しゃべり倒した…

テーマ:

昨日はランチに学生時代に
仲の良かった三人と横浜で再会



mango treeでタイ料理のランチからスタート
ランチ終了してafternoon teaに移動


そこから、夜の8時30分まで
ずーっとオシャベリ
それでもシャベリ足りなかったけど、名残惜しくお別れ



本当に久しぶりにあったけど

全然変わらなくて

会うまでは「照れ臭いね」

とかメールしてたけど、

実際に会ったらあっという間に

昔みたいにオシャベリが始まった

始まったのはいいけど

なかなか止まらなかった

トータル8時間30分はシャベリ続けた

女三人集まると、本当にすごい



更に、電話を見ると昔からのお仲間から連絡が

中華街に皆でいるから来いよ
四五六菜館別館へ。

今では滅多に会わないメンバーと
久しぶりの再会


そしてまたオシャベリが始まる

こっちは男ばかりだけど
まぁ~よく喋る

「おじさんオバサン」の予備軍かな…?


結局、場所を移動して夜の2時過ぎに解散


ワタクシ、トータル12時間30分も
話続け、声がガラガラ…



写真も撮らずオシャベリに夢中でした。

かろうじて、Afternoon Teaでオーダーした

チーズのテリーヌとチャイを。

Curious☆koala-100616_1518~01.jpg
白桃とラズベリーのレアチーズテリーヌ

Curious☆koala-100616_1518~02.jpg
チャイ
AD

Redang

テーマ:

マレーシアのレダンとクアラトレンガヌに行ってきました。


今回はレダンについて。


レダンはマレーシアの東海岸に位置する島で

クアラルンプールから飛行機で1時間ちょいのところにあります。


アクセス方法は2つ

1つ目はクアラルンプールからクアラトレンガヌという町まで飛行機で行き、

そこからフェリーで1時間半、もしくは車で1時間ほど離れたメラン港からフェリーで30分


2つ目はクアラルンプールから飛行機でダイレクトにレダンに行く方法


今回はメランにあるリゾートホテルにも行きたかったこともあり、

クアラトレンガヌ経由で島へ。


1日めはクアラルンプールからクアラトレンガヌに行きそこで1泊して、

翌朝にフェリーでレダンへ渡りました。



島に着くと、小さな小船がプカプカのんきに浮かんでました。




その船着場からバスで数分


ベルジャヤというリゾートグループが運営するホテルがあります。

12月から2月までは基本的にモンスーンのためクローズしていて

3月はオープンしたてだから人がいないのかなぁって思ってたけど、

それなりに、お客さんいました。





お部屋からの眺めです。




お部屋はRedang Sea Viewというお部屋です。






窓辺の寝椅子が良い感じです。





お部屋は綺麗です。

環境活動の一環でホテルのベッドメーキングの際に

シーツを変えますか?というカードが選べるようになっていました。

宿泊費が安くなるというわけではないけれど良いアイデアだなと思いました。 


海がメインのリゾートだから環境問題にもまじめに取り組んでいるようでした。







1日目の夜にはフルーツとクッキーの差し入れがありました☆

AD

こんなサイト

テーマ:

先週辺りから、暑くてムシムシする日が増えてきました。


ふと、以前からこのブログで載せようと思ってたTOPICがあったのを

思い出しました。

まぁ、忘れるのは得意で何を忘れたかも忘れてしまう、

忘れん坊のエリートなのですが、

今日は珍しく思い出したことが。

しかも、メチャクチャくだらないことだ・・・


 

日本にいた時からのグルメ友達でアラブに赴任してしまった

グルメ友達のイタリア人のおじぃ様が去年アラブに招待してくれた。

 

まぁ、気候や宗教など中東のストイックな雰囲気の中、

この国の人達って凄いわぁ。。。

この気候とイスラムという戒律に絶えてて・・・と思ってました。


しかし、やはり彼らも人なのだなぁ・・・と思えることが・・・


ステイしていたビルの中にインターネットカフェがあったので

行ってみた。

案内されたPCのところに行くと、私が使う予定のPCを使っていた男性が

慌しく出て行った。


そして、自分が渡されたID番号とか入力してネットをするために、

エクスプローラを立ち上げたら・・・


warf


↑こんなサイトが出てきたのさ。。。


ほとんどアラビア語でわかんないわよ~と思いつつ、

変な時だけ冴えてしまう野生の感

アドレスに注目!!!!!!!

http://www.wife4me.com/


そのアドレスは要は・・・「WIFE  FOR  ME」

直訳すると、「私にお嫁さんを」なのですよ。

もう、こんなベタなネーミングのサイトが

イスラム圏にも?!と、カナリ驚き。

いやー、この「WIFE FOR ME」英語版でもあれば

何が書かれているか分かるだろうに・・・

プロフィールとか自己アピールとか何が書かれてるんだろう?


だいたい上の写真を見る限り、

すでに奥さんいるんじゃないの???

と突っ込みたくなるような面立ちの写真もあって

かなり気になります!!!!


今、手元にある日記を読むと、自分でもアホなくらいエキサイトしている様子がわかる・・・

その日は物凄い興奮状態で家に帰ったらしい、

居候先の家主にもこの出来事を話し

「多分、国内で結婚相手を見つけるより、同じ宗教を持った人間をネットで探す方が

より良い条件で結婚できるのかもよー」と。。。

そして、私にもアラブ人との結婚を勧めてきた。


「中東にはお金持ちが沢山いるから、結婚したら毎日美味しいもの食べられるよ!」

と、私の弱点をつくようなアドバイス。


「でも、結婚して改宗せまられたら、好きなものとか食べられないんちゃう???」

私の応酬に、


「あぁ、それは大変だ。多分、結婚一食目(一日目ではない)から終るな」

と、ここで私の石油王との結婚話は終了(←何も始ってもないですが・・・)




AD

例のブツ・・・

テーマ:


というわけで、ラクダのミルクです。味は「何じゃこりゃ~」な感じでした。牛の乳と比べると味が平坦で無味無臭な感じ。。。この説明を友達にしたら「あー、腐りかけの牛乳みたいだねぇ」って言われました。牛乳って進むと酸っぱくなるイメージだったんですけど、どうなんでしょうか?

ラクダちゃん

テーマ:
これはラクダの写真です。
去年の夏に行った、アラブの砂漠での写真です。
アラブ人のガイド曰く、ラクダはハーレムをつくるらしいです。
へぇ、ゴリラと同じなのかーと感心した記憶があります。よくよく考えたらイスラム圏の人も複数の奥さんいるなぁって思いました。
でも、ラクダもなかなかカワイイ顔してやるじゃないか。。。
ちなみに、写真はメスです。
一つの群れにオスは一頭しか置かないそうです。
人間の場合、こういう状況を好む人と恐れる人のどちらかですよね?

ラクダはアラブ圏の生活にとても密着している様子で、キャメルレース(スピード感なさそう…)が行われたり、スーパーに行くとキャメルミルク(美味しくない)があったり…。ラクダちゃん達は搾乳されたり、走らされたりと人気者のようでした。