大人の潤い美肌(アロエ化粧品)セールスレターデザイン GIFアニメバナー 無料HP素材・ツール
ちわっす♪(。´・ω・)ノ

こぼけせんむのブログ来訪初めての方 あざっす(。´・ω・)ノ

どんな奴なんだ? という方がほとんどでしょうから 名刺代わりのページを設けました

こちらからご覧下さいませ♪   1/1更新


僕は 小さな防水工事の会社の番頭をしております。

何時の間にかアラフォーと言えなくなっておりました・・・・

誰だ? 40が不惑って決めたの??? 惑いっぱなしなんですが???

ブ━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━ッ!!


おかげさまで当ブログも 4度目の正月を迎えました♪

え~っと。。。。 気付けば 何時の間にか読者も500人を突破   感謝!!

スカイプもやっております 垢は同じです リクエストお待ちしとります( ´艸`)ムププ


よく質問されるのでまとめました

☆ 読者登録登録申請くださる方は読んでね
☆ ピグの階段関係の記事はこちらですd(ゝ。∂)

☆ 顔出し記事のまとめです
☆ デイリーこぼけせんむ読んでね
☆ 好評♪ 今夜の音どけ
☆ 高評価感謝 ネタ記事 『ぐりと』



ペタに関して

 プロフは修復しましたが プロフからのペタを
出来ないようにしています
なのにプロフからペタが有るっておかしいよね?
それと 1記事だけ書いて読者登録しまくってたり
ペタつけまくってる怪しいブログも含め
管理人の判断でペタを消す事がありますので
ご了承くださいませ



こぼけせんむのバナー 持ち帰り無料ですww
$小ボケせんむのお気楽日誌


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-12-28 07:10:06

広島の防水屋が太陽光発電の屋上設置について考察する

テーマ:自己紹介
ちわっす


せんむです(*´・ω-)ノ

11月は激忙の迷宮に迷い込み
12月にいつの間にか入り
年末までの怒涛の予定消化をリアルタイムに実施中ですが、
翌月、来年の予定も朧気ながら明確になっていき、
『やれんのか?おい!』っていう独り言が口癖のように
なりつつあります。
救われるのは今年はそこまで寒くはないという事ですかね?

着々と今年を締め括る動きになっていっております。
このふた月は、ほぼ休みを取らず、毎朝4時に活動開始、
現場から事務所へは平均9時という形で、
デスクワークしてたら寝る時間は取れるのか?という心配をし、
現場に入ってしまうと、手が抜けない性分ゆえ、現場から事務所へ
帰る途中の車中で力尽きて寝てしまう事も一度では無かったですねぇ、、、
こんな状況にも新たなお仕事の相談を頂けて大変有難い事なのですが、
お断りをさせていただいたり、心苦しい面も有りましたが、
今年は正月の2日から始動し、実に300日以上の稼働をしても
間に合わない程の御仕事を頂ける現在の自分には良い感謝の言葉が見付からないです。

お断りした多くの現場すらも余すことなく施工が出来る程、
私のキャパもよりいっそう広げていかなければなりませんね。精進を重ねていきます。




会社というものは儲けてなんぼです。 そこは重々承知しているのですが
営業の窓口のワタクシとしましては10年以上会社を存続させていただいた
私がお客様に対して 自分個人の理念として 


『可能な限り お客様の期待に応えたい』

そういったものもあるので

『計画性をもって云々』とか『利益を深く追求』とか『売り上げを上げていく』

まあ なんでしょうか? そういうものは大事なことさえ理解して
必要なものは必要だけど 気持ちで動くというか それがたとえ
利用されている事なのかもしれないけど まっすぐな気持ちのやりとりを
重視したい またそういう心持を自分が指揮を始めてから続けて
結果として 会社が運営できる状況が確保 担保されている現状として
自分は良しとしております。 物理的に不可能でない限りという
条件は付きますけどね

まあ その、、、、、、

いろいろ考え方は有って良いですよね?

実際に沢山のお客様にリピートいただいてますし、防水業界は
リピートって難しいと思うんです。 防水完了から少なくとも10年は
用事がなくなりますもん。 自分の誇る部分はそこですかねぇ~?



前置き長くなりました





私の仕事の大部分は、建物の平べったい屋根、
いわゆる陸屋根に防水を施す工事です。

昨今、太陽光発電の普及は著しく、それの大規模設置を生業とされる方も
ずいぶんと増えてきましたね。土地を有効的に活用されるという事は
大変有意義かと思いますが、将来的に陸屋根の屋上に設置したがゆえに
資産的に損をされるであろうと予想が出来るケースを現場でも散見しているので、
『屋上の防水施工業者から見た屋上への太陽光発電設備に対する所感』を
お話しておきたいなと。

過去には太陽光の湯沸し器の設置が流行して、屋上に設置されている方も
いらっしゃるかと思いますが、設備の自重量プラス貯めておく水の重量もあり、
木造の建物に関わらず、全体に負荷が掛かってしまう事に留意しないと、
建物の傷みのサイクルが早くなる可能性が有ることを
オーナー様には良く伝えておりました。
イメージしてみてください。あなたの頭にダンベルを括りつけて一日過ごしたら、
絶対に体の何処かの筋を痛める事は容易に想像出来ませんか?

少々大袈裟ですが、1キロある帽子をかぶるでも良かったかな?(笑)
これは太陽光設備も同じですが、逆に重量が無い部分があり、
台風などの大風対策も温水器以上に重要だったりもします。
それ相応の重量の基礎を載せたり、下地のコンクリート(や木材等の構造体)に
アンカー(釘やプラグ等)で固定する必要が有ります。

民間の現場では知識も無いのに金銭的メリットのみを伝えて
大変安易な、そして安直な仕事をされて、トラブルの話も
一つや二つではないのが現状ですね。

ビルオーナー様で、太陽光設備設置を検討されている方は
同時に屋上の防水改修工事もしておく方が良い事は、
周知されるべきなのですが、せずに太陽光を設備設置してしまい、
雨漏りが始まって太陽光で稼ぐどころの話では無くなったケースも知っております。
また、防水工事は同時にしたのだが、電気設備業者との連携を
とれていないパターンで防水工事したての屋上に許可なく穴をあけて、
太陽光設備を設置完了後にいきなり雨漏りしたパターンも有りますね。

太陽光設備の資産運用も大体10年サイクルだったりするのでしょうから、
防水も10年の保証がつくところを重視しないといけませんね。

さらに長期間の運用しないといけないとすると、運用期間中に
もう一度屋上を改修する可能性が少なからず有ると思うのですが、
電気設備業者が主導した、そういった設備工事は防水工事の改修を
まったく視野に入れて無いとしか思えない設置が多いのです。
設置してしまえば勝ちなんですね、、、、困ったものですが。










この写真は公共の現場ですが、

屋上全体に設置しておらず、効率から言えば『稼げない』太陽光設備
なのかもしれませんが、
構造体にしっかりとした基礎を設けて基礎からの雨漏りが起きないような
工夫も出来ています。
さらには、基礎から上のフレームの高さもしっかりとれている事が、
太陽光設備の運用期間中の改修工事をちゃんと視野に入れている事が伺われます。
防水工事をするためには、太陽光設備の下に体が入らないと仕事は出来ませんが
これなら工事可能です。



ここ非常に大事であり ここに留意しているかそうでないかで

次の改修工事の金額に大きく差がでます 間違いなくね。


こういった基礎を設けても高さが足りず、結局太陽光設備を一時解体し、
復旧しないと屋上の工事が出来ない設備設置だと
余計な工事費用が掛かる事は、ここまで説明するとお分かりだと思います。
太陽光の資産運用の試算と屋上の改修工事の試算きちんと天秤にかけておかないと
後で大変な事になる事が私の視点では見えているのです。


設備屋さん主導の太陽光発電を屋上に設置という御話には充分ご注意くださいませ


大きな屋上の有るビルオーナー様で、私に太陽光設備設置の相談をされた方の
ほとんどが設置を見送っている事が

『割りに合わない可能性が高い』事を物語っているのではないでしょうか?
長いサイクルの果てに見える事が、業者の違いで見える一例ですね


決して反対では無いのですが 損得の勘定も必要ですよという事ですね


僕の会社経営の理念とは真反対なのはご愛嬌という事で 笑

あ、勘違いされそうなので念を押しておきますが
儲からない仕事はしませんよ? そこは会社ですからね
会社は儲けるところですからね
自分に期待頂ける状況に対して 誠心誠意取り組むという事と
ご理解くださいませ


今年も終わろうとしてますね
ほぼ更新のストップしている私のブログに 気をかけて
くださっている皆様 本当に感謝しております

少しは肩の力の抜けた エッセイめいたものも書きたいところですが
時間の許しが無い現状で 仕事に特化した内容ばかりですいません

また 検索からおこし下さった皆様

少しでも為になる事を発信していく所存で御座いますゆえ
またの閲覧を励みにしますので宜しくお願い致します

皆様 良いお年を




広島の小さな防水屋の番頭

防水工事をはじめとする エクステリアのリフォームに自信有ります

(有)真砂 工業  真砂展之
AD
いいね!(49)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「自己紹介」 の記事
2015-11-05 07:02:05

広島の防水屋が『仕事へのスタンス』について語ってみた

テーマ:戯言
とあるお昼のお話


B軍基地には 防水屋さんが集合してるわけなんですが
それこそ工事の打ち合わせをしようと思えば、現場で
顔を合わせて打ち合わせをするほうが、より具体的な
話が出来るってなもので、 弁当を食べる時間を後回し
にして職人さんの作業している別棟に向かう


食事を終えて休んでいる職人の傍らにはその別棟の
職人さんへの仕事提供者である会社の社長さんが居らした


ちょっと話題が変わりますが
とある防水メーカーの話なのですが、メーカーの会員に
なる為に 現会員の承諾を得る必要があったりするのです
私というか当社も そのメーカーの品質はレベルも高く
割と好んで使用はすれど、広島の大手の防水屋さんの
承諾という 厄介なハードルが有るので 当社はそこの
会員になろうという考えは 微塵も無かったし
そもそも阿呆らしいという考え方 というかスタンスです


話戻します

その社長は旧知の社長なので 穏やかにお話してたんですが
B軍基地で使用するメーカーは 当社と違うメーカーを
使用してて このたびその社長の会社は その大手メーカーの
会員になったらしく その苦労話を 鼻を膨らませながら
されてたんですね
やれゴルフに行ってお金をゴニョゴニョしたりだの
西へ東へ走って外堀を固めて 大手防水屋の包囲網を作った
だの それはもう 雄弁に武勇伝を語られてましたわ


個人的にそこのメーカーの材料が 好きか嫌いか?で言えば好き。
品質は大手だけにトップクラスという感はありますね
ただ 少々お高いのと ユーザーライクというか
お客様は設計士? お役所? 決して防水屋と合間見えて切磋琢磨と
いうような印象はないんですね・・・・
うちもですね メーカー会員仕様でない場合は普通に仕入れる
事は出来るし 使ってますよ
最近は 諸事情もあり若干遠ざかってますけどね

メーカーの会員になるのに大なり小なりメリットは有るんでしょうけど
そこまでして会員になりたいの?
っていう 俺の考え方には無い選択だな~って印象です




まあ、、、ね  否定はしないよ?

そういう事も仕事っちゃ 仕事なんかもね?


笑顔で話を聞き流し(笑)そこから 役所の見積りという作業に
ついて共感を向こうが求めてくる会話に移っていった

とある社長が同じ物件の役所見積りをしてて 相談してきたから
うちの見積りをみせてやったと。 その社長はまる写しをして
帰っていったと そういう事があればアンタもいつでもおいでよと。
こんなのは良くあることだからね あるでしょ? と
さも当然のように聞いてくるので 笑顔で返答した


僕は物件そのものをいくらの対価で仕事をするのか?を
考えたいタイプなので お金のやりとりを 人の単価を
参考にするのだけは嫌ですね~ 絶対にしたくない仕事ですわ
あ、お気に触ったならすいません



ここでさーーーっとその場が凍りつき (* >ω<)=3 

まあ しかし何ですな (コエダ)

メーカーに所属しているっていう自慢 とか
俺は情報持ってる自慢 とか
いわゆる 『自分を大きく見せたい』というか

サル山のマウント行為っちゅうか プププ

まったくもって うちにはどうでも良いなぁ ってね

仲良くマネーゲームしたい人達とは 一線引いて
やりがいのある仕事を提供してくださる人と
前向きな話をしてがんばっていこうと思ったっていうオハナシ


世間ではそれもある意味正当化されてて
俺が笑う社長もそれなりに結果を出されているわけで
批判する気も何も無いけど
仕事に対するスタンスっていうのは 共感できないと
一緒に飲みに行こう って思えるほどの御付き合いには
ならないもんだよなぁ と思えたお昼休みだったのでした

AD
いいね!(40)  |  リブログ(0)
2015-10-27 07:02:10

広島の防水屋が『プロ意識とお金』について少し語る

テーマ:コラム

IMG_20151025_170325417.jpg
おざっす せんむです 


\((´∀`*))ヤア



おざっすと言ってはいるものの 現在10月24日の日付変わって深夜4時半


今までの自分なら そのまま翌日もガッツリ仕事を入れても余裕でしたが


なかなかね、寄る年並みには勝てないという事ですわ・・・・・


20年以上防水に携わってきておりますゆえ 技術やチカラの抜き所ってのは


分かってはいるものの 性格が『毎日が全力投球』なだけに 一日現場を終えると


突然電池切れをおこしてしまいますね~


さらには ブログを休んでいた1年間と現在はあまり忙しさに変化があるわけではなく


むしろ忙しい状況でしょうかね? ブログを書く時間なんて よいよ無いわけで


自分の思った時間に思った事を綴るなど とうてい無理なのがもどかしいですね




ただ 熱量は落ちど 情熱は変わりようもなく 日々メンテナンスには


気をつけております ストレッチは欠かせませんね~


流石にね 中1日で筋肉痛なんてジジ臭い事言ってられませんよね



少数で運営している会社なだけに 絶え間なく膨大な現場を提供してくださる


お客様 元請様には本当に感謝しております


逆に 通常4人で動く当社が 私立女子大 米軍基地 民間2件を


同時進行していくには 絶対的に人数が足らないわけです。



僕が一人頑張ったところでどうにでもなるものでも有りませんからねぇ


僕がこの目で確かめ 間違いないという技術を持つ職人さんを確保して


仕事を任せたうえで 自分も現場に参入して フルに活動する事で


現状 若干綱渡りですが ニーズにお応え出来ているのです


スムースに事を運ぶ為には 準備(僕らでいう段取り)は非常に大事。


色々な防水屋さんを渡り歩く『フリー職人』などには常に快適に


作業をしてもらいたいって考えておりますので どうしても準備は大切ですね


フリー職人に聞けば どこの会社が段取りが悪いとか 快適に仕事出来ない


とかが すぐに分かっちゃうんです 笑  言えませんけどね(ΦωΦ)フフフ…



当然会社となるとそれだけでも駄目ですね 


当社は 工場で生産された防水材を現場で2次加工してお客様に提供する会社です


だから 材料や工具を仕入れ 時にはフリー職人と打ち合わせ 僕の意向に沿って


施工してもらうわけですね。



という事は お金を払い材料を仕入れ お金を払い職人に技術を借りるわけです。


お金が出たり入ったりが頻繁に それも現場が大きくなると 金額も結構に


なってくるわけです。毎月 普段持ち帰る数十倍 時には百倍以上のお金を。


管理も重要ですね  大きい会社なら お金の管理だけで数人雇い


現場の把握 管理で数人雇い 営業で数人雇い っていう事でしょうが


当社は そういうわけにもいかないですね~ 波も有りますからねぇ



ただ こちらの入金以上に 払うものに人一倍気を遣います。


その為に銀行さんにも融資してもらいながら頑張ってるんです


もちろん融資先への支払いも 物凄く大切に考えています



お客様から仕事の対価を頂く時にも 材料代と施工賃のほかに


きちっと運営できる為の諸経費と言うものが発生するのです




耳にする話で 『うちは儲けをほとんど取らないからね』とか


下請けさんや材料屋さんへの支払いを滞らせても平気な会社だったり


確かにお金儲けと同等に大切にしないといけない矜持や主張はある


だけど それと会社業務における重要度は 天秤にかけるものではない。



業務における会社の主義主張とお金の支払いをキッチリやる


そして 運営する為に必要な経費は きっちり頂く


そこが 『当社でないと駄目』と思っていただけるお客様を築く


とても大切な事だと考えております 独自の主張だけでは駄目なんです。



儲けない会社だから 支払いは滞っても良い とか 自分勝手な道理は


通らないのですよ・・・・・



個人が お節介で人の為に良かれとやっている事と 会社として


運営するという事との決定的な違いはそこにあると考えております。


僕も守るものがたくさん有ります なので 小さな会社だからと言って


一番安い施工会社でもありません 主義が相まって 若干高い事を


言う事もあります (*_ _)人 でも 儲けるのが会社です


独自の視点で より お客様の為になる情報を添付する事も


当社の『価値』であると考えての事です。



それはそれは 難しいバランスの元で提示してますよ



あまりにも勘違いな出来事を目の当たりにして 感じている事を


綴らせてもらいました




全てにおいて感謝の気持ちを持って 必死にやります! 



最後に一言


ありがとう の反対語は 当たり前

感謝の気持ちを忘れないように






音どけ♪





AD
いいね!(28)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。