愛媛のみかん

テーマ:

先日、松山に旅行に行きました。

 

松山城初訪問♪立派、広い、

そして・・・まだ暑かったため、お城を出たお土産屋さん兼お茶屋さんで飲んだみかんジュースがとってもおいしかったんです。

泊まった旅館でも、みかんジュースの種類が4種類もあり、お茶屋さんにも3種類、全て飲んでみました。

飲んでみたのは、温州みかん、紅マドンナ、せとか、いよかん、(お土産で買ったジュースの中にあった)はるみ、です。

どれもおいし~い♪


温州みかんは王道、甘みと酸味のバランスがいい感じです。

紅マドンナはみっちり甘い、色も濃い、正にマドンナ。

せとか、これはハマった。甘さとさっぱり感が絶妙です。

いよかんは甘みより酸味が欲しい時、すっきり飲めます。

はるみは適度な酸味と甘みで、こちらも捨てがたい。


と、愛媛のみかんにすっかりはまった旅行でした。

実はみかんにこんなに種類があるとは知りませんで・・・静岡県浜松市出身のため、三ヶ日みかんが王者だと信じて育ってきましたが、今回の旅で認識を改めました。

王者もいろいろあっていいかも(自分に都合のいい王者かな)。

 

みかんの種類はまだまだあるとのこと、いろいろ試してみたいです。

AD

御存じでしょうか、”キリンパーフェクトフリー”。

私はアルコールに弱い体質です。でも夏など、夕食時にビールを一口、飲めたらいいな~と思うときがありました。

そこで、最近発見したのがこれです。去年新発売のようです。


~「脂肪の吸収を抑える」「糖の吸収をおだやかにする」

というダブルの機能を持つ、難消化性デキストリンを配合した、機能性表示食品制度対応のノンアルコール・ビールテイスト飲料。

カロリー0、糖類0の2つのゼロと、のどごしがよく、爽快な飲み口が特徴。食事にピッタリな味わいの1本です。~

(キリンパーフェクトフリーの商品説明より)


ビールのようなさっぱりした味わいなのにアルコールなし、カロリーも0に近い(食品表示基準による0なので、完全に0ではないかも、でも近い)。

アルコールに弱いので、普通のビールを一口、とやると顔が熱くなって来たりしますが、これはほぼ影響なしでした。

 

食前酒(?飲料?)にお勧めです。プリン体も0に近いので、アルコールに弱い方のみならず、痛風の方や予備軍の方にもいいと思います。

1本110~130円くらいで買えます。

(もちろん、「この商品は、20歳以上の方の飲用を想定して開発しました」とのことなので、未成年者はやめておきましょう。

また、1日摂取目安量は1本とのことです。)

 

アルコールに強い方には…物足りないのでしょうか?

AD

現場の60代、70代

テーマ:

先日昼食が遅くなり、14時過ぎに食事をし、足りずにデザート扱いのドーナツを3個食べました。

が、夕方、胸やけで夕食が入らない…。

40過ぎになってから、この感覚が何度かありました(ケーキ3個、など)。

30台後半はまだまだ大丈夫で、夕食代わりにドーナツ8個、とか平気でいけたのに。。


お客様の社長さんとお話していると、従業員さんで現場に出て体を動かしている方々(60代、70代)が、とても若くて元気とのこと。

朝早く出勤し、パワフルに現場で仕事をし、しっかり食べて若く見える・・・いいな~、と返すと、

「運動不足が一番よくないですよ。現場が一番」と社長さんご自身も健康の為に現場に出ているとのお話でした(ジムいらず?)。

 

座っての仕事ばかりしていると、肩も凝って筋力も衰えて、メンタルにも悪い影響が出たりする場合もあるのかもしれません。

外に出て、見て、体を動かして、あるいは趣味で汗を流して、など、体を鍛えることが心を鍛えることでもあるんでしょうね。

健康が一番、健康維持が大事、と最近つくづく思うようになった40台です。。


ちなみにお客様のところに行って現場(工場やお店など)を見せてもらうと、好奇心も刺激されて、いい体験させてもらってます(工場の場合だと広いので少し運動にもなったりする)。

ありがとうございます。。

AD

相続税法改正の影響

テーマ:

たまには仕事の話を。


私の主業務は相続税申告です。


相続税法は、平成27年1月1日からの改正があり、相続税の申告が必要になる方が増加しました。

基礎控除(この金額以下なら相続税がかからない。申告も不要。)が、平成26年までは、被相続人1人につき5000万+(1000万×法定相続人の数)、平成27年から、3000万+(600万×法定相続人の数)となった影響です。

当初発表されていた試算では、(亡くなった人の数に対して)相続税の申告が必要になる割合が、H25年4.3%、H26年4.4%と、4%強程度から、改正後は6%程度、つまり1.5倍位になるとのことでした。


ですが平成27年の実際の感覚としては、2~3倍近くになっている気がします。

税務署の窓口に書類提出に行くと、相続税申告の相談が多い様子が分かります(これまでは所得税関係の相談が多かった)。

もちろん、申告が必要になっても税額が出る人ばかりではなく、申告は必要ですが特例を使えば税額0、という方も結構います。


申告が必要か不明、という方々、国税庁のHPで試算ができます。使い勝手がよくなっていますので、利用してみて下さい。

申告が必要か不明又は微妙…又は必要、という方々、是非お近くの税理士に相談してみて下さい(お近くの方の方が土地勘などもあり話が早いです。お近くの税理士会に相談すれば紹介などもあります)。


普段関わりのない場所(事務所)に入るのは勇気が要るでしょうから、まずはHPからの問合せ、電話問合せなどでも大丈夫です。

真面目に(おたくもそこそこいる)、気さくに(お話大好きも結構いる)対応してくれますよ。

2人兄弟(姉妹)

テーマ:

小さいころ、よく親に言われました。

「同じように育ててるつもりなのに、どうしてこんなに違うのかね~。」

私は長女、下に弟がいます。


確かに、自分の子供を育てるようになって思います。どうしてこんなに違うのかね~。

ただ、同じように育てている、とはとても言い難いと思ってます。


長女として、下の子には結構譲ってきて我慢「させられて」いた、と思っていましたが、いざ自分が育ててみると、上の子の方が優遇されているのでは、と思うようになりました。


上の子が一人で歩けるようになったときや、初めてパンツになれたとき、感動してすご~く褒めました。

下の子の場合、「お姉ちゃんもこうやってできていったよね~」と感動が薄い・・・(一応頑張って褒めてるよ。ごめんね)。

チャイルドシートもコートもバックも長靴も、下の子は基本的には全てお下がり・・・(まだ小さいのでそれでも喜んではくれている)。


まあ、上の子は親の手が結構かかっているので慎重な感じに対し、下の子はかなり放っておかれているためか行動が自由な感じはするので、何がいいのかは分かりません。もう少し年が上になっていくとまた違ってくるのかもしれません。


私自身、長女の割に、実は結構弟の方が譲ってくれていて、普通の長女(?)よりは我慢はしてない自覚はありますし。。いろいろ、なんでしょうね。

 

ご意見おありの方、教えて下さい^^

夏季休業のお知らせ

テーマ:

誠に勝手ながら、税理士法人小林会計は平成28年8月11日(木)より8月15日(月)まで夏季休業とさせていただきます。

なお、緊急のお問い合わせについては、下記のホームページのお問い合わせフォームよりご送信下さい。
24時間以内に対応させて頂きます。
 http://koba-tax.net/inquiry.php

ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

テーマ:

昔(遠~い昔)、読んだ本の文章で、いまだに忘れられないものがあります。

「壁というものは、中のものを外から守る役割と、外のものを中から守る役割とがある」

女子中高生用のファンタジーなので、設定は空想の世界です。


荒れた外の世界では人間が生きられないので壁で守ってもらっている、と思って読み進めていきましたが、実は外の自然をこれ以上人間に荒らされないようにし、自然が自然の力で自浄されていく時間を確保していた、という話でした。


車で街を走っていると、いろいろな「壁」が目に入ります。

白色、黒色、薄い茶色、濃い茶色、赤色、黄色、レンガ、漆喰壁、石壁、コンクリートブロック壁、城壁、ベルリンの壁(?)、などなど…。
(壁に見とれていると交通事故を起こしそうで危ないので、しっかり見たい場合は停車してからにしましょう。)

この壁はどんな役割をしているのかな、という目で見ても、ナカナカ面白いかもしれません。


よい夏をお過ごしください。

雑談でした。

税金?

テーマ:


以前、ディ・アフター・トゥモロー という映画を観ました。

異常気象で一面雪(氷河?)となったニューヨークに取り残された息子を、助けに行く父親のお話。

ニューヨークに取り残された息子たちが避難した図書館で、極寒の中、暖をとるために、本を燃やそう、となります。

そこで真っ先に燃やす対象となった本が、税金の本。思わず笑った瞬間でした。


まあ、税金が好きな方はそういないと思います。

ただ、税金が無くなったら生活がどうなるか、というのは正直よく分かっていませんでした。


小中学生への租税教室で国税庁作成のDVDを見てもらうことがあり、研修で見てみました。

税金がなくなったらこうなる、というお話・・・。ナカナカ不便です。生活できません。

やはり必要ではあるようです。


必要経費と考える方、やっぱり嫌いだからとことん払いたくないと考える方、よく分からないけど給料から引かれてる、という方、いろいろでしょうか。

ちょっと見てみる気になった方、国税庁HP*税の学習コーナー*ビデオライブラリーよりどうぞ。

分度器

テーマ:

分度器、覚えていますか?

昔むか~し、算数の時間に分度器(丸いの)を眺めて考えていたことがありました。

「0度と360度って一緒の場所じゃん。」

別に、だからどうこう、という主張があるわけでもなく、ただそう思っただけです(授業聞こ~よ。。)


童話「青い鳥」でチルチルとミチルが青い鳥を探しに出かけますが、結局見つからずに戻ってきて、家にいた鳥を見ると青かった、という話があったと思います。

読んだ当時は、な~んだ、遠くにまで探しに行く必要なかったんじゃない?とか思ってました。

でも、0度の場所にず~っといた人と、ぐるっと回って360度の場所に戻ってきた人って、多分違うんですよね。

外から見ると同じ場所にいるように見えるけど、本人的にはいろんな体験ができた分、違うんじゃないかなと思います。


もちろん、ず~っと同じ場所にいるように見えて、気持ちの上ではいろんな体験ができちゃう人もいるんでしょうけど。


と、勝手につなげて考えてみたことがありました。

雑談でした。

公正証書遺言

テーマ:

公証人役場に行ってきました。
知り合いが公正証書遺言を作成したので、立ち会わせていただきました。


遺言作成終了後、公証人の方から、「原本の情報は一元管理されますので、全国どこの公証人役場でも、亡くなった方が公正証書遺言を作成したことがあるか、何回作成したかなど分かるようになっています。」とご説明いただきました。

もちろん、秘密保持のため、請求者は死亡者の関係者のみです。


相続人の方からすると、ご本人が公正証書遺言をしたことがあるのか、手元にある遺言書が最後の公正証書遺言か、など確認したい場合があると思います。

それが確認できる状態になっているということで、大変ありがたいな、と思いました。


遺言には、財産、債務の分割内容の他にも、希望のある方は「付言」という形で、遺言者の残したい言葉も記載してもいいとのことです。


相続人の方にご自分の言葉を遺されたい方や、今のご自分の気持ちをすっきりさせたい方、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。