こばごうのコレ切ってアレ食って

小林剛による天鳳名人戦自戦記など


テーマ:

11/19(土)、101競技連盟主催の

八翔位決定戦3日目(9回戦~)が放送されます。

 

ルールはシンプルで、一発・裏ドラ・テンパイ料なし

そして素点の評価もなく、半荘単位の1位が勝ち、4位が負け

その差し引きを評価するというもの。

このトップから順に「1・0・0・△1」という評価法を

101(イチマルイチ)評価といいます。

 

現在8回戦まで終わっていて、成績は

小川 隆 +2

成岡明彦 +1

菊池一隆  0

中村浩三 △3

決着条件はシンプルで

「10回戦終了時単独で+3」 それ以降は延長となり、

「暫定首位者がトップをとって単独首位になった場合」

で決着となります。

RMUが最近採用した「新決勝方式」は

1局単位で「アガってトップになった人が優勝」ですが、

それを半荘単位で行うようなものでしょうか。

 

故・古川凱章氏が設立したこの101競技連盟。

私の認識では他の競技団体とは少し主張が違います。

「競技としてのマージャンの確立」

を目的としているのは間違いないのですが、

ギャラリーに見せることではなく、対局内容を重視し、

また厳格な競技作法の確立も重く見ています。

(違ったらゴメンナサイ)

理牌・小手返し・山を不要に触るなどの余計な動作を排除し

また、昔ながらの手積みで対局を行っています。

 

今回は、放送用に変えることはなく

あえてそのままの姿を放送することになりました。

 

理牌は禁止ではないので、する人もしない人もいるでしょうが

理牌しなくてもわかることが多いので、わざわざ理牌して

牌をこぼしたり、手牌が読まれたりすることを避けているのです。

(ちなみに他の団体は、ギャラリーに見せるときはある程度

理牌するようにというマナー規定は存在するはずです。)

 

他にも注目してほしいのが手積みを含む作法。

勢いよく混ぜているのになぜか裏返らず、

所在不明になっていく牌。

そこらへんにも注目してください。

私も以前から参加していたこの八翔位戦、

準決勝が最高でしたが今回、この放送に

実況として呼ばれてしまいました。

おそらく、放送慣れしていて視聴者目線で伝えられるだろう

ということで指名されたんですが、なんとも責任重大です。

放送は12時から。

規定の10回戦で終わるのか、それとも延長戦か。

みなさん見てくださいね!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最終日。

4位明村 +13.7 5位須藤 △38.0 6位小林 △54.8

この3人の直接対決。

4位は残留、5位以下は降級である。

残りは半荘4回。須藤・小林は、約5万点の差を逆転するべく

1局も無駄にしないくらいのつもりで攻めていくしかない。

 

しかし、こんな条件戦はリードする側のほうが選択肢が多く

そうはうまくいかないものである。

3回戦のオーラス。

小林2着め、明村3着め、須藤4着めという

状況で、須藤からリーチがかかった直後にこちらもテンパイ。

明村を4着に落として2着になれば、最終戦で現実的な条件が残る。

この早い2軒リーチならば手詰まりの明村から發

トイツ落としがそこそこ期待できる。

ただ、須藤のリーチに六索を勝負するリスクは大きく、

仮に通ってめくりあいに持ち込んだとしても、負けた場合は

明村より下いくだろうから、その時点でほぼ終戦となる。

それならば、安全度の高い發をトイツ落とししてソーズに

くっつけてのタンピン狙いも悪くない。

明村3着のままでマンガンをツモっても点差はかなり縮まるし

ドラを使ったイーペーコーになってトップまでいければ

そのほうが大きい。

 

どちらが得なのかまったくわからない。。。。

解説の忍田将王も「私にはわかりません」と。

 

 

長考の末、私の決断はリーチ。

即決のトイツ落としのほうに期待した。

期待通り、明村は手詰まりからの苦しい打牌の連続。

しかし出てこない。。。流局。

 

發はなんと王牌に2枚眠っていた。

 

これで小林須藤の二人はかなり追い込まれた。

最終戦の条件は明村をラスにして大きな点差をつけること。

 

しかし、こんな条件はうまくいくはずもない。

須藤も、普段ならリーチするであろう手を直撃狙いで

ギリギリまでダマにするなど抵抗を見せたが

明村の好守は完璧で、逆にオーラスを迎えた時点で

私の逆転条件は役満直撃になっていた。

 

そしてかすかな望みを持って取った配牌がこれ。

 

―――終わった。

 

四暗刻と九蓮と緑一色の8シャンテン、

国士と字一色の9シャンテン。

この配牌から役満をテンパイし、明村から直撃することなど

1万局に1回もないだろう。

それよりも、このまま5位をキープして繰り上げ残留を

目指したほうが確率は高い。

そして第一打は發

競技麻雀をやっていれば年中目にする役満縛りだが、

それをまさか1巡目に諦めることになるとは。

初めての経験である。

そして同じく5位狙いとなった須藤になんとか競り勝ち

今期のミューリーグは終了した。

 

第14期ミューリーグ 最終成績

1位 高見沢治幸 +147.0

2位 武則 輝海 +95.6

3位 藤原  健 +80.1

  以上、将王決定戦 進出

4位 明村  諭 +33.7

  残留

5位 小林  剛 △62.9

6位 清水 英二 △66.8

7位 須藤  浩 △85.2

8位 黒澤耕一郎 △152.5

  来期プロランキング戦に降級


思えば1節めからマイナスを重ね、今期は数多く放送された

にもかかわらず、ほとんどいいところを見せることができなかった。

ただ、最終日の須藤小林の争いだけは面白いものを見せられた

かもしれない。

10./3(月)まで見られるので、興味がある方はこちらを見てください。

 

今期の将王決定戦は10/24(月)から。

勝ち上がった3人を待ち構える将王は忍田幸夫。

私は解説で参加させてもらい、来期以降の研究だ。

 

 

麻将連合が設立されて20年。

1年めの成績で決められた1番最初のランキングは

2位だった。(1位は久保谷寛・3位は吉田賞二)

それ以来ずっと選手内でのランキングは1桁をキープして

きたのだが、ついに来期は10位となってしまった。

なんとしても1年で戻るつもりである。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

テーマ:
南2局 西家 3着目 ドラ六萬
六萬六萬七萬八萬二筒四筒六筒七筒八筒三索三索三索東
親が役牌をひとつ仕掛けていて怪しい雰囲気。東は生牌。
ここに上家から三筒が打たれた。

待ちはドラの片アガリでかなり不安だが、これをチー。
当然東を切ると親にポンテンが入り、
そのテンパイ打牌はドラだった。みんなビックリの7700のアガリである。
なかなかお目にかかれない、2枚使いのドラの片アガリの喰いタンだ。
ちなみにマンガンのポンテンをかけて、こんなドラで放銃したのは私である。

親の手牌進行を考えて放銃ギリギリのところまで役牌を絞り、
そして今後の変化も考慮してのチーテン。
頭でわかってはいても、こんな待ちではなかなか仕掛けられない
人も多いだろう。

この打ち手は高見沢治幸。
今期は序盤から首位を走り、今期の将王決定戦進出は濃厚である。

ミューリーグ6節終了時
藤原  健 +120.4
高見沢治幸 +113.7
武則 輝海  +38.4
明村  諭  +13.7
須藤  浩  △38.0
小林  剛  △54.8
清水 英二  △58.8
黒澤耕一郎 △143.6
(1~3位 将王決定戦 4位 残留 5~8位 降級)

残りは1節・4回戦。
この放銃で3着に落とされた私はいよいよ追い込まれた。
ただ、最終節の組み合わせは高見沢・明村・須藤。
放送卓で、残留を争う明村須藤との直接対決だ。
自分が50勝って明村を20落とせば残留、
別卓の武則次第で決定戦まで一応見えてきた。

決戦は9/26(月)14時~ 放送ページはこちら
お楽しみに!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
9300点持ちの親番。
ダブ東をポンしてこの手牌。

ドラは暗刻の
普通ならテンパイにとるところだが、場を見ると皆が
マンズを使っていそうで、このカンチャンはもちろん
多少待ちが変化してもそれほどアガりやすいとも思えない。
それならばと、巡目も早いことだしテンパイを崩してソーズに
寄せてみた。
食い仕掛けも考えれば、すぐにより良い待ちで
しかも高い手で復活できそうだ。
をポンできれば倍満まである。
結果は予想外で、を2枚引いてさらにでの出アガリとなった。

親マンならテンパイにとってしまうという人は多い。
だが、点数は関係なくイーシャンテンに戻したほうが
アガれると判断したからこその打牌だった。
マンガンなど関係ないのである。

5節を終えて成績はこの通り。
高見沢治幸 +134.3
藤原  健 +131.2
武則 輝海  +71.6
明村  諭  +21.6
須藤  浩  △55.6
清水 英二  △81.3
小林  剛  △90.4
黒澤耕一郎 △139.4

残りは2節8回戦。決定戦どころか残留まで
かなり厳しくなってしまったが、上のような
判断を冷静にできれば、まだ可能性はあるだろう。

6節の放送は本日14時から!
私は放送卓ではないけど見てくださいね!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回はマージャンの内容ではなく
よくある質問に答えてみる。

どうしてテンパイ料がないの?

ニコ生のコメントでも、直接会った人からも
やはりこのルールに関する質問が一番多い。

テンパイ料を狙ったやりとりはもちろん技術のひとつではある。
あるいは、赤入りなら赤の使い方、割れ目や白オールマイティなら
それぞれのルールに即した技術が重要になってくる。
そんな様々なルールの中、麻将連合がリーグ戦に採用したのが一番シンプルな
「自分がアガることによって得点し、相手のアガリによって
失点する」というルール。
アガリに近いからといって、単なるテンパイでアガリ点以上の
得失点を生む必要もないのだ。
もちろんそのアガリ点を、一発裏ドラ等で変動させることもない。

このルールでは自分を相手の手牌の価値を正しく評価し、
よりシビアな押し引きをすることになるので
テンパイ料ありの場合にように
「とりあえず前に出ておいたほうが得」
というケースが少なくなるのだ。

結果的にはオリに回る局面も増えるのだが、
「テンパイ料をめぐる終盤のやりとり」ではなく
「自分がアガれるかどうか、アガリにいく価値があるかどうか
相手の手牌はどうなっているか、などを基準にした押し引き」
を見て楽しんでもらえたらと思う。

「オリてればいい楽なルール」だと思っている人も
多いかもしれない。
だが、あまりに早くオリすぎると手詰まりするし、
相手が楽になって終盤のツモアガリを生んでしまう。
また、アガれなそうな手なのにオリが遅すぎると
余計な失点を生んでしまう。
そこらへんの絶妙なバランスも見てもらいたい。

今回でちょっと雑に打ってしまったのがこの局面。
下家の武則がをカンチャンでチーして
ホンイツがチャンタ模様。

普通のマージャンならリーチツモを狙って素直に切りでいい。
ただ、このルールで相手のアガリを阻止しつつ価値のある
アガリを目指すとなると、ここはピンフ三色を重視しての
タンヤオを重視しての切りだろう。
ここで鳴かれそうなを切ってしまったのは甘すぎた。
結果はチーではなくまさかの「ロン」。
チャンタの2000点で済んだが、こんな打牌を続けてはいけないだろう。

第14期ミューリーグ4節終了時。
高見沢治幸 +97.3
藤原  健 +40.8
武則 輝海 +31.1
清水 英二 △ 6.8
明村  諭 △ 8.5
須藤  浩 △16.5
小林  剛 △40.4
黒澤耕一郎 △101.0

残りは3節12戦。
現在は7位だが、普通に打っていれば決定戦まで
十分見えるほど上下が縮まってきた。
解説では上位にきつく打つと言われていたが、
そんなに気にしなくても、自分のポイントを稼ぐ
ことだけを意識すればいいだろう。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。