井原あつき ~地元・東灘に全力投球!~

「地元・東灘に全力投球!」を続ける井原あつきのブログです。


テーマ:
世間を騒がせております「政務活動費の架空請求事件」につきまして、我が神戸志民党は、以下の通り見解を発表いたしました。
今後、市議団から議長宛に申入れ書を提出いたします。



昨年、世間をお騒がせした号泣県議事件以降、兵庫県議会において政務活動費の改革は進みつつあります。まず昨年10月に支払い方法が前払いから後払いに変更され、交付額も月50万円から45万円に減額しました。さらに領収書を添付した証拠書類をインターネット上に掲載し、切手購入も月1万円以内に制限するようにもなりました。


更に、今年3月には海外視察の報告義務が厳格化され、親族雇用が不可となり、グリーン車使用については議会ホームページでの公開が決まりました。

「ゆるい状態」から「当たり前の状態」に改善されつつありますが、まだまだ改善余地はあるので、神戸志民党は「さらなる政務活動費の減額」や「運用見直し」を議会に要望していくつもりです。

そんな矢先、兵庫県議会に比べて政務活動費を厳しく運用していると言われていた神戸市会で架空発注という事件が発覚しました。最初は個人的問題かと思われましたが組織ぐるみの可能性も出てきています。

大野一議員の死去で問題がうやむやにならないように、神戸市議会・交渉会派(議員5名以上)による代表者会議の合意のもと、原因追求していく準備を進めておりましたところ、自民党市議団が単独で兵庫県警に告発致しました。ただ、できれば自民党市議団だけでなく、神戸市会全体の問題として調査を進めてきただけに、議会の代表である議長より告発して頂きたかったと思っています。この問題では市民オンブズマンも大野市議らを詐欺容疑で既に刑事告発しているので、神戸志民党としてもその結果を監視していき、市民が納得する答えが出てくるよう協力していきたいと思います。
尚、代表者会議ではこの政務活動費流用疑惑解明には限界があるため、司直の手に委ねる事になったとはいえ、引き続き調査の中、今後の改善に向け、協力機関の設置や非交渉会派にも協議参加出来るように申し入れを行って参ります。

神戸志民党 党首  樫野孝人
      幹事長 平野章三



東灘、そして神戸で暮らす者として、本件に対して徹底的な真相究明を願っております。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。