小番頭便り〜ありふれた日常〜

日本酒の仕事をしています。呑み仲間・飲食店・酒販店・日本酒蔵、さまざまなステキな仲間に囲まれた僕の日常。でも、この場ではそこを少し通り越して、何でもない日常をお便りにしたいと思います。愛を込めて。


テーマ:

昨日は、「とりいち」かずまささんのお手伝い。

児童センターのおやつタイムで、食育《ブリ大根が出来るまで》

ブリが眼の前で捌かれていく中で、かずまささんの判りやすい説明が入る参加型イベントです。


{58EE6867-34FE-4B1D-A888-AE71335B4788}


「マグロ!」「サーモン!」…

始まる前から魚に興味を示す子供たちの口からは、なかなかブリの名前が出てきません。

「サバ!」

これは意外に多い。

家庭ではサバの方が圧倒的なのかな。


{203CA3F6-A671-4C37-8ED1-5894E177D165}


あらかじめ下準備で火を入れている大根の匂いには大人が食い付きます。



さて、ブリとかずまささんを囲んで、イベントはスタートです。

まずは5kgのブリを子供たちが頑張って持つところから。

小さい子も楽しそう。


{24780E40-AA43-4EC4-AAC7-4DEC15263966}


ウロコを取り、エラを剥がし、心臓を取り出し…と、それぞれの工程にも説明が入り、子供たちは熱心に聞いています。

もちろんおとなしくなんてしていません。

それがいいんです。

ただし、境界線の新聞紙から先には入ってはいけませんよ。


{76A3D58A-04E3-4424-9EF8-4B8A9DCFDC10}

{B4199E33-3563-4DB5-B89C-67903F8D36B4}

{F90BF0D2-FB3D-4688-B523-4F0D061EE0A7}

{BA8BB050-AA22-424D-8BC1-900B078FFD09}

{175C6A41-2FEB-46DF-8847-607766228C13}


3枚におろしたところで、調理タイム。

子供たちには遊びながらの待ち時間ですが、数人はお手伝いをしたくて離れません。

きっとお家でも手伝ってるんだね。


取り出した内臓や頭は、女の子の方が触りに来ます。

やはり女性強し。

男たちよ、ガンバレ!

魚にもキッチンにも強くなり、モテ男子を目指すのだ!


定期的に行っているこの企画。

過去の傾向を紐解くと、魚を食べられない子供が沢山いたのですが、今回は2、3人の声しか聞きません。

とても嬉しい状況です。


そして、おかわりが多い。

かずまささん曰く、「子供は甘いのが好きだからね」

味付けにもひと工夫ありました。


僕は例によって大したことは出来ませんでしたが、まあ子供たちの暇つぶしくらいにはなったでしょう。

おかあさんの年齢を教えてくれたり(何故だ)、兄弟構成を両親まで遡ったり、自慢の回文を披露してくれたり…


ステキな昼下がりでした。

次回は何かな。



※お預かりしているお子様たちなので、顔が写っている画像は使用しませんでした。

料理が完成してから僕の作業が増えたもので、ブリ大根の画像は撮り忘れました…。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日21日〜27日
三越日本橋店にて
《雁木 試飲販売》
開催中!

今年は夏が過ぎても台風が来ても、まだ行きます「純米スパークリング」

「ひやおろし」は1回出荷で蔵完売の限定版!

それを言うなら、定番酒も新酒までに品切れがありそうな出荷調整に突入。
(ごめいわくをお掛けいたします)

是非、お立ち寄りください。
ミツコシゴー!

{58879A7A-7CDF-47F7-BF8D-1DB69C46AB97}

{AC4D9DE1-8F1C-4AF6-88D8-9AABA69FBD55}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
高1の夏、ふたつの大きな出来事があった。
一人旅とイベントのスタッフ参加。

そこで出会ったのは列車で向かい合わせになったお兄さんであり、ステージ進行を一緒にやったお姉さんである訳だが、そのどちらもまだ大学生だったにも関わらず、大人と一個人として接している高揚感が、彼らの発するひと言ひと言をとても輝かせていた。

それは具体例こそ出ないが、僕にとってひとつの分岐点であったように思う。
(まだ高1のクセに、いや高1だったからか)これから大人になって生きていく覚悟のようなものが生まれた。

今年の夏、僕からお願いして、ある家族旅行に同行させていただいた。
おかあさんの運転に、助手席は小3の女の子、後部座席は中3の男の子と僕。

ほとんど外に出たがらず、おとなになんか興味を示さない彼のことをよく聞いている内に、僕は何故か旅行に手を挙げていた。
あの頃の大学生と比較しても、僕はなかなかの大人崩れだが、中3の彼にはそれぐらいが丁度いいのではなかろうか。
いや、そもそも彼の成長などという大義名分はない。
僕の中に残る少年が疼いたのだ。

僕は時々、ぽつりぽつりと思い出したように声を掛け、彼もそれに手短に応える。
おかあさんの呑み友だちを容易く受け入れる社交的な娘に対し、彼は自分の居所を確保しようと踏ん張っているように見えた。

高1の頃の僕は、子ども好きのお兄ちゃんということで、近所や親戚の子たちと仲良く遊んでいた。
積極的に構いに行き、溶け込んでいた。

ところが、今ときたら、ぼんやりとビールを呑み続けるおじさんである。
酔っ払いでもしたら高1の自分に戻れるかも知れないと目論んでいたが、何本呑んでも頭の中は鮮明なままだ。

仕方がない。
あの頃の僕には判らなかった。
必要以上に構われたくない者の気持ちなんて。
そういう意味では、今の僕は隣にいる中3の少年と何ら変わりがない。
僕には苦痛ではないこの時間が、彼には一体どのように感じるのだろうか。

僕らを乗せ、車は名所毎に足を休めながら進む。
三笠の「石炭ザンギ」は、彼を巻き込み我ら男子が迷うことなく全種類購入し、戻ってきた女子に呆れられた。
芦別の「三段滝」では、立入禁止の札がない柵を何とか乗り越えたいと熱望していたのは大人ふたりだった。
富良野「チーズ工房」では、母子3人でチーズよりも製造する道具に夢中になる。
そして、手作り工房「ニングルテラス」で可愛いアクセサリーに嵌る女子を他所に、とうとう飽きた彼は車に戻った。
おかあさんからWi-Fiでのインターネット使用のみを許されている彼には未知の時間が更新されていく。

その後、「ジンギスカン&ふれあい牧場 ひつじの丘」で、脱走したウサギをどうしても捕まえたい(そして無理だった)おかあさんに付き合ったところで、彼の電池は切れた。
僕は中富良野温泉「万華の湯」で女子たちを待ちながら居眠りをし、富良野カレー「唯我独尊」でルールルルーと言うルールの下、ルーをおかわりしているのを眺めながら、今頃宿で僕の土産のカップ焼きそばを食べながらスマートフォンでインターネット検索をしているであろう彼を思っていた。
彼のとても大事な時間。

夜は、しばし彼を活躍させた。
どうしても7のカードが2枚見つからないトランプでの七並べは、彼の独壇場だった。
彼が七並べが得意なのを熟知している母娘は、それを喜んだ。

翌日、「深山峠展望台」からの富良野の景色、美瑛の酒屋「土井商店」の和やかな空気(ここは僕だけが車から出た)、その名の期待を超えた「青い池」と、一晩の充電を終えた女子たちがはしゃぐ中、彼だけは全く蓄電された気配を見せない。

続く花畑「ぜるぶの丘」
外の世界に渇きを隠せなくなった彼は、車で待っていることを切望し、それを許さないおかあさんの言葉に、渋々車から降りる足取りは重い。

そこでしばし訪れた彼とのふたりの時間に、僕は独り言のように呟く。
「おかあさん、この景色をキミに見せたくて、頑張って連れてきたんだなあ」
それには何の反応もなかった彼が、戻ってきたおかあさんに「あっち歩こうよ」と呟き、母を驚かせた。

旅は終盤に差し掛かる。
「当麻鍾乳洞」は、今回彼を引っ張り出す材料となった役割を果たし、彼を歓喜させる。
彼は鮨ならば一緒に食べてくれるだろうと、地元民からの情報収集の元、ランチぎりぎりで旭川「たきや寿司」に飛び込む。

そしてラストステージ、北竜「ひまわりの里」では、彼は完全にバックシートから動かなくなった。
圧巻のひまわり畑に囲まれながら、この絶景は当たり前に誰もが見られるものではないのだと思いを巡らす。
車に戻り「綺麗だったよ」と彼に告げると、こちらを見ずに「そう、良かったね」と返ってきた言葉には温度があった。

これから彼が歩く道が、うっかり元の道を戻っていても、裸足で血を流すものであっても、いつかは大人になる。
例えいつまでも立派になんかなれなくても、確実に大人になってしまう。

ナビがいないと不安なおかあさんの運転から目を逸らすように、僕らふたりはいつの間にかシートで眠りについていた。

{649CB1B1-D975-4DA5-988C-711BD56FB1C1}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。