健康の常識・非常識 ~あんしんサプリドットコム・ブログ~

医者がすすめるカラダの悩みを解消する方法 / 免疫力を高めて健康に暮らす法 / 天然成分由来のサプリメントの活用方法など・・・健康と美容に関する情報をおとどけします。


テーマ:
【Renta!】2015年Renta!年間ベストセラー発表!!




 子宮頸がん(HPV)ワクチンは各国で打たれているワクチンだが、日本では副作用問題から接種が極端に低迷している。



 「このままでは子宮頸がんで死ぬのは日本女性ばかりになりかねない」との強い危機感を抱く産婦人科医たちを中心にした専門家会議が、報道関係者を対象にしたセミナーをこのほど、東京で開いた。集まった記者たちに「正しく理解してほしい」と訴えた。



■重い副作用を理由に日本では接種率が悪化



 セミナーがあった2016年4月21日、海外の代表として米アルベルト・アインシュタイン医科大学のフィリップ・キャッスル教授(疫学・公衆衛生)が基調講演した。子宮頸がんはHPV(ヒト・パピローマ・ウイルス)と呼ばれるウイルスが感染することで起きる。多くは自然に消えるが一部のウイルスが一部女性の子宮頸部に居つづけ、前がん状態を経て子宮頸がんになる。10代女性にウイルス感染を防ぐワクチンを打つことで7~9割の子宮頸がんを予防できる。



 重い副作用を理由に日本で接種率が悪化したことを受けて14年3月にはWHO(世界保健機関)、15年5月にはEMA(欧州医薬品庁)の安全専門委員会が、ワクチンとの因果関係は認められないとの見解を発表している。 キャッスル教授は、日本で問題になった重症例が全てワクチンの副作用だと仮定しても20代前半までの女性5万人に1人以下の率で、慢性疲労症候群(400人に1人)、自殺(3900人に1人) 、事故による致命傷(25000人に1人) などに及ばない。また、副作用の疑い1件に対し、防げる子宮頸がん患者は310人、防げる死者は90人になる、との計算値を示した。




メディア報道が「副作用に偏っている」と指摘


 続いて自治医大さいたま医療センターの今野良教授(産婦人科)は、日本では厚労省や反対派の医師は、ワクチン接種後に起きた「有害事象」をすべて副作用と見なしている。因果関係の有無を吟味しないのでは「バナナを食べた後、事故を起こしたら、事故はバナナが原因というようなもの」。国民生活基礎調査では、10代前半の女子の心身の不調の率は、ワクチン導入前後の07年、15年で変化はなく、名古屋市の調査でも接種者が未接種者より多かった症状は見られなかった。ワクチンのがん予防効果は世界的に認められているのに、厚労省局長が「前がん状態を減らすが、がんが減ったとの証明はない」と国会答弁したことも「無責任」で、メディア報道の7割が副作用に偏っていることも批判した。



 今野教授は「子宮頸がんが減れば産婦人科医の仕事も減る。その方が女性のためになるとの私たちの思いをメディアの皆さんは正しく理解してほしい」と結んだ。(医療ジャーナリスト・田辺功)







AD
いいね!(88)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この記事には一部、Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができません。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





 国立がん研究センター(国がん)は、患者のすべての遺伝情報(ゲノム)をがん治療の選択に役立てることを目標とした臨床研究の対象範囲を、骨肉腫や悪性黒色腫といった希少がんなどにも拡大した。国がんの中央病院で治療を受ける患者に遺伝子検査などを実施し、ゲノムに基づいた個別化医療の実現を目指す。【松村秀士】



 ゲノム医療は、個人の遺伝子情報を基にして疾患の診断や治療、予防を行う。より効果的な医療の実現が期待できるが、日本は欧米などに比べて実用化への取り組みは遅れているのが現状だ。



 国がんの中央病院では、2013年から14年にかけてゲノムを用いた臨床研究「TOP-GEARプロジェクト」を実施。遺伝子診断システムを使ってゲノム医療の実用化につなげるために、乳がんや胃がん、卵巣がんなどに罹患した131人を対象にゲノム診断を実施した。さらに、専門家チームを組織してゲノム診断の結果を診療に反映させるための体制も整えた。



 同病院は今月から、同プロジェクトで構築した専門家チームなどを活用し、希少がんや若年性のがんの患者にも対象を広げて臨床研究を開始した。今後、年間約200症例を目標に、遺伝子検査や病理診断などを行う予定だ。



■ライフステージに応じたがん対策にも注力―中釜理事長



 10日に開かれた説明会で、中釜斉理事長は、ゲノムに基づいた個別化医療の提供体制や、難治がんなどの有効な治療法の確立のための研究・診療体制を強化する方針を示した。



 また同理事長は、CBニュースの取材に応じ、「今後の高齢化社会に向けて、年齢ごとのライフステージに応じたがん対策も重要」と指摘。特に高齢者を対象としたがんの予防や治療法の開発に注力する考えも示した。







AD
いいね!(75)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
映画化で話題の「ちはやふる」や「黒崎くんの言いなりになんてならない」「進撃の巨人」といった人気有名コミックを多数配信する電子書籍サイト・立ち読みコミック!




 日本老年医学会(楽木宏実理事長)は9日、東京都内で高齢者の栄養、摂食・嚥下をテーマにプレスセミナーを開催した。名古屋大大学院医学系研究科の葛谷雅文教授(地域在宅医療学・老年科学)は講演で、65歳までは過栄養メタボリックシンドロームなどの対策が重要になる一方で、後期高齢者となる75歳以上では、健康維持のための栄養が不足する「低栄養」が大きな問題になると指摘した。前期高齢者の65歳から74歳までは、個々の患者に応じた対応が求められるという。【大戸豊】



 葛谷教授は、高齢者の栄養に関する課題には、フレイル(虚弱状態)などの予防を進めるべき第1フェーズと、要介護状態での低栄養に注意する第2フェーズがあるという=図1=。

 葛谷教授は、前期高齢者となる65歳はまだまだ元気でも、食欲や摂食量が少しずつ低下していくものの、この時期は体重減少にはつながりにくいという。しかし、75歳以上では、体重の減少が少しずつ進み、放置すると80歳代で低栄養状態になり、摂食嚥下障害や誤嚥性肺炎につながるなど、負の経過をたどる危険性があるという。



 では、どの年齢までメタボ対策を進め、いつの段階から低栄養に気をつけるべきなのか。

 葛谷教授は65歳より前では、メタボ対策など生活習慣病予防が重要としつつ、75歳以上では低栄養症候群への対応が重要になると指摘。この間では、生活習慣病対策が必要な人と、今後の低栄養に注意すべき人が混在しているため、医療者は個別の患者の状況を見て、対応する必要があるという=図2=。



 疾病の状態や咀嚼(そしゃく)・嚥下機能、加齢の影響は患者でそれぞれ異なるため、低栄養に気付いても、必ずしも介入がうまくいくわけではない。ただ、葛谷教授は、栄養不良が予防できたり、栄養介入によって救われる高齢者が確かに存在するので、医療者はそのような高齢者を見逃さず、診療を行う必要があるとした。また、栄養療法は多職種連携を抜きに構築できないと訴えた。







いいね!(29)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
無料で立ち読みする ↓

【Renta!】Renta!年間ベストセラー発表!!








 米Microsoftが「Windows XP」の製品サポートを終了したことで、組織内のデスクトップ戦略を見直した企業や団体は多かった。スイスのバーゼルにある、特定分野に特化した医療施設「St Claraspital特別医療センター」(以下「Claraspital」)も例外ではない。



 急性疾病の治療のみを行うClaraspitalは、腹部の内臓疾患ならびに腫瘍関連の医療センターと、心臓、肺、整形外科的な問題に対処する医療センターを運営している。



 Claraspitalは「Windows 7」に移行するしかないと認識し、この機会を利用して院内のIT利用効率を上げるための変革を成し遂げた。この成果が、2015年10月にバルセロナで開催された「VMworld 2015 Europe」における「Best of VMworld Europe User Awards」受賞につながった。



 同病院の従来のシステムには、院内のさまざまな場所からユーザープロファイル情報にアクセスするのが困難であるという問題があった。スタッフは病院内を頻繁に移動する。だが、患者の記録を開いたまま、院内の移動先でそれを参照することができなかったと、ClaraspitalのCIO(最高情報責任者)であるイブ・ラウケマン氏は説明する。



 「例えば、以前はこんな調子だった。まずシステムにログインして(しばらく待つ)、その画面を見ながら作業をする。すると緊急呼び出しを受信したので、アプリケーションを閉じてログアウトする(しばらく待つ)。それから急患がいる部屋に行き、再びログインして(また少し待つ)、アプリケーションを1つまたは複数、再起動する」



 その結果、医師や看護師は1日20~30分も、「コンピュータの応答を待つ」ために時間を取られていたと、同氏は付け加える。



 おりしも、Claraspitalは施設を拡張するための増築工事中だったためにスタッフの移動量は増えており、問題は一層深刻化していた。



 この事態への対策として、Claraspitalは「ゼロクライアント」、つまり原則としてクライアント側では処理を実行しないタイプの製品に移行する決断を下した。これにより、参照する対象であるプロファイル情報と、参照に利用する機器を完全に分離する方式を確立することにしたとラウケマン氏は説明する。



 「ローカル側の管理作業が全く要らない、カナダのTeradici製品をベースにしたゼロクライアントを採用した。各機器を特定のユーザーと関連付ける仕組みを廃止したので、普段使う端末とは違うワークステーションを使用したり、手近にあるワークステーションからシステムにアクセスしたりすることが簡単にできるようになった。この環境に移行したことで、病院内の移動が必要なスタッフへの割り振りを最適化するのが本当に楽になった」と、同氏は語る。



●デスクトップの変革



 このプロジェクトの真の課題は、ユーザープロファイル情報の管理効率を向上させる方法を探すことだった。そこで、IT分野でClaraspitalを長年サポートしてきたスイスのコンサルティング会社uniQconsultingは、米RES Software(以下、RES)が開発したプロファイル管理製品「RES ONE Workspace」の使用を提案した。



 この製品はプロファイルの移動をサポートしていた。つまり、Claraspitalの医療従事者は、院内のどのデバイスを使っても自分のデスクトップ環境にアクセスできることが保証される。



 「RES ONE Workspaceには単純なプロファイル管理を超える機能が多数あったので、“ユーザー(の移動)について来るデスクトップ”を実装することを決断した」とラウケマン氏は話す。



 「1個のツールだけで、院内の要件を全てクリアできるものを実装したいという要望を満たす製品はRES ONE Workspaceだけだった。しかもユーザーの作業空間のあらゆる面を管理すると同時に、実装に要する時間とシステム運用に掛かる費用の低減も実現できる」



 「RESの製品をuniQconsultingから購入したので、必然的にRES製品が病院内システムのコアコンポーネントとなった。そして同時に、『Windows』『VMware Horizon with View』『Imprivata OneSign』も導入した」と同氏は付け加える。



 特に米Imprivata製品を採用したことが、プロジェクトの成功に大きく影響した。これにより、スタッフはユーザー名とパスワードを入力する従来の認証システムを捨てて、各自のIDバッジを端末にタップする認証メカニズムに移行することができたからだ。



●速度の向上



 このプロジェクトによって、業務の手順が大きく変わることを病院内のスタッフに通知してから、Claraspitalは6カ月間の概念実証(PoC)の期間を設けたとラウケマン氏は説明する。



 「少数の看護師と医師のグループに参加してもらい、システムのコンセプトをユーザーのニーズに合わせて調整した。その後参加ユーザーを少し増やしてこの取り組みを継続し、パイロットプロジェクトとして進めた」と同氏は語る。



 「われわれは、ある診療科でPoCを実施し、スタッフからのフィードバックを評価して実装することを決めた」



 スタッフが新しいシステムの操作に慣れるまでには、システムの操作方法の研修も必要だった。「われわれのITシステム管理者は、RES ONE WorkspaceとImprivata OneSignの操作方法を学ぶ必要があった。ただ、彼らはWindowsとVMware Horizon with Viewの操作には慣れていた」とラウケマン氏は語る。



 「RES ONE Workspaceに加えて『RES ONE Automation』もシステムに組み込み、当病院スタッフの新人加入や退職の際に必要な、ITシステム上の手続きを自動化した。しかし自動化は、これ以外の領域にも応用している」と同氏は付け加える。



 「導入した製品の効果をフルに引き出すには、もう少し時間が必要だ。しかしこれまで使ってみただけでも、(新たに導入した)製品は十分、時間の節約に役立っている。“面倒で同じことを繰り返すタスク”を人間に代わって実行してくれているから」



 一部のインスタンスでは、「ユーザーについて来るデスクトップ」の標準バージョンをある程度カスタマイズしなければならなかったものの、システムの実装は特に支障もなく進められた。



 「われわれのITスタッフは、新しいソリューションを幅広い部門のさまざまなニーズや要件に対応させることに精力的に取り組んでいる。また課題にぶつかっても、並々ならぬ独創性を発揮して対処している」とラウケマン氏は話す。



●デスクトップ変革の効果



 システムの刷新で実現した結果と生産性の向上について、ラウケマン氏は全般的に満足しているという。「ログインにかかる時間を短縮した。以前は数分かかっていたが(古いデスクトップ環境では珍しくない)、今は30秒以内だ。いったんログインすれば、その後スタッフは、施設内を歩き回って、その先々で手近にある端末からアクセスできる。端末間の環境の切り替えは数秒で済む。われわれはこれを“端末間ホッピング”と呼んでいる。効果は少し実感しにくいが、投資に対する見返りは大きかった」と同氏は説明する。



 病院全体の作業効率が向上したばかりか、各診療科でも効率が上がった。



 「ワークステーションの標準化を徹底したことで、コストの削減も実現した。ベースのイメージに定期的に最新のパッチを適用する作業が必要で、この作業は少し負担が大きいが、効果はそれ以上に大きい。このイメージを驚くほど短時間で一気に、システム全体の端末に展開できるようになった。PCに1台ずつパッチを適用する必要はなくなった。これで随分時間の節約になっている」とラウケマン氏は話す。



 システムが変わったことで医療スタッフの働き方にも変化が現れた。システムからの応答を待つことに慣れてしまっていたスタッフもいたからだ。



 「以前は、物理的なPCやワークステーションを各ユーザーに割り当てていた。しかし今はそうではない。ユーザーは施設内を自由に移動して、そこにあるPCを使うことができる。例えばディクテーション(診療内容の口述)の録音はどこにいても実施できる」と同氏は説明する。



 「スタッフは自宅から病院のシステムにアクセスすることもできる。ゼロクライアントは自宅のデバイスにもインストールできるので、スタッフは在宅勤務をすることも多くなった。学会に出席して、宿泊先のホテルやイベント会場からアクセスすることもできる。場所の制約はなくなった。システムにこのような自由と柔軟性が加わったことは、スタッフからも好評だ」



 ただし、この自由には(ユーザーの)自主管理という要素が伴うとラウケマン氏は強調する。各ユーザーは個人のアカウントを持つことが現在のシステムの前提になっているからだ。



 「個人アカウントがあるということは、全員が個人のメールアドレスを所有していることを意味するので、業務プロセスの最適化もできるようになった。例えば組織内の研修やプランニングなどに関連する管理タスクに応用している」とラウケマン氏は続ける。



 そしてこの病院は、受賞の栄誉に甘んじてはいない。「現在は『RES ONE Service Store』を評価しているところだ。この製品には、各ユーザーにセルフサービス型のWebポータルを提供する機能がある。ユーザーはこのポータルから、特定のアプリケーションやデータに対するアクセスの要求を送信したり、パスワードをリセットしたりすることが簡単にできる。多数のタスクで、ユーザーがITスタッフの手を借りなくても実行できる、オフロードや自動化の可能性が広がった」とラウケマン氏は締めくくった。







いいね!(19)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。