古民家喫茶

テーマ:
藍ヶ江港手前にある「やすらぎの湯」(ここの温泉のお湯が一番良かった)に向かう途中で見つけた。

カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100920_1639~01.jpg

駐車場の案内に従って駐車スペースに行くと
明らかに個人宅の裏庭スペース…
最初は戸惑うはず…

カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100920_1640~02.jpg
駐車場側からの入り口

反対側にも入り口がある。



カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100920_1720~03_0001.jpg
東京都の風景とは思えません・・・


カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100920_1720~02.jpg
マレーシアの田舎を思わせる雰囲気でまったりしました。

ちなみにココではチャイとかを頂いたんですけど、
頭がかなりリラックスモードになってて、
写真とか撮るの忘れてました。。。。





「古民家喫茶 中之郷」: 八丈町中之郷1462-1 
電話 04996-7-0502










AD

光るキノコ

テーマ:

 
八丈島2日目の夜、

八丈島では「光るキノコ」が生えています。
4月中旬から11月上旬が見える時期だそうです。

というわけで、見に行ってきました。
八丈島植物公園で行われるツアーに参加
このツアーは参加無料でした。

http://www.hachijo-vc.com/observe.php


快晴で月が明るかったせいか、夜道も比較的歩きやすかったです。
植物園の入り口から歩いて5分くらいのエリアにいました!

カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100920_2110~01.jpg
これが光るキノコ ヤコウタケ 

カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100920_2111~01.jpg
蛍光塗料みたいに明るく光る不思議なキノコ。
気温、湿度などの条件が整うとキノコが生えるらしいです。

この日はヤコウタケ以外にエナシラッシタケというキノコが見れました。

私の写真だと分かりにくいのですが、実際は
なんだか、ホントにこれが自然に光ってるの???
と、疑いたくなるような光り具合なんです。

これは見てよかった・・・というより、
凄いものを見ちゃった(  ゚ ▽ ゚ ;)
っという感想です。

気温と湿度が高い時季に発生するのだそう。
運が良ければ1度に沢山の光るキノコを見ることができるようです。

なんで光るかは謎らしいです。





AD

空間舎

テーマ:
八丈島の続き。



「ここのかき氷を食べないで帰らないように~」
地元の方が言うほどのお店

そんなに???って思いながら、
そういえば、カキ氷ってずっと食べてなかったなぁ・・・と。

カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100920_1128~01.jpg
この近くの道にお店の看板と矢印があります。
その表示に従って、草木が生い茂る道を通り抜ける。
ホントにあるの???
ってちょっと不安になるけど、だいじょうぶ。


カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100920_1423~01.jpg
この建物が現れます
ここが空間舎


カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100920_1454~01.jpg

鎌倉とか湘南エリアにありそうな雰囲気
お店の中もなんだか洗練されてるというかお洒落な感じでした。



メニューはこんな感じ
カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100920_1431~01.jpg
かき氷のメニュー
カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100920_1431~02.jpg
カフェメニューも充実してます


カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100920_1445~01.jpg
ロイヤルミルクティーのカキ氷
ロイヤルミルクティの味がちゃんとする。
ティフィンとか紅茶のリキュールを使うのかな?これは美味しいです。


カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100920_1447~02.jpg
タピオカココナッツあずきのカキ氷

カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100920_1448~01.jpg
中からぎっしりアズキが…

タピオカココナッツあずきのカキ氷は美味しい+楽しい。
欲張りな人にオススメ。
あれもこれも味わえてお得な感じもするけど、
アズキとココナッツミルクの相性が良いんです。




空間舎
住所
東京都八丈島八丈町大賀郷7395-4
TEL  04996-2-4154


AD

八丈島1日目の夕食

テーマ:
宿泊した民宿「あしたば荘」での食事です。


カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100919_1832~01.jpg
島寿司と島オクラ

お寿司はメダイ、カンパチ、アオダイのお寿司

あしたば荘のご主人の話によると、
小笠原諸島を補給基地に使っていた英国艦隊のクラッカーにカラシと魚を乗せた「カナッペ」の文化と
江戸時代になって流刑地となった後、江戸前の「握り寿司」の文化と融合したものなのだとか。
島流しの人が本土に帰る日に持たせるため、日持ちを良いように
酢飯にお砂糖が沢山入ってるのだそう。(本土の2倍は入れるのだとか!)
カラシのきいたヅケと甘い酢飯がなんとも言えず後を引く感じです。
お祭りのときなどは、お料理を出す前に作り置きできる島寿司を出したりするそうです。

お寿司の横にある島オクラがとっても美味しかった~☆

カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100919_1832~02.jpg
八丈島の里芋
島の食べ方で横の塩辛と一緒に食べます。
なんだか病みつきになる食べ方。
嫌いじゃない。


カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100919_1833~01.jpg
キンメの煮付け
 

やさしい味。


カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100919_1834~01.jpg
ムロアジと甘えびの刺身
ムロアジ、アジと似てるんだけど・・・なんだろう脂も多くて濃厚なお刺身です。


ご主人の説明によると甘えびは北海道産「お刺身の甘エビは彩りでね~」と解説。
できれば、八丈島のもので揃えたいのだけど、今日はイマイチお刺身の魚が揃わなかったとのこと。

食事の時間はご主人が手酌で飲みながらお客さんたちと色々話したり、
八丈島の歴史や食文化について色々お話をしてくださって楽しかったです。

この民宿が島で唯一、食事で島寿司が出るとのこと。
って書いたんですが、
実はこの民宿以外にも島寿司を出すお宿はあるようです。

ちなみに、島焼酎もボトル一本(750ml)とお水とがついて
セルフで水割りを飲めるのです。
これで一泊二食7500円はお得だと思います。







八丈島 海岸巡り

テーマ:
八丈島に滞在した2日間、雨も降らずお天気に恵まれていたけど
台風の影響でシュノーケルできる場所を求め海岸を転々とした

カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100920_1049~01.jpg

旧八重根港
ダイビングしてる人がいました。
入ってみようか・・・と悩んだ挙句、却下。


カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100920_1057~01.jpg
ヤケンガ浜(八見ヶ浜)
八重根の隣にある海水浴場です。
岩場に囲まれていて安全かな?と思い、ちょっとだけ潜ってみました。
潜ってみたけど波が凄くてあっという間にどんどん奥に引き込まれる感じ。
すぐに引き上げました。

隣の旧八重根にある公衆トイレについてる外のシャワーが気持ちよかった。


この日は海に入るのは無理かもねーとあきらめモード
特別コレといった予定も立てずドライブ。

なんとなく海沿いの道に行ってみる。

カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100920_1127~01.jpg
南原千畳敷
八丈小島がかわいらしい。

この近くで、地元の方おすすめのカフェ「空間舎」の看板を偶然見つけることができた。
後で来ようということで、場所が確認できたからラッキーだった。



カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100920_1527~01.jpg

前日と同じ乙千代ヶ浜
この日も手前のプールみたいになってるところで潜ってみる。
魚が結構いました。前日のほうが沢山見えたかな。。。
でも、波が来ると泡で何も見えない~、、、
しかも引く並みの力も強くて身体が持っていかれるので、
波の力はスゴイのですぐにあがれるような場所にしかいられなかった。


カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100920_1553~03.jpg

大きな波が横から上からザブンザブンとやってくる波を眺めたり
波をかぶったりとコレはコレで面白い。
外洋と区切られた作りになってるとはいえ
危ないことには代わりないので、早々に引き上げることにした。


カメカウ☆コアラ ⊂(・●・)⊃-100920_1553~01.jpg
引き上げてシャワー(乙千代ヶ浜にも公衆トイレ&外にシャワーがあります。)を浴びながら、
地鳴りのようなドドドッという波が近づいてくる音がすごい。
多分、あんな波の音は初めて聞いたかも。。。