七田厚ブログ

社長としての目線だけでなく、一人の父として、自身の子育てについても語っていこうと思っています。
~株式会社しちだ・教育研究所 代表取締役社長 七田厚のブログです~


テーマ:

先ほど、今年初めて、しまね海洋館アクアスに行って来ました!

 

この3月に発売予定のリラクゼーションCDBeluga(ベルーガ)」のジャケットに、シロイルカの写真を使わせていただくための画像使用許可願を提出するためです。

 

 

このCDは、しまね海洋館アクアスの様々な展示をモチーフに、現在、作成中なのです。

 

タイトルのシロイルカ(英語でBelugaといいます)をはじめとして、トビウオ、深海魚、サンゴ礁の魚、ペンギン、アシカなどをテーマに、オリジナルの12曲を作曲していただきました!

 

いろんな楽器の生音の収録やミックスなどの工程がまだこれからなのですが、とってもいいものができそうです♪

 

帰り際、アクアスの館長さんが、「のどぐろが入ったんですよ!見て行かれませんか?」とおっしゃいました。

 

ということで、見せていただいたのですが、「しまねの深い海1」という水槽の中に、1歳と2歳の「のどぐろ」の赤ちゃんがたくさん泳いでいました!

 

 

「のどぐろ」は本当は「アカムツ」という名前なのですが、のどが黒いので、地元ではみんな「のどぐろ」と言っています。

 

テニスの錦織圭選手がテレビのインタビューで、「島根に帰ったら、のどぐろが食べたい」と答えて以来、「アカムツ」ではなく「のどぐろ」として、全国に浸透していきました。

 

私も、「のどぐろ」=「美味しい魚」というイメージで、1歳・2歳と聞いてもピンとこなかったのですが、1歳は5センチぐらい、2歳は8センチぐらいの印象でした。

 

是非、のどぐろの赤ちゃんを見にしまね海洋館アクアスに行ってみてください!
 

そして、アクアスの展示をモチーフにして作られたCDBeluga」の発売をどうぞお楽しみに♪

 

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ペタしてね

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

海外に留学中の子供2人が、昨日の朝、帰って行き、「つわものどもが夢の後」「そして誰もいなくなった」状態の静かなわが家です。

今日は、昨年末に読み始めたものの、未だ読み終えていなかった喜多川泰さんの新刊『秘密結社Ladybirdと僕の6日間』をようやく読み終わりました!

 

 

 

いい本でした!またまた、感動の最高傑作です!!

喜多川先生のこれまでの著作はすべて読んでいますが、今回もほんと素晴らしかった!

主人公の高校生と、その親の世代48歳くらいの大人たちの生き方について描かれていますが、20代の人にも、30代の人にも、響くものがあると思います。


「お前に教えてやれることは、言葉で言えば、それほど難しいもんじゃないし、目新しいものじゃないのかもしれない。

 

でも、それが、人生を変える衝撃をもたらす、そんな生き方をお前がするしかないんだよ」

 

作品中、高校生の颯汰に、親の世代の謙治が言った、この言葉が特に響きました。

自分のためになることを誰かに言われたとしても、それを受け取る側の考え方や経験値によって、天と地ほどの差が出ます。

10人が同じ話を聞いたとしても、みんな、ちょっとずつ私見が入って、それぞれに受け取り方が違うものです。


人の話を聞いて、わかったような気になって、でも、実際には何も行動を変えない人が大多数ですが、それを素直に受け取り、行動を変える人は伸びていきます。

 

取り換えできる「人材」や、そこにいるだけの「人在」、ましてや「人罪」などではなく、「人財」になるためには、行動に移すことこそ大切なんですよね。

 

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ペタしてね

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、仕事始めで、業務を再開しました。

 

6日間、年末年始のお休みをいただきましたが、昨日は無事に全員出社して、今年1回目の全体朝礼を行いました。

 

現在、育児休業中の社員さんが3名いますが、今月、2名が復帰の予定です。

 

12時からは、今年も、役員と管理職者が会社を代表して地元の岩根神社に初詣にお参りし、祝詞をあげていただきました。

 

そして、午後6時から、江津市総合市民センターで、今年初めての応援行事、「プレジャーBのコメディー・クラウン・サーカス」が行われました。

 

ちなみに、「クラウン」というのは道化師のことです。

 

昨年もお正月に、このイベントが行われたのですが、それは江津ライオンズクラブの55周年行事として取り組んだものでした。

 

今年もこのサーカスが山陰各地に来られることになったと聞いて、

 

それでは、しちだ・教育研究所がお手伝いいたしましょうということで、昨日は準備から片付けまで、10名の運営スタッフが頑張ってくれました。

 

700名入るミルキーウェイホールに、昨年は500名を超える方々にお集まりいただきましたが、今年も250名以上の方にご来場いただき、うれしかったです。

 

昨年とは違うパフォーマンスだったので、リピーターの方からの評価も高かったようです。

 

小さなお子さまにもたくさん来ていただき、楽しい時間を過ごされたようで、お帰りの時には、あちらこちらで笑顔いっぱい、クラウンの皆さんたちと記念撮影をしておられる姿が印象的でした!

 

 

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ペタしてね

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ローカルな話で失礼します。

 

本日18時、江津市の顔であった、ショッピングセンター・グリーンモールが35年の歴史に幕を閉じました。

 

 

昭和56年秋にオープンした時、私は大学生で板橋に住んでいましたが、6年後、地元にUターンしてからは、よく通い、いろいろお世話になりました。

 

子育て真っ最中のころには、幼い子供たちを連れて、どれだけ通ったかわかりません。

 

食品各種をはじめ、お酒も、薬も、電気製品も、下着も、スポーツ用品も、靴も、文房具も、本も、CDも、食事も、喫茶も、百均も…、とにかく一通り、何でもありました。

 

インフォメーションでは、宝くじや各種チケットの販売もしていました。

 

本日閉店間際まで、明後日5日にミルキーウェイホールで行われるコメディ・クラウン・サーカスのチケットの販売をお願いし、

 

昨日と今日で28枚のチケットを売っていただきました!

 

通勤途上にあるので、クリーニングを出すのにも、キャッシュコーナーでお金をおろしたり、振り込んだりするのにも、とっても便利でした。

 

そこに行けばたいていの用が足せる、あるのが当たり前だったグリーンモールですが、明日からはありません。

 

ありがとう、グリーンモール!!

長い間、お世話になりました。

 

しばらくの間、市内にレンタルビデオ、本屋さん、CDショップが無いのが不便ですが、6月頃?跡地に「ゆめタウン江津店」がオープンするのを、首を長くして待っています。

 

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ペタしてね

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

明けましておめでとうございます。

 

旧年中は何かとお世話になり、誠にありがとうございました。

 

年頭にあたり、2017年が皆さまにとって最高&最倖の1年でありますようにお祈り申し上げます。

 

さて、私は大晦日の夜、久しぶりに最初から最後まで、紅白を見ていたのですが、「えっ!なぜ?」と、勝敗の意味が理解できないまま、除夜の鐘を撞きに行きました。

 

昨年は不覚にも新年を夢の中で迎えましたが、今年はカウントダウンの時、車を運転中でした。

 

そして、昨年は撞くことの出来なかった除夜の鐘を2回鳴らしてきました!

 

帰りの車中、携帯電話に、今年初めての電話がかかってきたのですが、それは、今年の初仕事、エフエム戸塚のカウントダウン番組への電話出演でした。

 

新年の目標は?と聞かれ、「何か新しいことにチャレンジしたいです。」とお答えしたのですが、具体的な話はしなかったので、改めて、新年の決意を書いておこうと思います。

 

パッと思い浮かんだテーマ、それは、「学び直し」と「一日二善」です!

 

24歳の時、父の跡を継いで、弊社、しちだ・教育研究所の二代目に就任して以来、今年は社長業30周年を迎えます。

 

マンネリ化しつつある目の前の仕事に活を入れ、また、四半世紀の間、触れることがなく、忘れてしまった数学のカンを取り戻し、まずは数検2級からチャレンジします。

 

そして、「一日二善」をモットーに、日々過ごしていきたいと思っています

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ペタしてね

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)