フラガール

フラガール @ユナイテッドシネマとしまえん 9・30(土)

「フラガール」オリジナル・サウンドトラック

監督:李相日

音楽:ジェイク・シマブクロ

出演:松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代

岸部一徳 富司純子

公式サイトはコチラ

北国に常夏の楽園「常磐ハワイアンセンター」が誕生するまでの実話

昭和40年・福島県の常磐炭鉱

かつては黒いダイヤとも呼ばれた石炭も

石油の波が押し寄せ炭鉱は閉鎖の危機が迫る

そんな炭鉱町に起こった常夏のハワイ化計画

施設の目玉フラショーを踊るフラガールは

ダンスの基礎など全くない炭鉱娘

そんなド素人にフラを教える過去にワケありの

ダンスの先生“まどか”が東京からやって来るが

施設の建設に反対する町の人たちの風当たりは冷たい・・・


富司純子さんのこの写真見てるだけで、もうダメだ

どんな台詞を言ってるか判るし、懸命な姿に心打たれる

女は歯を食いしばって男を支えるために生きる・・・

炭鉱の仕事に誇りを持ちながら

頑固に気丈に生きてきた心強き母

娘がヘソ出しダンスをするだなんて言いだしたら

そりゃ、反対もするだろう

そんな頑固な母が娘の“自分の人生を懸けた”踊りを見て

静かに心を動かされていく姿が胸を締め付ける

母が娘を想う気持ち、夢を叶えてあげたいと想う気持ち

それが、痛いほど伝わってくる


母だけではなく、兄の気持ち、娘の気持ち

そして、借金取りの気持ちも判る?!

まんまと寺島アニキが出てきたら笑っちゃうヨ~憎めないヨ~!


炭鉱娘の家庭の事情もまた色々で、一人一人にドラマがあり

特に、蒼井優ちゃんのお友達役の早苗ちゃん家のエピソード

それが、一番印象に残りました


蒼井優ちゃんは勿論かわいいんだけど

早苗役のえりちゃん、真っ直ぐな声、真っ直ぐな視線

なんてかわいい子なんだろう~と思ってしまった

初めは軽蔑の眼差しを送っていたまどかが

次第に彼女たちと心通わせていく中で産まれる師弟愛

まどかに「アンタ達と一緒に踊りたい!」とまで言わせるまでに

成長した彼女達のフラショーはホントに見事!

やり遂げた達成感から溢れ出す笑顔と涙にまた感動


感情移入しやすい登場人物の設定

人の中へ中へと入っていくカメラの目線

それが一緒に笑ったり泣いたり出来る観客との一体感を生み

ラストは一緒に達成感まで味わえてしまう


まちのため、友のため、家族のため、そして自分の人生のため

そりゃ、内容はかなりベタだとは思うんだけど

人間の生きる力強さや生きる喜びに触れると

哀しいだけじゃ反応しない涙腺も反応してしまう


ムリに恋愛関係を織り込まないのも好印象


松雪ちゃんの60年代のファッションも素敵

髪型もメイクも真似したくなる!

そして、フラやってみた~い♪とやっぱり思ってしまった音譜

フラガール@映画生活
AD