久々登場⇒謝罪会見

テーマ:

明けましておめでとうございます(^O^)


そして随分長らくご無沙汰してしまって・・・

誠に申し訳ございませんでしたm(_ _ )m


毎度の事ではありますが、色々とバタバタしてまして・・・あせる

昨年の暮れに起こった事、更新出来なかった理由は後ほど

報告させて頂きますので、ここでは取り急ぎのお詫びと、

生存報告という事でご容赦下さいませ。


2009年最後のご挨拶も出来ずに2010年を迎えてしまったのが

何とも心残りで、新年早々から謝罪会見となりました(苦笑)


俺の元旦は例年自宅でのんびりテレビ観てます。

朝から昼にかけてニューイヤー駅伝を観戦走る人今年も最後まで

接戦が続き、昨年僅差で2位に終わった日清食品グループが

念願の初優勝を成し遂げたクラッカー


そして今はサッカー天皇杯決勝を観てるサッカー


ガンバ大阪VS名古屋グランパスエイト


昨年の王者・ガンバが連覇するのか?それともグランパスが

10年ぶり3度目の優勝を成し遂げるのか?


今年はスポーツイヤーで、2月にバンクーバー五輪、6月には

サッカー・南アフリカワールドカップと、大きなイベントが開催

されるので、非常に楽しみだニコニコ


スポーツバカの俺ですけど・・・少しでも多く更新出来るように

頑張りますので、今年もどうぞ宜しくお願い致します(^人^)

AD

2009年日本シリーズ 第6戦

11月7日 札幌ドーム 巨人4勝2敗


日本ハム 0-2 巨人


巨人が劇的な逆転サヨナラ勝ちで王手をかけ、移動日を1日置いて

舞台を再び札幌ドームに移しての熱戦メラメラ巨人は昨年王手をかけ

ながら本拠地・東京ドームでまさかの逆転負けで日本一を逃して

悔しい思いをしているむっ札幌ドームは熱狂的な日ハムファンが

9割以上を占め、巨人は完全アウェーとなるが・・・昨年の悔しさを

晴らす為に決めて欲しい!!巨人としてはアウェーになり、第7戦まで

もつれると、日ハムは第2戦に先発したダルビッシュが出て来るので、

ダルビッシュが出て来る前に、何としても第6戦で決めたい!!

追い詰められた日ハムはホームの熱狂的な声援を力に、何が何でも

勝って絶対的エースにつなぎたいところ。


先発投手は巨人が今季先発ローテの一角を担った若手右腕の東野。

一方の日ハムは初戦に先発した左腕・武田勝に望みをつなぐ。


1回裏 巨人の先発・東野は二死一塁から日ハムの4番・高橋信二の

打球を利き手である右手の甲にまともに受けてうずくまる(>_<)

東野はしばらく動けず、僅か14球で降板する非常事態に陥ったあせる

この緊急事態に登板したのが、第7戦に先発予定、或いはこの

試合で先発が予想されてた若き左腕・内海がマウンドへ上った。

内海は第2戦にダルビッシュと投げ合い、3回持たずに4失点でK.O

されており、リベンジに燃えていたメラメラ内海は一発がある5番・

スレッジを一塁ゴロに打ち取ってピンチを脱出したチョキ


2回表 巨人は5番の亀ちゃんが二塁打で出塁し、一死三塁から

前の試合で劇的なサヨナラ本塁打を放った慎ちゃんがセンター

オーバーのタイムリー二塁打を放って1点を先制した(^∇^)


さすが頼れる主将・慎ちゃん(^O^)


3番 小笠原 4番 ラミレス 5番 亀井 クリーンアップその1

5番 亀井  6番   谷   7番 阿部 クリーンアップその2


巨人のクリーンアップは2つあるんじゃ~得意げ


この後、試合は日ハムペースで進む。巨人の2番手・内海は走者を

出しながらも持ち前の粘り強さで日ハムに得点を許さないグッド!

2回には二岡クンのセンター前へ落ちようかという打球をセンターの

松本がダイビングキャッチでチームを救ったヽ(゚◇゚ )ノ


4回裏は一死から小谷野に四球を与え、糸井にヒットを打たれて

一死一・二塁。8番の鶴岡に送りバントを決められ、打席には昨年

まで巨人に居た二岡クンを迎えるあせる一打逆転のピンチ。(;°皿°)

二岡クンは巨人に居た時からチャンスで勝負強い打撃をする

のが売り物だっただけに、危ない場面だ(゚_゚i)

札幌ドームは9割以上が日ハムファンで埋め尽くされ、大声援が

日ハムの選手達を後押しする。完全アウェーの中で、巨人の2番手

内海が踏ん張った(ノ゚ο゚)ノ二岡クンを二塁ゴロに打ち取って

ピンチを脱出し、日ハムに得点を許さなかった(o^-')b


そして圧巻は5回裏。内海は先頭打者の田中賢介にヒットを打たれ、

劇団ひちょりに送りバントを決められて一死二塁のピンチあせる

ここで迎える打者は日ハムの頼れる主将で3番・稲葉。

札幌ドームではチャンスの時、稲葉に打順が回ると、場内全体が

大きく揺れ動く稲葉ジャンプが発動されるのだΣ(=°ω°=;ノ)ノ


稲葉ジャンプ発動\(゜□゜)/


カメラもとにかく揺れて、いや~スゴイのなんの(ノ゚ο゚)ノ

しかし内海は逆境に負けず、3番・稲葉を見逃し三振に打ち取り、

続く4番・高橋信二も見逃し三振に打ち取ってピンチを脱出したのだニコニコ

慎ちゃんの強気なリードも天晴れだったv(^-^)v


6回表 巨人は3回以降、日ハムの先発・武田勝の前に1人の

走者も出せずに苦しんでいたが、二死から2番・松本がレフト前

ヒットを放ち、続くガッツ小笠原がライト前ヒットを放ったニコニコ

ところが、右翼手の名手・稲葉が焦りから打球処理を誤り、一塁走者・

松本が一気に本塁を陥れて貴重な追加点を上げた(^O^)

巨人は我慢を重ねて再三のピンチを凌いだ後の得点だけに、

非常に大きな1点となったニコニコ

逆に日ハムにとっては再三チャンスを作りながら得点出来ず、

僅かなスキを突かれて失点した事で、嫌な流れとなる台風


6回裏 巨人の2番手・内海はスレッジを打ち取ったところで、

原監督が自らマウンドに行って降板を告げた。内海は緊急登板

にも関わらず、粘り強い投球で日ハムに得点を許さなかったグッド!

WBC日本代表に選ばれたが、出番は少なかった。レギュラー

シーズンは開幕から不調で、初勝利まで2か月近くかかり、

終盤にようやく復調するも、クライマックスシリーズでは苦手な

中日相手という事で出番がなかった。更にこのシリーズ第2戦で

ダルビッシュと投げ合い、3回を持たずにK.Oされてしまったむっ

今季は不完全燃焼だった内海が最後の最後でやってくれたニコニコ

そして3番手としてマウンドに上がったのが、巨人移籍4年目の

大ベテラン・豊田である。豊田もヒットを打たれて二死一・二塁の

ピンチを招くが、二岡クンを二塁ゴロに打ち取ってピンチを脱出チョキ


7回裏は左腕のセットアッパーぐっさんがヒットを打たれながらも

併殺でピンチを切り抜け、結果的に3人で打ち取ったチョキ


一方の巨人打線は7回と8回にチャンスを作ったが、日ハム投手陣の

必死の継投の前に追加点を奪えなかったしょぼん


8回裏には雷神・越智が登場。越智は昨年の日本シリーズで

西武を相手に、1点リードで迎えた8回に逆転タイムリーを打たれて

敗戦投手となり、あと一歩のところで日本一を逃した悔しさを胸に、

昨年のリベンジを期す。ところが、先頭打者の高橋信二にセンター

前ヒットを打たれ、スレッジと小谷野を連続三振に打ち取ったが、

続く糸井には四球を与えてピンチを招いてしまうあせる越智はスピード

ボールを持っているが、コントロールがいまいちで、大胆な投球が

出来ない時があるのが不安要素だヽ(;´ω`)ノ二死一・二塁と

なったところで、日ハムは代打の切り札・坪井クンを送り込む。

巨人ベンチは越智が不安を露呈した事で、守護神クルーンを

早くも投入した。レギュラーシーズン中でも何回かあった事で、

原監督は昨年の悔しさを教訓に、コンディション重視で選手を

起用する事を学んだのだひらめき電球クルーンもまた、コントロールには

不安があり、投げてみないと分からないのだが・・・坪井クンを

二塁ゴロに打ち取ってピンチを脱出した( ̄▽ ̄)=3


9回裏 巨人は念願の日本一まであとアウト3つ取れば良いが・・・

ここは日ハムの本拠地・札幌ドーム。日ハムはクライマックス

シリーズ第1戦で4点差をひっくり返して逆転サヨナラ勝ちを収めた

ように、非常に粘り強く、これまで劇的な逆転劇を演じて勝利を

重ねてきたパ・リーグ覇者。そしてこれまでの5戦はいずれも緊迫

した接戦である。最後の最後まで何が起こるか分からない。

奇跡の逆転サヨナラ勝ちを願う日ハムファンが大声援を送る。


クルーン劇場 第2部開幕(゚_゚i)


この回先頭打者で、チャンスで回ってきた2打席をいずれも凡退

した二岡クンに三塁線を破る二塁打を打たれ、場内は日ハム

ファンの大歓声がこだまするむっ田中賢介を一塁ゴロに打ち取って

一死三塁。2番の劇団ひちょりの場面で代打・稲田が送られた。

代打で好成績を残している稲田に期待がかかる。クルーンは

やっぱり見てて心配だ(((( ;°Д°))))稲田に四球を与えて一死

一・二塁のピンチとなって打席に稲葉を迎える。日ハムファンの

ボルテージが一気に高まり、稲葉ジャンプが発動した(゚Ω゚;)

何だかんだあっても、結構抑えてるのがクルーンである。

クルーンは稲葉を三振に打ち取り、一塁走者が二塁へ盗塁

して二死二・三塁。一打同点の場面で、このシリーズ絶好調の

4番・高橋信二を迎えた。毎度ながらハラハラドキドキさせられるあせる

クルーンは高橋をフォークで三球三振に打ち取って試合終了。


巨人が7年ぶり、21度目の

日本シリーズを制した(^∇^)


やっと日本一、奪回しました!


原監督が札幌ドームで

10回宙に舞った\(^_^)/


これで原監督はWBC、セ・リーグに続いて日本シリーズも

制覇して三冠を達成したヘ(゚∀゚*)ノ王冠1


MVPには打率.304 2本塁打4打点をマークし、投手陣を粘り

強くリードした巨人の(阿部)慎ちゃんが選ばれたニコニコ

優秀選手は日ハムの高橋信二、敢闘賞は巨人の亀ちゃん

(亀井)とゴンちゃん(ゴンザレス)、日ハムの小谷野が選ばれた。


我慢強く、粘りに粘って、みんなで勝ち取った勝利だ(^O^)


やっと俺の誕生日プレゼントで巨人の

日本一がもらえた~о(ж>▽<)y ☆プレゼント


そして11月7日は俺が一番好きな芸能人である片瀬那奈ちゃん

28回目の誕生日である(^O^)ささやかだけど、おめでとうクラッカー

盆と正月が一緒に来たような嬉しさだ≧(´▽`)≦ドキドキ

え?カノさんと片瀬那奈ちゃん 、どっちが好きかって?

そりゃ~比較は出来ませんぜ、ダンナ(σ・∀・)σ


最高で~す(^-^)/

AD

九州一周駅伝

テーマ:

今週は気候の差が激しい事、激しい事あせる前半は冬並みの寒さで、

手袋必須かつ厚着せんと居れんかったけど・・・後半に入ると一転、

北部九州の日中は半袖でも過ごせる暑さになった晴れ

気温差が激しいので、体調管理には十分気をつけて行きましょう。


さて今日は天気が良いので自転車で天神まで行こうとしたら、

百年橋通りの交差点に警官が数人居るではないかえっ

そして、よく見たら旗を持ってる人が殆どだ。


うん?もしや、九州一周駅伝か!?


そう言えば地元のニュースで今日が最終日だと言ってたわひらめき電球

九州一周駅伝は世界一長い距離を走る駅伝で、

長崎市をスタートしてから有明海沿岸沿いを通り、佐賀~福岡県

筑後地方~熊本~鹿児島を経て東九州の宮崎、大分を通る。

そして北九州市に入り、福岡市のゴール地点を目指して各県の

代表ランナー達が数日かけてタスキを繋いでいく、九州地方

限定毎年恒例のイベントだ走る人


信号待ちしてたら俺にも旗が配られた。通過時間を聞いたら、

あと数分後という事だったので、なかなか生で見れる機会がなく、

せっかくなので見ようと決めたのだひらめき電球


昨日までの累計順位は地元福岡が首位で、2位が宮崎だ。

宮崎と福岡のニ強が毎年優勝争いを繰り広げいる。

一昔前は宮崎が優勝を独占していたが、ここ近年は福岡が

4連覇している。しばらく待ってたらアナウンスが流れてきた。

「あと9分後に福岡・九電工の前田選手がトップで通過します」


ファンタスティックボックス コアラの館-DVC00007.jpg  


九電工の前田選手がアンカーとして駆け抜けて行った。

地元福岡が最終日も首位だ(^O^)良い事じゃ(^-^)/

首位の福岡が通過してから随分間があった。

5~6分、いやそれ以上か?ようやく2位のチームが来た。


ファンタスティックボックス コアラの館-DVC00005.jpg


なんと、鹿児島ではないか(ノ゚ο゚)ノあれっ、宮崎は?


ファンタスティックボックス コアラの館-DVC00006.jpg  


宮崎は鹿児島の次、3位で通過していったのだ。

2位以降は次々とランナー達が駆け抜けて行った走る人

九州7県と沖縄、山口県の合計9県が参加する駅伝。

最下位の沖縄は8位熊本から大きく遅れて通過した。


駅伝はテレビで見るのが殆どだけど、生で見るのは

ホントいいっすね~(*^o^)乂(^-^*)


首位で通過した福岡が大会5連覇を飾り、

2位が宮崎、3位は長崎で終わった(^O^)


マラソン、駅伝のシーズンになって来ましたね~。

俺の好きなスポーツの1つなので楽しみだニコニコ

いや~今日は良いモノ見れました(-^□^-)

AD

2009年日本シリーズ 第5戦

11月5日 東京ドーム 巨人3勝2敗


巨人 3×-2 日本ハム


巨人は本拠地での優勝がなくなり、対戦成績が五分となった。

この試合で勝ったチームが王手をかける重要な一戦になる。

先発投手は巨人が第1戦に先発したゴンちゃん(ゴンザレス)が

中4日で登板。レギュラーシーズンで15勝を上げたチームの

勝ち頭に全てを託す。一方の日ハムはヤクルトから加入し、

8年前にMVPを獲得した左腕・藤井クンで始まった。


2回表 前夜の再現か?日ハムの5番・スレッジは二塁ゴロを

放ったが、この試合スタメンに起用され、守備力の高い古城が

まさかのエラーを犯し、更に打者藤井クンの場面では三塁手の

ガッツ小笠原がエラーを犯して1点を失うむっ

ゴンちゃんは味方のエラーで不運にも1点を失った形だ。

ガッツと古城は元日ハムの選手だ。

もしや、古巣と内通したか(゚Ω゚;)


まずあり得ないと思いますので、本人達の名誉にかけて・・・。


その後、試合は投手戦の展開となり、巨人打線は日ハムの先発

藤井クンを打ちあぐね、チャンスは作るけど、三塁すら踏めない

状況が7回まで続いたむっ前夜に続いてチャンスを生かせない

消化不良の試合展開。亀ちゃん(亀井)がバットを折られて凡退

した時、あまりの悔しさにバットを叩きつける場面もあったパンチ!

藤井クンは特別良い投手でもないんだが・・・(・Θ・;)

強力打線が一向に援護出来ない中で、先発のゴンちゃんは

孤軍奮闘して日ハム打線に追加点を与えず、尻上がりに良くなって

7回1失点で先発の役目を果たした。我慢強く投げてくれたニコニコ

日ハムが1点リードのまま8回へと向かう。


8回裏 日ハムは2番手に故障明けの建山がマウンドに上がった。

日ハムは中継ぎ投手が強力なだけに、厄介である。

巨人はこの回先頭のスンちゃんが死球で出塁すると、代走にチーム

No.1の25盗塁をレギュラーシーズンで決めた鈴木尚広が送られる。

鈴木は俊足を生かしてすかさず二塁へ盗塁成功チョキ

坂本ちゃんが三振で凡退し、一死二塁となったところで、日ハムは

巨人から加入した左腕・林をマウンドに送る。そして巨人は2番の

松本に打順が回ってきたところで、代打の切り札・大道先生登場ニコニコ

左投手に滅法強い事から「左キラー」と呼ばれるベテランだ。


ここで堅守を誇る日ハムにエラーが出た。投手の林が二塁へ牽制

悪送球を犯して走者は三塁へ進んだチョキ日ハム内野陣は1点も

やれない状況となって前進守備を敷いた。本塁で走者を刺す作戦。


さて、大道先生は外野へフライを打ち上げても1点が取れる、

気持ち的には楽になった。大道先生は中日とのクライマックス

シリーズ第2戦で逆転タイムリーを放ち、ここ一番での集中力は

ものすごいものがある。2006年オフにソフトバンクホークスから

戦力外通告を受けて巨人に拾われ、今年はケガで開幕二軍

スタートだったが、交流戦から復帰し、巨人では代打の切り札と

して活躍してきたベテランだ。ズムサタでも口達者なトークで

笑わせてくれる、ムードメーカーとして必要な存在であるニコニコ


大道先生は林の直球に食らいついてファールで粘って7球目、

内角の直球に詰まったが、前進守備を敷いてた日ハムの

二塁手・田中賢介の頭上を越えるライト前タイムリーヒットで

遂に巨人が同点に追いついたγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ


さすが大道先生( ̄▽+ ̄*)

巨人の宅麻伸は一味も二味も違うバイ得意げ


これまで沈んでいた場内の大多数を占める巨人ファンが勢いを

盛り返し、一気にボルテージが上がったアップ

鷹さん、大道先生を頂いて有難うございました(* ̄Oノ ̄*)


そして一気に逆転ムードが高まる中で頼れるオガラミ(ガッツ

小笠原&ラミちゃん)を迎えたが、二人共凡退して同点止まり(-"-;A


9回表 巨人はセットアッパー左腕のぐっさんがマウンドに上ったが、

日ハムの4番・高橋信二に2試合連続となるソロ本塁打を

打たれて再び1点を勝ち越されてしまったヽ(;´ω`)ノ


9回裏 1点を勝ち越した日ハムは勝利の方程式で、今季から

守護神の座に就き、ここまで無敗の武田久が登場した。

追い詰められた巨人は5番の亀ちゃんから始まる。亀ちゃんは

このシリーズで打率1割台と不振が続いている。前の打席では

自分自身への不甲斐なさに折れたバットを叩きつけて悔しさを

あらわにした爆弾今までの悔しさを晴らせるのか?


か~め~は~め~波~!!爆弾


亀ちゃんが武田久の初球を叩いてライト

スタンドへ起死回生のソロ本塁打を放って

同点に追いついた(^O^)


これまでサヨナラ本塁打を放ってチームを勝利に

導いた亀様が遂にやってくれたо(ж>▽<)y ☆


9回表、高橋信二に一発を打たれた時には静まり返っていたG党が

亀様の一撃で再び活気を取り戻したヾ(@^▽^@)ノ


一死後、打席には主将の(阿部)慎ちゃんを迎える。慎ちゃんは

昨年の日本シリーズ、ケガでDH又は代打での出場のみだった。

だが今年は捕手として攻守に渡ってチームを鼓舞し続けている。

興奮冷めやらぬ中で、慎ちゃんが放った一撃はライナー性で

ライトスタンドへ飛び込んだ(ノ゚ο゚)ノ


慎ちゃんのサヨナラ本塁打で巨人が劇的な

サヨナラ勝ちを収め、遂に日本一へ王手を

かけたо(ж>▽<)y ☆


中大出身の亀ちゃん&慎ちゃんが奇跡を

起こして勝ち取ったヽ(゚◇゚ )ノ


最高で~す!!(^-^)/


慎ちゃんはお立ち台で開口一番、お決まりのセリフを発したニコニコ

巨人の阿部主将は鳩山首相よりも遥かに

支持率は高いです得意げ


そして原監督は「今日はファンの皆様のお陰で勝てました。

北海道で必ず奪回します!」と全国のG党の前で誓ったキラキラ


正直、試合展開を見てたら俺は負けると思ってたけど・・・

ホント野球は最後まで何があるか分からん(((( ;°Д°))))

可能性がある限り、最後まで諦めたらダメよねm(u_u)m

巨人の選手達は誰も最後まで諦めてなかったそうだから、

奇跡的な勝利が生まれたのだろう(^-^)/


本日は移動日で、明日から札幌ドームに舞台を移して熱戦が

繰り広げられる。先に王手をかけたのは昨年と同じ。

昨年は王手をかけながら逆王手をかけられ、あと一歩のところで

西武に逆転されて日本一を逃した。

札幌は完全アウェーとなるが、勝って日ハムファンを黙らせよう。

ダルビッシュが出て来る前に、明日勝って日本一を決めよう!


俺の誕生日プレゼントに今年こそ、

巨人の日本一を下さい(^人^)プレゼント

全てチグハグ、そら負けるべさ

テーマ:

2009年日本シリーズ 第4戦

11月4日 東京ドーム 2勝2敗


巨人 4-8 日本ハム


本拠地で優勝を決める為には負けられない巨人は是が非でも

勝って一気に王手をかけたいところ。先発投手は巨人がベテラン

左腕で9月以降は好調をキープしている高橋尚成クン。

一方の日ハムは3年前に新人王を獲得した山羊もとい八木。

両左腕の先発で試合は始まった。


喝ヽ(`Д´)ノ

(サンデーモーニングの張本さん風に)


打線は9回のうちに7回も先頭打者を出塁させ、日ハムを上回る

13安打も放ちながら、奪った得点がたった4点(  ゚ ▽ ゚ ;)

で、併殺打が3つ。前夜と逆で守備走塁両面でエラーも重なった。

この日は先発起用されたキムタクが守備走塁両面でミスを犯し、

巨人ベンチの采配はことごとく裏目に出てしまったむっ

何回もチャンス作って逃しゃ、

そら負けるべや(-з-)


高橋尚成クンは3回、一死満塁から日ハムの4番・高橋信二に

先制の2点タイムリーを、二死一・二塁から6番・小谷野に

2点タイムリー二塁打を打たれて計4失点むっ

更に5回にも1点を失い、5回6安打5失点でK.Oされたプンプン


情けねぇ、情けねぇ~( ̄へ  ̄ 凸


その後も負の連鎖は断ち切れず、投手陣は高橋信二に本塁打を

打たれる等、合計8失点で炎上メラメラ東京ドームは狭いからシラー


打線はチグハグを繰り返し、3回に松本がタイムリーヒットを放って

1点を返すが、後が続かない。8回にラミちゃんが3点本塁打を

放って反撃するも、時すでに遅し。9回に先頭打者が出塁し、

3番のガッツ小笠原がライトフェンス直撃の当たりを放って二塁へ

向かったが、日ハムの右翼手・稲葉の好返球に刺されて試合終了。


消化不良、巨人ファンにはストレスが溜まる試合だった((o(-゛-;)

2009年日本シリーズ第3戦

11月3日 東京ドーム 巨人2勝1敗


巨人 7-4 日本ハム


プロ野球・日本シリーズ、札幌での決戦は五分に終わり、

今日から舞台を巨人の本拠地・東京ドームに移して熱戦が

繰り広げられる。先発投手は巨人が育成枠出身のドミニカン、

秘密兵器として今季6勝を上げたオビちゃん(オビスポ)。

一方の日ハムは今季先発で頭角を現した3年目の糸数。

一昨日の試合で手負いのエース・ダルビッシュが強行登板

して勝利を掴んだ勢いを持ち込みたいところ。

しかし、我々巨人は本拠地で負けるわけにはいかん!!


ハイライトを見て分かった事だが、始球式は元アメリカ大統領

ジョージ・ブッシュ氏が務め、小泉元首相も見守っていたえっ


巨人の先発オビちゃんは荒れ球が武器の投手で、スピードも

あって球質も重いが、コントロールが悪いのが難点むっ

日ハムの各打者は選球眼が良いだけに、じっくり見られて

四球を連発するようだと苦しい。そのオビちゃんは初回、

日ハムのキーマンで、3番稲葉にソロ本塁打を打たれて

先制を許し、2回には6番小谷野にもバックスクリーン右へ

ソロ本塁打を打たれて2点差とされてしまうむっ

巨人のお株を奪う一発攻勢で日ハムが序盤の主導権を握る。


2回裏 巨人も黙ってはいない。今日、6番でスタメン起用

されたスンちゃんが右中間へ特大のソロ本塁打を放って

1点差に迫ると、続く(阿部)慎ちゃんが左中間へ同点

ソロ本塁打を放って試合を振り出しに戻したニコニコ


3回裏 巨人はここまで不振に喘いでいたガッツ小笠原が

ライトスタンドへ技ありのソロ本塁打を放って逆転に成功チョキ


この日、実はカノさんと会ってて、一緒に仲良くワンセグで

野球観戦してましたニコニコラブラブカノさんは広島カープファンやけど、

巨人にはカノさんと同じ干支&誕生日の坂本ちゃん(年齢は

一回り下)がいるので「応援せんといかん」という事で一緒に

巨人を応援してくれてますo(^▽^)o


5回表 オビちゃんは日ハムの1番打者・田中賢介に右中間へ

ソロ本塁打を打たれて再び同点にされたむっ


ここまでの得点は全てホームランによるものである。

巨人の本拠地・東京ドームは狭く、ホームランが出やすい球場

なので、投手には不利な球場である。

某氏に「ウサギ小屋」と揶揄されてるが・・・生粋のG党である

俺は地元のファームランドより居心地がいいと思う得意げ


5回裏 巨人は同点にされた直後、カノさんが応援する若き

核弾頭・坂本ちゃんが二死無走者から粘って四球をもぎ取り、

松本が安打でつないだ後、ガッツ小笠原が左中間へ勝ち越し

タイムリー二塁打を放って2点差とした(^O^)

ガッツ覚醒゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)o


8回表 巨人は2番手に越智を挟んだ後に3番手として、

ぐっさんが登場したが・・・先頭の田中賢介に四球を与え、

一塁への牽制悪送球で無死二塁としてしまうむっその後味方の

エラーで1点を失い、1点差に詰め寄られるあせる更に稲葉へ

四球を与えて、ぐっさんはアップアップの状態にヽ(;´Д`)ノ

ここで原監督が自らマウンドへ行ってぐっさんに喝を入れたパンチ!

「変えないからな!」レギュラーシーズン中、抜群の安定感を

誇り、何度もチームを救ってきたセットアッパー左腕に全てを

託して原監督はベンチへ引き上げた。滅多にない指揮官自らの

ゲキにぐっさんが奮闘し、4番の高橋信二を併殺打に打ち取り、

続くスレッジも打ち取ってピンチを脱したニコニコ


8回裏 追加点を奪いたい巨人は二死満塁から慎ちゃんが

ライト前へタイムリーヒットを放って2点を追加した(^O^)

この場面はカノさんと一緒に応援してましたよ、ハイ(^-^)/


最後は守護神・クルーンがキッチリ締めて試合終了。

オビちゃんは育成出身選手初の勝利投手となった王冠2


打撃戦を巨人が制して1つ勝ち越したv(^-^)v

巨人は日本シリーズ通算100勝目を達成ニコニコ


この試合のポイントとなったのは、まず打線のつながりだ。

打線のつながりが売りの日ハム打線、コントロールが悪い

巨人の先発・オビちゃんを四球絡みで崩そうと目論んだが、

四球は6イニングで僅か2つ。8回表、無死一・二塁の場面で

「つなぐ4番」の高橋信二が強攻策で併殺打。奪った得点は

ソロ本塁打3発と相手のエラーによるもので、らしさを欠いて

空中戦に持ち込まれ、1つ後退する形となった。


もう一つは守備面。両チームにエラーは出たが、セ・リーグの

本拠地ではDH制がない為、パ・リーグのチームは攻撃力が

普段より落ちるのだ。普段DHに座るスレッジが慣れない

左翼の守備で不安を露呈した。5回裏のガッツの左中間への

当たり。結果はタイムリー二塁打となったが、慣れてる野手

だったらアウトに出来た当たりだった。守備に不慣れな

スレッジが左翼の守備だった事も幸いした。更にショートの

名手・金子誠がケガで欠場したのも響いた。巨人から移籍

した二岡クンが代役で入ったものの、チャンスに強い打者が

欠けたのも打線のつながりを欠いた要因だった。


空中戦じゃ負けません得意げ

2009年日本シリーズ第1・2戦

テーマ:

さて、昨日から日本のプロ野球界ではセ・リーグとパ・リーグの

代表チームが日本一の座をかけて戦う日本シリーズが開幕した。

今年はセ・リーグ代表が巨人で、2年連続32度目の出場。

一方のパ・リーグは日本ハムで、2年ぶり5度目の出場だ。

共にリーグ1位のチーム同士の対決で、巨人と日ハムという

顔合わせは実に28年ぶり。この年は巨人を率いる原監督が

ルーキーイヤーで、巨人が4勝2敗で日本一に輝いたキラキラ

そして本拠地が両チーム共、東京の後楽園球場だったが、

今回は日ハムが5年前に北海道に本拠地を移転し、

巨人も1988年に東京ドームへ本拠地を鞍替えした。

第1・2戦及び第6・7戦は日ハムの新たな本拠地である北海道・

札幌ドームで行われ、第3~5戦は巨人の本拠地・東京ドームで

行われる。打撃・投手の両部門でリーグ1位のチーム同士の

対戦なので、面白い試合が予想されるニコニコ

ではまず第1戦を振り返って行こう。


10月31日 札幌ドーム 巨人1勝


日本ハム 3-4 巨人


昔は巨人ファンが圧倒的に多かった北の大地・北海道だが、

札幌ドームは実に9割以上が日ハムファンで占められており、

巨人は完全アウェー状態だΣ(・ω・ノ)ノ!

先発投手は巨人が今季ヤクルトから加入し、15勝を上げて

抜群の安定感を誇ったゴンちゃん(ゴンザレス)。

日ハムは技巧派左腕で今季10勝を上げた武田勝だ。


2回表 巨人は二死から6番の谷佳クンがレフトスタンドへ

先制ソロ本塁打を放った(^O^)クライマックスシリーズ

第4戦で中日の息の根を止めた満塁本塁打を放ったいぶし銀

ベテランが貴重な一発を打ったチョキ


2回裏 日ハムも黙ってはいない。クライマックスシリーズ

MVPの5番・スレッジが右中間へすかさずソロ本塁打を放って

同点に追いついたむっスレッジハンマー炸裂(><;)


そして日ハムは再三チャンスを作るが、巨人の先発ゴンちゃんも

簡単には崩れない。ゴンちゃんが再三のピンチを凌いで味方の

反撃をひたすら待つ。前半から中盤にかけては日ハムが押してる

状況で、巨人は日ハム先発の武田勝を打ちあぐね、なかなか

チャンスすら作れない。やや日ハム優勢といった状況だった。


この試合、地上波放送はテレ朝系で中継され、ゲスト解説が

ちょっと前まで楽天監督だったノムさんである。


5回表 巨人は谷佳クンと(阿部)慎ちゃんが連続安打で出塁し、

この試合スタメンで起用されたキムタク(木村拓)が送りバント。

三塁封殺を焦った武田勝がエラーして結果は一塁アウトになったが、

送りバント成功で一死二・三塁と、勝ち越しのチャンスを作ったグッド!

そして二死二・三塁となったところで、成長著しい坂本ちゃんが

あわや本塁打という当たりのレフトフェンス直撃のタイムリー

二塁打を放って2点を勝ち越したγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ


6回裏 巨人の先発ゴンちゃんは再三のピンチを背負っては

凌いで来たが、ここでも再びピンチを招く。さすが12球団一の

破壊力(チーム打率.278)を誇る日ハム打線。一度火が点いたら

止まらない打線なので、十分な注意が必要だ。5番・スレッジと

6番・小谷野に連続安打を打たれて無死一・二塁。ここで迎える

打者は今季大ブレークした左打者の糸井。糸井は送りバントを

したが、巨人の一塁手・キムタク(木村拓)が猛然とダッシュし、

三塁での封殺に成功したグッド!巨人は一塁手を誰にするかが一つの

課題だったが、スタメンに起用したのはベテランのキムタク。

原監督の采配がズバリ的中したひらめき電球日ハムは捕手・鶴岡の打順で

代打・坪井クンを起用。坪井クンは左の切り札的な存在である。

そして巨人・原監督が動いた。ここまで100球近く投げている

先発のゴンちゃんからセットアッパー左腕のぐっさん(山口)を

早くも投入した。両チームのベンチが激しく動く。

日ハムは代打の代打で、昨年まで巨人に在籍してた二岡クンを

起用したのだ。昨年の不倫騒動による懲罰トレードで日ハムに

追いやられた二岡クン。ぐっさんは二岡クンにタイムリー安打を

打たれて1点差まで追い上げられたが、後続を断ち切って

ピンチを脱出した。さすが風神ぐっさん(^-^)/


7回表 巨人は谷佳クンがこの日3安打目となるヒットで出塁し、

慎ちゃんも続いて無死一・三塁とチャンスを作った。追い上げられて

いるだけに、是が非でも1点は取っておきたい場面だ。

WBC代表監督を務めた原監督が打者キムタク(木村拓)の

ところで、なんと偽装スクイズを敢行したのだ(ノ゚ο゚)ノ

スクイズをわざと空振りし、三塁走者は動かずに、一塁走者が

二塁へ進むのを手助けする。一塁走者が鈍足の慎ちゃん故に、

何としても1点が欲しい場面なので、併殺を防ぐ狙いがあった(-_☆)

キムタクは凡退したが、続く代打の代打で出て来たスンちゃんが

日ハム4番手の江尻から貴重なタイムリーヒットをセンター前に

放ってリードを再び2点に広げた(^O^)


巨人は風神ぐっさん、雷神・越智が走者を出しながらも日ハムの

反撃を凌いで無失点に抑えて最終回を迎える。


9回裏 巨人は守護神クルーンが登場。クルーンは投げてみないと

分からない、いわゆるクルーン劇場開幕である(;´▽`A``

案の定、不安は的中した。先頭打者の田中賢介にセーフティー

バントを決められ、劇団ひちょりと稲葉は打ち取ったが、4番の

高橋信二にセンターオーバーのタイムリー二塁打を打たれて

1点差に詰め寄られるあせるそして一発のあるスレッジを迎える。

スレッジはクライマックスシリーズの初戦で劇的な逆転満塁サヨナラ

本塁打を打って楽天に引導を渡した怖い打者である(((゜д゜;)))

クルーンは直球を投げれず、四球で歩かせて二死一・二塁。

サヨナラの走者まで出してしまったヽ(;´ω`)ノそしてチャンスに

強い小谷野を迎えたが、辛うじて三振に打ち取って試合終了。


巨人が完全アウェーの中、薄氷の勝利で貴重な先手を取ったチョキ


ハラハラドキドキのクルーン劇場、見てる方は寿命が縮む(;°皿°)

ベテランの谷佳クンは全得点に絡む活躍ぶりだったニコニコ


ノムさんの解説は相変わらず辛口だった。日ハムは巨人よりも多い

12安打を放ちながらも、奪った得点は3点で、残塁は12という拙攻だ。

日ハムの拙攻ぶりにイラ立ちを隠せず、巨人の偽装スクイズにも

「あり得ない。左投手相手で一塁走者が鈍足の阿部。

やる事が信じられんが、まんまと騙された方はもっとダメ」

解説時代にお馴染みだった野村スコープまで用意されてたが、

淡白な攻撃に出番が少なく、ご機嫌斜めだったむっ


何はともあれ、巨人にとっては大きな1勝だった。

第2戦目はダルビッシュが出て来るとか云々で騒がれてるが・・・


相手が誰でも関係ない!!迎え撃つのみパンチ!


11月1日 札幌ドーム 1勝1敗


日本ハム 4-2 巨人


甲子園球場並みの独特の雰囲気を持つ札幌ドーム。北海道は一足

早く平野部でも積雪を観測する等、冬の寒さが本格化してきたが、

札幌ドームはものすごい熱気に包まれた。圧倒的に日ハムファンが

多い中で、日ハムは絶対的エース・ダルビッシュが先発した。

ダルが先発するかしないかで、スポーツ誌を騒がせていたが、

やはり出て来たか・・・。腰痛等の故障で戦列を離れ、投げれるのか

どうか不安があったが、初戦を落とした事で強行出場となった。

一方の巨人はクライマックスシリーズでは出番がなかった左腕・

内海が満を持して登場した。


3回裏 巨人の先発・内海は二死から3番の稲葉に先制のソロ

本塁打をライトスタンドに運ばれ、高橋信二に打たれた後、

スレッジに左翼線へのタイムリー二塁打を打たれて1点を失う。

更に小谷野にも打たれ、糸井にはライトオーバーの二塁打を

打たれ、2点を追加された。日ハム打線の真骨頂である二死

からの5連打で一挙4点を奪い、内海は早々とK.Oされたむっ


4回表 巨人は亀ちゃん(亀井)がレフトポール直撃の

2点本塁打を放って追い上げるアップ


その後も巨人はチャンスを作るが、ダルビッシュは調子が悪い時

でも悪いなりに抑える事が出来る投手。病み上がりとは言え、

さすがとしか言いようがない。ダルビッシュに抑えられて、

なかなか得点出来ない。一方の日ハムも巨人の必死の継投の

前にチャンスを作るも得点出来ず、決定打を奪えないまま、

最終回を迎えた。9回表に日ハムは守護神の武田久が登場し、

走者を出しながらも無失点に抑えて試合終了。

日ハムがエースの力投で勝敗を五分に戻した。


明日は移動日で、明後日からは巨人の本拠地・東京ドームで

再び熱戦が繰り広げられる。北海道では日ハムファンが圧倒的に

多かったが、東京では巨人ファンが大多数を占めるだろう。

我々巨人ファンが欲しいのは日本一奪回だ(^-^)/


東京に戻って体勢を立て直せ!

好きな人が一番デ~ス!!

テーマ:

1年経つのってホンマ早いですなぁ~Σ(=°ω°=;ノ)ノ


今日でオイラ、34歳になっちゃいました~ニコニコ


また1つ、おっちゃんになってしまったσ(^_^;)

あらゆる面で年々退化してるような・・・(^^ゞ

そんな事言ってたら怒られてしまいそうなので、この辺でパー


さてさて、オイラは自分の誕生日を今年もカノさんと一緒に

過ごす事になりました(^O^)これでカノさんとは3年連続っすねラブラブ


会社のみんなから祝福され、更には元後輩のS大先生からも

バースデーメールが届いていた手紙


有難うございます☆-( ^-゚)v


カノさんとの関係ですが、これといった進展もなく、何度か衝突

しながらも恋人の数歩手前のような関係ですニコニコカノさんの家庭

事情もありますので・・・何卒長い目で見て頂ければ幸いですニコニコ


昨年までと比べたら会うスパンは短くなって、短時間ながらデートも

出来てますラブラブまぁ何とか持ちこたえて仲良くさせて頂いてますニコニコドキドキ


今年も当事者である俺よりもカノさんの方が盛り上がってたという

絵でして・・・(^▽^;)ケーキは太るからナシダ!!という事で

今年は無かったけど、カノさんからは豪華なプレゼントをもらい

「ケーキが無い分、プレゼントを頑張ったとよニコニコと言われましたラブラブ


そう言えばカノさんから誕生日プレゼントの希望を聞かれて

『形に残る物がいい』と答えたんだひらめき電球記念になるからねニコニコラブラブ

で、もらったのはコチラですプレゼント まずは水筒。


ファンタスティックボックス コアラの館-カッシーナ水筒


「Kちゃん(俺)いつもペットボトルのドリンクホルダーを

持っとうけん、水筒ねひらめき電球Kちゃんが持ち歩いても恥ず

かしくない、洒落た物を選んだとよニコニコ

確かに俺は持ち歩いてる。カノさん、さすがによく見てるわひらめき電球


カノさんとデートする時、持参せなアカンがな(^o^;)


お次は化粧石鹸で、チューリップやヒヤシンスを基調とした

フローラル系の香りがついてるようだ。


ファンタスティックボックス コアラの館-カッシーナ石鹸


これもカノさんと会う前に使えって事かな?(*^o^)乂(^-^*)


そして最後はぬいぐるみで、


ファンタスティックボックス コアラの館-トラセリアぬいぐるみ


「これ、可愛いやろぅ~(*^o^)乂(^-^*)

寝る時、隣に置けるよドキドキ


カノさんだと思って、寝ろって事やねニコニコラブラブ

そうさせて頂きます、ハイ!


俺には似合わないような素敵なプレゼントを

くれたカノさんに感謝です(^O^)☆-( ^-゚)v


しかし・・・カノさんはここ数日体調が良くないと言ってて、

徐々に状態が悪くなっていったカゼ重病人の身内の介護と

仕事の両立で、なかなか休めない日々が続くから無理が

祟って体を壊しがちになるカゼ責任感が強くて頑張り屋さん

だから、よけいねしょぼん周りには元気そうに振る舞い、

「悩みがなさそう」と言われる事があるそうだが・・・

俺には弱い部分を見せたりするんよ(w_-;俺はカノさんの

家庭事情と自身の生い立ちもよくよく知ってるだけにしょぼん

最後の方はフラフラすると言ってたんで、見ててホント心配でしたしょぼん


カノさんは仕事の合間で会ってくれて、仕事もあるからって事で、

気力を振り絞って頑張ってました。当事者の俺より、俺の

誕生日を楽しみにしてたカノさん、疲れた体に鞭打って

俺の為に頑張ってくれたんやろなぁ~(゚ーÅ)


別れ際には「(プレゼント)大事にしてねラブラブって言われた。

俺の前では弱い部分も見せるけど、基本的にはすごく嬉しそうに

してるカノさんラブラブ!強くて優しい、ボーイッシュな人だけど、

時折弱い部分を見せられると守りたくなる(^-^)/


誰が何と言おうと、俺はカノさんが大好きで、恋人関係と

して、お付き合いしたい気持ちは変わらない!!

自分で言うのも何やけど・・・一途愛なんで得意げドキドキ


恋人関係として、カノさんとお付き合い出来る日が

必ず来る事を信じて待ち続けたい!!


それにしても、好きな人と一緒に誕生日・めでたい日を

過ごせるのはホント、幸せですね~ニコニコドキドキ


誕生日ハ、好キナ人ト一緒ニ

過ゴスノガ一番デ~ス!!

(ボビー・バレンタイン元ロッテ監督風に)


色んな人達から祝福され、俺が一番好きなカノさんと一緒に

過ごした誕生日、素敵な一日でしたニコニコ


沢山の祝福を頂いて、有難うございました☆-( ^-゚)v


これからも精進して色々な事に努めて参りますので、

皆様、これからもどうぞ宜しくお願い致します(^人^)

2009年パ・リーグCSハイライト

テーマ:

さて、パ・リーグのクライマックスシリーズについても触れておこう。


レギュラーシーズン1位は日本ハムが後半苦しみながらも2年

ぶりに優勝を飾り、2位には球団創設5年目にして初のAクラス

入りの快挙を果たした東北楽天えっ3位には我等の地元・福岡

ソフトバンクホークスが入った。優勝の本命やったのに・・・

後半大事なところで転んで何とかキープしたってところだ。


尚、昨年日本一に輝いた西武は不甲斐なく4位に終わった。

どっかの某N店長がキレてるかもしれんけど得意げ


第1ステージは2位の楽天と3位のソフトバンクが楽天の

本拠地・仙台で対決し、楽天がレギュラーシーズン終盤の

勢いそのままに快勝して第2ステージ進出を決めた。

詳細は次の通り。


           楽天  ソフトバンク

第1戦 10月16日  11 -  4  (楽)打線爆発、岩隈完投

第2戦 10月17日   4 -  1  (楽)マー君完投


楽天はCS前に、4年間指揮を執り続けてきた野村監督の

今季限りでの解任が決まり、レギュラーシーズン途中から

加入して活躍したリンデンが首脳陣批判で二軍落ちと、

お家騒動が続発したが・・・仙台のファンの熱い後押しもあって

チームは一つにまとまり、ソフトバンクに快勝。

世間的に楽天を応援する人が多かったのも確かで、

本気で日本シリーズ出場を目指す楽天に対して、ホークスからは

「勝ちたい!!という気持ちが伝わって来なかったシラー

俺は通常なら地元のホークスを応援するのだが、今回は自然に

楽天を応援していたのだ。ノムさん(野村監督)の最後、

初めてのクライマックスシリーズ出場という事で仙台の街中が

大盛り上がりだったのも追い風になった波

ホークスは残念ながら良いとこなしであっさり撃沈。

仙台の寒さと気持ちの面で負けてたね┐( ̄ヘ ̄)┌


そして第2ステージ、初の短期決戦となる楽天(監督は経験豊富

だけど)と、選手達が短期決戦経験豊富な日本ハムと対決。


決戦の場は1位・日ハムの本拠地である札幌ドームだ。


2009年パ・リーグクライマックス第2ステージ 


第1戦 日本ハム2勝(うちアドバンテージ1勝)


日本ハム 9×-8 楽天


序盤は楽天ペースで、打線が爆発して8回表を終わって6-1と

大きくリード。楽天の先発永井は今季13勝を上げて7回を

1失点と好投したが、不安のある楽天中継ぎ陣がその不安を

露呈して2点差まで迫られるあせる9回表に楽天は鉄平が2点

本塁打を放って勝負あったかに見えたが・・・その裏、日ハムは

驚異的な粘りを見せて、最後はスレッジが逆転満塁サヨナラ

本塁打という劇的な大逆転勝利で日ハムが初戦をモノにしたえっ


第2戦 日本ハム3勝(うちアドバンテージ1勝)


日本ハム 3-1 楽天


まさかの逆転サヨナラ負けで苦しくなった楽天はエース・岩隈を

先発投手に送り込む。楽天は4回にセギノールのソロ本塁打で

先制したが、日ハムはすかさず同点に追いついて、4番・高橋

信二の勝ち越し2点タイムリーで試合の主導権を握り、投げては

先発の糸数が好投。楽天は8回に無死満塁と絶好のチャンスを

作ったが、日ハムの強力中継ぎ陣の前に拙攻を続けて生かせず、

日ハムが2戦目も勝利して一気に王手をかけた。

この日のノムさんのボヤキ「監督失格。4年もやって何も

変わってない。監督解任されて当然でしょう」


第3戦 日本ハム3勝1敗(うちアドバンテージ1勝)


日本ハム 2-3 楽天


王手をかけられ、崖っぷちに立たされた楽天はマー君を先発

投手に立てて全てを託す。「楽天の負け=野村監督の最後」

を意味する一戦は楽天が粘り勝ちして一矢を報いた。

楽天の先発・マー君(田中)は2失点で完投勝ち。

ノムさんのボヤキ「一日延びたぞ」


第4戦 日本ハム4勝1敗(うちアドバンテージ1勝)


日本ハム 9-4 楽天


後がない楽天は快進撃を支えてきた先発3本柱を使ってしまい、

ルーキーの藤原を先発投手として送ったが、劇団ひちょりに

2点本塁打を打たれる等、4失点。ノムさんの不安的中カゼ

それでも楽天は粘りを見せて一時は1点差まで詰め寄った。

しかし8回裏、ピンチの場面で前々日に先発した岩隈が自ら

志願してマウンドへ上った。勝利への執念とファンサービスを

兼ねたノムさんの粋な采配だった。しかし結果はスレッジに3点

本塁打を打たれて息の根を止められた。日ハムが2年ぶり

5度目の日本シリーズ進出を決めた。


このクライマックス第2ステージのMVPは2本塁打、10打点と

大暴れした日ハムのスレッジが獲得した。

日ハムは絶対的エースのダルビッシュを故障で欠く苦しい

布陣となったが、チーム一丸でカバーした。打線は好調で、

先発投手は完投能力のある投手が不在だったが、中継ぎ陣は

強力で、今季成長した宮西、菊地、金森、そして巨人から

加入した林。抑えには昨年までセットアッパーを務めていた

武田久が抜群の安定感で君臨し、フル回転した。


第2ステージの明暗を分けたのは中継ぎ投手陣と主軸打線の差だ。

中継ぎに自信のある日ハムと、不安のある楽天。先発陣は

楽天の方が上だったが、接戦になってもつれてくると、中継ぎ

投手の差が何と言ってもモノを言う。楽天はメジャー帰りの福盛が

復帰したが、絶対的な抑えとは言えず、岩隈・マー君・永井の

先発3本柱で持ちこたえたような物だ。

そして打線では日ハムは稲葉やスレッジと言った中軸が好調で、

対する楽天は第1ステージで好調だったベテラン山崎武が

チャンスでことごとく凡退する等、絶不調だった。得点源を抑え

られては得点力も当然減る。短期決戦の経験の差も出た。

豊富な選手が多い日ハムに対して楽天は少なかった。


そしてノムさん(野村監督)はこの試合を最後にユニフォームを

脱いで、監督生活から引退する事になった。

両チームの選手達によるノムさんの胴上げが行われたニコニコ

ノムさんの最後については後日、たっぷり特集させて頂きます。


これで日本シリーズは巨人と日本ハムが対決する事になった。

お互い1位同士で、投打両面でリーグ1位同士のチームが対決。

巨人と日ハムの顔合わせは28年ぶりとなる。


面白い試合が期待出来そうだ(*^o^)乂(^-^*)

2009年 セ・リーグ クライマックスシリーズ第2ステージ 第4戦


10月24日(土) 東京ドーム 巨人4勝1敗(アドバンテージ1勝)


巨人 8-2 中日


連夜の劇的な逆転劇で2年連続日本シリーズ出場に王手を

かけた巨人は勢いに乗って一気に決めたい!!

一方の中日は最優秀防御率投手のチェンと最多勝の吉見の

2枚看板を立ててまさかの逆転負けで後がなくなった。

中日が日本シリーズに出場するには3連勝するしかない。

第1ステージに続いて崖っぷちに立たされ、第1ステージは

逆転で這い上がって来た。逆境での強さ、Aクラス常連の

意地を見せたいところだ。


先発投手は巨人が今季先発ローテの一角を担い、8勝を上げた

若き右腕・東野。俺は内海が来るかと思ってたけど・・・。

後がない中日は第1ステージの第3戦で先発し、CSでは負け

知らずの右腕・中田が中4日で登場した。


ここまでの3戦は全て中日に初回で先制点を奪われており、

追いかける苦しい展開が続いていた。巨人の先発・東野が

序盤をいかに抑えるか?「先制点を与えない」事が課題だ。


東野は今季の中日戦は3勝2敗で、防御率は5.76。勝ち越し

こそしているが、相性が良いとは言えない。

東野は期待に応えて、初回を三者凡退に抑えたグッド!


1回裏 巨人は中日先発の中田を攻め、先頭打者の

坂本ちゃんが左翼線へ二塁打を放った後、松本が一塁線へ

送りバントを決める。ところが、中田が一塁へ悪送球をして

待望の先制点が入ったニコニコ一死一・二塁となって5番の

亀ちゃん(亀井)がセンター前へタイムリーヒットを放って

1点を追加した(・∀・)


3回裏 巨人はこの回、一気に畳み掛ける波この回先頭の

松本が四球を選び、二塁へ盗塁を決めて得点圏に走者が

進んだ状態でガッツ小笠原を迎える。ガッツは進塁打を

打つ事を意識して、引っ張った打球は一・二塁間を抜けて

ライト前ヒットとなったグッド!無死一・三塁となったところで頼れる

主砲ラミちゃん(ラミレス)を迎えた(^O^)中日先発の中田は

立ち上がりに不安があるが、尻上がりに良くなっていく投手

なので、早い段階で打ち崩しておきたいところだ。


ラミちゃんは巨人移籍2年目で、すっかり不動の4番の座を

勝ち取り、しっかり打って貢献してくれている。一昔前の外様

大砲に多かった「オレがオレが」というタイプではなく、

つなぎも出来る4番打者なのだニコニコラミちゃんは期待に応えて

レフト前へタイムリーヒットを放ち、1点を追加したo(^▽^)o


G党の大歓声で押せ押せムードが漂う場内ヾ(@°▽°@)ノ

続くは5番の亀ちゃん。通常5番打者はクリーンアップの中軸で、

勝負強い打者が担う事が多い。しかし亀ちゃんは俊足で小技が

出来るタイプなので、中軸タイプでなく、つなぎ役である。

開幕当初は1番を努めていたが、機能しなかった為、途中から

中軸の5番を任されるようになった。巨人には3番にガッツ、

4番にはラミちゃんの不動大砲のオガラミコンビが居る。

そして6番には勝負強い谷佳クン、7番には一発長打を打てて

勝負強さもあり、十分に中軸を打てる力を持っている阿部

慎ちゃんが控えている。自分の役割・タイプをよく知ってる

亀ちゃんは「クリーンアップは自分の前後で、僕は繋ぎの

5番」と日頃から言ってるように、繋ぎ役に徹する事で自らの

才能を開花させたのだったキラキラ


その亀ちゃんが無死一・二塁の場面で一塁線へ絶妙な

セーフティーバントをして無死満塁の大チャンスを作ったニコニコ


そして一番美味しい場面で打順は6番の谷佳クンに回ってきた。

佳クンはヤワラちゃんの旦那さんで、今月9日に第2子が誕生

したばかり。レギュラーシーズン序盤こそ代打起用など、控えに

甘んじていたが、勝負どころの8月から9月にかけてレギュラーの

座を奪い取り、特に優勝争いの佳境にあった9月は打率5割を

超える等、大暴れしてチームの3連覇に大きく貢献したニコニコ

しかし、このCSでは不調で、チャンスで回ってきても凡退を

繰り返していた。巨人の外野陣は競争が激しく、レギュラー

選手と控え選手の力の差があまりないので、選手各自が

レギュラーの座を掴む為に、例え消化試合になっても必死

だったのだ。今年の巨人を象徴するような攻撃メラメラ松本が粘り

強く四球を勝ち取り、ガッツが走者を進塁させる事を強く意識して

打ったヒット、ラミちゃんが謙虚な心で打ったタイムリーヒット、

そして亀ちゃんが相手の守備位置を確認した上で、相手の虚を

突いた技ありのセーフティーバント。みんなで作ったチャンスに

いぶし銀のベテランが燃えないはずが無かったメラメラ


中田の甘い変化球をジャストミート!!


打球は左中間スタンドへ一直線!

ヾ(@°▽°@)ノ


打った瞬間ホームランと分かる当たりに

佳クンは思わずバンザイ\(^_^)/


自身プロ入り13年目で初めてとなる満塁本塁打が

優勝を決める大一番で飛び出した(^O^)


やったぜ、佳クン!!

ヾ(@°▽°@)ノо(ж>▽<)y ☆


今まで打てなかった分、嬉しさもひとしおだろうニコニコ俺は佳クンが

まさか本塁打を打つとは思わなかったので、感動して少し泣いて

しまったよ(゚ーÅ)これで7-0となり、中日の先発・中田をK.Oしたチョキ


大量リードをもらった巨人の先発・東野は安泰かと思われたが、

4回に中日の主砲ブランコに右翼ポール際の特大のソロ

本塁打で1点を失うと、5回には味方のミスもあって一死

満塁のピンチを招いてしまうあせるそして荒木にセンター前へ

ポテンヒットを打たれて1点を失い、ここで降板むっ

巨人ベンチは2番手投手として越智をマウンドに送る。越智は

今季のCSで第2戦と3戦にいずれも2失点しており、決して調子は

良くない。5回表一死満塁、5点差での起用に、若きセットアッパー

は燃えたメラメラ続く怖い中軸の森野とブランコを連続三振に打ち

取ってこの試合最大のピンチを脱した( ̄▽ ̄)=3


雷神復活、仁王立ち!!雷


この起用法も原監督が普段からやっている事だ。前日に救援等で

失敗した選手をすかさず起用し、選手達の自信を取り戻させる事で

選手達も奮起して期待に応える。首脳陣と選手達の信頼関係が

深まっていくわけだ。原巨人、ホントに強くなった(^-^)/


越智は6回、二死から四球で走者を出したが、後続を断ち切って

この試合は無失点で切り抜けたグッド!


巨人は6回に一死一・三塁からラミちゃんが高いバウンドの投手

ゴロを打って貴重な追加点を上げ、日本シリーズ出場へ近づいた。

7回には豊田が、8回には風神ぐっさんがいずれも危なげない

投球で中日打線を封じてCS制覇への道を一歩一歩歩んでいくニコニコ


そして9回表、マウンドには6点差にも関わらず、守護神クルーンが

マウンドに登った。クルーンは160km/h近い速球を投げるが、

コントロールが悪いので、四球は暴投は付き物となり、最後の

最後まで安心出来ない、ハラハラドキドキのクルーン劇場

恒例となってるのだ。(;°皿°)

どうか今日は無風でありますように・・・。


中日は最後の攻撃で、6点差を追いかける非常に苦しい展開。

一死無走者から代打・立浪がコールされると、中日ファンは勿論、

場内の8割以上を占めている巨人ファンからも大歓声と拍手が

沸き起こった(^O^)立浪は今季限りでの現役引退を表明しており、

これが恐らく現役最終打席になるであろう、その瞬間を見届けようと、

観客全員が見守った。立浪はPL学園で春夏連覇を成し遂げた時の

主将で、走攻守の3拍子が揃った選手として、中日一筋で22年間

頑張ってきた選手だ。通算二塁打487本は歴代1位、通算安打は

2480本を重ねてきた。3拍子揃った選手で、入団1年目からショートの

レギュラーを務めてきた名選手。ミスタードラゴンズの愛称で

親しまれ、近年はコーチ兼任で代打の切り札として活躍してきた。

皆が固唾を飲んで見守った立浪の最後の打席はレフトフライに

倒れて二死。場内の巨人ファンまでもが立浪に拍手を送って

現役最後の打席を見届けた。結果はレフトフライに終わったが、

場内の巨人ファンまでもが敵味方の区別なく、惜しみない声援と

拍手で立浪を称えたニコニコ一野球ファンとして嬉しい光景だった(・∀・)

俺は立浪が高校野球で甲子園に出てた時から知ってる選手なので、

一時代を築いた名選手がまた一人居なくなるのは寂しいしょぼん


立浪選手、長い間お疲れ様でしたニコニコ


そして最後の打者・谷繁をサードライナーに打ち取って試合終了。


巨人が2年連続で日本シリーズ出場を決めた(^O^)


巨人は初戦こそ敗れはしたが、自分達の野球・信念を貫いて

2戦目以降は選手層の厚さで中日を圧倒した(^_^)v

2戦目:大道先生 3戦目:脇谷 4戦目:谷佳クン

日替わりヒーローが誕生し、いずれも脇役の選手達である。

谷佳クンはスタメン出場だったが、前半戦は殆ど控えだった。

レギュラーと控え選手の力の差及びモチベーションの差が殆ど無く、

ベテランと若手が一体となって勝ち取った日本シリーズ出場権王冠1


原監督はWBCの日本代表監督も務めて世界一を勝ち取り、

そして巨人もレギュラーシーズン優勝とCS制覇を勝ち取った。

中日はWBCで代表候補選手5人全員から出場を辞退され、

今まで以上に因縁が深くなった。その因縁の相手をレギュラー

シーズンで16勝8敗と大きく勝ち越し、目の前でレギュラー

シーズン優勝を決めた。更にCSも制覇してようやくWBCの借りが

返せてリベンジ出来たと思う。原監督はWBCで中日の選手から

辞退された悔しい思いをずっと抱いて中日戦に臨み、見返そうという

思いで、レギュラーシーズン優勝とCS制覇につながったのだろう(^-^)/


尚、MVPにはCSトータルわずか10分の出場ながら、第3戦で決勝

タイムリーを打った脇谷が選ばれ、本人もキョトンとしていたえっ

そしてこの日は原監督の意向で胴上げは行われなかった。


パ・リーグは1位の日本ハムが日本シリーズ出場を一足早く決めた。

パ・リーグのCSについては後ほど特集させて頂きます。


相手は日ハム。試合巧者で投手力も攻撃力も高いチームだ。

相手にとって不足は無い!


昨年の忘れ物、日本一奪回!!


原監督は試合後の勝利監督インタビューで

「共に共に、日本シリーズを戦って行きたい!

日本一、必ず達成します!」と固く誓ったニコニコ


もちろんです!(^-^)/我々巨人ファンも願いは1つ。


今年こそ日本一になるぞ!!