七田厚ブログ

社長としての目線だけでなく、一人の父として、自身の子育てについても語っていこうと思っています。
~株式会社しちだ・教育研究所 代表取締役社長 七田厚のブログです~

NEW !
テーマ:
昨夜、東京から最終便で帰宅した時には、もう11時半を過ぎていました。

しかし頑張って4時起き、そして、5時発の貸し切りバスで、一路、福岡へ。

第99回となるライオンズクラブ国際大会が十数年ぶりに日本で開催されるということで、インターナショナルパレードを見ようと、強行スケジュールに参加したのです。

バスは天神に着き、明治通りには、各国からの参加者の行列が…。

来年、第100回大会開催国のインドからは、1000人の方々が参加されているとか!


島国スリランカからも、大勢の人たちが…。


これでは、福岡に宿が取れないのもわかります!(今夜は、大分の宿です)

アメリカは、州ごとに衣装が違って、楽しいパレードでした!

これは、テキサス。


オハイオ。


昨年の主催地、ハワイ。


ライオンズクラブ発祥の地、本部のあるイリノイ州からも参加!


ミャンマー、バングラデシュ、パレスチナ自治区からも。




ちなみに、日本はみんな、このハッピ(法被)でした。


ドローンは禁止です!


ライオンズクラブは、世界中210の国と地域にあり、46,000以上のクラブ、140万人以上の会員がいる巨大な組織だということを身をもって感じました。

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本一心を揺るがす新聞の社説3』(水谷もりひと著/ごま書房新社)が発刊されました。



「日本一心を揺るがす新聞」とは、著者の水谷さんが編集長を務める「みやざき中央新聞」のことです。

毎週、宮崎から全国へ送り届けられるその新聞は、読んで顔をしかめるようなニュースは一切書いてなくて、感動して魂が震えたり、元気になったりする素敵な新聞なのです!

その新聞の社説から43編を選んでまとめたのがこの本で、「社説3」となっていますが、実はシリーズ5作目です。

これまでの社説シリーズもとても良かったですが、今回も素敵なお話が次々と…。

ところで、毎年8月に兵庫で「教育立志会」という勉強会が催されていて、私も何度か出席したことがあるのですが、今年も魅力的な内容で、参加しようと考えていました。

だけど、日程を一日勘違いしていたことに、今朝気づいて、残念ながらあきらめたところでした。

本を読み進めていると、その「教育立志会」のことが書かれていて…。

野口芳宏先生のされたお話について書いてあったのですが、その会には私も参加していたのです。

だから、「そうそう、そういうお話だった」と思い出し、その時、私もノートをとりながら聞いていたことも思い出したのですが、社説には素晴らしくまとめてあって、改めて感動しました。

第7回「教育立志会」は、平成28年8月20日(土)12:10受付~21日(日)11:55閉会、但馬長寿の郷(兵庫県養父市八鹿町)で行われます。

今年は、原田隆史さん、森日和さん、木村尚子さんのお話、そして、映画「日本一幸せな従業員をつくる ホテルアソシア名古屋ターミナルの挑戦」の上映もあり、ほんと、行きたかったです。

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Shichida国際会議、初日の今日は、比較的歴史の浅い5か国のオーナーさんたちと、それぞれミーティングを行いました。

彼らには、契約前に必ず島根のShichida本社まで来てもらい、また、こちらからも彼らのホームグラウンドを訪れることで、いい関係が築けています。

2000年に台北教室をオープンして以来、七田式の海外展開の歴史は16年になりますが、契約した国(地域)がすべて存続しているのが誇りです!

タイ(2008~)」はバンコク市内に9つの教室を構え、生徒の総数は2000名を超えています!

主にタイ語でレッスンを行っていますが、英語クラスもあり、数年前まで日本語クラスもありました。

激戦区の「香港(2010~)」には、コーズウェイ・ベイとチム・サア・チョイに教室があり、英語と中国語でのレッスンが主です。

南北に長い「ベトナム(2012~)」は南のホーチミンと北のハノイに教室があり、英語とベトナム語でレッスンを行っています。

ラオス(2014~)」はビエンチャンに教室があり、ラオス語でレッスンを行っています。

ミャンマー(2014~)」はヤンゴンに教室があり、英語でレッスンをしています。

今日、皆さんのお話を伺う中で、それぞれにお国事情というものがあり、日本とは親子関係のあり方が違う中で、いかにそれをいい方向に持って行くかが、手腕の見せ所なんだなと思いました。

そして、どの国も、Facebookが重要なコミュニケーションツール・宣伝ツールのようです!

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私が生まれ、中学卒業まで過ごし、24歳の時に再び住み始めたまち、それが江津(ごうつ)です。

最近では、「東京からいちばん遠いまち」として、教科書に紹介されているといううわさを耳にしました。

確か、「JRで行ける、特急の停まる駅で…」という但し書きが付いていたような気がしますが。

「天候不良などで飛行機が飛ばない」となると、確かに、東京までは相当、時間がかかる場所ではあります。

試しに調べてみたところ……

いったん西に向かうことにはなるのですが、新山口経由で、新幹線に乗ると、7時間半。

山陰本線で、鳥取の米子から伯備線で岡山に出るルートで行くと、8時間半とか、接続の悪い時間帯だと、10時間かかることも。

今、存続が危ぶまれている「三江(さんこう)線」を利用して広島に出ることもできるのですが、やはり10時間コースを覚悟しなくてはなりません。

飛行機を使えば、5時間ぐらいで行けるのですが、陸路となると、やっぱり遠いですね。

東京から当社にいらっしゃる方は、広島空港か出雲空港まで来られて、そこからレンタカーという方が多いですが、それがいちばん時間がかかりません。

そんな遠いところから、毎週のように上京している私ですが、今日は、広島まで車を運転し、新幹線で名古屋まで。

仕事を済ませた後、再び新幹線に乗って東京入りしました。

明日から、2年に一度の国際会議(今年は10か国の七田式教室のオーナー会議)が始まります。

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
JR宇治駅は、平等院鳳凰堂のシルエットを意識して建てられたのだそうです。



そう言われれば、なんとなく……。

昨日、京都からJR奈良線に乗って、その宇治駅で下車して、「いのちを守る親の会」の本部を訪ねました。



「一般社団法人いのちを守る親の会」は、中絶により失われている年間100万人以上の尊い生命を守るために支援活動を行っている「救命センター」です。



中高生のいじめや自殺をなくす活動「いのちの尊さ」を伝える啓蒙活動なども行っておられます。

昨日は、その理事長を務める大熊良樹理事長から、いろいろなお話をうかがいました。

この会の活動、「相談支援」「出産支援」「里親支援」という3つのサポートによって、毎月10人近くの赤ちゃんが救われています。

相談の電話は月に180本くらいかかってくるそうです。
(→TEL:0774-23-7077)

♥「いのちを守る親の会」の公式ホームページ
http://inotimamoru.web.fc2.com/

対談の内容につきましては、9月1日発行の当社の子育て情報誌「夢そだて」に掲載いたします。

実は、その大熊理事長に、『みんなみんな ありがとう』という、お坊さんが主人公の素敵なストーリーを書いていただいており、間もなくそれが絵本になります。



「こころを育てる七田式えほんシリーズ」最新作『コアラさんコース』(6冊セット/3,000円+税)の中の1冊となります。(7月1日発売)

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。


ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)