1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
テーマ:Mr.Children
2005年06月29日

飛べるよ こぶたにも

yojigen

買いました!!

『四次元 Four Dimensions』


長いこと待ったかいがありました!

どれも、特徴的な4曲。

まさに、名は体を表す。

四次元とはよく言ったものです。


この4曲のこぶたの感想を書こうと思います。


【未来】

いま、ミスチルらしいといったら、未来の様な曲をさすのではないでしょうか、キャッチーなメロディに、心地よいスピード感。そして、ちょっとだけ陰のある歌詞。

なぜかこぶたはAnyを思い出しました。

タイプ的に一緒の曲かと♪

自分を信じたなら ほら未来は動き出す。

この歌詞にやられました。

(^@^)ノ


【and I love you】

カップヌードルのCM解禁から、ずいぶん待たされましたねー

何度カップヌードルのサイトでCMを観たか…

ホント名曲です。

なんでこの曲はココロに沁みてくるのでしょう…

聴いていると、なんだか泣けてきます。

傷つけ合う為じゃなく

僕らは出会ったって言い切れるかなぁ?

四次元の中で、こぶた一番のお気に入りです。

(´@`)。。。


【ランニングハイ】

なんだか、ライブのアレンジで豹変しそう!

間奏でメンバー紹介とかしそう!!

というのがこぶたの最初の感想♪

ライブ向きの曲だと思います。

来月ap bank fesに行くので、ちょっと期待♪

歌詞カードの『甲』『乙』に、ニヤリ

( ̄ー ̄)ニヤリ


【ヨーイドン】

ミスチル初!

子供向けソング♪

ホント、大好きな曲です。

ミスチル現象と言われてから、約10年。

あの頃高校生だったこぶたも、もうすぐ29歳です。

結婚もしました。

こどもはまだいないけれど、ミスチルは親子2世代で聴けるバンドになったんだなぁ・・・

と、実感しました。

子供ができたら、絶対に一緒に歌うんだ!!

半ズボンも、リボンも~♪

ってね。

(^@^)~♪

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
テーマ:こぶた(・@・)日記
2005年06月26日

久しぶりの宿題

utiawase1

今日は結婚式の第一回目の打ち合わせに行ってきました♪

(・@・)ノ


久々の『Fish Bank TOKYO』 は、流石にカッコイイところです。


あぁ、9月には、ここで結婚式をあげるんだなぁ…

と、実感。


最初の打ち合わせ内用というのは、招待状の詳細や、ざっとした進行の確認でした。


『招待状を出す方は決められましたか?』


(゜Д゜;)キメテナイ…


『え…、えぇ、ざっとですが…』

(=@=;)


『進行や演出で、何かご希望はありますか?』


(゜Д゜;)え…?


『たとえばどんな演出があるのですか?』


ど、どうするこぶた!?

なーんも考えてなかったのがバレバレだぞ!!


と、こんな調子で打ち合わせは進み…


次回の打ち合わせまで宿題をもらいました…。

・自分たちで作るか、オーダーするかの判断も含めて、招待状を出す人の確定。

・引き出物をカタログからチョイス。

・親族の着付けの有無と、衣装レンタルの有無。

・花のカタログを見て、ざっとしたイメージを固めてくる。


こんな感じです。

あぁ、結婚式って大変なのね?

次の打ち合わせは7月24日です…

それまでに宿題を片付けなければ…

(>@<;)ブヒョ!

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
テーマ:Mr.Children
2005年06月25日

蘇生を読む

こんばんは。

ミスチルのニューシングルの発売日が近づき、テンションが上がりっぱなし!!

でおなじみのこぶた剣士ですー♪

(≧@≦)ノ


今日は久々にミスチルの曲を語ってみようと思います。

なので、ミスチルファン以外はなんの興味もない記事です…(汗)

(=@=;)


では、ちょっとマジメに熱く語っちゃいます(照)


お題は『蘇生』です。


アルバム『It's a wonderful world』 の1曲目。

シングルでもおかしくない、アルバムの1曲にしておくには、本当にもったいない曲です。


最初に1番の歌詞を・・・


二車線の国道をまたぐように架かる虹を
自分のものにしようとして
カメラ向けた


光っていて大きくて
透けている三色の虹に
ピントが上手く合わずに
やがて虹は消えた


胸を揺さぶる憧れや理想は
やっと手にした瞬間に その姿を消すんだ


でも何度でも 何度でも
僕は生まれ変わって行く
そしていつか君と見た夢の続きを
暗闇から僕を呼ぶ
明日の声に耳を澄ませる
そうだ心に架けた虹がある


この歌は、


夢をあきらめない、

人生をあきらめない、

人生は限りなくゆたかなものになる。

それは自分次第。


そんな事を歌っているのではないでしょうか。


・・・ちょっと深く潜ってみます。


曲の最初に、ファインダーにおさめようとした『3色の虹』が出てきます。

残念ながら、それは、ピントが合わずに消えてしまいました。

しかし、心に架けた虹がある。と締めくくっています。

3色の虹とは、いったいどんな意味なのでしょう。


日本人は、一般的に虹は7色という認識をもっています。

英語圏でも6色と言われています。

たしかに、コンゴなどの国では、色を表す言葉自体、黒、白、色付き、の3種類しか存在しないそうですので、コンゴでは3色の虹になるのでしょうが、ちょっと意味が違います。


この『3色の虹』とは何か?

それを探るには、この歌に出てくる登場人物にカギがあると思います。


登場人物は、基本的に『僕』と『君』2人で展開していきます。

では、『君』とは誰なのでしょう。


恋人?


友人?


家族?


これは、聴き手にゆだねられている部分が大きいですが、

こぶたはこう思います。


君=自分


つまり、君も自分なのです。

ただし、現在の自分ではないのです。


最初に、

『そしていつか君と見た夢の続きを』

と、語っています。


つまり、過去の自分に語りかけていると思うのです。


全部の歌詞は省略しますが、


2番には、

そう何度でも 何度でも
君は生まれ変わって行ける

という歌詞があります。

『自分は生まれ変われる』と、過去の自分に言っているのでしょう。


そして、曲の最後のほうには、

暗闇から僕を呼ぶ
明日の声に耳を澄ませる

と、歌っています。

暗闇とは、先が見えない未来。

つまり、未来の自分、自分はこうありたいという想像の中の、未来の自分からの声です。


もう見えてきたと思います。


3色の虹は、

・未来の自分

・現在の自分

・過去の自分

なのです。


つまり、最初の歌詞の、消えた虹は、『他人の人生』と解釈できます。


他人の人生を自分のものにしようとしても、それは空虚でしかない。


自分の心に虹を架けなければ、それは現実にならない。


こう歌っていると思うのです。


この解釈は、あくまでこぶたの主観なので、ご意見ありましたらコメントください。

誹謗中傷は受け付けませんが、建設的な反対意見は大歓迎です♪


以上、まじめにミスチルのお時間でした(笑)

(^@^)ノ

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。