ガーターベルトが流行ってますね。

テーマ:

 

今日は、有名ファッション誌の取材でした。

 

とても話をしながらも僕らも勉強になりました。。

 

ありがとうございます。

 

今日も営業は20時までになります。

 

本日は、マリーと女性スタッフの角田がいます。

 

 

さて、最近、ガーターベルトの話を良く聞きます。

 

脊山元アナウンサーだったり、、あと誰かもガーター履いて

 

会見してましたね、、

 

 

ガーターベルト、、セクシーアイテムとお思いでしょうが

 

実はランジェリーの歴史の中では古いアイテムで

 

ちゃんとしたランジェリーの形なんです。

 

でも、本当はもう少し古い歴史がありまして、、

 

もともと、男性のソックスが釣り下がらないための

 

ベルトだったのです。そう、ガーターベルトは男性のものだった、、、

 

 

ランジェリーの世界では、決して作り手や女性からセクシーという言葉を使わない

 

んです。物質的に、セクシーに感じる下着、という表現はあるのですが、、

 

それはあくまでも男性から見てそう感じるんだよという表現で、、

 

女性としての表現ではない。

 

だって自分がランジェリーを着てセクシーだなあーって

 

自分自身に性的に反応するのってなんか違和感あるでしょ?

 

昨日の本にそんなことが書かれてました。

 

 

フランス、イタリアもそうなのですが

 

自分自身のためにランジェリーを着てるので

 

セクシーな場面だけ、、何か特別なとき、、を連想するだけの

 

選び方を絶対しない。。

 

女の子はそういうのをフランスではお母さんの世代から教えてもらったり

 

するのですが日本はそういう知識、ランジェリーを濡れ場だけのもの

 

と捉えてる女性がある程度の年齢になるか、伴侶を伴うか

 

子供を授かるかで、ドロップアウトして、、楽なブラジャーを

 

つけ始める、、そして、子供が出来た時には、その子供に

 

お母さんはランジェリーの嗜みも何も教えれない

 

感性が多感な時にそういった色んな学校では学ばないような

 

事を感じるのはすごい大事だと思うんですよね。。

 

それを今後どうしていくのか?

 

考えながらランジェリーと向き合っていきたいですね。。

 

JUN

AD

報道の矛先。。。。

テーマ:

 

本日は13時オープンになります。

 

昨日はニュースZEROにリンキンパークのチェスターとマイクシノダが

 

出ててラッキーでしたね。

 

夜の番組はしっとりした音楽になるけど、音楽を聴かせるには

 

一番いい時間ですよね!音楽番組みたいな流れ作業でなくて

 

アーティストをしっかりピックアップするやり方で。。

 

朝、めざまし とか スッキリでやってるけど、、

 

見れないし、落ち着かない、、そりゃスケジュール押さえるには

 

いい時間なんだろうけど、、、、

 

昔、フジテレビのニュースJAPANで村上ポンタさんのポンタBOX と

 

色々なアーティストが共演する、神々の宴 YOLというコーナーが

 

月に1回あって、、それはそれは、、すごいラインナップで、人気だったと

 

思います。

 

ドリカム、nokko 柳ジョージ&大村憲司  char&近藤房之助

 

海外からはあのレイチャールズとコラボレーションしてました。

 

スティービーワンダー、、出てたような、、、

 

違う番組だっけな、、でもレイチャールズは出てました。

 

葉加瀬太郎&ゴンチチ とか、、めちゃくちゃ豪華。

 

夜ニュースでもっとやってくれないかなあ〜

 

 

そう、そのニュースでちょうどこれからパフォーマンスの時に

 

よりによって、復興大臣の後任が決まったテロップが流れた。。。

 

今村大臣、、、このおっさんは悪いと思ってないよ。

 

50代の男がそんな数時間で意見が変わると思えないし、建前で

 

言ってるだけ。。心から思ってるんですよね。。

 

任命責任がありますよね、、しかも、これから外遊に行くからと

 

1日で後任を決めた、、これも自分勝手。。。

 

 

しかも、今日なんか、郵政事業の海外M&A失敗だったり、東芝が

 

ぐちゃぐちゃなのに、なんで上場したままなのか。。。

 

日本の企業は海外のMAことごとく失敗してるの、、多分紙切れしか

 

見てないで判断したんだろうと思うけど、、

 

日本の株は大暴落するんじゃないかと、、、

 

これから28日ですよね、トランプの予算が決まってないので

 

今朝鮮に空母出してるけど、無給で兵士は仕事しないといけない、、

 

アメリカの株が落ちるとともに、、日本も引きつられて落ちる。。

 

イヴァンカを主力メンバーに入れるのはダメだと思うな〜

 

政治に家族親族が近いポストに居るのはあまり良くないって多分

 

どこの国もそうでしょう? シリアのミサイルも彼女の意見が大きく

 

影響したみたいですし。。。

 

ミサイル撃ちたくても撃てない、わかってるんじゃないかな、、北朝鮮も。。

 

色々ニュース海外やら国内の見てると、金正恩のお母さんが横田めぐみさん

 

って書いてますね?ほんとなのかなあ〜〜〜似てる、、、っ、、、いやいや

 

海外のニュース見てると色々書いてるけど、、日本ではこの今村のおっさんとか

 

森友のおっさんの独り言とか、、トリンプのブラジャーとか、、、

 

 

オーストラリアから来たお客様と話してたら、、

 

日本のニュースのジレンマを話しした時に、、日本のニュースは私好きよ

 

と言ってた、、なんで??と聞いたら

 

だって、パッピーなニュースばかりでしょ??

 

いいよね〜。。と言ってた。。

 

海外では、、ニュースといえば辛辣な話ばかりで、事実を伝えてる。。

 

ハッピーなのはその他の番組でやる。。

 

そして、コラムや音楽を入れて抑揚をつける。

 

 

もっと、郵政や今色々な他報じるべき問題あるやん!!

 

 

やれやれ、、、、

 

そうだ、もう1つ、、さっきもやってたけど

 

クマが人里降りて暴れて射殺された

 

人を襲ったから、、どうやら母グマで子熊もいるみたい。。

 

怪我した人はなんとも、僕はいえないけど。。

 

そもそも、山の中をランニングするってリスクや危険もあるでしょ

 

クマもびっくりして噛んだと思いますよ?

 

動物は防衛本能で攻撃しますのでね、、、それに日本ですごい嫌なのは

 

駆除名目でじゃんじゃん動物を殺す、、クマだって、、殺さなくても

 

麻酔銃で山に返すことはできなかったのか??

 

限られた土地で暮らすのは人と動物は共存しなきゃダメでしょ

 

お母さん殺されて彷徨ってる子熊を警戒してパトカー総動員してるみたい

 

だけど、、

 

北極でもクマが出ると、コンテナーに誘導して遠くに返してるのを

 

ドキュメンタリーで見ました。。誰も殺さない。。

 

殺すときは命を頂戴するから、、食べる必要のあるとき。。

 

俺の友達で鹿児島で、対向車が鹿をはねた。

 

対向車はそのまま去ったけど、彼はそれを見てしまったために

 

その鹿を持って帰って、また解体できる友人に解体してもらって

 

皆んなで食べた。。。

 

殺めてしまったなら責任とらなきゃ、、人と動物の間にもあるはず。。

 

ランジェリーだって、化学繊維の安いのと僕らやってる高いの何が違うのか?

 

って、天然繊維とか色もそうですが、天然のものを頂戴して作ってるので

 

資源がどれだけ貴重なのか?ということで、付けられてる値段ですので。。

 

安くで買うとか、それは衣食住の中では責任回避だと思います。

 

消費する側もそうですが、、ここでは生産や販売する方に言いたいかな。

 

あとで廃棄するならできる量をする。  足るを知る、、、

 

昔の日本人はこの精神があったみたいですね。。。

 

今、駆除、廃棄ばかりですが、、、報道の矛先がねえ〜、、、

 

JUN

AD

 

今日は北朝鮮のXデイだそうですね

 

ミサイル、、

 

どこに飛ぶんでしょうね、、、

 

こんな状況だったら、沖縄の基地なんて反対しにくい状況。。

 

願ったりかなったりなのかなあ、、

 

韓国は朝鮮戦争後ずっと緊張状態だから韓国人にとっては

 

別にそんなに危険ではない、、と昨日テレビで言ってました。

 

 

さて、最近遠方のお客様が多いのと、こういうお店探してたと

 

言ってくれるお客様も多いです

 

ランジェリーでもどこも同じようなラインナップ、面白味がないと

 

無難な商品の品揃えとか、、どんなのがあるのだろう、、と

 

ワクワク感がないと。。

 

僕が思うに、多分商品だけじゃないと思うんですよね、、、

 

同じ商品でも教科書どうりの知識でなくて、、

 

その人がその商品に対してどう思うか??を大事にしてます。

 

マニュアル通りの接客ほど面白くないものはない、、

 

マニュアルはレジとか事務的な部分だけで良くて、、

 

批判もあるでしょうが、、僕はフィッティングに関しては重視してません。

 

フィッティングは僕が女性でフィッティングをできる立場でも同じように

 

思うと思います。。

 

フィッティングを重視してないというと語弊がありますが、要するに

 

店員側からフィッティングに対して入り込みすぎることはしない。

 

ということです。サイズ感は大体もう分かるので後は、、

 

ご自分で  着やすいか? 心地はどうか?? 

 

人の感覚は自分ではわからないから。。

 

ただ、そこまでですよね、その人に合うか?肌の色、雰囲気、今の気持ち

 

その人のストーリーを合わせて、、そしてその先のストーリーをイメージ

 

して。。。ブランドと、形、など知識の本棚を開いていって、、、

 

そこまでが一番大事な部分ではないのかなと。。

 

「魅せる」のはパートナーだけでなく、自分自身に魅せるので

 

最終的には魅せられるランジェリーなのか?はご自分の世界で感じてもらうのが

 

ランジェリーは楽しいのかなと。。

 

でも、わかりますよ^^

 

フィッティングに入ってもらってて、、無言に静かに音楽だけが

 

なってるひとときはきっと、ランジェリーの世界に堪能してくれてるのかなあ〜と

 

なんとなく感じます。。

 

だからフィッティングはお客様にとっては大事な時間で、僕が介入する時間ではない

 

たまたま間取りがうまく取れて、、フィッティングルームをいい感じで

 

作れたのも僕としてはマリー六本木に満足してる点で、、、

 

 

是非、買う買わないというよりも、そのひとときを味わいに着て欲しいなと

 

思います。

 

 

今日は20時まで、、マリーオーナーと、従業員とともにおまちしております。

 

 

JUN

AD