東京吉祥寺【葬儀相談とグリーフケア】小林ともこ

【いのちとこころの相談室】
☆お葬式の知識を得ることで、安心したライフステージを送るセミナー開催や葬儀相談をお受けしています。
☆「グリーフセラピー」で悲しみからの回復サポートを行っています。
☆葬儀社へのグリーフケアサポートをご提案をしています。


テーマ:

葬儀相談とグリーフケア☆小林ともこです。


お盆は旧暦7月15日頃の先祖の霊を祀りなぐさめるという先祖供養の行事です。
新暦に直して1ヶ月遅れの8月15日に行うところが多いようです。

時期は7月または8月の13日から4日間に行なわれます。

東京ではお仏壇に盆飾りをしている方も多いことでしょう。

私は大阪出身で8月がお盆ということで、わぁ~~7月のお盆だ!と何年経ってもあせるです。


7月は盆月とも言います。


・朔日盆(ついたちぼん)

7月1日或いは月遅れの8月1日は、釜(かま)の蓋朔日(ふたついたち)です。
この日は冥土や地獄の釜のフタが開き、10万億土の地からすでに亡くなられている人々の霊が13日の迎え盆までに帰って来ると言われています。


・七日盆
 

7月7日、七夕の日を盆に入る日と考えていました。


・盆祭り

13日を「迎え盆」「迎え火」帰って来る先祖霊の足元を照らすと言われています。
 
16日を「送り盆」「送り火」先祖霊が戻る道しるべに火を焚きます。
 
「灯ろう流し」「精霊流し」も送り盆で、先祖霊を送る儀式です。


・地蔵盆

・施餓鬼


と行事が目白押しに続きます。

先日お施餓鬼に行ってきたと知り合いが話してしました。


盆と正月が一緒に来た」と言うように、お盆とお正月は昔から年中行事の中で最大のものです。


一年を半分に分けて、お正月には精霊(祖先の霊)を年神として祀り、お正月を前期の始まりとして、お盆には精霊を迎えて畑作の収穫を感謝したり、秋の稲作の豊作を祈り天に戻ってもらい、お盆を後期の始まりという風習がありました。


広辞苑には「盆と正月が一緒に来たよう

非常に忙しい様子。また、うれしいことや楽しいことが重なること。と、記されています。


お仏壇がなくても、お墓詣りに行けなくても、先祖があって今ここにいることを感謝するのもいいですね。



東京吉祥寺【葬儀相談とグリーフケア】小林ともこ




ベルお葬儀セミナーベル


40代になったら、これだけは知っておきたいお葬式の話


2回完結セミナー

① 9/10(土)・10/8(土)・11/12(土)
② 9/17(土)・10/15(土)11/19(土)

13:00~15:00
費用 2回ともご参加 8,400円  どちらか1回のみ 5,250円

ご希望の方には、後日30分無料対面現代レイキヒーリングをさせていただきます。


黄色い花お問い合わせ・お申込み


地下鉄 アクセス 家





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

葬儀相談とグリーフケア☆小林ともこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>