのお店もほとんど休業なので、予定していた事はできなかったけれど、それでも、この時の俺には外に出て人と会うという事が重要だったように思える。
たぶん、家にいたら心が死んでいたと思う。

ありがとう。


そして、帰宅。

テレビをつける。


朝とは違う、新しい映像、新しい情報がたくさん放映されている。
仙台の荒浜海岸には、200人~300人の遺体が打ち上げられているとの情報も。
祖母の家は、荒浜海岸より5~6キロ南の海岸沿いにあるんだ。
名取市の映像も映る。

祖母の家よりはだいぶ海から遠い場所だったが、よく知っている場所。
そこがすでに海に飲まれている。


この場所でこの有様なのだから、祖母の家は全壊だろうな・・・
というか、祖母はひとりで逃げられたのだろうか・・・


なんとも言えない絶望感が再び俺を襲う。


母からメールが。
電話は相変わらず繋がらないが、メールはなんとかできる状態らしい。


***


ばあちゃんがどこにも居ない。
会ったという人もいない。
○○おじちゃんと偶然会って一緒に探している。
祈り続けてくれ。

***


・・・


ばあちゃんと会ったのが今年の正月が最後だなんて思いたくない。
うどんが大好きなばあちゃん。
毎年正月にうどんをご馳走しているのに、今年は行けなかった。
頼むから来年はご馳走させてくれ・・・


その後もテレビでは、仙台市の様子が次々と映る。
どこもかしこも思い出がある場所。
生まれてから24歳になるまで、ずっと仙台で過ごしていた。
その後は仕事で岩手県、青森県と異動したけれど、岩手県の映像も、知っている場所が多い。
特に仙台は、放映される映像の全部が知っていると言ってもいいほど。
俺の思い出が全部波にさらわれた気がして、本当に涙が止まらなかった。
気付いたら、テーブルの上に、涙の水溜りができていた。


ヤバイ。

このままでは気が滅入ってしまう。

関東に居ながら心の病になってしまいそうだ。
自分から情報を遮断しなければ。


俺はテレビを消した。



■3月13日(日)
この日、ツイッターを見ていると、おなじみのチル友さんたちが新宿に突発的に集合する流れになっている。

俺も行きたい。

ひとりで居ても何ができるわけじゃない。
ならば、皆と会って、無事の喜び、生きている喜びを分かち合いたい!!
素直にそう思えた。

スペシャルゲストで八重桜先生を連れて皆のもとに向かう。
新宿にむかっている地下鉄の中、携帯にメールが。


母からだ。


**

ばあちゃんの名前、生存者リストに名前があった!


だけど、どこの避難所かわからない。
まだ会えていない。

**



「生 き て た !」


「よかった・・・!よかった・・・!」
俺は、地下鉄の車内で泣いた。


「よかったね!!よかったね!!」
八重ちゃんも一緒に泣いてくれた。
本当にいいコだ。


ツイッターのフォロワーさんもものすごく心配してくれていたので、早速報告。
「おめでとう!」「よかった!」「祈りが通じた!」など、数え切れないくらいのリプをいただいた。
それで、また泣いた。


新宿のオッチョン塔(タワレコ)前に到着。
みんないた。


みんな、新宿に向かう途中の俺のツイートを読んでくれていて「おばあちゃん、生きていてよかった!」と言ってくれた。みんなとハグをして、そして、また泣いた。


今回の発起人のヒビキちゃんはじめ、
ののたん、ねこさん、hiroさん、たっくんの4人に、やえちゃん、こぶたの2人がお邪魔して、6人。
その6人で勤務中のオッチョンを冷やかしに。。。
しかし、オッチョン見当たらず。

とりあえずお茶でも・・・
と思ったらねこさんのiPhoneが行方不明というゆゆしき事態。
(後日、見つかってよかった!)

そうこうしているウチに休憩のオッチョンも合流したので、この人数を受け入れられるカフェはないだろうという事で、カラオケでご飯を食べようという事に。


ツイッターを見ていたmomoさん、200ちゃん(犬)、よっちゃんも合流し、ますます賑やかに。
こんな時に不謹慎と思う人もいるだろうけど、この時みんなに会えてよかった。
本当に心強く感じた。本当にありがとう。


祖母はまだ生存者リストに名前があっただけで、どんな状態なのかわからない。
もしかしたら大怪我をしているかもしれない。
まだ完全に安心はできないけれど、とりあえずはひと段落。


誰に感謝していいのかは分からないけれど僕は今日も生きてる まだ もう少し君を愛していれる。



■3月14日(月)
平日がはじまる。

思えば地震が金曜だったのが不幸中の幸いだったのかもしれない。
不安すぎて翌日とか、絶対に出勤できなかったと思う。


福島の原発事故の影響による計画停電の話とかがチラホラ出てきた。
電車も通常より少ない本数だとか。。。
運休している路線があるとか。。。
とりあえず、いつもより30分ほど早めに出勤してみる。
最寄り駅にたどり着いたところ・・・


人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人・・・・・・・・


・・・


駄目だこりゃ。
(´Д`;)


とりあえず電車はあきらめた。
徒歩でも1時間半くらいなので、ちょっと歩いてみようかな。
という事で、徒歩通勤してみる事に。


この日はとても良い天気。
微量でも放射能が混じっているなんて考えたくない。
放射能はとりあえず棚の上ええぇぇぇーーーへぇーーーっ♪←


徒歩出勤と考えると気が滅入るけれど、お散歩という設定にするとちょっとだけウキウキするから不思議。
こうやって小さな幸せを拾っていかなければ、たまに仙台の映像が脳裏にチラついたり、まだリストだけで見つかっていない祖母の事が気がかりで、また泣きたくなる。


ちょっと遅れたものの、無事に出勤。
チクチクお仕事をこなしていたら、母からメールが。


**

ばあちゃんに会えました!
怪我もなく元気です。
これからの事を話し合います。

**


よかった・・・
やはり、リストに名前があったとしても、ちゃんと対面するまで安心できないものです。
本当によかった・・・
おそらく家は海の底だと思うけれど、命があれば・・・


よし!
仕事仕事っ!!
しかし、この日は会社の最寄り駅が15:30で運休になるという情報が入り、14時頃に全員退社。
ほんの少ししか会社に居られなかったけれど、会社のみんなと会えただけでよかったと思う。
祖母の無事も確認できたし、ちょっとずつ日常をとりもどして行きたい。


その晩、ツイッターのアイコンを変えた。


こぶた(・@・)ぶろぐ


今は剣も盾も持たない。
両手はあけておく。
俺にできる事があったらいつでも動けるように。
そんな気持ち。



■3月15日(火)
この日の朝、母と久しぶりに電話ができた。
携帯は、電気が通っている家で充電させてもらったらしい。
実はずっと疑問だった、「祖母がどうやって助かったのか」を聞いた。


ここでおさらい。
・祖母の家は海から徒歩10分圏内(津波ジャストミート)。
・年齢82歳。
・足腰が弱いため、歩くスピードは非常にゆっくり。
・母が不在のため、家に一人。
・年寄りが多い町のため、誰かが助けてくれているとは考え難い。
どう考えても死亡フラグしか立っていない。


しかし、祖母は生きていた。


その理由を聞いて俺は驚愕した。


祖母は津波警報が出たため、近所の人と徒歩で逃げていた。
しかし、津波の方が圧倒的に早く、津波に飲まれたらしい。


祖母は、波にさらわれ、命を諦めたそうだ。

だけど、奇跡は起きた。


なんと!

祖母が津波に飲まれ、流れ着いた先が避難所の2F!!


波にさらわれ、避難所の玄関に偶然入り、しかも階段をのぼって、2Fまで波が運んでくれたのだ!!
流れ着いた先に、避難していた人がいて、手を差し出してくれて、一命を取りとめたのだと。

しかも、一緒に家や木材、車、船も流されていたのに、傷一つなかったのです。



話は変わります。
12年前に亡くなった祖父は、漁師でした。
この港町で生まれ、海を愛し、海に生きた男でした。


じいちゃんが守ってくれたに違いない。


こぶた一家は、そんな風に思っています。
祖母に関しては、本当にありえない奇跡のため、そう考えた方がむしろ自然のように感じます。


いわゆる網元のおぼっちゃんだった祖父は、一般人である祖母と周囲に反対されながらも大恋愛の末結婚したそうです。

祖父は脳の病気で亡くなったのですが、他界する間際、祖母に「一緒になれてよかった」と祖母に言ったそうです。
ほとんど口も聞けない状態だったのに。


祖父と祖母、この2人の恋愛は今も続いているんだなぁ・・・
と、そう思いました。


とにかく、生きていてくれて、本当によかった。

(つД`。)


後日、家を確認したら基礎しか残っていなかったそうです。
でも、命さえあれば、家はまた建ちます。
東京もスーパー、コンビニの食料品がスッカラカンだったり、ガソリン、トイレットペーパー、ティッシュが買えなかったり、計画停電が連日実施されていたり、電車も終日土日ダイヤの8割運行だったり、放射能の問題だったり、いろいろありますが、被災地の家族、友人の事を考えればたいした事ありません。


また、友人数名と連絡をとり、仲の良い友人の安否は、1人を除いて確認できました。
1人だけ行方不明ですが、今は生きている事を祈るのみです。


避難所の祖母や母の体力や気力がいつまで持つのか、それも不安です。
しかし、今は仙台入りしたい気持ちをぐっとおさえます。


中にはこんな俺を「非情」と叩く人もいるでしょうね。
会社でもよく、「お前、帰らなくて大丈夫?」と言われます。


でも、俺は帰りません。
俺が一人で現地に行っても、無駄なエネルギーを消費し、被災者に行き渡る食べ物が一人分なくなるだけだと考えます。


現在のような状況では、何をしても非難されがちです。
自分の考えを発信すれば叩かれる。
何もしなくても、被災者の事を考えろ!と叩かれる。

(たぶん、この記事を叩く人もいると思う)

今、テレビやネットには「正義」や「道徳」があふれています。
地震の事を語ろうとすればするほど、指導者やインテリの臭いがしてくる気がします。
あーだこーだ言って高尚な人種になれた気がしても、結局は小さな庶民。


たとえば、今はさまざまな人が募金を呼びかけ、これまた大勢の方が募金を行っています。
募金する者は善。
募金しない者は悪。
そんな空気が、現実世界にも、ネットにも流れています。


しかし、俺は募金しません。

何故なら、実家が倒壊しているからです。
祖母に募金します。


こんな風に、中には俺の様な背景の人間もいるのです。
街頭に立つ募金の呼びかけを無視し、素通りする時に感じる視線と罪悪感ったらないです。


なので、もう俺は、この地震の件に関して誰も非難しない。
誰も叩かない。
そう決めました。


言わないという事は、考えていないという事ではない。

行動していないという事は、行動する気がないという事ではない。

それだけは、分かってほしいかな。


誰かを非難する事はとても簡単です。
もしかしたら、あなたが非難した人は俺のような背景を抱えた人かもしれません。
あなたが憎いあの人は、誰かの大切な人なのです。


俺にできる事は少ないけれど、確実にあります。
忘れないために、記憶から消すために、こうしてブログにドキュメントとして記録しておく事。


そして、日常を取り戻す事。

しっかり仕事をし、経済活動をする事。

消費を楽しむ事。


そして、ひと段落したら家族のもとに行き、抱きしめてあげる事。
ただ、それだけです。


復興はプロに任せた!

俺の故郷はそんな簡単には滅びないし、思い出は津波にも流されない。

行方不明の友人や遠い親戚の事を思うと胸が苦しくなるし、今回の地震が今後俺の人生に、日本に、世界に、どんな影響を残すのかはわからないけれども、俺は、生きる事を楽しむ事だけは絶対にやめない!!

そう思います。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(39)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011年03月13日

【ネタバレなし】SENSEツアー横浜アリレポへ…

テーマ:Mr.Children

ども♪

今日も生きていますでおなじみのこぶた剣士です。

(・@・)


地震についてはいろいろありました。

本当にいろいろありました。


あったのではなく、これからもいろいろあるんでしょうね。

地震について思うことは、いずれ。


さて、不謹慎と言われようが何と言われようが、今日はSENSEツアー横浜アリーナのレポをアップするって決めていました。読みたい方だけ読んでいただければ幸いです。


なので、楽しい思い出をアップする事に過敏に反応し、難しく考えるおりこーさんは退室願います♪(笑顔で)


ライブ前、当日券を入手し開場するまでの記事と、ライブレポの2つがあります。



≪ライブ前ドキュメント≫

【ネタバレなし】SENSEツアー横浜アリーナに…!


≪ライブレポ≫

【大いにネタバレ】SENSEツアー横浜レポート
※クリック注意!!


それでは。

(・@・)ノ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2011年03月06日

【ネタバレなし】SENSEツアー横浜アリーナに…!

テーマ:Mr.Children

ども♪
花粉症で常時ぐったりでおなじみのこぶた剣士です。
(>@<)いーーっきし!!


はてさて、どこからお話しましょうかね。
金曜の夜に、名古屋の反省会という名目でチル飲みを行ったのですよ。

メンツは、
・こぶた
・とっこ
・ambi
・オッチョン
と、知る人ぞ知る変態たち。


4人で、オープニングナンバーについてだったり、曲順についてだったり、アレンジについてだったり、歌い方だったり・・・そこから何故か恋話に発展したり、そりゃあもういろんな事を話していたのです。


ま、お店はここなんですけどね。
こぶた(・@・)ぶろぐ
俺たちこんなんばっかだなww


そして、二次会で、
・よっちゃん
・なおさん
の2人が合流し、6人でチルカラへ。


チルカラはなんと、SENSEツアーを再現するという変態カラオケ。

あんな歌やこんな歌をセトリ曲順通りに歌います。


カラオケも中盤になり、こぶたも含め、みんなで携帯をチェックしはじめました。

そう、この日は横アリの当日券の当落発表日。

「どーせ当たらないだろー?」

「一応スケジュール空けていたけれど、明日暇になるなー」

「武史め!!」


そんな事を話していたのですが・・・


こぶた(・@・)ぶろぐ
【当選】Mr.Children(神奈川)

※クリックで拡大



・・・



えっ・・・?
(・@・)?



もう一度見る。

やっぱり当選の文字。



えええええぇぇぇええええぇぇえ!?
Σ(・@・;)



あ、当たってる!!??


かかかかか神奈川!!!



アワワワワワ(゚@゚;Ξ;゚@゚)ワワワワワ…



ととととと当選んんん!!??



お、俺、当たった!!

なんか当たってる!!



えっ!?

でも、神奈川って何!!??
申し込んだの
横アリだよ!?



あれ??


あああああ!!!!


横浜って神奈川だったwwwww


横浜は神奈川だったあああああああああ!!

\(*゚@゚*)/←混乱中


かなりsaku乱してしまい、こんな馬鹿な事を言ってしまったww


いやあ、サスガに携帯を持つ手が震えました。
まさか横アリの当日券が当たるとは・・・


土日の相互協力で申込みをしていた相方さんはハズレていたので、土曜のみですが、とにかく参加が決定(贅沢言うなw)。


そのチル飲みの帰り、セブンに寄って引換券を発券してみる。


・・・


本当に発券できた・・・
なにこれ、本当に?
当日券って本当にあったんだ・・・

武史が見せた幻じゃなかったんだ・・・
(゚@゚;)。。。



――そして翌日。



良い天気。
こぶた(・@・)ぶろぐ
相方さんと桜木町などでぷらぷら遊び・・・


新横に。



こぶた(・@・)ぶろぐ

新横のマック前で、こんな紙を持った変態を発見ました(とっこ)。

ひとしきりとっこと変態写真を撮ったあと、会場に向かう。


・・・


引換券と、チケットを引き換える。


【センター 13列 ○○番】


(・@・)?ふーん。


こぶた「なんかね。センター13列だって。よくわかんないけどあまり期待せずにいようか」
相方「ふーん、そうなんだー」


なんて話をしていたのです。
その後、開場まで近くでお茶をしていた変態たちと合流したのですが・・・


とっこ「はぁ!?センター13列!?相当いい席だって!!しかも、この番号、下手したらサクの真正面だよ!?横アリは立ち見ですらダフ屋で3万とかするのに、このチケットマジでヤバイって!!あんた馬鹿じゃないの!?死んだら夢見悪いから左ほほに紫色の謎の斑点とかできればいいのに!!(ドS)」

こぶた「マジで・・・あわわわわわ」

その後、ツアトラで痛い写真を撮ったり、

(ツアトラ写真はこぶたの中でネタバレに含まれるのでキャッツアイ)


こぶた(・@・)ぶろぐ
太陽が良い感じだったので、こんな写真を撮ってみたり。



こぶた(・@・)ぶろぐ

そして、いよいよ入場。


・・・


ほ、本当に激近い・・・しかもステージド正面。


あわあわあわあわ・・・
((((゚@゚;))))←やっと実感してきた。


相方さんもあまりに良席のために「どうしよう!?えっ?桜井さんって本当にいるの?えっ?歌うの?あーやばい!何なの?武史なの?武史?夏の午後!?ハァハァ」と、saku乱&過呼吸気味ww


そして、開演の時間がやってきました・・・


【大いにネタバレ】横浜アリーナレポ


に続きます。

(・@・)ノ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。