レースドール   光のように 風のように

レースドール創ってます!

神奈川県川崎市の新百合ヶ丘にてレースドールのアトリエをしています。
優美で洗練されたレースドール......
あなたもご一緒にいかがですか?
お気軽にご連絡くださいね。

    レースドール・・・光のように  風のように・・・

 

   レースドール教室  アトリエ ロザリー

→ホームページ       →メール




テーマ:





by  Kazumi、 F









薔薇をこよなく愛し 育てる人を


ロザリアンと呼ぶそうですね。


レッスンの帰り道 ロザリーのロザリアンたちも


ご近所散策に。





大好きなピエールの薔薇が盛りです。







コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「レースドール」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 







自分自身もまだ 人の娘であり


母でもあり


毎年この日を ありがとうと感謝を伝え 伝えられて


過ごしてます。







私には 母の日に悲しい思い出があります。


S さん 


この日に亡くなられて


もう8年がたちますね。


桜が咲くと 亡くなる1ヶ月前に


二人でお花見に行ったことを思い出し


薔薇の季節になると


あなたが大好きだったことを思い出し


母の日のカーネーションを見ると思い出し


・・・・結局 


なかなか忘れることができずにいます。





コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:



40年来の大親友と


(人生の出来事ほとんどを共有してきたような親友)


 

今日 渋谷に行きました。


彼女の愛娘はアーティストです。




その吉野ももさんの絵画の展示をみてきました。


なんと 展示場所は 


西武渋谷店の正面入口 ショーウインドー!!


ドドーンとかかげられてました。











そしてデパート館内に飾られたたくさんの作品























なにより驚くのは5階 連絡通路に描かれた


こんな絵画。





圧巻です!



今日は


感動で涙がにじみました。


ももちゃん おめでとう!




彼女のロンドンでの活躍は本物です。


世界に羽ばたく将来を期待された


アーティストです。




大英博物館にも バッキンガム宮殿にも


こんな架空の絵画空間をつくりだしてます。














コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




多才


この人を形容する言葉を探すとしたら


これ以外は思いつかないかも。

レースドール、ビスクドール、チャイナP、エッグアート、


西洋陶芸、蝋の花  いえいえ まだまだ  etc…



私は覚えきれていないのです。



そしてそれらのすべてが趣味の域を越えています。



だけどね、




何よりも優先するのは宝塚。




だけどね、


一番の驚きは  職業が現役の医師ってこと。



信頼厚いお医者様です。







マダム 敦子   作品展出展お疲れ様でした!






           『美しい 約束』




コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 



静岡県在住の


皆様ご存知の宇藤先生


今回の作品展


久しぶりにご一緒できて本当に


嬉しかった。



美しく造る


それは大前提で


私は彼女の人柄に惚れ込んでいます。


目立たないところでの何気ない優しさ、


暖かさ、押し付けない気遣い


さりげなく一歩引いて相手を立てる。


…そういう魅力が作品に溢れるのです。


近頃ますますそれを感じます。




私にはないそれらを全て持っています。



彼女の存在や活躍が今の私の誇りです。







宇藤先生


もうとうに私のことなど追い抜いて


先を歩いているけれど


どこかで いつかまた一緒に仕事をしましょう。


ロザリーはあなたの存在を目標に


追いかけていきますよ。





人形作り


最後は人柄なんですね。


それが見えてくるから


怖いです。

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

上野の東京都美術館での作品展も

あと2日を残すこととなりました。

会場設営の際には

とても無念なことがあり

涙をのみました。

それでも今回

たくさんの方々にお越しいただき

ごらんいただき   喜んでいただき

お褒めをいただきました。

やはり参加して良かったと思います。

今回はロザリーの二人の生徒様の

作品をご紹介できたことが

なによりの記念です。

今日、そのうちのお一人のご両親様が

藤沢からおみえになりました。

87歳と81歳になられた素敵なご夫妻です。

お嫁さんの作品をご覧になられた会場で

その晴れやかな笑顔を拝見して

感じました。

こういう形の親孝行のお手伝いができることこそ

教室をすることの意味なのだと。



ありがとうございます。



ただ感謝ばかりです。


 





       『 春のセレナーデ 』





  by   Yukiko.K



コメント(0)  |  リブログ(0)