170522(月)夜

昼間行った新雅のチャーハンの残像が残る。

ここは一丁ぉー。

プロのまねをしてみたくなった。

そうブルース・リーの映画を見た後なんとなく「強くなった」と勘違いするでしょ? アレと同じ。

丼に生卵を溶いてその上にライス。さらに皿にひっくり返す。

うーん、こんなじゃなかった。卵多すぎ? そんな馬鹿な??
ひょっとしたら卵は半分で残りは後から入れるのか?

そして奥さんが注入していたあの水のような液体の正体は?

これは秘伝中の秘伝だろうから聞くわけには行くまい。

でもなんだかいつもよりおいしく仕上がったような気がした。具材はハムだけなのに。使っている油は最近凝っているラード。

塩、味の素少々。しょうゆを少々。

いつものねぎ、にんにくはあえてなし。

「卵がうまく絡まった」というあの感じ。

「……のような気がした」。これが素人には意外に大切なことかも。

ああ、また来月新刊ができたらまた問屋周り。新雅に行くことになるだろう。

今度行ってご主人が炒め物を作る位置に席が取れたらじっくり見てみたい。

そのときが今から楽しみだ。

AD