ダブルモニタの影から(Ko_barへようこそ)

東日本大震災で被害にあわれた皆様、こころよりお見舞い申し上げます。

コバマコハウスkobamako house(管理人まこちん)もブログ遊牧民となって早10年ぐらいか?
安住地はアメーバと信じる がんばれサイバーエージェント


テーマ:
さて、いよいよ今日から観光スタートです。
朝食は、アメリカンブレックファースト。
コーヒーと、卵とチーズを食べます。
添乗員のY溝くんの近くにツアーのお客様が何人かいたので、その周りに着席。
みんなで、過去の旅行体験談祭りです。

ホテルのトイレには、トルコ式のウォシュレットが。
今回の旅行では、携帯用ウォシュレットを持参しようと事前に楽天で、
【送料無料】TOTO携帯ウォシュレット
¥5,980
楽天
を事前に購入して、持ち込みましたが、不要みたいです。
水道の蛇口をひねると、便器の突起物から水がじゃーーーーーーー
つ、冷たい。

さて、出発です。
バスは、VIPバスということで、片側1名、片側2名の、3列シート。なんか贅沢な作りです。
 
ガイドさんは、日本大好き、日本語ペラペラなエルキンさん。
いざ、トロイへ。
トロイといえば木馬。トロイといえばPCウイルス。トロイとえば、
トロイ ディレクターズ・カット [Blu-ray]/ブラッド・ピット,エリック・バナ,オーランド・ブルーム
¥2,500
Amazon.co.jp
はい、まだ見てません。
ブラピにあえるわけはありませんが、トロイまで、なんと345キロ、約6時間かけて向かいました。

途中でランチです。

ランチは、魚! 一人参加のオジサマと卒業旅行で来ている6名の学生のみなさんと。
まだ卒業旅行という文化が残っていたことに、ちょっと感動しました。

夕方、トロイに到着。 


トロイの遺跡は、とっても小さくてちょっとがっかりでした。
でも、シュリーマンの想いや、遺跡から見れる古代の叡智に触れ、ジーンときちゃいました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今年の連続休暇は、阪急交通社の「VIPバスプラン 洞窟ホテルに泊まる! トルコハイライト8日間」というのに、2/18~2/25まで行くことに。
仕事が双方向で盛り上がってきてしまっていましたが、キャンセル待ちで予約してしまったトルコ旅行。もはや行くしかありません。
「俺が代わりに行くよ!」という上司のコメントを右から左に流し、準備準備。
前日は、火曜日に実家に帰ってしまう部下と同僚と1杯だけ飲み、帰宅。
急いでパッキングを開始しました。
今回の旅行は、バス移動が多いので、時間つぶしのため、未視聴のドラマをSDカードに詰め込み、本屋にダッシュで向かい5冊ほど購入。
パッキングしました。

成田までは、車で向かいましたが、予想以上に空いていて、あっという間に予約していたパーキングに到着。
前日の雪が少し残る成田から空港へ。

空港では、前々前回の旅行で、スーツケースの中でワインボトルが破損してしまい、真っ赤に染まったパスポートケースを新調しようと思っていたのですが、スーツケースを引きながら買い物するのも馬鹿らしいので、ちょっと時間をつぶして、旅行会社のカウンターに向かいました。
そこで、今回の添乗員さんとご対面。男の添乗員初めてです。
添乗員Y溝くんがいうには、トルコ航空は、スーツケースに携帯用カイロはいれてはいけないとのこと。びっくりです。
なんでも、以前、携帯用カイロが加熱してしまい、スーツケースが溶けてしまう事故があったそうです。
開封せずにいれば酸化しないはずで、熱もでないのですが、まじめな僕は、カウンター脇で、スーツケースをあけ、携帯用カイロを手荷物に。

チケットを受け取り、トルコ航空のカウンターにチェックイン。
混んでる。とても混んでる。
だ・か・ら・エコノミーは、嫌いです。
しかも、今回はおひとり様の参加なので、ビジネスクラスは自主規制し、プレミアムエコノミーであるコンフォートクラスで申込み。少し高いのにエコノミーと同じチェックインってなんか許せない。
さ、さらに、エコノミー席が混んでいるせいか、「キャンペーンで、エコノミーからコンフォートクラスに2万円ちょっとで、グレードアップできます」とかいう宣伝つき。
許せません!
せめて4万ぐらいにしといてほしい。
だって、往復の追加料金10万円ですよ。片道5万!

無事チェックイン後、時計台の前にあつまり、添乗員Y溝くんからの説明を聞き、いったん自由に。
手ぶらになったので、パスポートケースを探しましたが、ない。
サイズがない。Lサイズしかない。

せっかく空港に来たのだから、せめてカード会社のラウンジぐらい利用したいと思い、パスポートケースをあきらめ、ラウンジで一服。
時間になったので、搭乗口に向かいました。

コンフォートクラスは予想以上に広くって快適。
これで往復10万円は、お得かもしれません。↓イメージ図

足は延ばせないし、もちろんフラットにはなりませんが、快適です。
座席配列:2-3-2
シートピッチ:116㎝
シート幅:49㎝ 

手荷物を棚にしまい、新聞を読んで待っていたら、となりの方がやってきました。
まわりは、結構日本人が多いのに、隣はトルコ人のお兄ちゃんのようです。
このお兄ちゃん、かばんから、クロワッサンを2つ取り出し、資料を取り出し、着席。
僕は通路側だったので、いつ動けばよいのか判断つかず、ちょっとドキドキしちゃいました。

フライトが始まると、トルコ人のお兄ちゃんから、
「行先はトルコですか? トルコは初めて? 旅行ですか?」
と、英語で聞いてきたので、カタコトで、
「そうそう、トルコ。初めてのトルコ旅行で、今回はカッパドキアまで行くんだ。来週の土曜、ちょうど一週間後にまた日本に帰ってくるんだよ」と伝えると、
「トルコいいところですから、楽しんできてください。僕は仕事で日本にきて、火曜にきて土曜に帰るハードなスケジュールです」
と答えて、クロワッサンの一つくれました。

おぉ! 親切。
僕もこうありたいものです。

その後は、二人とも話もせず、ビールを飲んだりワインを飲んだり、映画をみたりしている僕の横で、彼はまじめてソフトドリンクを飲んで、音楽を聴いて、資料を読んで、寝ていました。
読んでいた資料から推察するに、どうやら、宇宙工学の技術者らしく、日本でのフォーラムに参加したようです。

12時間後のトルコ着の直前。
「これからどうするんですか。もしかしてアンカラまでいきますか。それともイスタンブールに泊まるのですか。ホテルまでは電車? バス?」と聞かれたので、
「今夜は、空港近くのホテルに泊まるんです。そこまでバスで行きます」と答えると、
「バスですか。僕がなにか手伝うことありますか。助けが必要でしたら、言ってくださいね。」
ととっても親切なコメント。
トルコ人っていい人だなあ~
せっかくなので、助けを借りたいと思いましたが、そうそう、僕はツアーで来てました。
だから、「大丈夫、心強いコメントありがとう。トルコを楽しみます」と答えておきました。

トルコ到着後、両替。


トルコの通貨は、トルコリラ。日本での両替レートは悪いので、イスタンブールの空港でしました。6泊8日なので、1日3000円として、18000円を両替しました。

空港からは、同じツアーのみなさんとバスでホテルに。
ホテルは、空港からも近く、快適な部屋でした。
  
シャンプーあり、ボディソープあり、リンスなし、石鹸あり、トルコ式ウォシュレット付、ミネラルウォーター付、インスタントコーヒー付
wifiついていますが、なんとLANケーブルがない!
つ、使えない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。