分度器

テーマ:

分度器、覚えていますか?

昔むか~し、算数の時間に分度器(丸いの)を眺めて考えていたことがありました。

「0度と360度って一緒の場所じゃん。」

別に、だからどうこう、という主張があるわけでもなく、ただそう思っただけです(授業聞こ~よ。。)


童話「青い鳥」でチルチルとミチルが青い鳥を探しに出かけますが、結局見つからずに戻ってきて、家にいた鳥を見ると青かった、という話があったと思います。

読んだ当時は、な~んだ、遠くにまで探しに行く必要なかったんじゃない?とか思ってました。

でも、0度の場所にず~っといた人と、ぐるっと回って360度の場所に戻ってきた人って、多分違うんですよね。

外から見ると同じ場所にいるように見えるけど、本人的にはいろんな体験ができた分、違うんじゃないかなと思います。


もちろん、ず~っと同じ場所にいるように見えて、気持ちの上ではいろんな体験ができちゃう人もいるんでしょうけど。


と、勝手につなげて考えてみたことがありました。

雑談でした。

AD

公正証書遺言

テーマ:

公証人役場に行ってきました。
知り合いが公正証書遺言を作成したので、立ち会わせていただきました。


遺言作成終了後、公証人の方から、「原本の情報は一元管理されますので、全国どこの公証人役場でも、亡くなった方が公正証書遺言を作成したことがあるか、何回作成したかなど分かるようになっています。」とご説明いただきました。

もちろん、秘密保持のため、請求者は死亡者の関係者のみです。


相続人の方からすると、ご本人が公正証書遺言をしたことがあるのか、手元にある遺言書が最後の公正証書遺言か、など確認したい場合があると思います。

それが確認できる状態になっているということで、大変ありがたいな、と思いました。


遺言には、財産、債務の分割内容の他にも、希望のある方は「付言」という形で、遺言者の残したい言葉も記載してもいいとのことです。


相続人の方にご自分の言葉を遺されたい方や、今のご自分の気持ちをすっきりさせたい方、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

AD

岐阜青税40周年記念

テーマ:
昨晩は、岐阜青年税理士連盟創立40周年記念の記念事業に参加してきました。

この岐阜青税という団体は、私が10年前の開業時から所属している団体です。

私は開業時は岐阜に税理士の知り合いが全くおりませんでしたので、岐阜の若手税理士の先輩、仲間と情報交換するには、とても有意義な団体でした。

毎月開催される研修等で顔を合わせ、研修後の懇親会にも参加し、事務所経営や税務判断の悩み、またプライベートなことなど、いろいろなことを語り合うことができました。

また、役員を引き受け会務運営に関わることで、先輩から組織運営について様々なアドバイスを受けることもできました。

私も42才になり、もう少しで卒業が近い年齢になってきましたが、今後の事務所経営、税理士会会務を行っていくにあたって、この岐阜青税は全ての土台になっていくと思います。

今後もこの団体の存在意義は大事にしていきたいと思っております。

念のため、療養中の私は昨晩はお酒は飲みませんでしたし、食事も野菜を中心に控えめにしてきました。

ただ、足が痛くほぼ席に座っている状態でしたので、多くの方と話しをすることができず少々残念でした。


AD

生活改善

テーマ:
関係者の皆様にはご心配をお掛けしましたが、痛風の発作は治まってきました。

これまでは自分だけは病気にならないと言う変な自信だけがありまして、全く運動もせず、好きなだけを食べ、好きなだけ飲む生活をしてきました。

さすがに今回の痛風でこれまでの生活習慣を反省し、いろいろと見直そうと動き出しております。

まず、お酒について。

痛風を発症してからは、アルコール類は飲んでいません。

今後一切お酒を飲まないとまでは思っていませんが、少なくとも尿酸値が下がるまでは禁酒しようと思っています。

適正値に戻った後も、年齢に応じた適正なお酒の飲み方を覚えていきたいですね。

次に食習慣について。

これまでは食後のデザートは欠かさず、喉が渇いたときはコンビニに駆け込みジュースを飲んでいました。

糖尿病予備軍でもありますので、今後は甘いものは基本的に口にしないようにと思っています。

次に運動について。

さっそく、自転車屋さんに行って自転車を買ってきました。

昨日、30分ほど走ってきましたが、とても爽快でした。

今後は適度な運動もしていきたいと思っております。

自転車通勤ができれば、一石二鳥かなと思っております。

また、ちょうど5才になった長女が、鉄棒の逆上がりと、補助輪無しの自転車に挑戦する気持ちになっております。

昨日は、長女の挑戦に付き合いましたが、付き合うだけでも結構な運動量ですね。

汗だくだくになりました。

週末は長女の挑戦をサポートしながら、適度な運動を継続していきたいと思っています。

絵本

テーマ:

昨年、「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」(汐文社)を読みました。

絵本ながら、というか、絵本だから、内容がまとめられていて、絵がついていて、とても分かりやすいです。

他の情報量が少ないので、読みながらじっくり考えることが出来ました。

大人用の絵本とでも言うべきでしょうか。


昨日、「りゆうがあります」(ヨシタケシンスケ作・PHP研究所)を子供に読みました。

子供は(この絵本の対象年齢としてはまだ小さいため)いまいちピンときていないポイントもあったようですが、読んでいるこちらに発見がありました。

子供がよくやるストローガジガジの理由、お鼻ホジホジの理由など、普段は見てすぐに顔をしかめてしまいます。
ですが、絵本を読んだ後は、「お船の旅連れてってくれる?」「スイッチはどこ?」(すみません。読んでないと分かりにくいです)など、少し余裕をもって突っ込めるようになった気がします。


普段の情報量に少々お疲れ気味の方も、そうでない方も、たまには絵本を読んでみませんか?

{2DF83BF0-AF4E-4EF5-8657-E3BBB8FD6302}


参議院議員選挙

テーマ:
今日は参議院議員選挙の投票日。

もちろん、投票してきました。

政治家の仕事の一つに、税金の取り方や使い道を決める仕事があります。

税金が高い高いと不満を言っている経営者やサラリーマンの皆さん、納めた税金を日本の将来のために有効活用してもらうよう、選挙には絶対に行きましょう!

現在は高齢者の投票率が高いため、どうしても高齢者に有利な政策が多くなっているように感じます。

例えば、確定申告書を作成していると、公的年金控除なんてこんなにも必要なんだろうかと疑問に思う時があります。

将来の日本のため、子供たちのためには、特に若い人が選挙に行かなくてはいけません。

若者の投票率が上がれば、政治家も若者や将来の日本のことを今以上に考え、行動してくれると思います。

少しでも多くの若者に選挙には行ってもらいたいと思います。

{8A260CB0-79AB-4AA8-8E5E-341C1C43EE35}


人と人との繋がり

テーマ:
先日行われた高校の同窓会において、幹事の仕事を務めさせていただきました。

おそらく多くの人は、幹事のような仕事は時間も取られるし、気苦労も多いし、避けたいと思っている人が大変だと思います。

僕も10年前に税理士事務所をゼロから開業する前までは、そうでした。

ただ、開業して10年経って自分自身の考え方も少しずつ変わってきたように思います。

小林会計はゼロからの開業でしたが、現在の顧問先のほとんどは開業してから新たに出会った方から紹介です。

顧問先の事だけではないのですが、本当に人と人との繋がりの大切さに気付かされる10年でした。

こんな経験から、人と人が繋がると何か素晴らしいことが起きるって条件反射で感じるようになりました。

そんな時に、高校の同窓会の幹事の仕事の話を頂いたので、また新たな出会いがあると思ってワクワクした気持ちになりました。

ここまでの心境まで来ると、仕事に直結するかどうかなんては、もう関係ない感じですね。

人と人が繋がれば、何かが素晴らしいことが将来起きるだろうって直感的に思うだけです。

幹事を務めた高校同窓会も6月12日に終わりましたが、やはり幹事を受けて良かった!って感想が残りました。

同級生とはもちろん、一緒に幹事を務めた20年上の先輩、10年上の先輩、また昨年幹事を務めた1年上の先輩等々、この幹事の仕事を引き受けたことによって、本当に多くの方と繋がりができました。

今後も人と人との繋がりに感謝して、事務所経営を行っていきたいと思います。

{FE3C1BC5-C03D-4AE1-A9BA-EA8894ED9BBE}


遺産相続手続き簡素化

テーマ:

私の担当主業務は、相続税申告、贈与税申告です。


相続手続きの際、相続人の皆様がまず「大変」となるのが、相続人証明書類=戸籍謄本集めです。

被相続人の方の出生時から死亡時までの戸籍謄本を全て揃えます。

この一式がないと、相続人が何人いて、誰が相続人なのか分かりません。


この一式は、各金融機関に提出し、相続登記のため法務局に提出し、など、各手続き毎に毎回必要となります。

1件の手続き中に他の手続きも進めようとすると、2セット、3セットなど必要になる方もいらっしゃいます。大変です。


昨日の日経新聞に、この手続きが簡素化されるとの記事が載りました。

1セットは揃える必要がありますが、法務局にその一式を提出すると、法務局から証明書を出してもらえるので、その後の手続きはその証明書だけで済む、とのこと。

来春からの発行になるとのことですが、この制度で、相続人の方の手間が少しでも楽になってほしいと思います。


相続時は、通常とは異なる手続きや、人との関わりが必要になるときです。

相続に関わる方のご負担やご心配を少しでも減らせるよう、当法人でも出来る限りのサポートをさせていただいております。

いつでもお問合せ下さい。 

{476B8C16-8B5F-48A5-B256-029C837C7966}

租税教室

テーマ:
税理士が所属する団体として、名古屋税理士会岐阜南支部という組織があり、主に岐阜市の南側、各務原市、羽島市の税理士200人が所属しております。

私は現在その団体で広報担当副支部長を務めておりますので、その業務の一環として租税教室の運営を行っております。

昨日も岐阜総合学園高校の3年生を対象に租税教室を行ってきました。

今回は2コマ100分の租税教室の授業でしたが、前半は税金の種類や使われ方の講義を行い、後半は確定申告の書き方の講義を行いました。

確定申告書の作成としては、サラリーマンが医療費控除で税金を取り戻すというオーソドックスなものでしたが、高校生の生徒さんは初めて目にする確定申告書の作成に真剣に取り組んでいました。

税理士は通常の税理士業務以外にこんな社会貢献活動も行っています。

まだまだ税理士を知らない方も多いですし、税理士はこんな活動も行っていると知ってもらえると嬉しいです。


今年からマイナンバーの利用が開始されました。
実務上は、・・・本格的に動くのはまだこれからかな、というのが実感です。


税分野も対象になっているため、昨年夏に勉強し、個人情報保護士の資格(全日本情報学習振興協会)を取りました。

が、今年6月からの試験内容が変わったため、その前までの資格者は、更新試験を受けないと失効になるとのご通知が。

ここ1年で考えてもいろいろ変わってきていますし、学ぶいい機会です。


税法も毎年変わりますし、実務上も学ぶことがたくさんあります。

お客様から学ぶこともかなりあります。


人生の先輩としてのお話や、その業界の常識のお話など、お聞きすると「へぇ~」となることも度々です。

それもこの仕事の醍醐味だと思います。


今後ももっともっと学んでいきたいですね。

{B6F8F4EA-C396-4A7E-9B48-CD8A2D2FC240}