2012-08-01 11:19:36

(7/8)神戸チャプター7周年記念イベント[報告]

テーマ:ブログ


日本コーチ協会 神戸チャプター  日本コーチ協会 神戸チャプター


日本コーチ協会 神戸チャプター  日本コーチ協会 神戸チャプター


日本コーチ協会 神戸チャプター  日本コーチ協会 神戸チャプター


【日時】
2012年7月8日(日)10:00~16:30


【参加者】
午前の部26名
午後の部50名


【プログラム】
午前の部 10:00~11:45(受付 9:30~)
 分科会A 講師:下山 ひろ子 氏
 分科会B 講師:四辻 誠一 氏

午後の部 13:30~16:30(受付13:00~)
 講師:山田 淳子 氏


【内容】(分科会A)
『ビジネスコーチング最新事情』~組織にコーチングを定着させる~

ビジネスコーチは、相手の仕事に関することだけではなく、ファウンデーションやその人が抱えている問題、未来に向かって考えていること等「その人の全てのことを聞く」ということをしています。また、仕事の先輩として現場で経験したことをティーチングすることもコーチの役割。そこには「入社してきた人をその会社の文化に合わせて大切に育てていきたい」という企業の想いがあります。例えば機械化されたコールセンターでは、1人のコミュニケーターに求められるのは「人にしかできないこと」。要するに企業は「機械ではなく人にしかできないことを出来る社員」を求めています。では企業が求めるコーチングとは?それは、変化にとんだ環境でも主体的に物事を考え行動出来る社員の育成です。企業は成果を求めます。“何となくコーチング”ではなく、「何を持って成果とするか」をはっきさせる“ものさし”が必要です。ビジネスコーチは企業にコーチングを導入するための柱として「コーチングの構造」(=①プレセッション②目標設定とエバリュエーション③コーチングを設計する④エバリュエーション)を取り入れ、それを丁寧に行えるようにすることがとても大切。企業からリピート依頼されるポイントもここにあります。企業(組織)にコーチングを導入して8年、経験に裏打ちされた他では聞くことのできない「組織コーチング導入の下山メソッド」満載、あっという間の1時間45分でした。


【参加者の声】(分科会A)

・企業へのセミナー&コーチングを提供することでヒントになる事がたくさんありました。ありがとうございます。
・組織にコーチングを導入するために、自分に必要なことが何かについて下山コーチのお話を伺いながら整理し気付くことが出来ました。貴重なお話をありがとうございました。
・極めて具体的なメソッドを分析し構築し工夫し準備しておくことが衝撃的でした。自身の研修やクライアント様とのかかわり方を再度検討し直そうと思いました。下山コーチの熱意や想いが大変伝わって参りました。ありがとうございました。


【内容】(分科会B)
『ゴールデンフロー』~誰でも効果的にコーチングができる~

ゴールデンフローとは、そもそも自分が求めているものがはっきりとつかめていないクライアントさんのために、「本当は自分はどうなりたいのか」「本当に欲しい結果はどういうものなのか」という、本質的な欲求を丁寧に引き出すために、あらかじめ用意された質問の意図に沿って、その意図にあう質問の言葉を自分で作り出していくフローでした。
四辻コーチはこの一連のコーチングを”幸せ型コーチング”と呼んでおり、実際に、現実のルールの中で現状と理想とのギャップを埋める行動を決定する”スポーツ型コーチング”の前段にしっかりと行うことの重要性を教えてくれました。また、エクササイズでは、クライアントさんの言っていることに引きづられないようにするため、テーマを聞かずにコーチングを進めることにチャレンジしました。コーチングフロー自体の力を改めて実感することが出来た時間でした。


【参加者の声】(分科会B)

・ゴールデンフローの質問項目は使うことができる、使い易いと感じました。さらに勉強したいと思います。ありがとうございました。
・ゴールデンフローの幸せ型について、新たな視点ができました。
・そもそも相手は自分が求めているものに気付いていないという心構えでこれから取りくんでいきたいと思います。


【内容】(午後の部)

『脳科学とコーチング』~コーチングと脳の関係~

人が幸せな時間を共有するためのコミュニケーションであるコーチングと、脳科学の関係を山田淳子コーチの幅広い知識、経験から学ぶことができました。
(1)脳の本能について (2)個人に活かす脳科学 (3)組織に活かす脳科学 (4)男性脳と女性脳 の4つの切り口からお話しをいただき、何気なく行動していること、考えていることが脳の本能からだということに改めて気づく時間でした。脳機能を知る事で更に今後のコーチングに広がりを感じることができました。
たくさんの文献の中からコーチングに活用できる部分を抜粋し、わかりやすく解き明かして下さった山田コーチありがとうございました。


【参加者の声】(午後の部)

・脳科学とコーチングが人間学に結び付いていると感じました。
・部下指導の方法と脳の働きについての話が印象的でした。
・人と関わる仕事、コーチングや教育、子育てをする上で大切にしていることがやはり脳科学の上でも立証されていると知ることが出来て良かったです。意識して今後生活していきたいと思います。ありがとうございました。
・脳科学とコーチングが大きくリンクしていることを納得。・感情の鮮度を保つことの大切さを学べました。これは意外と難しい。・記憶することの”コツ”を知ることができました。ラッキー!な65歳
・脳科学とコーチングが人間学に結び付いていると感じました。コーチング、人間学との関係が理解できました。自分自身を整えることを意識し、部下への接し方を変えてみたいと思います。



★幸せの数をふやす。【日本コーチ協会神戸チャプター】 http://www.coach-kobe.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

日本コーチ協会神戸チャプターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。