小林順一 木彫刻師への道

木彫刻師を目指して、日々の修行とそれをとおして感じたことを書いていきます。


テーマ:

この度、木彫り広場より新作のDVDが発売となりました。

こころの仏像彫刻「砥ぎ」手砥編です。

 

 

 

仏師 関 侊雲 先生が監修をおこなっております。

 

 

 

映像では彫刻をする上で欠かせない彫刻刀の砥ぎ方を動画で説明しております。砥ぎ方も様々ありますが、今回は代々受け継いだ技法を使用して手で砥ぐ方法をご紹介いたします。

 

仏像は人の手で木を彫り進め削って作っていくものです。

いつでも使えるように彫刻刀の刃を常に切れる状態にしておく事が大切です。

荒く彫る時、仕上げで繊細に彫る時も刃が砥がれていなければ上手く彫る事ができません。

刃が切れる様になるまで時間もかかると思いますが、映像を見ながら何度も繰り返し挑戦して頂ければと思います。

 

木彫り広場ホームページやアマゾンでも販売しております。
是非ご覧になってみて下さい。

 

販売ホームページ「木彫り広場」

http://kiborih.com/

 

アマゾン

https://www.amazon.co.jp/dp/B079KSD18C

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

関 侊雲 仏像彫刻・木彫刻学院の学院生 安東さんが一笑仏工房としてワンダーフェスティバルに出展します。

一笑仏工房のかわいい仏像フィギュアは安東さんの木彫りが原型となっています。

安東さんが学院で培った技術が生かされた味わいのある作品となっています。

 

 

ワンダーフェスティバル(通称ワンフェス)はプロ、アマチュアを問わず、

自分たちが腕によりをかけて製作したキットを持ち寄って展示・販売するイベントです。

http://eventr.jp/events/wonder-festival-winter/

 

 

■Wonder Festival 2018[Winter]

・日時 2018年2月18日(日)

・場所 幕張メッセ1~8ホール

・ディーラー名 一笑仏工房

・卓番号 5-25-05

 

  

 

手塚治虫の名作「ブラックジャック」に登場するピノコが十一面観音になりました!

この日だけしか販売が許可されない既存キャラクターのキット(当日版権)、

「ピノ十一面観音」の塗装済完成品を50体販売予定です。

(作品紹介ページ https://www.isshobutsu.tokyo/items/7686865 )

こちらの商品の販売は今回のワンフェスで最後となります。

仏像シールを製作しているキトライライヘイさんのおまけシールがついて、4500円です。

 

他にも懐中ぷに仏・かた仏」〜触って嬉しいミニ仏3種×ぷに仏版・かた仏版など販売予定です。

ご興味を持たれた方はぜひ会場に足をお運びください。

 

一笑仏工房のブログ

https://ameblo.jp/isshobutsu/

 

一笑仏工房のFacebookページ

https://www.facebook.com/pg/isshobutsu/about/?ref=page_internal

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
木彫刻修行中の小林です。

寒いですね。
体調崩されていませんか?

井波の図書館は、木彫が栄えた町ということもあってか、美術関連の本が豊富です。
なので休みの日には訪ねてあてもなく眺めていたりします。

パネルの図面を考えています。
まだ構想の段階を出ないですし、完成するのかもわからないのですが。
図書館でふっと思ったので描いてみました。

{FB0C102D-45C4-4635-91A3-751874742142:01}

メモ帳にザッと描いたものです。
水蓮の葉の上に蝶々が止まり、根には琉金が2匹泳いでいます。

水蓮の葉が水面を、蝶々が水上を、琉金が水中を表したら面白いんじゃないかなぁ?と思って描きました。

これを元に、スケッチブックにもう少し丁寧に描き直してみました。

{0A858E81-2331-4759-AD16-859791004B4F:01}

これでもかなり雑ですが。
水上、水面、水中を表現したいということに加えて、見る箇所によってアイライン、視点が変わるようにしてみたのですが、どうでしょうか?
どうなんでしょう?

面白いと思って描き始めましたが、
描いているうちに自分でもよくわからなくなってしまいました。

透かし彫りにすると、さびしい気もしますし、工夫が必要ですね。

面白くなりそうな気もするのですが…。
左右どちらの構図が良いと思いますか?
よろしければご意見ください。

それでは失礼いたします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
新年明けましておめでとうございます。

木彫刻修行中の小林です。

みなさんどのような年末、新年を迎えられましたか?

自分は実家の札幌へ帰省させていただきまして、のんびりと過ごしさせていただきました。
一年ぶりに家族や友人と会ってほっこりしました。

札幌は思ったより雪が少ないな、と思ったものの、帰省中降り続いて、帰ってくるときには例年並みに積っていました。

本年も修行や、夜なべの経過を報告させていただきます。

本年もよろしくお願いいたします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさんこんにちは。
木彫修行中の小林です。

すっかり寒くなりましたね。
季節はまだ秋、というのは無理がありますね。
井波はもう白い世界です。
みなさん風邪などひかれていないでしょうか?

今年も残すところあと半月、みなさんやり残したことなどありませんか?
悔いの無い一年にしたいですね。

さて、夜なべで進めている百合のパネルです。


{BFFD31A5-6267-4495-B8DE-3650E3445D6D:01}
{CEE890ED-9DB9-47F4-8741-D2ACDB96FBE6:01}

荒彫りはほぼ終わりました。

今回進めて思いました。
僕は荒彫りが苦手です。

荒彫りという(作業)が苦手というよりも、決断することが苦手です。
荒彫りは大まかな高さを決めていく作業ですので、納得しなかったら深くなりすぎて失敗するし、浅すぎると出来が良く無いものになります。
自分の理想的な高さを(決断)して、次の作業へ進まないといけません。

本来でしたら荒彫りが終わったら多少の余裕を残して

裏側のメコミ取り
小彫り

と進むのですが、

自分はメコミを取る前に小彫りをして、様子を見てからメコミを取るつもりです。
無駄な行程を踏む可能性がありますが、少し不安なので、慎重にいこうと思います。
バンバンと大胆に進めるには度胸と経験が不足気味ですね。

ともあれ年内に荒彫りを終えられたのは良かったです。
慎重に、でも確実に進めていきたいです。

では今回はこれで。
失礼いたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

関侊雲仏所所員で木彫刻師の吉川浩市先生が縁起物として
達磨「七転八起」


「招福戌」

「福戌」

の3つのシリーズを制作し、この度アマゾンで販売する事となりました。

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E6%9C%A8%E5%BD%AB%E5%88%BB%E5%B8%AB%E5%90%89%E5%B7%9D%E6%B5%A9%E5%B8%82
それぞれ素材はクスとケヤキをご用意しております。ご自宅に飾られて福を呼び込む用に
また贈答用に幸をお運びする事にも大変お勧めです。

プロの木彫刻師が1点1点、手で彫り仕上げております。


この「招福戌」「福戌」シリーズは面取りの技法を用いて動物がデフォルメされ造形的に
も大変可愛らしくなっています。来年の干支として、年男年女の方には特におすすめです。

 

   
 

 

達磨「七転八起」は何度失敗してもくじけず、立ち上がって努力することの意味しておりますが、

この達磨は台と一体になっているため次に絶対転ぶ事はありません。

荒いタッチの仕上げで達磨大師の風格を現わしています。



 
アマゾン販売ページはこちらから

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E6%9C%A8%E5%BD%AB%E5%88%BB%E5%B8%AB%E5%90%89%E5%B7%9D%E6%B5%A9%E5%B8%82

木彫刻師吉川浩市のホームページ

http://kibori-yoshikawa.com/

こちらからもご覧いただけます。

是非

ご覧になってみて下さい

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさんこんにちは。

木彫刻、修行中の小林です。
めっきり寒くなりましたね。
風邪などひかれていないでしょうか?

自分もマフラーや帽子デブなどを買い込んで冬に備えています。
北海道に比べたら寒くないでしょう?と聞かれることがありますが、寒いです。すごく寒いです。
どこにいても寒い日は寒いですね。

さて、デッサン教室で描いていました百合が完成しましたので、報告させていただきます。
描き始めから順に貼っていきますね。

{35C450C1-89B5-44BC-AF11-F98A2C2BC7F4:01}
うっすら輪郭。

{BB299AB9-89A5-473F-B17E-20B13B5B89A6:01}
輪郭を整えながら影をいれていき。
{565CB509-6202-4BEE-ADEB-8FF593CC67E6:01}

{D45F8074-B5FD-4B11-B05F-F2B1FF3B8A3A:01}

{4D1EEEE9-FE1B-41D3-8135-038B57E698AB:01}

{FDDB9B4C-53CB-4ED5-AAAB-6E63EDFBDAF8:01}
全体に影をいれたら濃さを強く。
{80F3E498-D60D-465A-8181-AC0C502098B5:01}

{1FE028A2-D633-4136-86B0-9BA0776FFFE8:01}

{3C0B9CDA-FB96-4D6D-B26B-6EA1DD29C09D:01}

{1103ED35-F996-47CA-8F4E-D3A122F0BD95:01}

{E9E1CBE0-7D4D-4C78-B6AF-62C3BE1CAC4F:01}
こちらで完成。
{9692BD8E-B233-45A1-B670-B6829AC153F6:01}
額に入れました。

百合は形も難しいですが、白い花を描く、ということが難しかったです。
形を説明するために描き込みたいけれど、黒くなっては困る。その加減が難しいです。

葉っぱも逆ですが、同じ難しさ。
濃いのですが真っ黒に塗りつぶすのではなく、メリハリをつける。勉強になりました。

これからしばらくは静物デッサンの練習をしていこうと思います。
目で見たものを正しく捉える力をつけたいです。

それでは今日はこれで。

ありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

元通商産業大臣 深谷隆司 先生

 

 

 

元法務大臣 衆議院議員 松島みどり 先生 ご夫妻

台東区長  服部征夫 先生 ご夫妻

 

 

衆議院議員 辻清人 先生

 

 

渋沢栄一氏孫 鮫島純子 先生

 

 

民謡歌手 原田直之 先生

 

 

日本書鏡院会長 長谷川耕史 先生

 

 

お陰様で大勢の方々のお力により盛況の中、無事に個展を終えることが出来ました。

 

大変お忙しい中、会場へお越し戴きました皆様に心より御礼申し上げます。

 

これからも人々に癒しをお届け出来ますような仏様を現せますよう一生懸命に精進して参ります。

 

皆さま、今後ともどうぞご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

 

                                     

 仏師 関 侊雲

 

第二回 関侊雲仏所展

会期:平成29年10月9日(月)~14日(土)

会場:ギャラリームサシ(中央区銀座1丁目9-1 KIビル1階)

 

関侊雲仏所

http://sekikoun.com/

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

中目黒GTにて

仏像彫刻・木彫刻・仏画教室写真展を開催しております。

 

 

会期は10月16日(月)~22日(日)(最終日は16時まで)

展示場所はGTテラスB1階の中目黒駅前図書館前の壁面にておこなっております。

これまで侊心会 仏像彫刻・木彫刻仏画教室で制作された生徒の方々と作品を写真にて展示しておりますので

お時間ありましたらお越しください。

 

中目黒GTまでのアクセス

http://www.nakamegurogt.jp/access/index.php

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさんこんにちは。

木彫刻師めざして修行中の小林順一です。

 

先日ブログに記事も載せさせていただきました、自分の師匠、関侊雲先生が銀座の「ギャラリームサシ」にて開催いたしておりました、第二回 関侊雲仏所展へ行って参りました。

 

日本の首都東京。その中心にある銀座。

歩くだけで緊張してしまっていたボクですが、ギャラリームサシは暖かい、やさしい雰囲気で迎えてくれました。

 

ギャラリーに並ぶ関先生、紺野先生の制作された仏像。

ライトに優しく当てられた姿はとてもうつくしいものでした。

 

大随求菩薩様

 

昨年、自分が東京で修行させていただいていたときに制作されだしていたもので、自分も台座の一部はお手伝いさせていただいておりました。

こうして完成された姿は初めて見させていただきましたが、仏像、という芸術品で、美しさにみとれました。

 

 

関先生とご一緒に写真を撮らせていただきました。

 

自分ももっともっと修行して、見る人すべてが息をのむような、そんな作品を作れるようになりたい。

素晴らしい一日でした。

 

ありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。