志度・路・戻ろ

しどろもどろ


テーマ:

昨日、妻の車を廃車にしました。


ミラモデルノ


これはダイハツのミラ・モデルノという車です。9年間で約3万キロ走ってくれました。


この車は去年、香川県を襲った台風によって高潮被害にあったんですよ。そのとき、水(海水)に浸ってしまったのです。ちょうど、ボディの底がぬれる程度まで水がきたんですよね。


エンジンには被害がなかったのですが、クラッチのところに泥水が入り込んだようで、浸水をした翌日はクラッチを踏んでもギアを入れることができませんでした。(この車はマニュアル車)


で、整備士の人にクラッチを直してもらったのですが、クラッチのところについたゴミのようなものは奇麗にとれなくて(とるのにすごいお金がかかるって言われたのでやめた)、運転中にクラッチを踏むと、シャ~って音がするようになったのです。


これが運転中だと結構耳障りなんですよ。というかマニュアル車だから再々クラッチを踏むわけじゃないですか。そのたびごとに、シャ~、シャ~言うわけです。


…だから勝俣号。(^o^;  この1年間だけの呼び名でしたけどね。


浸水ときに廃車にしても良かったのですが、どうにか動いてくれていたので1年ほど無理をして乗ってました。ダイハツの人には「いつ動かなくなっても知りませんよ」って言われてたんですよ。この12月で車検が切れるのを機に廃車となりました。引き取り価格は1000円。ま、リサイクル料金を取られなかっただけでも儲けものでした。


浸水被害を受けてからまともに洗車さえしてあげていなかったので、写真ではよく分からないのですが、すっごいドロドロなんですよ。きっと塗装よりもヨゴレがついてるくらいに…。たぶん、日本一ドロドロなんじゃなかったかな。(´▽`*)


でもやっぱり、いざ廃車にしていなくなると寂しいもんです。


ありがとう、勝俣号。おまえのシャ~を忘れないよ~。(T_T)


(余談:この車が赤色だったら「赤い彗星号」とにでもしたのですが…。)


AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

こちら11月くらいから沢山のみかんが店頭に並びはじめます。


瀬戸内はみかんができやすい地域ですから、いつもお安く美味しいみかんを食べることができるんですよ。だいたい毎年これくらいからなんだけど、食べきれなくなったみかんがハンカチ落しのハンカチのように近所とか知り合いの間を行き来します。(^O^) ババ抜きに例えたい気持ちもありますが、この時期は、まだもらって嬉しいんですよね~。これがシーズンの終わり(2月~3月)に頂くと、腐らしてはいけないと必死になって食べなくてはいけなくなるから、こういうときにはみかんがトランプの“ババ”に思えてしまうんですよねぇ。(^o^;


ってなことはさておいて、パソコン好きな皆さんにちょっとしたみかんに関する注意事項をお伝えしたいと思います。これは自分の失敗談なんですけどね。美味しいはずのみかんが凶器と化したことがあるんです!


それは、美味しいみかんを食べながら楽しくネットサーフィンしていたときのことでした。


ふとキーボードを見ると、あるはずのキーボードの文字が消えてなくなっているんですよ。(〃▽〃;)

よく見ると「A」のキーボードの文字が「/」みたいになってました。どうやら、みかんの汁が指先についてて、それがキーボードの文字を溶かしてしまったようなんです…。


おりょりょ!Σ(・ェ・;)


「Aという文字も支えあって生きていかなくてはならないじゃないの?片方が消えてなくなってんじゃん」と金八先生のような気分でキーボードの問いかけてみましたが、右側の線はもうどこかに行ってしまったようでした。


愛する我がマシンに傷がつくと、人間って冷静な判断ができなくなりますよね。わかります?


「これはヨゴレなんだ。剥げたわけじゃな~い!」


と、もう溶けてなくなったAの右下半分の上にはゴミでもついただけだと思い込み、最悪の事態を想像することを拒絶するわけです。だから、ゴミだと思っている部分をティッシュで取り除こうとするわけだけど、そのゴミが取れるわけはございません。


「あれ?おかしいじゃん…。」


さらに強めにキュッキュしてみます。


「おや?もしかして…。」


嫌な予感が50%程度頭の中に広がってきます。でも、それに負けまいと患部にハ~って息を吹きかけてより丁寧にゴシゴシしてみると…。


「まじで…。取れない…。 」ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!


と現実を逃避することができなくなったのです。


また最悪なことに、ご丁寧に拭いたもんだから、「A」の文字の左側の「/」さえも、「さいなら~」と完全に姿を消してしまうはめになってしまいました。_| ̄|○


「A」のキーに残った文字はひらがなの「ち」が部分欠落した「っ」だけ(皆さんのキーボードで確認してください)がどうにか生き残っておりました。まさにこのちっこい“つ”は九死に一生もんです。テレビのその手の特番に推薦してやろうかと思いましたよ。(>_<)


これって以前使っていたノートパソコンでの実話です。

特に、ノートパソコンのキーボードは、キーにシールを貼っているだけのものが結構あるので、気をつけないとみかんの酸でシールが溶けてしまうのです。


あーおそろしや、みかんの汁。


皆さんもお気をつけ下さい。(^O^)



AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

中国四国農政局のサイトで面白い情報を発見しました。
http://www.chushi.maff.go.jp/chisanchisyo/dentou/ryouri/kagawa/kagawa.htm


ここでは中国地方と四国地方の伝統料理を紹介してくれています。

香川県の方は再確認のために、香川県以外の方は、興味本位でご覧ください。(^O^)


しかし、四国4県のところを見ると、どこもたくさん料理がありますよ!(・∀・)
それに比べ中国地方はなんとなく少ないですねぇ。そんなものなのかな?単純には比較できないとは思いますが、これを見る限り、四国の食文化はとても発達していると言えるんじゃないかと思います。やるな、四国!


ところで、香川県の伝統料理の中で自分が結構お気に入りなのが「からし漬け」なんです。讃岐うどんとかあん餅雑煮はもちろん別格ですよ。


からし漬けは香川の伝統料理なの?どこにでもあるじゃん」とお思いかもしれませんが、単純な料理ゆえに今では結構広まっているみたいです。でも、もともとは香川県の伝統料理のようです。


上記のサイトにもからし漬けの作り方が紹介されていますが、自分がお気に入りのからし漬けの作り方を紹介しておきます。


・キュウリを3cm程度の間隔で切る。
・器に切ったキュウリを入れ、キュウリ2kgに対して塩150gの割合で塩を入れる。そして、キュウリをよく揉む。お好みで塩の量は減らす。
・ある程度キュウリがしっとりしたら、キュウリを水で洗い、手で搾る。
・味付けタレとして、キュウリ2kgに対して、薄口醤油360cc、お酢90cc、粉からし30~40g、砂糖250gをよく混ぜ合わせたものを準備する。粉からしは事前に水を入れてよく混ぜ合わせたものを利用すること。
・タッパに搾ったキュウリと味付けタレを入れ、よく混ぜる。
・数時間後にできあがり。一晩くらい寝
かせておくとよい。
・なすびも同じように漬けると美味しい。


あ、これって自分のオリジナルじゃなくて、からし漬けを上手に作れる近所の方に聞いてメモしていたものです。(´▽`) 案外楽に美味しいからし漬けが作れますよ。


ちょっと季節はずれですが、いつかお試し下さい。これがまたビールに合うんですよ~。(^o^;


AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。