外大ボランティアコーナー

神戸市外国語大学ボランティアコーナーの学生スタッフによるブログです。活動記録など更新していきます!よろしくお願いします!


テーマ:


こんにちは♪

ボラコ学生スタッフ2回のちせりんです!



梅雨入りしたにもかかわらず

雨が全く降りませんね。

天気予報によると猛暑日を記録したそうで

私はこのまま夏を乗り切れるんでしょうか(*_*)

日本は大丈夫なんでしょうか(*_*)


6月8日(土)に、障がいに関する知識を

共有するセミナーを開催しました。


私たちは毎月、なかよしのお楽しみ会で

障がいのある子どもたちと一緒に遊んでいます。

自閉症、アスペルガー症候群、聴覚障がいなど、

様々な発達障がいがありますが、それらを

よく理解し、「障がい」ではなく「個性」として

受け止め、上手に関わっていく手助けになるよう、

ボラコではこのような勉強会を毎年行っています。

主に新スタッフの1年生に、それぞれの

障がいについてプレゼンをしてもらいました。


また、芸術工科大学の岡村先生が、発達障がいに

関わる活動をされていらっしゃるということで、

去年に引き続き今年も参加してくださいました!




外大ボランティアコーナー

1年生みんなプレゼン力が高く、

特徴や接するときの注意点などを

イラスト、パワーポイントなどを使って

説明してくれたので

とても分かりやすかったです(*´∀`)



外大ボランティアコーナー

休憩の合間には、さっそく手話を練習する

ほほ笑ましい姿も見られました☆



外大ボランティアコーナー

今回はボラコスタッフだけでなく、外大生や

看護大の学生さん、地域の方々も

聞きに来て下さっていました!

学外から来て下さるなんて嬉しいですね!!(^o^)

障がいを持つ家族の目線から

感想を言って下さった方もいて

とても貴重なお話を聞かせていただきました。


最後に芸術工科大学の岡村先生に

お話していただきました。



外大ボランティアコーナー

発達障害と考えるだけでなく「発達凸凹」と

考えるのもアリだなということを知りました!

発達凸凹という考え方は、

発達障害の中でも、得意な分野と苦手の分野の差が

大きいというものです。



今回のように障がいについて考えることは大切です。

ですが障がいを「個性」や「特徴」としてとらえることで

見方が変わってくると思います。

「障がいを持っているから…」って構えないで

まずは障がいを持っている人と関わることから

始めてみませんか?

そう思われた方は、ぜひ

なかよしのお楽しみ会に参加してみてはどうでしょうか?

きっと見方が変わりますよー\(^o^)/


障がいを持っている人と関わる際にも

健常者と接するときと同じように

言葉に気をつける、乱暴な態度をとらない、など

ささいなことに気をつけてもらえれば

うまくコミュニケーションが取れます。


今回のセミナーに参加してくれた方が

接し方などをもう一度考え、

これからの生活に生かせればいいなと思います☆


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

外大ボラコさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。